BBSより転載

♥芙美さん
はじめまして。この初夏に結婚した芙美です。私はフリーランスで仕事をしています。収入は扶養の範囲内なので、夫の会社に扶養のための手続きをしているところなのですが、健康保険のところでひっかかっていて、未だに保険証が出ないんです。
最初、去年の収入の証明を夫の会社に提出したのですが「去年のじゃなくて、今年の収入の見込みの証明を出せ」と言われ、フリーなのでどれくらい仕事をもらえるか分からないし、証明になるものもありません。結局、今年の今までの収入の証明ということで、通帳の収入をコピーして提出させられました。少し扶養の範囲を越えた金額なのですが、確定申告すれば99%扶養の範囲になる金額です。でも金額だけを見ると少し範囲を越えているので、今度は経費分の領収書を提出しろと言われました。夫は「うちの会社では、前例がないからなんじゃないか」と言っているのですがここまでするなんて、ちょっとおかしくないでしょうか?通帳のコピーや領収書の提出なんて、プライバシーの侵害に近いような気がするのですが・・・もし1月に結婚していたら、今年の収入の見込みなんて全くたたないのに・・・領収書もいっぱいあって、全部コピーなんて言われたら気が遠くなりそうです。こんなに苦労して認められなかったら、どう考えても扶養の範囲内なのに国民保険に入って保険料を払わなくちゃいけないし年金も払わなくちゃいけないと思うとやりきれない気持ちでいっぱいです。
そこで、フリーの方や不定期なパートをされている方、内職などされている方にお聞きしたいのですが、ダンナさんの扶養になる手続きをされた時、どんな収入証明を提出されましたか?または詳しい方、ぜひ、ご意見きかせて下さい!

芙美さんこんにちは。社会保険事務担当として私がしている手続でお話させて頂きます。
被扶養者の認定の収入基準は基本的に、「被扶養者となる人の年間収入が130万未満で、被保険者の収入の1/2であること」となっています。ご結婚で扶養認定の申請がきた時は
・同居、別居の有無
・職業の有無
・収入の有無(月収記入)
を確認し、(ウチだと)給与担当者に提出される「税法上の扶養控除申告書」により確認をして認定しています。この際、収入・職業を「有」にしている場合でも月収が108,333円未満ならそのまま健康保険組合に送付して保険証の交付をしています。ただし、婚姻から何ヶ月も経過している場合や、月収が基準より上回りそうな微妙な申請の場合は別添で収入の証明(納税の証明など)をいただいています。ですから、パートや内職の収入などがある場合は別途給与明細の写しや通帳の写しを添付して頂く例もあります。ただ、ウチの健保なら昨年の収入の証明で条件クリアなら認定しちゃうかな〜と思うんですが・・・(ウチは結構アバウトなほうかも^^;)。
芙美さんのご主人の加入する健康保険組合は審査が厳密なほうかもしれませんが、各健保組合の財政難や、保健の扶養を利用した悪質な脱税などが増加していることもあり、一般的には審査は厳しくなってきているのが現状です。プライバシー云々でお怒りになるのも分かりますが、それ以外に確認する手だてがとれないのはこちらとしても悩みのタネなんですが・・・。ただ、初夏にご結婚されてから現在までかかってしまうということは、相当な不利益を被っていると思いますので健保組合に対して即急な措置をとって頂くよう願いたいものですね。健保組合に対して直接手続をされているのか、職場の社会保険担当者を通して手続をすすめているのか分かりませんが、後者であれば直接健保組合に働きかけてみるのもいいかもしれません。
健保側にたったお話になりましたが参考になればと思います。(やえさん)

やえさんレスありがとうございました!結局、手続き担当者の方の智恵で、なんとかしました(^^;認定されるかどうかはまだ分かりませんが・・・それにしても、去年の収入の証明でダメ、なんてほんとびっくりしました。実家が会社してるのですが、それで大丈夫だって言ってたし・・・夫の会社は、会社で保険の組合があるので、そのせいなのかな?丁寧なレスほんとうにありがとうございました^^嬉しかったです。(芙美さん)

スポンサーリンク
レクタングル336×280
レクタングル336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル336×280