BBSより転載

♥たんとさん
はじめまして。相談があるので聞いてください。私は来年の秋に結婚する予定のものです。ほんの2週間前に留学からもどり、日本の会社に就職して今働いています。両親は結構厳しい家で、結婚が決まるまでは色々ありましたが、なんとか話がまとまりました。来月には両家の親同士が会って、食事をします(結納は来年です)。留学から戻ったばかりということで、恥ずかしいですがお金はありません。0からの貯金です。彼はこつこつためていてくれていました。結婚式の費用から、結納金、ハネムーン、など全部を含めると多額ですよね・・・なんか、大丈夫かなぁと不安ですが、彼の両親が援助をしていただけるみたいで、なんとかなりそうな感じです。困っているのは、ウチです。留学も私が中ば強引にしたのもあって、貯金0も「あなたが選んでやったんだから、0からまたがんばらなきゃ」と親は言います。それは私も納得です。ただ、披露宴のお金のうち、人数割りで折半するのですが、その折半分のお金はどう考えても私の今のペースでは足りません。親戚からのお祝い金と私の貯める予想額で、3分の2はたまりますが、あと50万ほどは親に頼らなくてはいけなくなりそうです。「どうしても足らないならその時は言いなさい」と両親は言います。でも彼にしてみれば、全て私の貯金を使わずに、新生活に少しでもあてて、みじめな生活をして欲しくないと思うのが親ではないのか?と言います。彼の親はそういう考えです。両家の親が同じような考えでないとうまくいかないと言います。でも、今貯金0の私には「援助して」ということはできません。行動が供なってないからです。私の両親の考えは彼のご両親と同じで、子供にはみじめな思いや苦労をさせたくない、できることなら援助したいという考えなのですが、ただ、援助は実際問題として難しいようです。「親のお金を当てにしないでね」という母の言葉は、私が甘えないようけしかけているのか、本当に出せないのか。また、ウチは彼の方へ「こんな生活を娘にはして欲しい」とか「お金には困らない生活を」とか要望は出すのに対して、援助はできない・・・うーーん。両親の本音がみえません。今はお金の話も私が貯金がない立場で言いにくく、できない状態ですが、どう考えておけばいいのでしょう?わけのわからない文章ですみません。

頼もしいダンナ様ですね。
私たちは基本的に2人のお金でしようと話をしています。自分たちのお金で出来ない範疇の事はしなくて良い。新婚旅行も海外じゃないといけないわけじゃない。そう考えています。両親にもそれは言ってあります。
その話をする前から、私の両親は自分たちでしなさいと。これから2人で生活していく、第一歩の事だから2人でしなさいと、言われてました。
私は、もともと自分でするつもりだったのに、そういう風に言われて、娘の私がかわいくないのか、普通は少しでも出してあげようと思うものではないのかと思ったりもしました。
でも、実際はお金を出してくれるようです。ただ、名目は変わって、お祝い金という事らしいですけど。披露宴等のお金の話をした時に、それは自分たちですればいい。でも、お祝い金として私にはお金を持たせると言われました。
親っていうのはやっぱりそういうものなんでしょうね。援助をするとはきり言うと甘やかすことになるし。彼に娘を不自由させないでくれっていうのと援助は出来ないっていうのは全くの別だと思います。(すみさん)

挙式、盛大な披露宴、ハネムーン 全てをやらなくてはいけないということはありません。自分たちに見合ったやり方をすれば良いと思います。先方との兼ね合いもあると思いますが。
式当日までにどうしても全額を用意できないようなら、ご両親にお願いして足りない分を借りる(月賦で返すとか)というのも一つの方法だと思います。最初から親のお金をあてにしなければ何も悩むことはないのではないですか?
今まで好きにやらせてもらった、親に対して更にお金を出してもらう・・それはちょっと虫が良すぎるような気がします。今までお世話になった分少しでもお返しするぐらいの心積もりでいるのが家を出て行く者の覚悟ではないでしょうか。ご両親もそう感じてらっしゃるのではないでしょうか。(さ・いらさん)

すみさんありがとうございます。でも、私はあきらめてるというか、期待せずにまずは、一生懸命節約であったり、余分なお金を使わないとか、努力をしていきたいと思います。彼にしてみれば、もどかしいというか、「俺のうちばかり援助する」と思ってしまうのでしょうが、こればかりはそれぞれの家の事情がありますしね。お金が援助できないならば、いったん借りて、結婚してから、私が返していってもいいですしね。深く考えすぎなのかなぁ・・・すみさんは、自分達でやるときめて努力なさって、いつお祝い金としてお金を渡すと言ってくれたのですか?私はまだ約1年先なので、親としても甘やかさないために言ってるのでしょうか?ま、とにかく頑張ります。(たんとさん)

さいらさんもありがとうございます。そうですね、確かに虫がいいです。自分でもわかってます。とにかく頑張ります。ハネムーンもすぐ行かなきゃいけないわけではないし。お金の話って親とするのも辛いですね。また聞いてください。(たんとさん)

いつくれるのかどうかもどうでも良いし、別にくれなくても、私は構いません。むしろそのお金で両親が楽しめば良いと思います。だからもし、もらっても使わず置いておきます。両親を旅行に連れて行ったりするのに使わせてもらうつもりでいます。
彼が自分の家ばかりと思うのは分かる気もしますが、じゃあ、なぜ彼とたんとさん2人で出来る範囲でしようとしないのでしょうか?
もう一度、お2人でどの程度の披露宴等をしたいのか話し合ってみてはいかがですか?(すみさん)

いろいろ気になるなら自分たちのできる範囲にとどめておけばいいのでは?と思います。もし、自分たちのできる内容に親が納得できなくて、「援助したい」と申し出があればそこで初めて受ければいいと思います。(親からしてもこんな結婚式にしてほしいなという希望もあるでしょうし)
費用負担に関しても それぞれ財政事情が違うし、考え方も違うと思います。式・披露宴を普通にやろうと思えば大きなお金が動くので彼ともよく話し合って確認されたら良いかと思います。(みずたまさん)

たんとさんのご両親は十分立派じゃないですか!たんとさんの希望を聞いて留学させてくれたんですよね。それで戻ってすぐ結婚では・・・両親も大変ですよ。たんとさんのご両親の言う「お金に困らない生活」っていうのは、親や誰かの援助をもらうのではなく、自分達の力でしっかり経済基盤をつくって欲しいということではないですか?
 親からの「援助」が普通、当たり前ということは決してないと思いますよ。したくても出来ない状況もあるし、ご両親の財政はたんとさん自身もよくわかってると思います。その辺は彼氏さんにも理解してもらってますか?
 お二人で自立しようとしているんですから、お二人の力でできる範囲のことを考えられた方が良いと思います。私も親に心配かけないように、一生懸命貯金増やしてますよ!(そらさん)

rectangle 広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする