BBSより転載

♥ミカさん
お久しぶりです。以前こちらで悩みを聞いていただきましたミカです。また別の悩みが出てきたので相談します。
2ヶ月前に3年付き合った彼からやっとプロポーズされ、親にも挨拶を済ませ、11月に結婚する式場も決めました。そんな風に順調に結婚準備が進んでいるのですが、先日私の勤め先で人事異動の内示が出たのです。その異動先というのが、かなり忙しい職場らしく、帰るのも電車では帰れない時間になるそうです。今までいた職場は定時に帰れて結構気楽な職場でした。
私自身、仕事はバリバリやりたいので、忙しい職場に配属されて戸惑いつつも、ステップアップするチャンスだと思いかなりやる気です。
ところが、その話を彼にすると、かなり機嫌が悪くなってしまったのです。私が家事をできなくなるのがその原因です。もともと、私が仕事を続けたいので家事は五分五分にしようと言う話で彼にはしぶしぶ結婚生活を納得してもらってました。でも、忙しい職場のまま結婚すると家事の負担がほとんど彼にかかってしまうかもしれないと言うのです。
2,3年後には出産したいので、その時はまた余裕のある職場に移動できるから…と話はしたのですが、機嫌はやはり直りません。
皆さんはどう思われますか?

入籍後約1ヶ月経ったまめです。
まめんところも共稼ぎです。半年前くらいの状態だと確実にまめより旦那の方が早く帰宅する状態だったんですが、現在はまめのほうが早く帰れるようになっていました(←過去形)。
なので料理とかは全部やっていましたが、洗濯等ちゃんと分担してやってきています。
ところが人事異動ではないんですが、まぁそれに付随して現在の仕事以外にお仕事が増えちゃいました。人数が減るから仕方ないんですけど、ミカさんほどじゃないですが毎日21時くらいになるかな。
少々家事等々に影響が出てくるかもしれませんけど、だからと言って全然するわけでもないですよね。
また、彼氏さんの反対の理由がすっごく子供っぽく思うんですよね。家事する負担が増えるって・・・
別にミカさんが遊んでるわけじゃないし、彼氏さんが家にいる間には仕事と言う立派なことをされてるんですよ、文句言われる筋合いはないんじゃないですかね。逆のことを言ったらどうなんでしょうね。
#彼氏さんが毎日遅いのに家事を折半しろって言います?
早く帰れたものがその分やるっていうのが共働きの基本じゃないかとも。家事だけを理由に彼氏さんが反論するならもう少し大人になって話した方が良いような・・・
1ヶ月しか二人で生活してませんけど、暮らしていくのって二人だけでなんでもしないと駄目なんですよね。手が空いた方がやるのが鉄則だとまめは思います。はい。(まめさん)

こんにちわ。結婚一年半の太陽です。私も深夜まで残業のある仕事をしている共働き夫婦のため、ひとごととは思えず、ついつい出てきました。お悩みの件、とても大変だなぁ、というのが率直な感想です。彼さんは、そもそもミカさんが仕事を続けることに反対なんでしょうか?それとも、「家事に差し障らない程度に」働く分には理解があるんでしょうか?私はどちらにしても、それぞれの人生観や生きがいについてのコミュニケーションがとれていないような気がしました。(偉そうにスミマセン)ミカさんにとって、仕事はとても大事にしたいエッセンスなんですよね?もしそうなら、その部分をやっぱり彼さんに理解し、応援してもらわないと辛いでしょう。仕事をしているからとか、していないからとか、残業があるからとか、ないからとかで、家事について不満を持つという姿勢そのものが気になります。妻だけが百パーセント家事をするものではないと思うからです。忙しいなら助け合おうという感覚がないと、仕事だけに限らず、これから生活を共にしていくうえでミカさんが辛い思いをすることがあまりにも多いような気がします。
我が家の場合で恐縮ですが、私たちは二人ともときどき深夜にハイヤーで帰宅するような仕事をしています。早く帰れる日で午後九時ごろです。家事は早く帰った方がやるという自然発生のルールがあります。私は料理が好きなので、少しでも早く帰れたら必ず家でご飯を作ります。夫はその間にお風呂掃除をしたり、洗濯物をたたんだり。食事の後片付けは二人で一気に。もちろん食器洗い機も活用しています。遅くなる日は、それぞれ別にご飯を済ませるか、夜中に居酒屋で待ち合わせて乾杯!デス。実は結婚前、夫は家事は何も出来ない人だったので、とても心配しました。しかも家事分担という概念もなかったです。ただ、一つの救いは、私の仕事を理解し、本当に応援してくれていたという点です。仕事がうまくいった日は、とても喜んでくれ、残業で約束のデートをキャンセルしても快く了解してくれていた、という経験でそう思いました。家事ができなくても、仕事が理由なら「手を抜け〜」と言い、次第に自分自身が手伝っていくことを覚え、最後は掃除、洗濯、料理に能動的に取り組むことを覚えたようです。もちろん、とてもつたないお手伝いですがその気持ちだけで十分助かります。
家事分担や家事ができるかどうか、ということよりも、やっぱり仕事に理解があるかどうか(または理解しようとしているのかどうか)という点が重要かなぁ、と思います。一度、真剣に話し合われた方が良いかと思います。頑張ってくださいね。応援しています。(太陽さん)

こんにちわ。秋の挙式のひとあし先に彼と一緒に暮らしはじめているぷりんです。私のうちの場合も共働きですが、私が遅くなることの方が圧倒的に多いパターンです。はじめの頃は彼もそこまで遅くなるなら(家事に支障がでるなら)正社員はやめてくれと言っていました。私は私で、私も働いてるんだからちょっとは理解して!と主張して喧嘩の日々でしたよ。そこで、私なりに、言われる文句をどうやったら減らせるか実験しています。私の彼は少しはやってよ!と押し付ける言い方をするとかえって嫌がるタイプなので、じょじょにあれやってくれたら嬉しいな〜とか、何かやってくれたら大げさにほめるとか、そういった地道な(?)方法で、家事を少しでもやって(折半して)くれるように躾(笑)をしています。まだ家事が手抜きになることに時々不満をもらす彼ですが、最近は進んでお風呂掃除や、食事の準備補助をしてくれるようになりましたよ。自分でやってみると大変なの少しでもわかってくるようです。共働きなんだから、家事の大変さを理解してもらうことからはじめようと思ったのですが、これが結構ウチはあたりでした。あとこれは割り切り方ですが、ウチは彼が家賃をすべて負担してくれているので、私が本来負担するべき家賃代を家事労働にまわすか〜という考えをしています。そう思うと多少の文句も聞き流せます。心のもちようですかね…。まずは、彼さんのかたくなな心をどう砕くか、ゆっくり時間をかけてはいかがでしょうか。(ぷりんさん)

スポンサーリンク
レクタングル336×280
レクタングル336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル336×280