BBSより転載

♥スマイルさん
みなさん、はじめまして。スマイルと申します。彼とは来年結婚しようと約束をしています。彼のご両親はすでに亡くなっていて、昨年にお母様の方は亡くしたばかりです。私は彼のお母様とは話したことがありません。その彼のお母様が昔、生死をさまよったことがあって、そのときに将来、彼のお嫁さんになる人にって用意した指輪があって、彼はその指輪を婚約指輪としてあげたいというんです。でも、その指輪は今回、整理していたときにわかったものらしいのです。彼はとっても大事なものだと言います。確かに彼にとって大切なものであるかもしれません。そのことは私もわかっています。ただ、婚約指輪としてお母様があげなさいと言ったかどうかわからないのです。私はできれば何の汚れもない指輪がほしいです。これではまるでお母様と婚約したような気になって仕方ありません。それからこれは少し話がずれるのですが彼は早くにお父様を亡くしたためにお母様を大事にしていました。お母様は子供たちのことを考えてお骨は海にまくようにといったのですが、周りで反対もあったようで全てをまかずに少しだけ仏壇においてあります。さらに小さなケースにいれてキーホルダーにつけています。カプセルのようになっているので中はもちろん見えないのですが。。。結婚してもお母様のお骨をキーホルダーにつけているのかと思うとなんともやりきれない気持ちです。いいところをたくさん持っていますがなにか引っかかるものがあって結婚に対して素直に喜べません。わたしの考えをどう思いますか?皆さんのご意見をお聞かせください。

こんにちは。メロンパンと申します。きついことを書いてしまいますが、私の意見です。スマイルさん、スマイルさんは彼のどんなところが好きなのですか?私はスマイルさんの彼は優しいいい人だと思います。しかも、お母さんは去年亡くなられたばかりなのですよね。だんな様を早く亡くされて女手ひとつで子供達を育ててきた。女が一人で子供を育てるのは本当に大変なことです。私の母もそうですから、わかります(再婚しましたが)。もちろん、子供の私からはわからないような苦労もたくさんしてきたと思います。彼がお母さんをしのぶ気持ち、何故うけいれられないのでしょうか。私にはそれが不思議でなりません。お骨が気持ち悪いのでしょうか。それとも、婚約指輪を勝手に決められたのがいやなんでしょうか。素敵じゃないですか。大事なお母さんの指輪をくださるなんて。スマイルさんのことをとっても大事にしてるんだなーと感じました。なんだか、いやな気分にさせるためにレスしたようで気がひけますが、だまっていられなくて出てきてしまいました。ごめんなさい。(メロンパンさん)

スマイルさん,メロンパンさん,こんにちは。
私は数年前に母をなくしましたが,それからしばらくは,「喪中」な気分になりました。あれもしてあげたかった,これもしてあげたかった,どうしてあのとき自分はあんなことをしたんだろう…,ってな具合で,何をしていても突然頭の中に母が飛び出てくるのです。スマイルさんの彼も,まだそういう時期なんじゃないでしょうか。時が経つにつれて,彼の気持ちは変わっていくと思いますよ。
死んでしまえば,新たな思い出を作ることはできません。未来を左右する力も持ちません。「彼の未来はあたしのもの」,そう思ってみてはいかがですか?それは事実なのですから。
死者と喧嘩をすることは避けるべきです。相手は決して失点をしません。生きている者は失点をします。すごく不利です。勝ち目のない喧嘩は,得るところがありません。
婚約指輪については,彼のお母様からありがたくいただき,もう一つ,彼にねだってみる,というのはどんなもんでしょうか?この方法なら,言い方はいろいろありそうな気がします。(H2さん)

メロンパンさん、早速のお返事、どうもありがとうございます。嫌な気分になってなんかいません。感謝しています(*^▽^*)指輪について納得いかないのは、彼がその指輪を見たことがなくて、彼の妹さんがしまっているようでどこにあるのかもわからないというのです。それに今までその存在を知らなくて今回そういう指輪があったというのを親戚の方に聞いたようなのです。お母様は亡くなる2年ほど、療養生活を送っていたのですがそのときにはそれについてはふれなかった。指輪を受け取ることができないのではなくて、なんと言ったらいいのかよくわかりませんが、ずっとその存在を知っていて、お母様もそれについてふれていればまた違ったと思うのですが。。。う〜ん、婚約指輪として受け取るべきなのか考えてしまうのです。お骨については気持ち悪いなんて思っていません。ただ、彼と結婚してずっと彼はそれを持ち続けるのでしょうか?彼はもう31歳です。わたしは彼がそれを持っている限り彼が親離れしていないように思えて仕方ないのです。お母様は海にまいて欲しいとずっと言っていた。なのにあちこちに骨が分散されていてそれで成仏できるのか・・・など考えてしまいます。あまりこういう話を聞かないので自分でもどういうふうに捉えていいのかわからないのです。(スマイルさん)

メロンパンです。そうなんですか。ごめんなさい。よく理解もせずひとりでヒートアップしてしまいました・・・。彼が指輪をみたことがないのなら、それは不安ですよね。H2さんのおっしゃるとおり、彼にはその指輪とは別にもうひとつ買ってもらうのが良いかもしれません。婚約指輪にはできない指輪かもしれないですしね。(石がないとかだとちょっと寂しいかなって)お骨については、私はキリスト教徒なのでよくわかりませんが成仏とかそういうのはあんまり考えなくてもいいのでは?(メロンパンさん)

すまいるさん、初めまして。私は来月3月に結婚しますが、二人とも貯蓄がないので婚約指輪なんて無理だね〜と諦めていたのですが、彼のお母さん(存命中ですが)から指輪を頂きそれを婚約指輪にすることにしました。ただサイズが合わない上に輸入品でサイズ直しもしにくい…ということでちょっとリフォームすることにしました。婚約指輪として、という問題とは別に、それを頂けるのは私はとても嬉しかったのですが。単なる貧乏性?お骨は分けると良くない…という話は私も聞いたことがあります。でもそれはその人の子供達の仲が悪くて、親のお骨を分けて別にお墓を、という時の話だったと思うんですが。ちなみにうちは神道です。
指輪早く実物が見られるといいですね!確かに妹さんがしまってる、とか今まで聞いたこともないのに…っていうのは不安だと思うけど、お姑さんに苦労しない上に指輪が頂けるって思えばラッキーってことで(笑)。(ditaさん)

おせっかいなをぢさんが、彼の心を捉え、あなた自身も成長し、二人が一番幸せになれる魔法を教えましょうね。一度しか言わないよ。(美川k一風)
まず、彼のお母様のお骨を少しもらって、彼とおそろいのキーホルダーを買って彼と同じように持ち歩きなさい。それから、「お母様の指輪も大切にしたいけど、あなたからも欲しいわ」って婚約指輪はおねだりしなさい。ちっとも恥ずかしいことじゃないんだから。そして、お母さんの指輪が出てきたら、チェーンをつけてネックレスにするか、素敵なガラスケースにしまっておくか、常に彼の目の届く範囲に置くこと。そして、夫婦喧嘩したときには、指輪を通してお母様にぐちるんです。「お姑様、かれったらひどいのよ」って。そして、「ほら、お姑様もあなたがひどいって言っているわ。」って言ってやるんです。ユーモアを交えて、彼と素敵なコミュニケーションにすることよ。お姑様は素敵なものを残してくれたのよ。
偉そうでごめん。でも、これができれば、彼のあなたへの愛情と感謝は増すばかりだし、あなた自身も幸せになれるはずだ。人ってね、自分の両親を亡くしたときが、本当の旅立ちをするというよ。彼にいろいろ要求するんじゃなく、彼が母親を失った悲しみを一緒に背負って分かち合えるといいね。(にせイチローさん)

みなさん、貴重なアドバイスどうもありがとうございました。指輪の件は彼に素直に言ってみます。「あなたからも欲しい」って。我慢なんてしたらこれからの長い人生をふたりでうまくやっていけなくなりますよね。いろいろ考えてみると彼自身に対して少し疲れていたような気がします。「うちではこうだから・・・」とよく口癖のように言われてイライラしていたのも事実です。細かい話になってしまいますが「だし」はかつおぶしからとる、ホットケーキは薄力粉とベーキングパウダーを混ぜ合わせて作る、ひやむぎを食べるときにはいろんな野菜をいれて食べる等々、押し付けのように言われて少し嫌気がさしていました。とにかくもう一度原点に戻って考えてみます。本当にどうもありがとうございました!!(スマイルさん)

rectangle 広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする