auto 広告

スポンサーリンク



BBSより転載

♥たじさん
こんにちは(^^)だいぶ以前に何度か書き込みをさせていただいて、みなさんにご親切にご回答いただいたものです。
5月末に入籍し、10月にチャペル挙式・披露宴を行います。都内のホテルで行い、人数は90名程度です。出席者は私達の希望で、上司は呼ばず、親族、友人(会社の同僚含む)だけで媒酌人もたてません。ホテルで行うのでいわゆるオーソドックスな披露宴なのですが、親族、友人だけで主賓と呼ばれるような方がいないので主賓挨拶をどうしようか困っています。また、彼(新郎)は、友人にスピーチや余興等をお願いすることで事前の準備や練習で手を煩わせたり、式当日、スピーチが終わるまでドキドキして食事も楽しめないという状態になって欲しくないということであまりあれこれと友人にお願いしたくないという考えでいます。ちなみに私はドレス等を着替えたりはせずに、髪型等を変えるのみの簡単お色直しで予定しています。
でも現状の希望のままだとあまりにも披露宴のメリハリがないように思え、間が持たないのではないかと心配しています。なによりゲストの方に申し訳ないような気がしています。
ゲストの方に少しでも気持ちよく過ごしていただきたい、楽しんで帰っていただきたいということが二人の一番の希望です。せっかく来ていただくので、ただ食事をして帰る…ということにはしたくありません。楽しんでいただく、おもてなししたいという意味では、お色直し等もきちんとしたほうがいいのでしょうか…。
ご友人やご自分の披露宴でこの演出は良かったというものがあったら教えていただけないでしょうか?また、主賓挨拶がない披露宴をご経験された方はどう思われたか教えていただけないでしょうか?ホテルでの披露宴であり、彼側の親族は義母をはじめとして礼節を重んじる方が多いのであまりくだけたことは出来ないのですが…。
自分達でも調べているのですがなかなか思いつかずで…。
宜しくお願いします。

もうすぐ花嫁姿になるのですね。おめでとうございます。楽しみですね。ここ数年は披露宴をされない方もいて招かれる側としてのご縁が無く昨年の自分の経験でお役に立てればと書き込みます。
私は県庁所在地の駅前のホテルで80名程度の規模で披露宴をしました。お互いに仕事関連の招待客はおりません。また新郎側は友人のみの招待で来賓はおりませんでした。楽しんでもらいたいということが第一目標だったので友人にはスピーチも余興も依頼していません。ただ乾杯の音頭それぞれ1名ずつです。私の強い希望で全体写真を撮りたかったのですが、施設上それは不可能とのことで各テーブルごとに雛壇に上がっていただきカメラマン撮影をしました。その他には父の願いで地元の芸能を入れました。これは結果として友人たちには不評で時間を持て余しており、年配の方たちには好評でした。
全体の感想としてはあっという間の披露宴でした。両親と衣裳を選んでいるうちに和洋4着になったためお色直しで余計にそう感じたかもしれません。しかし二次会でのみんなの様子や後でビデオを見ましたが、お色直しが無くてもしらけることは無さそうでした。カラオケを用意していたせいか大人数の合唱もあり私の友人の独唱もありました。来賓の挨拶も新婦側のみ2名おりましたので違和感が無いか心配しましたが不都合はありませんでした。
それから披露宴新聞としてA4判両面刷を自作しました。試食会の写真を交えた料理の献立が決まるまでの記事が受けたのか、料理について新郎に報告に来る人が多かったそうです。
招待客を念頭に置いた熟考の末の行動であればあまり苦情が出る結果にはならないようです。一番大事なのは新郎新婦の笑顔と招いた方々への配慮が感じられる雰囲気かなと思います。余興は盛り込みすぎであわただしく時間が足りなかったとの反省が多いと他のネットで何度か見たことがあります。不安もあると思いますが、いろいろ相談しながら二人の形を作り上げて行ってくださいね。(ゆこさん)

媒酌人無し・主賓の挨拶無しの披露宴に出席してことありますよー。べつに無くても大丈夫ですよ。ヘンじゃないです。
たじさんの彼の言い分わかります。大事な友達に時間割いてきてもらうのにそこへさらにスピーチやら受付やらなんやら雑用みたいなことさせたくないんですよね!私もそう考えてましたが、実際友達にほんとに軽く打診してみると「ぜひやらせて!」と言われることが多かったですよ。確かにお祝い事の頼みごとなんて断れないものと内心イヤイヤなのに引き受けさせてしまうのでは?とも考えられますが、ほんと気にしすぎです。ほんとに友達関係築けてたら快くやってくれると思います。ある程度、やってくれそうかなとターゲット?絞って控えめに打診してみたらいいと思います。
主賓のいない披露宴はどうやっても格が低くみられると思います。特に年配の人には。ですのでお料理や引き出物、新婦の衣装などで格をあげれば義母の仰る礼節も重んじられると思います。(みずたまさん)

ご結婚、おめでとうございます。たじさんたちの考えは、ほぼ私達の披露宴と同じ気がしたので…レスしました。私達も都内のホテルで、親族と友人のみの披露宴(+人前式)を行いました。媒酌人も立てず、主賓もいませんでしたので、主賓挨拶等はもちろんありません。さらにたじさんの彼と同じ考えから、スピーチや余興はお願いしませんでした。列席された方で、前もってお願いしたのは、乾杯の音頭だけです。そこでスピーチはテーブルスピーチにし、各テーブルから2、3人ずつ、言葉を頂く形にしました。
あとお色直しですが。あまり席を開けていたくないのと、Wドレスをずっと着ていたいとの考えから、ヘアチェンジのみでした。再入場の際には、各テーブルで写真を撮り、キャンドルサービスの代わり(?)としました。キャンドルサービスより、ゲストと会話が出来た気がします。(撮る為に1箇所に集まりますからね)
両親への手紙もなかったので、今考えるとメリハリがなかったのかもしれません。ちょうど新婦母の誕生日で、新郎母もその1週間後が誕生日でしたので、ケーキのプレゼントはしましたが。それが唯一の演出だったのかな。それでも(お世辞かもしれませんが)皆さん、楽しい披露宴だったと言って下さいましたよ。
ですから、たじさんの考えでも問題ないのでは、と思います。お2人で考えて、ステキな披露宴になると良いですね。(きょんさん)

たじさん、ご結婚おめでとうございます。
私も主賓なし!媒酌人なし!のホテルで同じ10月に挙式・披露宴します。
ちなみにお色直しは1回します。主賓挨拶の代わりに彼側からは親族代表として挨拶、私側からは乾杯の音頭をお願いします。お色直し後は友人たちのスピーチ&余興といった感じです。
つまり、お色直しを境に第一部は親族、第二部は友人という感じにすることで、この披露宴は親族・友人をメインとした形式ですってさりげなく匂わせます。(プログラムも配って)
みずたまさんもおっしゃってますが、私も打診してみてもいいかなぁと思います。(彼がどうしてもいやなら難しいかもしれませんが)私もスピーチをしたことありますが、ほんっと準備も大変だしドキドキしまくりだったけど、大事な親友のためにはりきっちゃいましたし、今はすっごく良い思い出です。
披露宴では、お互いの親族にこんな人ですって紹介する意味もありますから、ご友人達が新郎新婦へのお祝いをしている姿を見たいという両親・親族の気持ちってあると思います。実際、彼母も彼の友人たちはどんな余興をしてくれるのか楽しみにしてますし、私の母も「○○ちゃんのスピーチ、楽しみね。あなたたちは本当に仲良かったから」なんて言ってます。たじさんはお友達にスピーチなどはしてもらいたいとかそういう気持ちないですか?
彼のご意向も大事ですが、たじさんにとっても一生に一度の披露宴ですから、ゲストのことを考えるのはとっても大切ですし、必要ですけど一生に一度多くの人に祝福される舞台を堪能することも忘れないでほしいです。
ちなみに私も常におもてなしのことばかり気にしていた時、司会をしてくれる上司(友人として招待)から、「ゲストのこと考えるの大事だけど、私たちはかすみの幸せな姿を見に行くのよ。だから人のことばかり考えないでかすみが幸せです!ってところを見せてくれればいいんだからね。」と言われ、ハッとしたので。ご参考までに。
横レスですが、ゆこさんの雛壇でのテーブルごとの写真撮影!私、やりかったんですー!!でも、演出上できなくて、きょんさんと同じようにキャンドルサービスのかわりにテーブルショットにしました。(かすみさん)

ゆこさん、みずたまさん、きょんさん、かすみさん返信いただいてありがとうございます!お礼が遅くなってすみませんでした。お祝いのお言葉までいただいてしまってすごく嬉しかったです(^^)
ゆこさんの披露宴新聞や各テーブルの方をお呼びしての写真撮影、いいなって思いました。あまり慌しいよりはゆったりとした感じにしたいので要はメリハリなんですね。カラオケを用意なさっていたというのもゲストの方にはちょうど良いメリハリになって「参加している!」という感じになったのでしょうね(^^)
みずたまさんやかすみさんの書いてくださったように打診してみても良いのかなと思い出しました。私も友達のスピーチを引き受けた時、どきどきしつつも嬉しかったし、そういえば張り切ってました。笑特に両親と面識のある友達なら両親もきっと聞きたいと思うのかもしれませんね。披露宴の内容で自分たちの希望を通すなら、引き出物やお料理などでバランスを取るというのは、なるほど!と思いました。それからかすみさんのお友達の「幸せな姿を見に行くのよ」という言葉。私もはっとさせられました。。。
きょんさんのされた披露宴、今の私たちが考えているものと本当に近いなっと思いました。みなさんに喜んでいただけたと書かれていたのでとても励まされました。各テーブルまで行っての写真撮影は時間にゆとりがないと出来ないですよね。今の考えのままでの内容の披露宴にするなら、試してみたいなと思いました!
みなさんの丁寧なお返事本当に嬉しくなりました。彼にも見せて、周りの意見を聞きながら、二人で良く話しあってみます。(たじさん)

rectangle 広告

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする