auto 広告

スポンサーリンク



BBSより転載

♥けろさん
最近、具体的な結婚の日程も決まってきました。結婚式は海外で行うことにほぼ決まったのですが、費用や祝儀の内訳等それ以外でも、どうすれば両家平等に出来るか迷っています。
1.私のほうの親戚が親兄弟も含めて誰も出席できない。(小さい子供がいたり、商売していたり、他の海外にいるので、国内ならともかく海外の挙式は出席不可)
2.彼の方は7〜15人参加。(私は、親御さんだけならいいのですが、他もついてくるのを止めろとは言えないし…)
このアンバランス状態で、彼の親戚の旅費は二人(つまり半分私)で負担しなければならないのでしょうか?正直言って釈然としません。祝儀は受け取らない替わりに、旅費を自己負担してもらおうかとも思います。でもそうなっても、私の親戚は祝儀出すでしょうから、それもまた納得いきません。このようなわだかまりは、私一人の心にしまっておいたほうがいいでしょうか?
彼は、二人だけで挙げても良いといっていますが、今迄育てた親の苦労を思うと、やはりお見せしてあげなければ…と思い、自分を納得させようとしています。でも、彼の大勢の親戚に囲まれて、自分の身内が一切来れない結婚式を思うと、涙が出てきます。私の身内は承諾していてくれていますが、自分が、親戚や親をないがしろにしていると感じてしょうがありません。
こんなことでは、結婚しても何かつけてことあるごとに『彼の身内』が優先されてしまい、自分が気を使い続けるのかと思うと、気が滅入ります。そうでなくても、長男で親御さんは二世帯住宅に改装できるようにして家を建てています。私はいつ『同居』や『面倒を見ろ』と言われるかビクビクしています。「親の扶養前提の結婚はしない」「親の家のローンのために働く気はない」と二人で意志を伝えてありますが、海外で、私の味方が一切いない状況で、彼の親戚に『長男の嫁なんだから』と攻められそうで恐ろしいです。親御さんだけであれば、1vs2であっても対応する自信はあるのですが、1vs7〜15ではあまりにも不利です。
彼の身内が私の身内に会う話も、だいぶ以前に出て、すぐ立ち消えになりました。彼は好きですが、私は向こうの家に『もらわれる』気は一切ありません。『女性の親戚も男性の親戚も平等なんだ!』ときちんと示すにはどうしたら良いでしょうか?良いお知恵がありましたらお願いします。

けろさん、こんにちわ。ちょっとマリッジブルーも入ってきて、憂鬱な気分になっちゃってるかな?
あくまでも、私なら、なんですが、彼さんは「二人っきりで挙げてもいい」と言ってくださっているのなら、二人っきりで挙げると思います。逆に、けろさんのご両親やご親戚にも披露したい、と強く思われるのなら、国内でみんなが来れる場所を選ぶと思います。何か、海外への思い入れがあるのかな?
私の場合は、とにかく親親戚、来れる人には全員にお祝いしてもらいたいね、ということで、駅の近くのホテルで挙式・披露宴をしましたよ。海外挙式の憧れもあったんですけど。結局、地の利が良かったこともあり、両家の親戚のほぼ全員が出席してくれて、逆にエライことになってしまいました。両家の親戚だけで80人を越してしまったので(苦笑)。いまだに話題になってしまっています。
私の友人は、どうしても海外で挙げたいという思いが強く、二人だけで新婚旅行を兼ねて先にフランスの教会で挙式。帰国して1週間後に国内のホテルで親親戚も出席するオーソドックスな披露宴をしていました。ご参考までに。
それから、女性の家(親親戚)も男性の家(親親戚)も平等なんだ、と示すためには、まず彼とけろさんがその平等意識を強く持っておくと良いと思います。万が一、海外で大勢の親戚に囲まれてしまっても、二人の間で意思がしっかりしていると、流されることなく自分たちのペースで自分たちの家庭を築いていけると思いますよ。けろさんが「長男のお嫁さん」になるのなら、同じく彼さんは「けろさんの親御さんの大切な娘さんのお婿さん」になるのです。二人で仲良く、楽しく、頑張ってくださいね!(太陽さん)

大陽さんありがとうございます。そうなんです、マリッジブルーも入って情緒不安定気味です。
海外でやるのは、彼の希望です。彼の身内を呼ぶのも、向こうの希望です。私の理想としては、『お互いの身内と親しい友人達で、国内でガーデニングパーティのような式を挙げたい』とも思いますが、金銭的な問題もあり(二人ともきちんと働いていて、貯金もしてますが、彼の貯金の大部分は、親の家の購入費に消えているので…)、現実問題として、海外が最良の選択肢と納得しています。それなのに、彼の親戚で、また負担がかかるのかと思うと気が滅入ります。
私の身内は「もしお金がないなら、結婚式の費用ぐらいは助けようか?」と言ってくれていますが、それはしたくありません。ってか、結婚資金のない原因が、彼の親の家の購入費なのに、私の身内がお金出すのは納得いきません。自分はお金であ〜だこうだ言わないタイプだと思ってたのに…私ってホントはケチだったのかしらん?(けろさん)

けろさん、こんにちわ。
私も太陽さんの意見と同じで海外挙式ではなく国内で行ったらいいのでは?と思いました。金銭的な理由もあるようですが、今は挙式費用もピンキリだし国内でも安く済ませることも可能だと思います。ホテルのパックプランや季節限定のプランなど安い物もあるようですし・・・
けろさんが納得できないまま海外挙式にするというのはあまりオススメできません。やっぱり花嫁姿ご自分のご両親にだって見せてあげたいって思いますよねー。彼は今のけろさんの気持ちを理解してくれているのかな?不満や不安はできるかぎり伝えた方がいいと思いますよ。特にマリッジブルーのときは・・・お2人でよく話し合ってお互いが納得できる方法を取れれば悩みも減るんじゃないかな?納得できないままだと後から「どうして私だけこんなに我慢しているのに!」となりかねませんよね。金銭的な問題もそうですがけろさん自身彼の身内VS自分の身内みたいな考えになってしまっていませんか?彼の親族ということはこれからは自分の親戚になるということもふまえて考えられるといいですね。彼が親御さんの家の購入にお金を出しているのは将来的にお2人が住む事も考えてお金を出しているのではないのでしょうか?
1つだけ疑問に感じたのですが・・・海外挙式に決めたとき彼はけろさんのご親戚の方たちが出席できない事に関して何もいわなかったのでしょうか?どっちの身内も出席できる挙式を考える・・・とか。
マリッジブルーに負けないで今は彼に正直な気持ちを伝えてみてくださいね。けろさんが悩んでいる事を彼に解ってもらう事が先決のような気がします。がんばってください。(すずのりさん)

すずのりさんこんにちは。
>彼の身内VS自分の身内みたいな考え
自分でも認めたくないのですが、なってしまっています。彼も向こうの家族も、私の親が結婚式に出れないことは気にしてないようです。ただ、彼は『そっちの親がこれないなら、二人でやればいい』程度に考えているようです。彼の家族が結婚式や新婚旅行の話をしてる時も「そちらの親御さんは?」とは一言も出てきません。向こうに悪気は一切なく、ただの話のネタだとわかってはいるのですが…私の心に親に対する後ろ冷たさがあるので、自分ではやりきれない気持ちになります。これがマリッジブルーちゅうもんですかねぇ?
金銭問題は自分達の甲斐性なのでいいのです。海外挙式で二人でひっそりでも、それはそれで素敵な式になると思います。彼の親御さんがこれるのなら、多少アンバランスでも来てもらっていいのです。お互いの身内や友人達には食事会などでフォローしていくつもりで考えていました。でも、彼の身内がわらわらいる中で結婚式をしたら、向こうの家では、どうしても「これで結婚式終わり」な気持になってしまうと思います。しかも、漠然と旅費の計算をしてみたら国内挙式より高いような…(ぉ〜ぃ…)
>彼が親御さんの家の購入にお金を出しているのは将来的にお2人が>住む事も考えてお金を出しているのではないのでしょうか?
家は他の兄弟が住み続けるコトになります。結婚できなければ一生親と住むと思います。彼は自分達のための住宅用貯金を始めています。自分達の将来住む家の為にも、結婚式での出費は避けたいと思っています。でも、そちらのほうがいいのです。私達は私達で0から築いていけばいいのですから。第一「誰が家をもらう」とか「親の面倒誰が視る」とかで始まる結婚なんて馬鹿げています。
彼の弟が「海外旅行」と無邪気に喜んでるのを聞くと、つい『親と兄貴に金出してもらってる家にタダ住みして、旅行代は兄嫁からもらうつもりなんか?』とツッコミを入れたくなります。彼の家に行った初日に、会って5分もたたない内に、彼の弟に「どうせ自分は家を出てく(といいながら、家を出る予定のない君って…)、兄貴達が家に残るんだ…」と言われて仰天しました(@@;)どちらも、深い考えなく言ってるのは分かっていますが…
週末、彼に会うので結婚式の不安を話してみます。出口をみうしなっていたのですが、お二人のおかげで見えてきました。有難うございます。(けろさん)

彼氏の身内と私の身内の結婚式出席のアンバランスさで相談させていただきました。あの後、彼と話して「式は二人できめる」ことを確認して安心しました。春になったら、お金の事を相談する場を作ってもらい、彼の身内と、彼と私の3人で話し合いをする事になりました。
事実上婚約中とはいえ、建て前上は他人様のお金の問題なので、話し合いに混じるのは迷いました。でも今、自分の意見をきちんと言えなければ、この先ずっと言えないし、彼氏だけに背負わせるのは自分も嫌だったので、参加することにしました。
…春に話し合いで、親同士の顔合わせが夏か秋だそうです。さて私は三十路までに嫁に行けるんでしょうか?(^^;)(けろさん)

彼としっかりお話が出来てよかったですね。以前から投稿を読む度に、けろさんは、ご自分の信念を持って生きていらっしゃる方だなぁと思っていました。これからも彼と力を合わせて、お話を進めていって下さいね。陰ながら応援しています。
ちなみに、私は三十路直前に入籍、その後挙式しました。電撃結婚でもあったので、独身の友人達には「裏切ったなぁ!?」と言われてしまいましたね。(^^ゞ(なつさん)

けろさん、こんにちわ。
Happyな結婚へ向けてまた一歩前進できたようですね♪結婚式は一生に一度の思い出だと思います。お2人が納得&満足できつつゲストの方たちに喜んでもらえる素敵なお式になるといいですね。(すずのりさん)

rectangle 広告

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする