BBSより転載

♥ゆきぷうさん
先日元旦に交際5年目の彼と入籍しました。クリスマスに私の親と面合わせのようなものがあり(私も親には初めて会ったのです)あとはトントンと結納、披露宴が決まりました。と、これだけ書くとえらいハッピーウェディングなのですが、向こうは旧家の地主、おまけに自営の長男です。これが私を彼の家と両親から遠ざけた理由でした。和やかに面合わせのすんだ後、ハイスピードで何もかもが動いています。私と親が断った結納、披露宴、全て向こうの親が仕切っています。式場(地元で1番のホテル)日にち(大安でないとダメとか○○さんが来れない…ETC)を勝手に決めた挙句に「白無垢でないと困る」「婚約指輪はこの店で」「新婚旅行は治安の悪いとこは行くな」家具は・・・引き出物は・・・何故ここまで口出しされないといけないのかわかりません。8畳間に入りきらないような結納セット、結納金300万、ダイヤ、パール、留袖の代わりのカシミヤのオーダーのコート。。。それらを「長男の結納」と題して近所や親族に披露するそうです。婚約指輪って二人で買いに行ったり「私はこんなのがいいな」とか言えないものでしょうか?大事な長男の大事な結納だからやってもらわないと困るそうな。披露宴だって「まともに呼べば300人」のところを100人に絞ってもらいました。私は「したくありません」とはっきり申し出たのですが。ホテルの披露宴で白無垢来て招待客に頭下げろとか言ってますがドレス2着でプランを組みました。ちなみに私は母親と妹の3人の質素な家庭です。庶民すぎるくらい庶民。向こうが「全額だします」ということで動き出した結果がこれでした。入籍してまだ6日しかたっていないのにキレキレ状態です。うちの母とダイヤを見ようと思っていたら「ここで買ってもらう」と店を指定され最初は向こうの親も同伴するつもりだったようですが「指輪は2人で買うもの!」とキレました。何処まで口出ししてくるつもりなのか、気が狂いそうです。昨夜彼(だんな)と口論になり「そんなこと俺に言われても」「このあたりはそーゆー風習だから近所に言っていけ」挙句の果てに「金出すのはこっち」と一番言ってはいけないのでは?ということを言われました。今、真剣に破談を考えています(もう離婚なんですが)。30目前にして親のいいなりにしかなれない男に愛想がついてしまったようです。。

幸せなはずの結婚が、大変なことになってしまっていますね。私などはなんの障害も無く、好きなってに結婚してしまったので、気持ちが分かるなどともう仕分けるのはおこがましいのですが、心痛、お察しします。最初に読んで「わたしなら破談だ」と思いました。でも、もうちょっと良く考えると、「きっとそれでも頑張るんだろうな」と考え直しました。だって、自分が選んだ夫ですもの。きっと、なんとか夫にだけは気持ちを分かってもらって、乗り切るだろうと思います。でも、「金を出すのはこっち」発現は許せませんね。とても哀しいことだと思います。大体こっちってどっちですか?結婚したら、妻が夫の側に入るのではなく、自分たちの戸籍を新しく作るわけですから、こっち=自分たちの新しい家庭じゃないのでしょうかね。まったく、ぷんぷん。はっっ。琴が勝手に怒っても、解決にはならないんでしたね。ごめんなさい。つい興奮しました。一度、彼とその辺の意識の確認をされた方が良いと思いますよ。琴なら、夫を自分の考えにしっかり教育しなおして、結婚式のことはその場だけだと考えて我慢することで割り切ると思います。まぁ、なかなか出来ない豪華な結婚式を、自分が手配しなくてもやれるのですから、傍観者となって割り切っておかれた方が精神衛生上、良いのではないでしょうか?結婚式とその後の残務整理までちょっと我慢して、実家とは離れたたところで彼を教育しなおしましょう。これからずっと一緒に生活していくのは、ゆきぷうさんなのですから。実家になんて負けないで。ちょっと軽率に述べてしまったかもしれませんが、こんな考え方もあるのじゃないかと、何かの参考にしていただければ幸いです。(琴さん)

田舎と都会?の相違って難しいものがありますよね。私はこの春に四国の実家に戻ってきたのですが(学生生活終了のため)やはり、田舎というのは色々な「しがらみ」が多いと思います。私も先日、部屋の洋服タンスを買いに家具屋さんに行きましたが街の家具屋さんと違い、「信用商売」みたいな感じで、要するに昔からうちの親戚等がそこで家具を買っているからという理由で安くしてもらえたり普通ならローンや後払いで購入する時など書く書類も一切ナシ!の私から見ると信じられないような「アバウト」な商売ぶりでした(笑)。また、うちも自営業なのですが、うちの母は「いつもあそこの奥さんがうちで商品を買ってくれるから、うちも(多少高くても)そこで買わないと…」みたいなことをよく言います。こちらで暮らして数ヶ月、私が感じたのはそういう「田舎独自のコミュニティ」の根強さ、またそれによる弊害と利点です。今の時点では、ゆきぷうさんからすれば「利点」なんぞないように感じられてしまうかも知れませんが、そういうプラスの面もないわけではないのです。また、彼のおうちも自営業をされていたり、また旧家のおうちということもありそういう「顔」を立てなければならない部分が多大にあることは間違いないと思います。ただ、新婚旅行先などまでクチを出されてしまうのは考え物ですよね。
正直言って、街に住んでいた方が田舎暮らしをされるのは相当の苦痛があると思います。その逆の立場よりも大変かもしれません。ゆきぷうさんがそのギャップに耐えていける、若しくは琴さんのおっしゃっているようにある程度割り切って考えることができそうなのであれば、何とかなるかもしれませんけど…。もちろん、そうなるためには彼が絶対的にゆきぷうさんの味方(というのかな)でいてくれることが条件だとは思います。また、評判を落とす?ことを覚悟で相手方のご両親に自分の意見を通すことができるかどうか…ですね。それだって、彼が味方について一緒に説得できるかどうかがカギだと思います。
私の意見としては「彼ととにかくとことん話し合って」「彼がゆきぷうさんのことを本当に第一に考えてくれる」ようになってくれれば、琴さんのおっしゃっているように頑張っていけると思います。ただ、彼があくまでも田舎での対面や両親に意見も言えないような感じであれば結婚はストップすることも考えた方が良いように思います。
余談ですが、私もつきあって半年程度になる彼が居ますが(ネットがきっかけでした)彼の人格や性格とは別物に、彼の物理的条件(と言って良いのか…)は大きいなと思いました。彼は東京に住んでいますが(今はトルコのアンカラに留学中です)実家は岡山です。彼も言っていたことですが、出身地や育った環境って「ゆくゆくは結婚したいね」なんていう話が出た時って大事だと思うのです。私は両親がこちらにいるということもあり(年取っていく両親が心配でもありますし)できれば瀬戸内海側近辺(笑)〜関西に住みたいと思っています<結婚後や将来的に。そして、彼も将来的に岡山に戻りたいと強く考えているみたいです。以前、彼と話していた時にそのことが話題になり「これからもずっと街や東京で住みたいという人や、田舎暮らしになじめない人(否定的な意味ではなく、どうしても駄目だという感じかな)とは、『結婚』を考えた時には難しくなっちゃうかもね」という話になりました。もちろん、そうじゃない場合もたくさんあるでしょうし、私達も別にそんな「条件」だけ考えて付き合っている訳ではないのですが、そういうポイントって無視できないものもありますよね。
ゆきぷうさんの今までの環境と、彼のご実家の環境とのギャップを埋める(埋められる)カギは、上にも書いたように「彼次第」だと思います。難しい田舎のコミュニティ、でも居心地が悪いばかりじゃないこともあります(たまに(笑))これからのゆきぷうさんの人生や生活のことですから彼とゆっくりじっくり話し合ってみて下さい。(ふろさん)

スポンサーリンク
レクタングル336×280
レクタングル336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル336×280