BBSより転載

♥さちさん
義母(68歳)について悩んでいます。私は結婚二年目で31歳、主人は36歳で子供なしです。主人には5歳年上の兄がおり結婚して子供もおります。(兄夫婦も実家から二時間の所に住んでいます)
義母は主人の結婚が決まった頃から持病の自律神経失調症がひどくなり、今では睡眠薬も飲んでおり、ほとんど外出出来ない状況です。本人曰く、「主人がやっと結婚できて気が抜けてしまった」との事なのですが・・・。
私達夫婦も、実家へは車で二時間ほどの所に住んでいるのですが、たまに行ったり電話したりしているのですが、義母は「そんなに来なくてもいいのよ」などと気を遣ってくれます。
息子の写真やビデオを何度も見てるというのを義父から聞いて本当にせつなくなりました。と同時に「私がお義母さんから息子をうばってしまった」という思いが強くなり、私自身どうして良いのかわからなくなってきました。
最近はうつの症状も出てきたと聞き、老人性のうつは痴呆へ移行することがあるというのを耳にしたことがあるので本当に心配です。
義母の体調が改善するには私自身何をしたら良いのでしょうか。そっと見守っているしかないのでしょうか・・・。文章をまとめるのが下手で申し訳ないですが、何かアドバイスをいただきたいと思っております。お願いいたします。

自律神経系は、ちょっとしたことが原因で悪化してしまったりするけれど、これは自分で治していくしかないのです。1番良いのは、お義母さんが夢中になれる趣味を見つけられることだと思います。息子の想い出にふけっている間は難しいんじゃないかなー。。
たまに電話して話を聞いてあげたり、ちょっと気分転換させてあげたらいいと思いますよ。もちろん、そっと見守ってあげるのもひとつだと思います。
私も暴露しますが、自律神経系の病気で、パニック障害と診断されています。(軽いですけどね。)その時によって波があり、なかなか完治はしませんね。調子が悪いなー と思ったら散歩したり運動したり、努力あるのみです。あとストレスを溜めないこと。
ついつい内にこもってしまうことがあるので、できるだけ外の世界と関りを持つことも大切だと思います。(お稽古ごととか)(さ・いらさん)

私の母も以前自律神経失調症と診断されました更年期障害がひどいほうで、その一部のようでした他にもいろいろと病気を繰り返しましたそのときは私も家族もどうしてよいかわからず、ただただ顔色をうかがっていました
たとえ自覚していなくても環境の変化にはかなり影響されます 息子が結婚したということが原因というのもわかります やはり会いに行ったり電話したりすることは続けてくださいね >義母は「そんなに来なくてもいいのよ」などと気を遣ってくれます  ひとより気を遣う人、真面目な人、神経質な人ほどこの病気にはかかりやすいと思います
治すためには周囲に理解者がいることが重要だと思います お義父さんはどんな方ですか? 理解者がいないと、どんどん内にこもってしまうと思います 私の父は思いやりに欠け、目に見えない病気を病気だと思わない人だったので、母は悪化する一方でした 
>「私がお義母さんから息子をうばってしまった」という思いが強くなり しっかりしてくださいね、病気なので割り切らないと・・・
自律神経系の病気や婦人科系の病気は、それが原因で様々な病気を引き起こしますが、他の専門医や男性の医師のなかにはウトイ人が多いです 病院へ行かれるときは、いくつか回ってみて、たくさんの情報を聞かれた方が良いと思います 医師によって言うことが違いますから驚きますよ 私の母はいろいろな病気と診断される度にその薬を服用しストレスを溜めて、それがもとで他の病気を引き起こすという悪循環でした 体調が良くなったきっかけは漢方薬のお店に通いだしてからです(お金はかかります)
もし良ければ私の母のように漢方薬のお店で相談してみてはいかがでしょう? 病院の薬は飲み過ぎると怖いですから、治るのに時間のかかる病気で薬を服用しつづけると余計に長引くかもしれません ヤフーで自律神経失調症・うつ病・漢方薬を検索するとたくさんヒットしますよ(PEPEさん)

さ・いらさん、PEPEさん、アドバイスどうもありがとうございます。実は私も中学生時に父が急死してから長年自律神経失調症でした。なので辛さが身にしみてわかります。うつ・不眠・過敏性大腸症・パニック障害とほとんど経験してきました。結婚したら良くなりましたので、さ・いらさんもがんばって下さいね。と私事を述べてしまいましたが、義母は足も悪く、「長生きなんてしたくない。早くぽっくりいきたいわ」なんて言うので本当に心が痛みます。さ・いらさんがおっしゃるよう、趣味を持つことはいいですね。そういえば義母は何も趣味がありません。少し良くなったらカルチャースクールにでも誘ってみようかと思います。
PEPEさんのお母様も大変でしたね。義父はマメで優しい人ですが、PEPEさんのお父様同様、病気だとはあまり考えていないようです。なので無理やり外へ連れ出せば良くなると思っており、義母が嫌がっても無理やり外出してます。これも義父の優しさだと思うのですが、病気の認識を変えてもらったほうがいいみたいですね。幸い、私の主人は理解者なので主人からそっと言ってもらってみます。薬は私も気になっていました。漢方薬のお店、調べてみたいと思います。
一番苦しいのは本人だということを忘れずに自分の出来ることをやって行きたいと思います。
ありがとうございました。(さちさん)

さちさんがどうこうすべき問題ではないと思います。これまで通り、電話でおしゃべりしてあげたり夫婦で会いに行ってあげればいいと思います。
そして、夫の指示が出ればさちさんができる範囲で協力したらいいと思います。まずは夫に現状を報告し、意見を求めたらいいと思います。(基本的に病気のことを勉強したり対応を考えるのは夫が進んでされることではないでしょうか。自分の親なんですから。もちろんさちさんがやりたくてやる分にはいいのですが)
さちさんだけの判断でやるべきでないということです。夫とよく話し合うべきです。(みずたまさん)

なるほど・・・さちさんも自律神経系の病気は経験なさってるのですね。私の通っている医院では、漢方も保険内で処方していますよ。私は体質的に余りきつい漢方薬は合わないのですが、やはり薬に頼る事が多く(特に最近!結婚準備で心身ともに疲れるので)さちさんのように結婚して良くなるのか、不安です。(T_T)
お義母様は、足が悪いのは可愛そうですね。やはり体を動かすのが一番良いので私も貴重な情報聞けて良かったです。さちさんならきっとお義母さんのよき理解者となられると思いますよ。(さ・いらさん)

さ・いらさんも病院へ通っているのですか?大変ですね・・・。病院でも漢方を保険内で処方してくれるとは知りませんでした。
結婚直前は私も準備で心身共に疲れきり、めまいや耳鳴り、食欲不振と大変でしたが、結婚して落ち着けばきっと良くなりますよ。応援しています。(さちさん)

心の問題は、本人にしか解決できないから。。。その人が心の病気を持っていたとしても、私は周りがその人の生きる現実を変えたりするのは良くないと思っています。
結局は受け入れなければいけない問題がそこにあるんです。それは受け入れる以外に方法はないんです。だから、ゆっくり見守ってあげるのがいいんじゃないかな。
足が悪いのなら、さちさんが運転して、公園とかに連れて行ってあげるのもいいと思います。(芽衣さん)

何度もすみません。保険内で漢方を扱っている病院は結構ありますよ。検索なさったらいいですよ。漢方薬は、即効性があるので体に合えばいいみたいです。
私も最近、夏バテしたんで『体力をつける』漢方、処方してもらいました。
結婚したらよくなるか!!希望を持っていきます。逆に励まされました。ありがとう。(さ・いらさん)

芽衣さん、ありがとうございます。その通りだと思います。最後は本人なのですよね。私も以前カウンセリングに通っていくうちに「誰かに治してもらおうと思っていたけど最後は自分なんだ」と初めてわかり、良くなった経験があります。何か言われたら手を差し伸べてあげて、見守りながら協力していきたいと思います。
足が悪いのなら、さちさんが運転して、公園とかに連れて行ってあげるのもいいと思います。>実は私、運転免許持っていないのです。極度のこわがりなので。。(笑)
ありがとうございました!(さちさん)

さちさん、優しいなぁ。こんなにお義母さんのことかんがえてらっしゃって。
そのお気持ちに素直に行動なさっていれば大丈夫ですよ。「どうしようか、どうしたらいいか」と余計に考えないことです。みんなが生きている「現実」というのは、どうやっても変わらないですから。。。
私も運転免許、もってないんですよー!! イギリスに来て、家を買いたいと思って探していると、私の帰るところが田舎で、主人も田舎に住みたいー!といっているのでそれはいいんですけど、通勤が。。。ということで、習い始めました。初めてで、英語で、しかもマニュアル。でも,取れたら幅が広がりますよ☆(芽衣さん)

rectangle 広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする