BBSより転載

♥そらさん
こんばんは!以前相談させていただいたそらです。その後具体的に進んできたのですが、披露宴会場を決める為、招待客の人数を出しているのですが、私の会社の招待客でちょっと立ち止まってしまったので相談させてください。
私の所属してい部署は50代の主任、40代Eさん、そして私の3人(全員女性)なのですが、ネックが主任なのです。Eさんとはとても仲良くお世話になっているのですが、主任はちょっと個性的というか・・・子供のように我がままで、些細なことに感情がヒートアップして大騒ぎしたり、会社や人の悪口好き、仕事の足をひっぱる・・など挙げたら切がない位沢山あるのですが、社内の要注意人物なのです。特に同じ部署にいる私とEさんは毎日主任のご機嫌に振り回されて、本とに毎日が精神鍛錬のような日々を過ごしています。
 と愚痴がまじりまして申し訳ありません。経営者にも相談した所、同じ部署なのだし今後のことも考えて招待した方が良いと言われたのですが・・正直気が重いです。しかし呼ばないわけにもいかないし・・
結論は出ているのですが、気持ち的には「参ったなぁ」というのが本音です。このような経験をされた方いらっしゃいますか?殆ど愚痴のような文面で申し訳ありませんが宜しくお願いします。

こんばんは。同じ経験はないのですが、Eさんを呼ぶのであれば、やはり主任を呼ばないわけにはいかないですよね。。今後の仕事にも多いに影響しそうだし。それに、そういう年齢の方(男性ですか?)ってあとあと根に持つ人が多い(しきたりとかにうるさい)と思うので。でも、せっかくの楽しみな披露宴に・・っていうお気持ちも分かります。
きっと当日は、一人一人にかまう時間もそうないだろうし、その主任さんはEさんにお任せして(それも気の毒ですが)そらさんは楽しまれたらどうでしょうか。呼んでいたらあとあと肩身の狭い思いをすることもないし、文句も言われないだろうし。きっと同じ経験されている方もいらっしゃるでしょうね。(さ・いらさん)

職場関係の人を選り好んで呼びたいのなら、初めから結婚することを内密にするべきでしたね。(呼びたい人にだけ報告するとか。もちろんその後のわだかまりなどはあるかと思いますが。)公になってしまってるなら退職の予定がないのなら、割り切って好き嫌いに関わらず呼ぶべきだと思います。上司・同僚を披露宴に招待するのも仕事の内と私は考えています。
私も一人だけ同僚で招待したくない人がいますが招待しています。好きじゃないからだけで除外するわけにはいかないし。だいたい、イヤな人一人くらい居ても本番中はさほど関わることもないですし。何でも割り切りです。結婚式に関することって、割り切らないと進まないこと多いです。(みずたまさん)

さ・いらさん、みずたまさんありがとうございます。
さ・いらさん 主任は女性です。間違っても招待しなかったら大変なことになります。(^_^;)同じ部署だけではなく、関係部署からもそれぞれ代表で招待させて頂くので、余計に除外はできません。理解はしているのですが、私以上に他の方達の方が長年ご苦労されているので、席順等考えるととても申し訳ない気持ちになってしまうんです。
みずたまさん 私の職場の状況的に結婚を内密にすることはできません。そしてまだ公には発表をしていませんが、専務には早めに報告、相談をさせて頂き、今回のような話となりました。相談というのも、私の仕事は専門職なのですが、仕事上関わる組織、人が幅広く、結婚が決まる前から多くの方からその時がきたら出席したいという御希望を頂いていました。しかし、人数の関係上、それは無理なので、失礼のない程度で最低限と思われる方々をご招待しようということで相談しました。 私個人の好き嫌いならまだいいのですが、上にも書きましたように、他の皆さんにとっても、頭の痛い存在なので、理屈では理解しているのですが、とても気が重いのです。
 しかし、そんなこと言ってもしょうがありませんね。結論は決まっていますし。主任が当日、状況に見合った言動をとってくださることを願って、割り切って招待したいと思います。(そらさん)

主任が披露宴当日に頭痛い行動をとったとしてもそれは今に始まったことでもなくましてやそらさんに責任があることでもないと思うのでそんなに気負う必要ないですよ。。もちろんユーウツになりますよね。ほんと、無事に終わることを願うしかないですね。。
私の例の呼びたくない同僚も頭痛いんですよ。。もう、救いようないです。ふぅぅ〜
がんばりましょう。(みずたまさん)

そんなに多くの方から、出席を希望されるなんてそらさんの人望が厚いんですね。素晴らしいじゃないですか。主任も呼ばれたら悪い気はしないから案外大人しくしているかもですよ。(甘いかな・・)うまく行く事、祈っています。(さ・いらさん)

rectangle 広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする