auto 広告

スポンサーリンク



最近とても不安に襲われるようになりましたーBBSより転載

♥ナンノさん
はじめまして。いろいろ悩んでいて、このHPにたどりつきました。私は24歳のナンノという女です。付き合って1年になる31歳の彼氏に今年の3月にプロポーズしてもらえ、今年の11月に結納、来年の3月に結婚式をすることになりました。私は彼に会う前に紹介をしてもらったり、お見合いをしたりしていました。彼とは共通の友人の紹介で知り合ったのですが、一緒にいると幸せでいれ、波長の合う人だったので、結婚を決意しました。ところが、最近とても不安に襲われるようになりました。私の実家は香川、彼の職場は高知なのですが、結婚式会場は彼の実家のある神奈川ですることになりました。彼の会社の同僚、私の友人・親戚には遠方の所を行ってもらわないといけないので、私は自分の関係の方には交通費・宿泊費は出そうと思っています。それを彼に話したら、「宿泊費はいいんじゃないの?だって出さなくていいように12時からの挙式を選んだんだから」といわれてしまいました。実は式は12時からと15時半から二つ仮押さえをしていたのです。私は自分の友人たちに12時からのにきてもらおうと思ったら、始発の飛行機に乗ってもらわないといけないので、15時半がよかったのですが、あちらのご両親に「12時の方がいいんだけど、どちらがいい??」と聞かれ、「どちらでもいいです」としか言えず、12時の方になりました。大体何でも自分たち家族でよく話し合ってから私に話すので、私がそれをあんまり考えずに賛成してしまうと、可決されてしまいます。そのときに何も言わなかった私が悪いのですが、彼と宿泊費の話をしていたときに、彼は1日の宿泊費も出さないというので、あきれかえり、「私の友達で何人か着物を着てくれる子は前の日から泊まってくれるから、うちは2日間宿泊費だすのに」というと、「そんなところでケチッテも」と強く言われてしまいました。そのときに、「なんて人!!」と思ってしまいました。 それにそこのホテルでの挙式も自分が言い出したことなのに、後輩には「彼女がどうしてもって言ったから」と言っているみたいです。それに、私の両親が私の家にきたときに、少しでもなじむようにと、父の出身の京都を案内すると言っていたのですが、その週は彼が出張があるので、疲れるからやめになったのですが、父が京都を案内したかったという話を彼にしたら、2人になったときに「お父さん、京都行く気満々だったね」と言われてしまいました。私の両親がよかれと思い、言ったこと、やったことも彼にはありがためいわくになっていると考えると、彼にも両親にも気をつかってしまいます。こんなことでいちいち気にしていてはこれからの人生歩んでいけないと自分でもわかっているのです。私は考えすぎですか?皆様の考えをおきかせいただけたらと思いました。そして、もしよろしければ、皆様が結婚を決意したわけをお聞かせいただけたら幸いです。意味が伝わりにくい長い文章になって申し訳ありません。よろしくお願い致します

はじめまして。彼さん、ナンノさんのことはそうですが、自分の両親のこと、大切にしていますか?私が結婚を決めた…と言いますか、決めてから分かったことですが彼が私の両親だけでなく、やはり自分の親も大切に思っているな と言うところはしっくり行っているところのひとつです。自分の親思いの人は相手の親も大切にすると思いますから。
家は、彼が私の姓になってくれたのですが、その交渉をする時に家の父が彼が承諾してくれたのを真に受けて舞い上がって、勝手に彼父の前で決まった事のように話すすめたんですね。それを聞いて彼が気分を害して自分の父親を気遣っていたのを見てなんて優しい人だと思いました。
話はそれましたが、ナンノさんのお父さまがどういう気持ちでいたか、一蹴するような言葉は悲しいし、式場の事も喧嘩してもいいから感情的にならずにご自分の意見を言われたほうが良いと思います。
なにかしら出てくる時期ですから、余り抑えないで、冷静に話されることをお薦めします。(さ・いらさん)

相手が誰であれ、会話が少なければ思いやってあげれなかったり気遣いが至らなかったりしますよね?全て意見や考えが一致することはないと思います(そこそこの常識は備わっているべきですが)でも大切なのは相手が意見を言ったときに否定せず一度受け入れて話し合いができることではないでしょうか?相手を立てることってどのような時にも必要だと思います 宿泊費にしても「往復〇時間もかかるのだから日帰りはバタバタして疲れさせてしまうと思うし、世間一般的にも招待する側が負担することの方が多いみたいよ」と説明したときに「そうか〜」と受け入れてから、そうするか、そうできないのであればどうやって負担を軽くするのか考えてほしい京都の話でも、彼氏さんがそう言ったときに、「私の両親は、少しでもなじめるようにとあなたに気を遣ったんだよ」と言ったときに、「ただお父さんが行きたいだけなんだと勘違いしてた、失礼なこと言ってしまった、ごめん」と気付いてほしい31才で、そういうことが出来ない人は、これからも出来ないかもしれませんね ナンノさんと年も離れているので、ナンノさんが意見を言っても、あまり聞く気がないのかも
結婚準備の期間っていろいろと発見があるでしょう恋愛関係上で相性が合っても結婚生活での相性が合わないことって結構あると思います結婚を止めることを勧めるわけではありませんが、疑問に感じたら立ち止まって考えることも必要 じっくり話合ってみてナンノさんの感じたことを言ってみて、きちんと向き合ってくれる人かどうか見極めてみては?(PEPEさん)

すみません、正直、「合ってないんじゃないのかな?」と思ってしまいました。。
彼の事、尊敬してますか?? 尊敬できますか??
私事ですが、依然にお付き合いした彼と婚約していた時、年金生活の祖母が、私と彼に「頑張ってね。応援してるよ。」と3万円、お小遣いをくれました。それを駅のホームで開けたとき、涙が出そうでしたが、彼が、「ハッ!なんだ、3万か?」と言ったんです。冗談です。もちろん。冗談だとわかるような言い方でした。でも、それを口に出すと言う神経がわからなかったんです。それからもいろいろな違いがあり、別れました。好きだと言う感情に任せて、いろいろある問題をいつも、目をつぶろう、忘れよう、こちらが折れればいいことだ、、と合わせてきた自分に気づいたからです。
今の彼と結婚を決めた理由は、本当に尊敬できるからです。完璧な人じゃないです。詰めが甘くて(笑)、イライラすることもたくさんあります。でも何かを二人で決定する時、必ず私の意見も聞いてくれる。そして彼が反対する時は、彼の意見を私はそれなりにでも理解できるからです。反対するのに、めんどくさいからとか、ただ嫌だと言う理由では彼は絶対反対しません。何かしら理由が必ずあります。
何より、いろいろな人を大切に思う人です。私の両親が「娘を幸せにしてください。」と言った時、彼は「できる限り努力します。」と誠実に答えてくれました。「約束」は将来のことはわからないからできない。でも、できる限りの努力をすることは約束する。その場限りの言葉で、約束をするような人ではない、誠実さが彼の魅力です。今でも尊敬しています。なので結婚生活は本当に幸せそのものです。
今一度、立ち止まって考えてみてください。今の彼、結婚してもそのままですよ? それでも結婚して一緒にやっていきたいと思いますか? 価値観の違い、思い方の違いは結構GAPに悩むと思います。
ご自分の幸せ、ご両親の幸せ、たくさん考えることがあって大変かもしれませんが、一生の決断です。それを彼に託すことができますか?(芽衣さん)

お金の価値観は重要ですよ。お財布が一つになるわけですし、お金の価値観が合わなくてもうまくいくケースってあまりないんじゃないのかな。
私は今の主人とは育った環境もお金の価値観もまあまあ似ています。それが結婚の決め手だったかな。価値観以外のこと(男らしくないとか頼りがない等)で結婚前随分悩んでいましたが、結局はマリッジブルーだったようで今は幸せです。(結婚後はかなり頼もしくなりました)
ナンノさんの彼に対する不満が改善されるような内容であれば大丈夫だと思いますが、どうでしょう?(こずえさん)

私の彼も、雰囲気?は頼りないし男らしい感じではなかったけど、いざ と言う時は必ず私の味方であり、助けてくれます。付き合いはじめた頃からずいぶん頼もしくなったと思いますよ。
年数ではないけど、1年ってまだ相手を知るには長くはないですよね。ここは相手を見極める所だと思って冷静に見たほうが良いと思います。(さ・いらさん)

今のナンノさんの投稿からですと、お互いのものの考え方の温度の違いということもあるのかなと思います。宿泊代のことはそれぞれ両家・新郎新婦で事情もあるでしょうし(親戚や友人同士であらかじめルールがあるとか)。ただ、ナンノさんがこういう理由だしゲストの不便さを考えておもてなしとして代金を出したいときちんと理由を言ってもなお渋るような(あるいはナンノさんの考えを一方的に否定するとか)カンジでしたら、そこはお相手の性格が出ているのでキチンと見極めたほうがいいかもしれません。お父様の京都の件も、もう少しお相手には気を使って欲しかったですよね。配慮が少し足らなかったかなと思います。ただ、京都の件のように、お互いの両親がからんだりする内容でいざこざや不愉快なことがこれからまだまだ起こってきます。その度ごとにどちらかのフォローは必要です。そういう配慮が出来ないのが許せない、不快感を感じる、というのであれば、それはナンノさんが生きていく上での重要なことでもありますから、考えた方がいいように思います。みなさんのご意見のように、お相手を尊敬できていますか?ちゃんとナンノさんの話を聞いてくれそうなお相手ですか?ご自分が直感で疑問に思うのであれば、素直にその感情に従うのが一番だと思いますよ。(ぱんこまるさん)

彼の出張というのはトライアスロンのようにハードなものだったのでしょうか?的外れな意見だと思いますが…こちらの掲示板を見ていると「仕事が忙しいから」と言い訳する彼氏が多いように感じます。パワーのない男の人が多いのかな?私の主人や周りにいる男の人だったら 出張だろうが 前日&翌日が深夜残業だろうが 元気いっぱい京都に行ったと思います。私自身 義両親からの誘いであれば 疲れていても喜んで行ったと思います。自分の疲労よりも 義両親を喜ばせてあげたいと思うし。もし何らかの理由で中止になったら「今度必ず」か「代わりに何処かに」となると思います。それを「行く気満々だったね」と揶揄して終わりなんて失礼ですよね。
価値観の違いは 皆さん書かれているように 本当に大切だと思います。彼と良く話して見極めてくださいね。(ゆっきー改めk-yukiさん)

自覚もあるようですが、考えすぎというより消極的ではないでしょうか。彼の言葉・考え方に対し、賛同できないときは自分の気持ちを伝えていますか?雰囲気で今までは波長が合うと感じていたかもしれませんが、人って言葉にしなければ伝えられないことが圧倒的に多いです。
結婚を決めたのは、大前提としてお金と生活リズムに対する価値観が近いこと。決め手は、話がおもしろい+おもしろそうに聞いてくれるから・でした。(りかさん)

rectangle 広告

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする