auto 広告

スポンサーリンク



BBSより転載

♥あこさん
皆様お久しぶりです、結婚式の日にちが近づいてきて、忙しくなってまいりました。
またもやご相談なんですが、皆様にもアドバイスを頂いて、黒引きづりでお色直しをします。そこで、キャンドルサービスだと大変だな〜と考えていましたら、今日司会の方からウエディングで入場すると時に、オープニングセレモニーとして、キャンドルサービスをして、お色直しのときにケーキカットをすると、良いですよ!とアドバイスされました。
お食事が始まる前で暗くなっても問題ないし、ウエディングの方がキャンドルサービスするときに楽だということもあるそうです。今まであまりない例なので戸惑いましたが、かえって新鮮で好評だよ!といわれました。
逆転の発想で、自分たちらしい式にしましょう!!といわれましたが心配です、皆様どうおもわれまうか?くだらない質問で申し訳ありませんがよろしくお願いします

べつにおかしくないと思いますよ!例えばキャンドルじゃなくてクラッカーとか?だったら全く別物になりますが、普通にキャンドルサービスで、多少、順番が前後するぐらい許容範囲だと思います。
ちなみに私はルミファンタジアやります。照明落とした状態で、蛍光塗料を溶かした水溶液を背の高い細めのガラス容器に注いで光らす演出です(^^;(みずたまさん)

順番が逆になるぐらいおかしいとはおもいませんよ。色々考えてくれるスタッフさんと楽しいお式にして下さいね。
そして、参考になるか分からないのですが・・・。私は和装で回り難いという理由ではないのですが。キャンドルサービスの変わりにキャンドルリレーを行いました(余興が多く時間が無いのと、フォトサービスで各テーブルを回るので2回も行かなくてはいいのではと言う理由で、ホテルの方から提案がありました)。これなら新郎新婦は歩き回る必要が無く、時間短縮もでき、出席者も楽しみながらキャンドルサービスができます。キャンドルサービスって他のテーブルを回ってるときは出席者は暇ですもんね。
これならあこさんの黒引きづりでも問題なくしかも楽しくできますよ。キャンドルサービスが。考える価値はあるかも!
方法をご存じなければまた書き込みしていただければ詳しくお返事しますね。(あんさん)

みずたまさん、あんさんお返事有難うございます。
みずたまさんのルミファンタジアも素敵だな〜と思ったのですが、プランにキャンドルサービスは入っているので活用した方がお得かな〜?などと考えています。
あんさんのキャンドルリレーって人数が多くても出来るのですか?何かの書き込みで一人づつのリレーは少人数でしかできないと書いてあったので諦めていました。私たちは87人で11卓です。もしこの人数でも問題ないのであれば、是非教えていただきたいです。
よろしくお願いします(あこさん)

あこさんお返事が本当に遅くなって申し訳ありません
私も同じぐらいの人数と卓数でしたが、全く問題はありませんでした。私がした方法は・私のお色直しの時に、ゲーム形式で(各卓に色紙のくじを封筒に入れ準備し、新郎が選んだ色を持ってる人がそのテーブルの代表者)代表者を選びます。・新郎も退室している間に代表者に前に出てきてもらい、小さなろうそくを持ってもらって並びます(中央からシンメトリーに)。・お色直し後の入場で新郎が新婦は火のついていないトーチを持って入場・両家の母親が各親族席から火の種火を持って中央に歩いてきます・新郎新婦はその火を受け取り、各テーブルの代表者に火をリレーしていきます・火を受け取った代表者は各テーブルに戻り、新郎新婦はメインキャンドルへ・司会者の合図で一斉点火をします
この間に司会者から、キャンドルリレーの本来の意味とか、母親が前に歩いてくる時には、ちょっといい話とかをおりまぜてもらうと結構感動的になります。
キャンドルサービスとフォトテーブルサービスはやってる本人達はいいけど、出席者は案外退屈なのでこのやりかたは、いいと思いますよ。ただ司会者さんの技量に成功か不成功かがかかることが多いので、打ち合わせは入念にした方がいいと思います。それでは頑張ってくださいね(あんさん)

あんさんありがとうございます。人数が多くてもキャンドルリレーが出来るんですね。なんだか素敵な感じを受けましたので司会の方と相談したいと思います。
私は一番最初の入場をキャンドルサービスっていうのは抵抗があるんですよ。主賓挨拶の前にキャンドルサービスをしてしまって失礼にならないかな?とか・・・
キャンドルリレーをすれば、時間短縮できてフォトサービスをする時間も出来そうですよね!!司会者さんの技量は当日にならないと分からないので若干不安ですが・・・
ありがとうございました。(あこさん)

rectangle 広告

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする