BBSより転載

♥りすさん
来年の4月に挙式・披露宴・旅行・引越しをしようといっているのにいまだ家も決まらず、挙式披露宴会場が決まっているだけで、内容はまったく。。。来年から式場とは打ち合わせがあります。その前に2人で話しを固めておきたいのにあまり乗り気ではありません。私は1人あせっているのに彼はのんびりしていて、こんなので間に合うのだろうか?不安です。どうすれば彼がやる気になってくれるのか?そうすればうまく披露宴の内容を2人で決めていけるのか?そして良い式ができるか?何も手付かずでもやもやがたまります・・・教えて下さい。

あまりご参考にはならないかもしれませんが、私達の場合はこうでした。彼が大学院卒業したのが3月、両親に「結婚させてください」と挨拶に来てもらったのが5月です。それまで2,3回実家に遊びに来ていたので付き合っているのは両親も知っていて、人柄もわかっていたので承諾してもらえました。5月に婚約指輪を買ってもらって、6月半ばに両親顔合わせ、6月頃から披露の形式や新居の場所、条件などを話し合いました。私は広島在住、彼は東京在住で新居は横浜近辺の予定だったので不動産屋めぐりは彼一人の肩にかかってしまいました。本当に大変だったようで、様子を聞くのも良心が痛みました。この借りはこれから返すつもりです。結婚が決まると、女性は披露宴の中の色々な細かいことが気になりますが、男性はそうではないようです。他の方の投稿でも、腰の重い男の人の話がたくさんあります。りすさんの彼も、「来年から話し合いなんだからまだまだ先」と思っていらっしゃるのではないでしょうか。とりあえずはご両親やお友達と話して、りすさんの希望する結婚のスタイルを明確にしてはいかがでしょうか?「私はこう思うけどあなたはどう思う?」と、たたき台を作っておくと、彼も考え易いかもしれません。でも、最終的には二人で結婚するのだし、ご両親の希望もあるかと思いますのでりすさんの希望は100%かなうわけではないと覚悟しなければならないと思います。私達は、電話とメールで連絡しつつ、7月には新居決定、白無垢で写真撮影、親戚を招いて食事会を開くレストランと打ち合わせをしました。8月初めに私が退職して、月末に新居へ引越し、レストランと打ち合わせ、あとは9月15日に東京で食事会です。私達は極端に早い例かもしれないけど、何とかなるものです。りすさんは半年もあるのですから、とりあえずは自分の希望を固める所をしっかりすれば大丈夫だと思います。(くまさん)

来年の4月に挙式ですか〜。まだまだ時間があるのでそんなに動かなくても大丈夫だと思いますよ〜。でも、いろんなことが気になって仕方がない気持ちはすごくよくわかります。私も11月末に挙式・引越し・旅行の予定なんですがいまだに新居も旅行も決まっていません・・・。8月末にやっと結納をやり、披露宴についてもやっと招待状の印刷を頼んだぐらい。挨拶に行ったのは1月だったのにな〜。
私もりすさんと同じように、いろんなことが気になって焦っていました。でも、本当に空回りするばかりでした。春に二人で仮予約した式場も、結局お義父さんの希望の式場に変更になってキャンセルする羽目になったり。料理も試食して「これがいい」って決めてたのに、向こうの両親の希望で和食になりそうだし。もともと彼氏も結婚準備にはあんまり乗り気じゃなく、いつも「まだ先でいいよ」って言われてしまい、何度も気まずくなりました。そういうことの連続で疲れてしまって今はあきらめ状態です・・。でも、オリジナルの挙式や披露宴にこだわらないなら、そんなに焦らなくても大丈夫みたいですよ。私たちの予約した式場でも披露宴の詳細な打ち合わせは1ヵ月半前になってからやるみたいだし。
りすさんの場合は挙式までまだまだ時間があるし、今はいろんなものを見て楽しんでしまった方がよいのでは?ブライダル雑誌を読んで研究したり、デートついでに指輪を見に行ったり、ブライダルフェアで試食したり、旅行パンフを眺めてみたり・・。あ〜、今思えば楽しかったな〜。(ぽぷらさん)

スポンサーリンク
レクタングル336×280
レクタングル336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル336×280