基本的に全部半々で負担というのは納得いかないというかーBBSより転載

♥じぇにさん
はじめまして。じぇにと申します。
今月入籍しまして、先週から一緒に生活を始めました。
結婚するにあたって日常生活にかかる費用の負担の話し合いをしてきたのですが、今のところ、光熱費や通信費は半々で、家賃は相手8対5(私)ぐらいです。新生活に必要な家電などの負担も半々です。
家電などの使用比率や共同で使用するものの負担が半々でも普通かなぁと思うのですが、何となく納得いかないのは、相手と私の所得が2.5倍以上も違うからなのです。(具体的な所得は知りません)
私の収入は固定給ではありませんし、そこまで収入差があるなら、もう少し出してくれてもいいのではないかなぁと思ってしまうのです。全く折半というのは同棲と同じではないかと言っても「何が同棲っぽいというのかわからない」と言ってました。どうも、「結婚とは」の定義が違うようです。
私の理想は相手の収入で生活をし、自分の収入はすべて家を買うための貯金に回すことでした。かといって私も生活費を出すのはすごく不満というわけではなく、出していれば「誰の金で食ってるんだ」と言われる可能性をなくすために、少しは払いたいと思っています。
でも基本的に全部半々で負担というのは納得いかないというか。。。
こういう考えはおかしのでしょうか。
ご意見をお聞かせ下さい。よろしくお願いします。

私も結婚したら、じぇにさんタイプ(相手の収入で生活、私の収入は貯金もしくはレジャー費用)で生活する予定です。これは彼も了承しています。
夫婦になるのだから、「誰のお金で食べている」云々は変じゃないですかね。だったら家事をしている妻が「誰のおかげで生活できている」とも言えるわけだし。じゃにさんの旦那さまはこれが平等と思われて提案されたのでしょうが、もしじぇにさんが不満と思うなら、話し合った方が良いですよ。こんな考えはおかしい?とか、普通じゃない?なんてことは、ないと思います!夫婦それぞれです。
頑張って下さいね!(飛鳥さん)

こんにちわ。私ももうすぐ結婚する為、お金の問題はシビアに考えるべきだと思っています。じぇにさんも、彼と結構話し合いはされているようですね。でも!!それだけ話し合いをしていながら、なぜ具体的な所得を知らないのか、少しびっくりしました。読んで一番びっくりしたのはそのことです。同棲だけなら知らないのもわかるんですが、もう結婚されているんですよね?う〜ん・・でも、「結婚とは」の定義がはなから違うなら、しょうがないのかなあ・・。彼としては結婚してしても、お互い自立した人生を歩みたい、と思ってらっしゃるのかしら。(男性の所得に依存した生活は嫌?とか?)男性に見られると怒られるかもしれませんが、私的には、既婚の男の人に多額のお金を自由にさせる事は危ないと思うんですが・・。でもそれも、元々の考え方が違えば、しょうがないことですよね・・。「家」に対する考え方が元々違うのであれば、色んな事で意見が違ってくると思うんですが、結婚前はそんなことなかったのでしょうか??もし子供が産まれたら、それにかかる費用はどっちがどう負担するのでしょうね??今はまだ生活を始めたばかりで、きちんと負担分を決めて負担することが可能でしょうが、すぐにそういう訳に行かなくなると思います。やっぱり家計はどちらかがきちんと握っておかなくては収集がつかなくなると思うんです。・・・というようなことを、理詰めで説明してはいかがでしょう?じぇにさんがきちんと家計を管理するか、彼にぜ〜んぶ渡して、じぇにさんは十二分のお小遣いをいただく生活にする・・とか・・。(勿論、光熱費・通信費の支払などは彼に手続き・振込みしてもらう)男性には、理詰めで説明すれば、意外とわかってもらえるかもしれませんよ。(えりさん)

お互いの収入の何割を差し出してまとめて、その中でやりくりをして、どちらかが管理するほうが気持ちいい気が・・?家賃は、電気代はってそれぞれ払うのってやっぱり不自然な気がします。どうでしょうね?うちはおこずかい以外2人で合わせて、その中から貯金や生活費などを出しています。お金を別々に生活するのはなかなか運命共同体って意識になりにくいですよね??(keikoさん)

スポンサーリンク
レクタングル336×280
レクタングル336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル336×280