BBSより転載

♥みっきさん
義母との関係について悩んでいます。私自身、意地悪なものの見方をしているせいもありますが、義母を好きになれそうにないんです。
主人の実家に遊びに行った時、みかんと柿を手土産に持参しました。義母は「うちにはみかんの木が沢山あるのよ」と言って、帰りに実家のみかんと柿、お菓子などを手土産にくれました。普通、私が手土産に持参した物と同じ物を手土産にくれるものでしょうか。それとも私の気にしすぎですか・・?
次に遊びに行った時は苺とバナナを手土産にし、部屋に置いたまま手渡しせずに皆と話し込んでいました。その中で「義父はバナナが嫌いで食べないの」と義母が話しだしました。普通、私が手土産に持参したものを「それ嫌い」と言うものでしょうか?でも袋を手渡ししなかったので、中身を知らないで言ったのかもしれませんが・・。
小さなことですが、私ならしないかも・・という事を義母に言われたり、されたりします。話し方は決して冷たくなく、いつも笑顔の義母なので悪気はないのかなとも思うのですが・・。主人は「俺と話すよりお前と話したほうが義母は嬉しいんだ。いつも喜んでいる」と言いますが、嫁なんかより実の息子と話したほうが楽しいに決まってるじゃんと私はいつも心の中で思ってます。私が考えすぎなだけかもしれませんが義母に意地悪されてるのかなとも思ってしまいます。
いつも「また遊びにきてね。息子なんてどうでもいいからあなた一人でいつでも来て」と義母は言いますが、私より主人に会いたいに決まってるじゃん。心にもないことを言ってわざとらしい・・。と思ってしまいます。正直に息子と一緒に来て欲しいと言うなら、私もこんなに苛々しないのに・・。私は絶対に行きたくないけど、主人が実の親に会いたい気持ちはよくわかるので我慢して行っています。主人一人で行って欲しいのが本音ですが、二人で行かないと義親が夫婦喧嘩したかと心配するので、二人で行ってます。まあ二人で行くのが礼儀でしょうし。
客観的に見て、義母と私はうまくいってないんでしょうか。義母の言葉に苛々してしまう私のほうが意地悪なんでしょうか。実親には考えすぎと言われます。悪気はないんだからと言われます。でも悪気はないって一番悪だと思います。いっそ悪気があって(つまり自覚して)言われるほうがよっぽどましな気がします。悪気はないって一番ずるい逃げ道だと思います。みなさんなら軽く流せることなんでしょうか。

う〜ん、難しいですねぇ。
まず、私なら手土産に関しては、相手の嗜好を確認します。うちの夫は、義両親の嗜好に関心がないので、結婚前はかな〜り大変でした。持って行っても「あ、それは以前頂いて、ちょっと甘すぎだったのよね」とか「お義父さんは好きなんだけど、最近歯が悪くてね(煎餅でした)」とか。裏目・裏目に出てしまい、その度に落ち込んでました。
でも、最近は何気ない会話の中で相手の嗜好を聞きだしたり、食事を呼ばれた時に相手の好きなものを伺って、手土産を選ぶようになりました。おかげで、気まずい思いをすることはなくなりました。
みっきさんは、ご主人のご実家に、みかんの木があるのをご存じなかったのかな?手土産を用意するときに、ご主人に義両親の好みとか聞かなかったのかな?うちみたいに、聞いても無駄なくらい、親の好みを知らない男性も結構いるけどお邪魔して数時間滞在するなら、会話の流れで相手の好み、多少なりともリサーチはできると思うのです。長いお付き合いになるので、最初は失敗しても良いから、少しずつ相手を知りお互い嫌な思いをしないで済むようにしたら良いと思います。
それと、義母さんの発言、本当に悪気はないのでしょう。私の義母も同じタイプです。お腹に溜めず、思ったことをそのまま口にします。相手がどう思うかなんて考えてませんし、相手が傷つくことも気づきません。こういうタイプの場合、聞き流すに限ります。考えてもしょうがないんですよ。だって、相手も深く考えてないですから。で、最近は私も言いたいこと言ってます(少しは言葉を選びますが)。こちらだけ溜め込んでも損ですしね。
悪気のなさって、確かに受け手にとっては逃げ場がなくて、一番やっかいですよね。まして相手が義理の親。こちらが強く出られる相手ではないですから。でも、相手はそれなりの年齢で、これから性格を変えるのは無理でしょうし変わるのを待つのも苦痛なので、私は考えないことにしています。で、既婚の友達に愚痴って、一緒に悪口で盛り上がって忘れます。なんか、性格悪いですけど。夫には、義親の悪口は言えませんし(自分の親の悪口、私だって聞きたくない)自分の親に話して心配掛けるのも嫌だから、同じように「嫁」という立場にいる友達と、話のネタにしてしまうのが一番、無難なんですよね。でも、こんな風に流せるようになったのは(付き合い始めてから数えると)7年かかりました。流せるほど自分も年を取ったんだと、最近は思います。(muraさん)

>小さなことですが、私ならしないかも・・という事を義母に言わ>れたり、されたりします。
具体的にどういうことがあったのか解らないのでなんとも言えませんが↑トピに書かれている内容なら私なら全然気にしないです。というか、義母もそういうタイプで旦那が後からフォローしてくれたりします。^^;ホント、悪気がないんですよね。悪気がないって悪いことでしょうか。(程度にもよりますが)悪気があって言う方が傷つくと思うのは私だけでしょうか。。相手に悪気がないのなら悪く取るのはナンセンス?だと思いますよ。
一度旦那さんにお義母さんどういうつもりで言ったのかな?って相談してみたらどうでしょう。家の旦那は「普通あそこであれは言わんやろ。おかん過激やからな〜」って言ってます。^^;(さ・いらさん)

ダンナさんはどう言ってるんでしょうか?彼の母親なんだから彼に聞くのが手っ取り早いと思います^^
私もみっきさんと同じく、「一人でいつでもおいで」とか「近所なんだから一人で食べてないで一緒にゴハン食べよう」とか言われます。それに加え、食器、鍋、食べ物、手作りから買ってきてくれたものとにかくありとあらゆるものをしょっちゅう持ってきてくれます。先日風邪で3日も仕事休んだときはおかゆを鍋いっぱいに炊いて持ってきてくれました。決して私が頼んだわけではないです。私はこれが好き、あれが好きと一言言えばそれらをいっぱい持ってきてくれます。最初はびっくりして、何か裏があるのか、なんなのかほんと考えてしましましたが、ダンナに聞くと、裏なんかない、私のことがかわいくて、お嫁にきてくれたことが嬉しくて、息子と末永く仲良く幸せにやってほしいという思いから元来のやりたがりの世話焼きが暴走してしまうそうです。私は全く迷惑とかなくって、めちゃ嬉しいんで悩んでないですが、会社の人にこのことをありのまま話すと、「うわぁ大変そうねぇ、絶対ヤダ!」とか言う人妻先輩も居ました。物事ほんと取りように寄りますね。方や喜んでいる、方や嫌がっている・・・これらの話しをみっきさん風に考えると、、、おかゆを持ってきてくれたのだって、その日はお彼岸でで墓参りに来い、と連絡があったけど風邪で私がダウンしてるので行けないとダンナが断ったから、ほんとに風邪引いてるのかどうかを確認に来たのか?なんて思えるのですが^^
ほんとにあまり深く気にせず、気になってもさらっと流したほうがトクじゃないですかね。みかんと柿も、ウチのも一度食べてみて!みたいな気軽な意味なんじゃないでしょうか。。^^長くなってすみません!(みずたまさん)

結構、それくらいの年代の女性って、私達から見たら失礼って思っちゃうようなことを仰ったりするものですよ。それは社会的な礼儀を弁えているのとは別で。。。なんというか、のびのびしちゃってるところがあるというか。。。女性は年を重ねると共にのびのびしちゃう気がしますよ。本当に、「つい」言っちゃっただけだとおもいます。若い女性の「悪気なくキツいこという」っていうのとはちょっと違うんです。若い頃より大らかになってしまうというか。私は仕事上そういう年代の方に多く接する中で悟っていきました。
そんなお義母さまが遊びにいらっしゃい、って笑顔で仰るなら、素直に信じた方がいいです。ご両親が仰るように、考えすぎてもよくないですよ。そういうこと、ご両親はお分かりなんだと思います。(あるるさん)

義父がこういうとこあります。ってか動物のようなんで、本当に何も考えていないのです。そりゃその場の言葉尻だけ考えればムカツク時もありますが、心さえ綺麗なら、それに勝るものはないと思います。少なくても私にとっては、義両親は良い親だと思いますよ。口先で良いこと言って、裏ではある事無い事悪く言う人もいますよね。腹黒い人よりずっと良いと思えませんか?(keroさん)

主人の実家の庭は小さく、とても果物の木があるようには見えませんでした(ほんとにあるのかいまだ疑問)。主人も何も知りません。数年前に引越したので、主人はまともに住んでいないから何もわからないんです。主人には「手土産何がいい?」といつも聞いてます。でも「何でも喜ぶから。何でもいいよ。顔を見せるだけでいいんだ」なんですよね・・。主人も家族の嗜好を全く知らない(興味がない)んです。
主人には義母が意地悪してるのかななんて冗談でも言えないです。自分の母を悪く言われるのは嫌に決まってますから。それに主人は何も感じてません。義母が何を手土産にくれたかなんていちいち見ないし覚えてないですもん・・・。私が何をもらったと言ってもにこにこしてるだけ。私達の手土産すら覚えてません。
性格がきつく負けず嫌いな義母とは価値観が違います。私が「主人が野菜を食べないので困る」と義母に言うと、「外では食べなきゃいけないからうち(実家)では残してもいいと思って誰も無理強いしないのよ」って言います。でも家で食べなきゃ、外で食べるわけないじゃないですか。主人に好き嫌いが多いのも義母の「嫌いなら食べなくていい」という方針のせいです。「うちでの方針だからあなたも息子に無理強いしないで」と言ってるのかなと思います。どうして好き嫌いのある子に育てたんだろうって、うんざりします。
悪気があって何かされるなら「意地悪な人」で片付けられます。きちんと理由があるから距離を置くこともできる。距離を置いたことで誰かに咎められても理由を説明すれば周囲にも理解してもらえる。でも悪気がないって言われると、それでおしまい。私も何も言えません。悪気がないから許すしかなくなる。私から距離を置いたらもっと寛大になりなさいと諭されるでしょう。だから私は悪気がないって嫌なんです。ずるいし、悪気がないっていいことだとは思えません。私だって、ついうっかり口がすべって悪気がなくても人を傷つけてしまったことは沢山あったと思います。でも気付いたときには反省して、今後気をつけようと自分でも注意します。でも義母の場合、悪気がないとしたら誰も指摘しないし、自覚もないなら一生繰り返します。と思うと辛いんです。だからまだ悪気があったほうがまし。ちくちくねちねちやられると、ノイローゼになりそうで・・
でも、今回わかったことは私も少々気にしすぎだということ。義母に悪気がないんだと思いたいです。実両親の言うように、気にしないようにするしかないですね。でも実両親も私に気を遣って本心を言わないだけなのかもしれませんが。義母が心から好きにはなれないので、意地悪な見方をしている私も、自分自身反省したいと思います。みなさんありがとうございます。(みっきさん)

みっきさんがそう思われるのならお義母さんとの相性っていうかお義母さんの人間性みたいなものもあるのかも知れませんね。
>性格がきつく負けず嫌いな義母とは価値観が違います。
性格がきつい、負けず嫌いってみっきさんなりに分析されているなら割り切ってそれ相応の対応をするのはどうでしょうか。やっぱり肉親ではないけど親には代わりありませんから悩まれる気持ちも分かりますが、旦那さんは選べても親まではなかなか選べませんものね。
みっきさんは気にしすぎ、というより生真面目で繊細な性格なのではないかと思います。(いい意味でです。)だからご自分の性格も把握して(お義母さんの性格もね。)当たらず触らずの関係を続けていかれたらどうですか?別に姑を心から好きにならなければいけないってことはないと思います。
私の義母も負けず嫌いな人でえっ・・って言うことをたまに言いますが根本的に好きなので何も言われても気にしないというのはあります。
以下、長くなってすみません。そういえば・・結婚式の時の写真をはりきって持って行ったらあーそう。ってぱ〜っと見て言ってぽいってそこら辺に置いたりとか私たちの結婚式と親戚の葬式が続いて、私たちの結婚式のことを「葬式」って言ったりだとか・・なんか拘りがないんですよね。こういうこと、家に帰って旦那と笑いのネタにしています。(不謹慎ですが)多分、お義母さんはこれあげても喜ばないだろうな〜 とか少し読めるようになりました。でもこういう人だって思ったら全然気にならないです。私の場合ですが。(さ・いらさん)

みなさんのレスをもう一度読み返したら涙がでてきてしまいました。皆さんいい人ですね。義親とも仲良くできてるし、いいお嫁さんしてるんですね。たぶん、みなさんならきっとあの義母ともうまくやれると思います。私だからうまくいかないんです。
私は自分でもわかっているんですが、人の好き嫌いが激しくて、物事に敏感な所があるんです。適当な性格のくせに、人の顔色を気にして考えすぎてしまうし。根が暗いんだと思います。でも主人はすごく良い人です。主人の親だから悪い人ではないと思いたい。でもうまく好きになれなくて、義母を見ると苛々しまう。私の場合、この意地悪な性格を直さないと義母とは仲良くなれないかもしれません。自分でも意地悪な面があるのはよくわかっていますが、これを直すとなるとなかなか難しいです。ふつふつと沸きあがってくる感情だから。顔に出さないようにするので精一杯です・・。(みっきさん)

みっきさん、人それぞれ得手不得手があると思います。私も好き嫌い激しいところもあるし結構繊細なところもあります。(^^)自分のこと、いいお嫁さんだとは全然思いません。
>顔に出さないようにするので精一杯です・・。
旦那さんもお義母さんもみっきさんが笑顔なら嬉しいと思いますよ。全然嬉しくなくてもとにかくに〜っと笑っておいたら如何でしょう。又は家みたいに家に帰ってあの時お義母さんこうだったよね〜ってネタにして楽しむとか。。(いやなことも)まあ、余り気にしない方がいいです。(それができれば苦労しませんけどね。)(さ・いらさん)

そんな風に考えないで下さい。みっきさんだから義母さんが嬉しい気持ちになれるのです。お互い良い人間で好意を持っていても、一緒にいたらうまく相性が合わない時って多々あります。義家族ならなおさらでしょう。あんまり深刻に自分を責めないようにね。状況が変われば良くなったり悪くなったりするコトって沢山ありますから流れに身をまかせてたら、いずれ好転するかもしれません。長いつきあいで無理してもしょうがないしね。
私は良い嫁じゃないと思いますよ。義父のアドバイスをことごとく全部無視してますから(^^;でも相手が気にしないので、成り立ってるんだけなんで。(keroさん)

あんまりご自分を責めないで下さいね。嫁姑はそんなものって割り切ることも大切ですよ。
私も義母が裏表のないとても良い人だと分かっていても、好きかって聞かれると困ります。やっぱり義母ってだけで必要以上に敏感になり気を使います。よい嫁と思われたいと思いますが、何をやっても嫁は嫁。悪口だって言われてると思います。でも、そんなものだって思ってますよ。面と向かって言われたら嫌ですが・・・
私もあこちゃんが良いわよね〜。旦那さんが優しくて(←息子のこと)とか、洗い物もしてくれるんでしょ〜。とか言われると嫌味かな?と思うこともありますが、笑ってごまかします。いちいち気にしていられません。それでも、旦那さんにとっては大事な母のようで、出かけるたびに義母のお土産を一生懸命選ぶ姿とか見てると無性に腹が立って、羨ましいな〜お母さんは・・・って嫌味言っちゃいます(笑)
心の底から仲良し嫁姑も存在すると思いますが、なかなか難しいのが現実。仲良しの振りをすることも大切ですし・・・なかなか出来ないのが現実ですが(笑)(あこさん)

あの〜やたらと「好きになれない」と仰ってますが、別に彼の親を好きになる必要はないと思います^^どこまでいってもただの彼の親なんだし、他人と言えば他人です。彼を通じてお近づきになっただけで。顔合わせたときだけニコッとしてればいいんですよ〜割り切りです^^私は彼の両親も含め、親戚付き合いは<仕事>と思って割り切ってます。ダンナもそれで満足だそうです。でもうちのダンナの両親はたまたまおもしろくて話しも割と合うのでそこそこ仲良くやってます。たまたまです。言い方悪いですが、ダンナの親なんかのことで悩んでたら時間が無駄だと思えばラクになりませんかねぇ。(^^;(みずたまさん)

みずたまさん同様、私も無理に好きになる必要はないと思いますよ。だって、結婚したのはご主人で、ご主人の親とではないんですし、相手の親までは選べませんからね。言うなれば「オプション(相手の親のこと)がハズレだった」ってことでしょ?性格悪い私は、どっちにしろ長く生きるのは私たち夫婦で、親は先にいなくなるのだし、同居でもないんだから一緒にいる時間だけ「私は女優」と思って演じてればいいって思ってます。でも、最近は「良い嫁」を演じるのは止めて、演技の部分を少しずつ減らして地を出してます。
自分を責めることないですよ。まぁ、一応身内だから仲良くできるのが本当は良いんでしょうけどね。自分の親でさえオプションと思って割り切ってる私に比べて、みっきさんは頑張ってると思います。(muraさん)

うちも元気なお義母さんで、似たようなことはよくありますが、話をしていてお義母さんが「?(どっひゃー!)」というような発言をしたら、すかさず「わあ、手土産にみかん持ってきたのに、うちもみかん頂いちゃって!でもありがたくいただきますねーこっちのほうが甘いかなあー」みたいにですね、できるだけその場で切り返しちゃいます。つとめて明るく、全然けんか口調でもイヤミ口調でもないですよ。バナナ嫌いだっていわれたら「わあ、バナナもってきちゃいました。じゃあ、これうちの今晩の夕食(!)にするんで引き取らせていただきましょうか。あ、苺はだいじょうぶですか?果物はもうやめましょうかねー」とか、ずけずけ言っちゃいます。私の場合いっつもこんな調子で、でもお義母さんも笑いながら「あらあら私ってばそんなつもりじゃなかったのよーごめんなさい、じゃあ、これ頂くわ」とかってフォローしてくれます。こんな例もあるということで。お互いがんばりましょうね!(kaoriさん)

世間一般の「よい嫁」というのは「よい振る舞いを身に付けた嫁」と思ったほうがいいですよ。誰も心の底の気持ちなんて問うていないと思います。意地悪で、すぐムカついてしまって、嫌いで仕方がない、でいいじゃないですか。それが顔に出ないなんて素晴らしいですよ。十分「よい嫁」ですよ。みっきさんは、ご自分が思ってるほど「悪い嫁」じゃないですよ。例えば旦那様がみっきさんに「もうちょっといい振舞いしろよ」って注意したりします?別にそういうことは言われてないようですよね。多分、だったら十分だと思うんですよ。(あるるさん)

rectangle 広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする