BBSより転載

♥ひなさん
今月初めに入籍した、ひなです。結納をして、自分の結婚式考えている間に弟が妊娠し、結婚することになり、先週その結婚式に出席してきました。式自体は無事に終わりましたが・・・つくづく「私は今までの家を出て、彼の家に入ったんだな」と感じさせられました。
座席表も、家族は「様」ついてないのに、姓の違う私のだけ「様」がついてる。来賓のスピーチの時、同じテーブルの母親と兄弟(父親はいない)は起立しても、私は立つ必要なし。最後の挨拶も、親兄弟を含めた家族が列になって挨拶するのに、私はその列には参加できない。。。。
つい数週間前に名前が変わった、ってだけで血はつながってるはずなんだし、私だって家族なのになー。ってすごく寂しかった。
最後の挨拶をしに、親と兄弟が席を立つ少し前に、同じ家族なのに、自分だけが何だか外されているみたいで悲しいね、と言ってしまいました。
すると、母が会場の人に頼み込んで最後の挨拶(花束贈呈など)の時に家族全員が並ぶように無理矢理頼んでしまいました。土壇場でそんなことするものじゃないし、止めたんですが・・・
結局は、家族全員で並んで挨拶をしたのですが、披露宴をした本人達は、両方の父親がいないために、男兄弟を一緒に並ばせようとしたようです。
私の夫は、私が実家の籍を抜けて、こっち(新しい姓)の籍に入ったから。ごく普通のことなんじゃない?と。それもなんとなくは分かるんですけど、でも、新しい姓にだって、まだ慣れてないのに。
自分の存在がすごく中途半端に感じています。「家」って難しいなと実感したと同時に、寂しいと感じる自分が我侭なのかな、と落ち込んでます。

ひなさんこんにちは。その気持ち良くわかります。私も兄が結婚して今は兄夫婦が実家で同居していますが、自分が結婚したての頃はとても淋しく思いました。実家へ帰っても自分の居場所がないし、電話口の向こうから笑い声が聞こえると落ち込んだり・・・。よく実家からの帰り道、旦那の前で泣いていました。
が、しばらく経つと、自然と平気になっちゃいますよ!自分も子供ができると「家族」っていう意識が芽生えて、自分の家庭が一番と思えるようになります。
最初は淋しいと感じると思いますが、最初だけです。みんなが通る道だと思って前向きに行きましょう。(しじみさん)

しじみさん、ありがとうございます。既に実家では居場所がないです(笑)
結婚して戸籍の上で独立する=「××家を出て○○家に入った」「女なんだから」どうせ家でるんだし。入るお墓だって別々になるんでしょ。みたいな、嫁に行った。いなくなった。というよりも家族が増えた〜♪という考え方は日本ではあまりないのかな・・・(涙)
実家の冠婚葬祭がある度に全て別々というか、形式上は他人扱いになっちゃうんでしょうね。。。
まだ自分の家庭、家族って自覚というか実感もあまりないから他人扱いだと思えちゃうのかもしれませんね。(ひなさん)

なんとなく気持ち分かります。ケース違いかもしれませんけど、一人暮らしをしばらくしていまして実家に戻るとなーんとなく居心地悪いって言うか。自分の部屋も物置となってましたし。今は結婚を控えて実家に戻っており、その「物置」をなんとか「自分の部屋」に戻しました(笑)
でも私、長男の家にお嫁に行くんですよ。で、彼には嫁に行ったお姉さんがいて頻繁に戻ってくるんですって。将来同居かもしれない私にとってはやや心配。こんなこと失礼ですけど、同性だし義親には実の娘だしなんとなく不安はあります。私が嫁に行っても頻繁に帰ってくるのかなーとか。それが問題になってることが結構世間にはありますもんね。
ヨメ候補の独り言ですけど。(ウサコさん)

ウサコさん。私は、実家に帰っても居場所がないから悲しいんじゃないんです。親族で集まっても、形式上は家族じゃないから、今までとは全く違う扱い(というと少し変かな?)が寂しかったんです。もう名前も戸籍も違うんだから、家族じゃない、って言われたらそれまでですけど。
ウサコさんが不安な気持ちも少しわかります。私の実家もそうです。祖母と2世帯で暮らしています。父には妹(叔母)がいて、叔母はよく祖母に会いに実家にきますよ。祖母からすれば、叔母は実の娘だから、かわいくて仕方ないようですが。いくつになっても、自分の子供が一番という親は結構多いと思います。
義妹からすれば私も小姑かもしれません。だけど、実家に帰ってきた時に不安な顔までされたら、邪魔者なの??ってますます落ち込んじゃうかも。
でも実家にそう頻繁に帰るつもりだってないし、弟夫婦ともなるべく仲良くやっていけるように頑張るつもりではいます。(ひなさん)

「でも実家にそう頻繁に帰るつもりだってないし、弟夫婦ともなるべく仲良くやっていけるように頑張るつもりではいます。」
そう構えなくても大丈夫ですよ。自然に。自然に。巣立った鳥が飛んでる途中で元の巣ばかりを振り返り、あの家には帰れないのか、あの家族は巣立った私を温かく迎えてくれないのか、、というよりも、飛び立つ先を見ていく、新しい巣を作っていくほうのが大切じゃないかなって思います。
ご両親も、やはり気持ちの整理はつけないといけないんだと思いますよ。「あの子はお嫁に行ったんだ。」って。だからひなさんも整理をつけてみたらどうですか? 私はお嫁に行ったんだって。結局は家族ですよ。血のつながった。お嫁に行ったとしても愛は変わらないよ。でも、やっぱり飛び立ってもらうには、何度も振り返りさせちゃぁ駄目だよ。ご両親もそう思ってるんじゃないかな。
新しい生活に慣れてらっしゃらないから、ちょっと敏感になってらっしゃるのかもしれないと感じました。これもすぐに慣れますよ。私も2年が立ちましたが、家に帰るときは嫁に行った娘の里帰りとして帰ってます。だから、自然と手伝いも前よりしますね。。。私にとっては結婚に憧れもあった分、こういう立場が新鮮で、うれしかったりしてるんですけど。。(芽衣さん)

ひなさん、すみません。自分の立場だけでモノを言ってしまいましたね。身内の結婚式で「よその人」扱いは確かに寂しいだろうなとお察しします。実際そうなのかもしれないけど、ハッキリ別扱いされると…
ちょっと私自身もナーバスになってまして色々考える毎日。結婚ってこんなにも家とか家族について考えさせられるものなんだなあと実感してます。今まで個人主義で好きなようにさせてもらってた私でさえ、「結婚て個人だけの問題じゃないのね」なんて。ま、当たり前ですけど・・(笑)(ウサコさん)

ひなさんの地域では来賓の挨拶のときには、両親だけでなく家族まで起立するのですか。私のときは(関西で式を挙げましたが)両親だけが起立し、最後の挨拶も本人と両親だけだったので驚きました。(私には未婚の兄がいますが)
新郎・新婦のお父さんがいない場合、叔父や兄弟を代役にするという話はよく聞きます。当初の目的はそんな感じではなかったのでしょうか?きっと。
ちなみに私も嫁いだ後でも、しょっちゅう実家に帰っているタイプ。兄にお嫁さんが来たときには、気をつけなくちゃ(笑)(もかさん)

rectangle 広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする