彼は私に家に入るのだよ、わきまえてもらうことも多いということを言いますーBBSより転載

♥ぴーさん
お見合いで知り合った人と話が早く進み、すぐにプロポーズ、承諾に至りました。よく槍玉にあがる、何代も続く自営の跡継ぎ長男、近距離別居という条件です。会社には彼の両親、兄弟、親族がいて、自宅は会社の隣、事業は地元密着型、近所には親戚が多く住んでいます。家は旧家の元地主です。条件はともかく本人がよければ、と思っていましたが、本人の長所がこの条件と組み合わさると困ったことになるのです。というのが、彼はリーダーシップがあり、楽観的、努力家なのがいいところなのですが、私の気持ちや不安を受け止めることができず、私の”嫁”としての不安や葛藤など男の立場では想像もつかないようで、笑い飛ばされたり、「俺を好きじゃないのか」といったりします。環境から来る不安はともかく、彼が守ってくれないと私はどうなるのだろう、と不安で夜も眠れず、破談にした方がいいのかと悩む毎日です。彼は私に家に入るのだよ、という言い方をしますし、わきまえてもらうことも多いということを言います。本人同士が気に入ることが大事と本人も彼の両親も言いますが、これでは彼と私との結婚という気がしないし、私の意見を出す余地がないようです。相手のことは強いいい人だと思いますが、私は彼のように鍛えられていないし、正直不安です。「お姑さんと私の意見が食い違ったらどっちの味方になるのか」と聞くと、「正しい方」とのことでしたが、正しいかどうかを決めるのが彼だというのは少し納得がいかない気もします。どんな人が奥さんならいいか、という質問に「母のようではない人」と即答したのも、親離れしてなさの裏返しなのではないかという気がします。断るなら今のうちだと思いますので、どなたかご意見をどうかよろしくお願いします。

「俺が盾になってお前を守る」彼がこう言えれば合格なんですけどね…。びーさんの不安をきちんと受け止められないようではちっとばかり先行き不安ですね。
今迄の話だと、彼氏さんはびーさんの話を“雑談”程度のレベルでしか理解してないようですねぇ。。。まずは、彼の態度に真摯さが見えないので、“結婚を考えなおしたいと思う”ほど不安だということを、きちんと伝えて相手の反応を観た方がよいと思います。(keroさん)

厳しい意見を書いてしまったらごめんなさい。お見合いで彼のような条件の方とのお話がすすめば、ある程度今のような状況になるのは仕方がないのかなと思います。二人の結婚というよりは家同士のつながりが前面に出てくるのではないでしょうか。それ相応の覚悟がいると思います。いまどき、私達の親世代のようなカルチャーショックはないと思いますが、それでも同じような環境で育ってきてなければ、彼がびーさんの見方?になってくれなければ、いろいろ苦労は多いと思います。あと、男性はほとんどと言っていいほど、心のなかではお母さんのことが大好きだと思いますが・・。(オレンジさん)

keroさん、オレンジさん、ご返答ありがとうございます。確かに今のような状況は仕方がないし、家同士のつながりが大事という価値観の元に私もお見合いをしました。ただ、相手にとって、私が不安を持つのがどうしてだか想像もつかないというのが不安なのです。そういう状況にあわせて当たり前、敵味方という発想からして理解できない、と心底不思議なようなので、そこが不安なのです。「結婚を考え直したい」という話は幾度となくしましたが、上記のような理由で真剣に受け止めてもらえません。私は似たような状況で育ってきましたが、それだからこそ苦労を目の当たりにしています。彼は、自分の母親たちが苦労しているのを見て育って、それを当たり前、苦労を苦労と思わない努力をしろ、すべてよい経験だ、というのです。そういわれてみれば正論なのですが、私は誰に頼ればよいのでしょう?という気持ちになってしまうんです。相手は、私が考えすぎで心配性すぎる、というんですが、果たしてそうなんだろうか、と思いました。あと、結婚に対してわきまえるべきこと、知っておくべきことなど事細かに指示されたこともあり、不安です。今は、私が考えすぎだからおかしい、被害妄想だ、という感じで孤立無援なので、果たして私が本当に考えすぎで慎重すぎるだけなのか、他の人の意見を聞きたいと思ったのです。
>「俺が盾になってお前を守る」
私もこういう意識を持って欲しいのですが、「自分の家族や親戚は非常に親切なのに、何から 君を守る必要があるんだ、安心してくれ」とばかり言うんです。確かにいい人だとは思うんですが、それでも色々価値観が違ったりする場もあるでしょう。なぜ不安になるのか見当もつかない、というのは性格の不一致にはならないのか、と不安になります。そして、その不安をいくら説明しても本当に理解に苦しむようです。
お母さんのことを大好きなのはかまわないのですが、どうやら自分の奥さんにもお母さんのような生き方をしてもらいたいようで、ならどうしてそれが私である必要があるのかと思いました。家同士のつながりなら話はわかるのですが、家の一員になる、家に入る、今までのやり方に固執されては困る、というのは、家のつながりというより向こうの家の一員となるために鍛え直す、という性格が強いように思うんです。果たして、こういう条件のときは女の人に発言権はないものなのでしょうか。(ぴーさん)

>敵味方という発想からして理解できない
どういう説明をなさっているのか解りませんが、彼氏さんの発想は、一面的すぎますねぇ。
>結婚に対してわきまえるべきこと、知っておくべきことなど事細かに指示
ぴーさんが、彼の家業が好きで、その価値観に合わせて生きて行きたい人間でなければこの彼の元では、やっていくのは難しいと思います。
それか、戦国時代のように、生家の利益のため外交官として嫁ぐ?ありえないですよね。
おそらく、彼は相手の立場にたってものを考える力…他者性に決定的に欠けているのだと思います。相手の人格を尊重する発想が薄いかなぁ。
まぁ、悪気はなく、良い人っちゃあ、良い人で本人は親切に思い遣って、話もきちんと聞いて相手を考慮しているつもりなんでしょう。それは本当でしょうが…
彼氏さんが、自分の利益になるようにしか、思いやりを発揮せず、自分の不利益になることは、理解しようとも思わないようなら、やめたほうが宜しいと思います。
ただ、最後のチャンスに破談か理解かのギリギリの話し合いの機会だけはもったほうが良いと思います。彼に“びーさんを”失いたくないという、気持ちがあれば、乗り越えてくれるかもしれませんから…。(keroさん)

私もkeroさんと同じように話し合いの機会は持った方がいいと思います。同じような環境で育ってよく理解してらっしゃるびーさんが不安に思われるほどですからよっぽどですね。彼氏さんはちょっと一方的すぎると思います・・。うちの親もよく結婚は男性側の家が中心になって・・とか言いますけど、やっぱり二人の考え方って大切ですよね。(オレンジさん)

きっと、リーダーシップがある、とか頼りがいがある、とかそういう人は、その反面人の気持ちをいちいち思いやったりできず、一方的になる傾向も強いのかな、と思います。優柔不断な男の人は苦手、と思っていた矢先に出会ったので、私も最初はすごく気に入ったのですが・・・。話し合いの機会はかなりの回数持ったのですが、相手は話をしようとはするものの、結局こっちにものを教えるように上から見た言い方になること、相手は仕事で忙しいので疲れているということなどからラチがあきません。文章にして送っても、「意味がよくわからないので後にしよう、と思って」と流されてしまい、「僕はあまり複雑なことはわからないんで」と笑い飛ばされてしまうのです。いくら説明しても、歩み寄りができないので、これは性格の不一致なのかな、話し合いは意味がないのかな、となってしまいます。私が確かに慎重で悲観的なところがあるので、明るくて人を引っ張るタイプの彼には惹かれるしどうにか上手く関係を持っていきたいと思っています。
しかし、何分私の不安がバカげたことで、私は弱くて、と相手に対して劣等感を抱くようにばかりなってしまい、自信をどんどん失っていって、このままでは私のよいところもなくなってしまう、という感じなのです。
私が自分を直すことでどうにかなるのならどうにかしたい、とも思うのです。相手のこと尊敬できるし。相手にも私を尊重してほしいのですけれど・・・いつも長文すみません。(ぴーさん)

彼氏さんは「最初から全て、了承済みで、見合いしている」と思っていると思います。普通は見合いというものは、まず条件ありきですから彼側からしたら、「ウチの条件に惹かれて、見合いしてるはず 望みがかなっているのに、何故今さら?」なんですよ。
>条件はともかく本人がよければ
とびーさんが思って見合いをしていたとは夢にも思っていないと思います。
二人の土台が違うんじゃないかな?(先方からしたら「約束が違う。 そんなんなら見合い承知するな」でしょうね。 見合いだから、相手の条件が気にいらないのなら 会うべきではないのでしょうが)
びーさんは「条件が悪くても本人が良ければ」相手は「この条件を望む相手が良い」なんじゃないでしょうか?
ここの部分をつきつめて話をしましたか?
まぁ、私から言わせれば、彼の態度は「男らしさに擬態した卑怯」なんですが…。(ご免ね。好きな人にこんな言い方して)(keroさん)

ごめんなさい、きついこと言います。
多分、彼さんたちからすれば、「自分たちの家柄であれば、この人がダメでも次がある」とか思ってるんじゃないですかね?つまり、嫌な言い方すると、自分たちの思い通りになる「後継ぎを生む女性」が欲しい。こういう家は自立した考えの女性はいらないんですよ。
全くびーさんの気持ちを受け入れないところも、自分たちの家のことしか考えてない=考えなくて良いと思わせるような家庭環境であったということがうかがえます。彼から、結婚相手にはびーさんを!という気持ちが全く伝わりません。真剣に話し合いをしようとしているびーさんを相手にしないところも、ふるーい男尊女卑的家長教育を受けてきた感すらします。私は彼の態度には人を引っ張っていくということは感じられないですね。自分の都合だけで相手を押し込めようとするだけに思えます。
びーさんが、自分を押し殺して、その「家に入る」というお覚悟がありますか?そこまで彼が好きですか?時代錯誤も甚だしい話だとは思いますが…(クリフォーさん)

ごめんなさい、わたしもきつい事を書きます。文章を読んだ限りではびーさんがどうしたいのか私には見えてきませんでした。びーさんはとどのつまり、彼がどうであれば満足なのでしょうか?彼のご両親やご家族から特段意地悪をされたわけでもないようですが、彼のご親族がどうなれば満足なのでしょうか?極論ですが、彼が「家業を辞めてびーさんと2人で住み、サラリーマンとして一から修行だ!愛があれば乗り越えられる!俺がおまえを守る!!」こんな感じだとしたら不満爆発なのではないでしょうか?
今びーさんが不安に思う彼をとりまく条件が、まさにびーさんの結婚を決める決め手になったことは事実なのではないでしょうか・・・。(結花さん)

みなさん、ご意見ありがとうございます。私がどうしたいのか見えないのは確かにそうだと思います、自分でも混乱してしまっているので・・・(すみません)。
条件ではなく本人が大事というのは最初から前面に出していたので、皆それを承知の上だと思います。また初対面のときから私はかなり抵抗を示していたのですが、向こうの熱意の押される形で、「条件はどうだろうと相手の誠意と熱意があれば 幸せかもしれない」と思い承諾に至りました。私は人当たりがいいほうでもなくおしとやかな女性でもないので不思議に思い、懐疑的だったのですが、気に入ってくれているということで嬉しかったのです。
ただ、段々私という人間を気に入ってくれているのか、自分の言うことを聞いて家に入ってくれる人なら誰でもいいのか、よくわからなくなってきました。ただ、思いやろうとしてくれている気持ちはすごく伝わってきます。本当に私の気持ちが理解に苦しむようです(もしかしたら本当に杞憂なのかもしれません)。
サラリーマンとして一から修行だ、と言われたら、私は非常に嬉しいと思います。本人もサラリーマン時代が懐かしい、サラリーマンがうらやましいと言っていました。条件が決めてになったということはなく、条件はむしろ苦手な方だったのですが、条件で偏見を持ってはいけない、と思って会いました。見合い向きではないのかもしれませんね。
支離滅裂な文章で申し訳ありません(ぴーさん)

条件は最初から承諾済み、ということはないと思います。この見合いはくだけたものだったため、条件などについてはプロポーズ後にすべて明らかになりましたから。この条件に惹かれて見合いする人というのは今どきいらっしゃるのでしょうか・・・。(ぴーさん)

>条件などについてはプロポーズ後にすべて明らかになりました
誠意ないなぁ。私は、おふたりのお家の関係で、見合いの運びになったのかなぁ?と漠然と思っていました。
不思議なのは、こんなンで親御さんは了承しているんですか?私が親なら「騙された」と怒りますよ。(keroさん)

うーん??書き込みを読んでるとお相手の条件がいつはっきりしたのかがよく判らないのですが、それは今回の論点ではないかと思いますので、いつだったとしてもいいんですけど。どうもご本人も話がややそれてるようですが、別に条件で相手を選ぼうが選ぶまいがそれは人それぞれなので問題ではないと思います。見合いなんだから条件ありきで当然なんだし。
要は、びーさんが将来どのような辛いことがあっても彼といっしょにやっていきたいと「現時点で」思えるかということですよね。びーさんからは何となく惹かれているという感じは受けますけど、まだ確固としたお相手への想いという感じは受けませんでした(ですから悩んでらっしゃるんですよね・・・)。一番簡単なのは、婚約期間でも何でも長くして、もう少しおつきあいされることではないでしょうか。出会ってからどのくらいの期間を経てのプロポーズかは判りませんが、短いんですよね?お相手のことをよく知らないから、不安なのではないですか。もちろん長くつきあったから相手のことを全て理解するというわけではないですが、時間をかければ、それなりに相手の考え方・親とのつきあい方など見えてくるのではないでしょうか。それとも、今すぐ結婚しなくてはダメな状況なのでしょうか?お相手のおうちが許さないとかそういう感じですか?
条件はさておき、個人的にはこんな大事な話を自分が真剣にしても聞く耳持たない状況というのは、かなり憂えることかと思います。今後の生活と夫婦関係・人生の岐路においての、お相手の反応が容易に想像できると思うんですけどね・・・。最終的には個人対個人のぶつかりあいだと思います。夫婦関係において、そういうのを求めない人なら(旦那は給料さえ運んでくればいい、自分は好き勝手にする等)、別にいいんでしょうけど。びーさんが望む夫婦像というのはどのようなものなのでしょうか。これまでのおつきあいしてきた方で、似たような方がいらっしゃいましたか?
ところで、親御さんの話が全く出ませんが、親御さんはこのご結婚に賛成されていらっしゃるということでしょうか。親御さんには全くご相談なさってないのですか?親御さんは人生の先輩ですから、ご相談されてみてはいかがですか?(クリフォーさん)

ありがとうございます。条件は、大まかな学歴や職業などは勿論わかっていましたが、細かい住むところや給料、心構え、家業を手伝う手伝わないなどは後から判明しました。
私の親は、少なくとも母親は後から細かいことを呈示された時点で激怒しましたが、私の両親とも、相手が私に対して熱烈な態度であるということで、「望まれてする結婚はいいものだ」というスタンスです。「相手はとにかくお前を好きなのだから、それは素晴らしいことだ」という感じです。うちの親はあまり条件などを重視しない方です。
私ももう少し時間をおきたいのですが、見合いではそうもいかないようです。私の望む夫婦像は、お互い支えあうパートナーです。私もかなり意見をはっきり言う方だし、これまでの経歴からしても従順で古風とは相手も私のことを思っていないだろう、と私も周囲も思っていました。今までのおつきあいしてきた人は、割と子供っぽい人が多かったため、今回の人に会ってなんと男らしいのかと思いました(今になって少し懐疑的になってきましたが)。あと、話をしていると元気付けられるし、態度に誠意もあるし、そういうところはやはり好きなのだと思います。なぜ今どき田舎の時代錯誤の家に嫁がなければいけないのか、と自分で割り切れない部分はあるものの。私がついていこう、と思えるか思えないかという問題なのかもしれませんね。(ぴーさん)

う〜む。。。親御さんは娘が夜も眠れないほど、悩んでいることを知ってても、そう言うんかな?私が親なら、条件の問題ではなく、そのような話を婚約後にあかすそのやり方に立腹します。
>私ももう少し時間をおきたいのですが、見合いではそうもいかないようです
先方の都合の良い時だけ「見合い」のはこび…。そんなコト言ってる場合じゃないでしょう。もうちょっと御自分の主体性を持って、毅然と対応したほうが良いのではないでしょうか?。
私は、な〜んか釈然としないっていうのか…腑に落ちないです。びーさんの言う、彼のおもいやりと熱烈な愛情と、彼の態度がどうもチグハグな感じがします。“嫁”を手にいれるための確信犯なのかな?(勘ぐりすぎだけど)
まぁ、びーさんが良いなら、何がどうあろうが全部良いんですよ。(keroさん)

私もkeroさんの意見、同感です。
熱烈な愛情が、びーさんの気持ちを理解するという形で表れなければあまり意味がないような気がしますが。どんな形で熱烈な愛情を示されているのでしょうか・・・。(きららさん)

ご意見ありがとうございます。確かに、先方の都合のいいように事が運んでいると思います。私は主体性がない態度だと思います、「おかしい」と心で思っても自信が持てないので、「そんなものか」と飲んできています。何が釈然とした毅然とした態度で、何がわがままなのかがよくわからない時がありまして・・・
熱烈なのは、仕事をさておき私を獲得するために躍起になって体を壊したりしてまでも私と会ったりするその態度で、それは私も親も仲介の人もみな一致した意見を持っています。ただ、他の女の人を気に入らなかった理由として「義務を遂行せず権利ばかり主張する」というのがありまして、そういう人に比べると私は便利なのかな?とふと思ったりもしました。
悪い人ではないので確信犯とは思いませんが、”嫁”を手に入れるために今は必死なのかな、ということは自分でも思うし友達にも指摘されました。(ぴーさん)

何度も、繰り返してる人なんだね。たぶんこの人、自分しか好きにならない人だと思うよ。
でも、びーさんがどんな苦労をしても、びーさんが彼を良く思って愛して、それで良いんだったら、かまわないと思う。
本当だったら、「お幸せに」と言いたいトコだけど、私は偽善者じゃないから、それは言えません。自分で決めた道を、後悔なきよう進んで下さい。(keroさん)

> ただ、他の女の人を気に入らなかった理由として「義務を遂行せず権利ばかり主張する」
これが彼のことを全て物語っていますね…でもきっと今までお見合いされた女性たちも、びーさんと同じこと思ったのではないですかね?だから、女性側からお断りする。それは、彼からすれば「俺は体壊してまでも会ったりするのに(←これは例えですけど)、君は俺にこれ以上何を求めるのか?」とかそういう感じなんでしょうねえ。彼は、独りよがりな感じがします。びーさんが断らないのをいいことに、すぐプロポーズして、とにかく結婚に持ち込みたいのかな…。
私なら、婚約するまでこんな重要なことを黙っているような人は、今後も不利なことを話さないと思うので、信頼できません。
とはいえ、選ばれるのはびーさんですから。(hiyoさん)

皆さんがたくさんご意見されているので、私には、もう言う事はありませんが、簡単な事ですよ。
要は「ここまで不安な気持ちでも、それでも彼と結婚したいと思うか」それだけの事です。ピーさんがどうしたいのか、それだけですよ。
私でしたら、話し合いも出来ない人はお断りですが・・・。夫婦となっても”話し合うこと”はとても重要。それがどんなに些細で小さな事でも、です。それは”お互いを理解し合う”ということですから。
それでも彼に惚れている、というならご結婚されて良いでしょうしやっていけないわ、と思うなら、無理してする必要はないのです。
ピーさん、あなたの気持ち、それだけですよ。(凪子さん)

rectangle 広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする