BBSより転載

♥明日香さん
こんにちは。結婚して1年になるものです。将来的にそう遠くない時期に子供が欲しいと主人と話している状態です。そこでひとつ心配なことがあり、長文ですみませんがご意見をいただきたく書き込みします。 私の父はDVでした。実家は父方の祖父母と両親、弟、私が同居しているという6人家族でしたが、祖父以外は頻繁に殴られたり怒鳴られたりしていました。もともと、父と祖母の親子間の問題に、祖母と母の嫁姑問題が加わったことが原因のようでした。今は祖父が亡くなり、家の中はかなり穏やかになりましたが、父は暴力までおよばなくても、物に当たったり、口汚く罵ったりということはまだあるようです。 両親や祖父母には本当に感謝しています。弟や私に愛情を注いでくれたことも分かっています。でも、どうしても距離をおきたいと思ってしまうのです。 両親を嫌いなのではありません。でも、年に3回くらい会えればいいのでは?と思ってしまいます。電話等はなるべくするようにしていますが、会っても何を話していいか困ってしまうのです。 自分の中でいまだに、ここには書けないような言葉で両親に罵られたことや父に殴られたことを、消すことができないのです。父が母や祖父母や弟を殴っていたことや、祖母と母が取っ組み合って罵り合っている姿を忘れられないし、それを止められなかった自分の情けなさも忘れられないのです。自分のことが嫌いだし、価値があるとは今でも認められません。 最近父は「親の面倒は絶対に子どもがみるものだ、避けて通れない道だ」と事あるごとに言ってきます。「親の背中を見て育ったんだから、お前は良く分かっているはずだ、分からないなら畜生以下だ」と。私も出来る限りのことをしたいと思いますが、高圧的に言われると素直にうなずくことができません。 私の主人はとても仲の良い家庭で愛情を注がれて大事に育った人です。冷静で性格も穏やかで、私にもとても優しくしてくれます。ただ、これから子どもを授かりたいと考えると、とても不安になってしまうのです。DVは親子間で連鎖しやすいと言います。私は父のそういう部分は、本当に嫌悪しています。子どもには絶対に同じ思いはさせたくないのです。でも、自信がありません。 主人には、このような状態で育ったということを話していません。これは私に非があることで、結婚前に言うべきだったのだと分かってはいるのですが、言えなかったのです。打ち明けるのはとても気が重いのですが、主人に今からでも話したほうが良いと思われますか。そして、苦労をして育ててくれた両親に対して、こんな思いを抱いたり、今だに根に持っている私はやはり恩知らずなのでしょうか? 母と祖母の嫁姑関係のすさまじさを見ているので、主人の母にも素直に甘えることができません。面倒見の良い気風のいい人なのですが、思ったことをぽんぽん口に出す人なので、悪気や悪意がないと分かっていつつも、つい構えてしまい他人行儀になってしまいます。主人の母は、それが寂しいらしいのですが、どうして良いのか分かりません。今後、どういう風に接していけば良いと思われますか?みなさんはご主人のお母様とはどういう風にお付き合いされていますか?いまだに私は適度な距離感というものが掴めません。 まとまりがない文章ですみませんが、ご意見をいただけるとありがたく思います。

はじめまして。DVの問題に関しては、まだ現実に起こっているわけではありませんから明日香さんの心の中だけの問題ですよね。カウンセリングで話を聞いてもらうのはどうでしょうか。何か解決の糸口が見つかるかも知れません。話を聞いてもらうだけでも解決してしまうかも知れませんし。
旦那様には話された方が良いとは思いますが、それも含めてカウンセリングを受けるのが良いのではないかな? と感じました。
お義母様との関係は、徐々にで良いと思います。私も100%甘えられるかと言うと、もちろん距離は保っていますし、殆どの方は自分なりの距離を保ちながら付き合われていることと思いますので、まだ1年目ですし構えてしまうのも無理ないかな〜 と思います。そういうことも含めて、旦那様にも話せる日が来るといいですね。(さ・いらさん)

>DVは親子間で連鎖しやすいと言います。する人としない人がいます。読んでいて明日香さんは大丈夫だと思いました。旦那さんには話したほうがいいと思います。愛されて育った人なら受け入れてくれることでしょう。夫婦が互いに甘えられることができ、育て育てられている関係は子育てに有効だと思います。
私は義母に対しては「年上」ということで敬っています。なのでどうしても距離があります。何を求められているのかがわかっているのなら時間が解決してくれると思いますよ。
>そして、苦労をして育ててくれた両親に対して、こんな思いを抱いたり、今だに根に持っている私はやはり恩知らずなのでしょうか?違うと思います。介護の義務は実子にありますが、私の知人は「精神的・肉体的苦痛を受けた」という理由で放棄しました。(弁護士を通して)新しい家族にありのままの自分を受け入れてもらうことが大切です。(りかさん)

こんにちは。
>自分のことが嫌いだし、価値があるとは今でも認められません。
家族の争いを止められなかったのは、明日香さんの責任ではないと思います。暴力や罵り合いにさらされた子どものどれだけが、それに立ち向かえるというのでしょうか。自分を愛せない、価値を見いだせないというのは辛いことです。お子さんを考えていらっしゃるとのことですが、傷ついた子ども時代の明日香さんを癒すことの方が先なのではないかと私は思います。
この先、どう過去の自分と向き合って生きていくのかを探るために、カウンセリングを受けるというのは方法の一つです。私自身、自分の抱える問題をうまく処理できず、苦しかった時期があり、カウンセリングに通っていました。今でも悩みはありますが、以前と変わったなと感じるのは、解決するための方法を考えられるようになったことです。これができるようになって、ずいぶん楽になってきました。
ご主人に話していないとのことですが、私も話した方はいいのではないかと思います。明日香さんの抱える不安は、自分一人で立ち向かうものではなく、ここから長い一生を共に生きていく、ご主人と一緒に乗り越えていくものではないかと感じるからです。
最後に、義母とのつきあい方ですが、私も未だに他人行儀です。明るくて面倒見のいい義母で、つきあいにくい人では決してないのですが、もともと縄張り意識の強い私は、まだ義母の周辺をぐるぐる回りながら様子をうかがっているような気がします。まだ、やっと両手がいっぱいになるぐらいしか直接会っていないので、これからかなあ・・・。(ともさん)

さ・いらさん、りかさん、ともさん、お返事ありがとうございます。暖かくアドバイスいただけて、励まされた気持ちでいます。
子供のことは私ひとりだけの問題ではないし、みなさんがおっしゃってくださったように、今、私がなにを不安に思っているのかや、どうしてそう思うのかなどを主人に話してみようと思います。自分では、不安なくせに主人に話すのが気が重くて、ためらっていたのですが、ここでご意見いただいたことで背中を押していただいた気持ちがしています。「明日香はうちの両親や周りの人には優しいのに、なぜ自分の両親にはよそよそしいの?」と良く言われていましたので、話すと驚かれるような気がしますが。
主人に話してみて、さ・いらさんやともさんがおっしゃってくださったように必要があればカウンセリングも受けてみようと思います。ともさんのおっしゃっている、 > 解決するための方法を考えられるようになった…というのは、自分の精神状態をコントロールする手段になると思いました。
今の両親の状況はまだ働いていることもあり、すぐに介護や面倒が必要になる可能性はまだ低いですし、主人に相談しつつ、今後のつきあい方を考えてみたいと思います。
りかさんがおっしゃってくださった、> 何を求められているのかがわかっているのなら時間が解決してくれると思いますよ。という言葉で、焦りが薄れた気がしています。
主人の弟の奥さんは、とても人懐こく明るいので、なぜ私はそうできないんだろうとちょっと自己嫌悪に陥っていました。他意のない義母なのに、うがった見方をしてしまう自分も嫌でした。大体、月1度ほどはお会いしているのですが、付き合い方が下手で…。好きな主人を、こういうふうに育ててくださったお義母さんなんだ、人生の先輩だと思ってまずは接してみることにします。自分の出来るやり方で一歩一歩近づいていくしかないですよね。
今日、主人に話してみようと思います。ありがとうございました。(明日香さん)

rectangle 広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする