BBSより転載

♥ばなじゅさん
「式の費用は折半」という話を聞くことがありますが、どのように折半しましたか?支出分を折半した後で、お祝いでいただいた分を折半。それとも、どちらかが全額出しておいて、お祝いで使った分を受け取り、余ったら半分コ・足りなかったらその分だけ出してもらう…。
とりあえず、この2つの案を考えましたが、どの方法がいちばん合理的でしょうか?みなさんはどうされましたか?もしくは、どうされる予定ですか?
ウチのところは、「どうせ僕のお金もすべてばなじゅに渡すつもりだから、どっちが払っても一緒。だから、ばなじゅが払っといてよ(貯蓄があまりないので)」と言われ、納得できるような…できないような…でしたので、みなさんからお話を伺えたらと思います。

こんにちは。ウチは「お前に任せるわ」と最初から言われていたので、とりあえずお祝いはすべて私が預かり、諸経費はそこから。あとは見積書から二人でかかる分は折半、そこに彼側にかかるもの(衣装とか)を足した金額を彼からもらうことにしました。どうしても私の衣装や支度にかかってしまうし、エステ代とかは請求できないので、そういう方法をとりました。もうほぼ今サイフが同じ状態なので、細かいお金はうやむやになってしまっているかも…追加でかかった分はまたお祝いから引こうと思ってます。人数で割るとか、完璧に折半だとか、家によってそれぞれなんでしょうね〜〜(りくさん)

うちの場合はまず新規で銀行口座を開設しました。
その口座に結婚資金の全てを一旦入金しました。(内訳)・両家両親から結婚式費用にと渡されたお祝い金・新郎新婦二人がそれぞれ貯めた結婚資金
全ての結婚式関係費用を、その口座から、その都度出しました。
ご祝儀は頂いた金額全てを同じ口座に入金し、結婚式後は「新居用口座」として貯金専用口座にしております。
私のまわりでは、・正確に人数割り・共通にかかる部分は人数割り、新郎新婦それぞれにかかるのは自己負担なんてパターンもありました。
後々揉めたり、不平不満が出ないように、最初にしっかりと方針を決め、出来る限りシンプルにしておくといいですよ。(アヤさん)

私の場合は、共通するものは折半しました。(照明・写真代・司会料・会場費など)あとはお互いにかかった分だけ支払いました。(彼は彼の衣装・私は私の衣装+ブーケ代+エステ代やら着付け料など)引き出物もそれぞれ各自分担でした。
あと私がどうしても装花を豪華にしたかったので、追加した分だけわ私が負担しました。引き出物のの袋の数などもきちんとしました。
そういうのって式場の人に初めから頼んでおくと、請求書作ってくれますよ。共通は折半で、○○は新郎負担▲▲は新婦負担でお願いします!!って頼むと出来上がった請求書どうりに支払うだけなので簡単です♪(あこさん)

ばなじゅさん、はじめまして。
自分も式は来年なのですが、やり方は、「あこ」さんと同じで、新婦側に掛かるものは、新婦家で、新郎側に掛かったものは新郎側。お互いに共通する部分を折半で。
と、相手のご両親から提案がありましたので、そのように自分の両親に伝え、了承した上で決定しました。ご祝儀の分担も、新郎側は、新郎に。新婦側は、新婦にと「一応は」なってます。結果、最終的には新婚生活で一緒にはなってしまうのですが(笑)
うちの場合、新築も同時進行なので(建築部分に関しては、全て自分もちでやってます)相手のご両親の気遣いとしてありがたく思ってます。
ちなみに、家電、照明等、電器関連担当:自分。家具、カーテン等、家財用具担当:相手。ともなってます。(こぉじさん)

私の場合は式と披露宴にかかった費用は全て折半にしました女性側のほうが衣装、エステ、ヘアメイクリハーサルなどかかる費用が多いのですが結婚式のために必要な費用ということでそれも全て折半でしたたまたま招待客もほぼ同数(彼のほうが2名多いだけ)だったので
ただしお車代(交通費や宿泊代)はそれぞれが自分の招待客分を負担しご祝儀もそれぞれでいただき 内祝いもそれぞれで返しました(かおりさん)

みなさま、いろいろな案をありがとうございました。
ナルホドね〜、そんなやり方もあるんだな〜と感心しきりです。どのような形にするにせよ、お互いが納得できるように進めていきたいと思っています。(ばなじゅさん)

スポンサーリンク
レクタングル336×280
レクタングル336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル336×280