BBSより転載

♥ぺーぷうさん
こんにちは。3月に入籍だけした28歳のぺーぷうと申します。実は今、離婚の危機に陥っています。私たちは同い年で、6年の付き合いになります。前から結婚しようねしようねと言ってきたので、きちんと式をいつするとか、プロポーズとかもなしで、部屋を借り、入籍しました。でも、彼の仕事は特殊で、平日はずっと出張なので、結婚する前とはあまり変わらず、週末婚のような感じでした。
出張が多いということで、情報収集なども兼ねて、会社での飲み会が多く、金曜の夜は帰ってくるはずなのに、朝帰りとかもしょっちゅうで、私はさみしさを感じていました。
で、ここの掲示板でも最近あったように、携帯チェックをしてしまい、彼が他の女の人と親しく連絡を取っていることに気付き、彼もそれを認めました。一度は、「もう連絡取らないから」と言ってくれたんですが、その頃から、段々溝が出来てきました。
そして、これからはお互い不満があったら小出しにするようにしようと話し合ったのですが、彼がやっぱり飲み会で泊まることとかあり、爆発したら、「付き合いだから仕方ない。それをわかってくれる人だと思ってた」と言われ、「このままだとおまえを幸せにしていく自信がない」「一度離れて暮らしたい」と言われました。私はこの6年間そこまでの危機がなかったし、愛されてて当たり前と思っていたところもあって、びっくりし、戸惑い、「絶対無理。ここまで色々あって、一緒に乗り越えてきたから今回も一緒に乗り越えたい」と言って、一度は治まりました。
しかし、彼はまだ悩んでいたようで、昨日はっきりと「別れたい」と言われてしましました。
6年間付き合ってきて、たった1回の困難でもう別れるのかと思ったら、私にはどうしてもいいよとは言えず、あと、彼は5年くらい前から心療内科に行ってて、辛い時期も一緒にいたから、今は元気になって捨てられてしまうのかと思ったら、彼にすごく腹が立ち、でも、それはさすがに言っちゃいけないと思って言ってないんですが。
彼の気持ちが私から離れてしまってる今、どうしたらいいんでしょうか?初めに言われたように一度離れて暮らした方がいいんでしょうか?ただそれに対して私は彼に「逃げてるよ」と言ってしまい、それなら離れるんじゃなく、きっぱり別れようと考えてるみたいです。
もちろん私はまだ彼のことが好きだし、一生一緒に歩んでいきたいと思っています。
彼は「恋愛と結婚って別なんだな。何も決めずに結婚してしまった事に後悔してる」と言っています。確かに、私たちは貯金もあまりないのに、一緒になってしまい、最近はお金を貯めようと口うるさくなってるところがありました。
私はどうしたらいいんでしょうか?

こんにちは。離婚の危機の原因は、ぺーぷうさんが必要以上に彼を疑う行動をしてしまったことだけなのでしょうか。また、土曜朝帰りは付き合っていたときからなのですか?
ただでさえ、同居してはじめの1〜2ヶ月はお互いのリズムが掴めず喧嘩をする時期だと思います。彼さんの考えはよく分かりませんが、客観的に見たら、彼に「乗り越えよう」っていう気持ちがない分、もしかしたら他に誰か居るのではないか、と疑いたくなってしまうし、そうでないなら軽軽しく『別れる』ことを口にするのはとてもショックなことだと思います。
ぺーぷうさんがお金を貯めようとしてらっしゃるのは、もしかしたら挙式のお金かな? と勝手に想像してしまいましたが・・もし修復できることがあるなら、お金が貯まったら形だけでも『挙式』っていうのはお勧めです。皆の前で結婚を誓って、結構大変な分、ちょっとしたことでは『別れよう』という気持ちにはなりません。(もちろん式をしないからイケナイという意味ではありません。)
彼は『結婚する』ことに対して、付き合っている時と近い感覚でいるようにも感じられます。彼さんにその(結婚したという)覚悟ができることを期待したいです。(さ・いらさん)

曖昧な状態で入籍をしてしまったのがいけなかったんじゃないかな?と第一印象で思いました。ずるずるつき合っているのと同じ感覚。彼は結婚して初めて「結婚とはなんぞや」と言うのが理解できたのではないでしょうか?つき合ってる時には理解できなかった「二人で生活をする」という事。
修復の方法は人それぞれですので、何とも言いがたいのですが、結婚したからには、生活をしていく上で何かを犠牲(言い方変かもしれませんが)にしないといけない時ってあると思うんです。例えば「飲み会で朝帰りをやめる」とか、「買い物を控える」とか。お互いがやりたい事を全部やっていたら、生活していくのって大変だと思います。それを理解していくことがまず大事なのではないかな?と。あとは「お互いを思いやる心」が大事だと思います。(まーさん)

彼さん、本気でしょうかね?信じ難いですよね。離婚するほどのことではないのにな〜と思いました。さ・いらさんと同じように、他に誰か居るとか何か別の理由があるかもしれないと思います。本当の気持ちが解らないと、解決も出来ないですし・・・。もっと話合う時間をもらってください。(PEPEさん)

お返事ありがとうございます。今日は本当は仕事なのに、あまりのしんどさで休んでしまいました。そして彼はまた出張へ。
朝帰りは、今始まったことではなく、会社の男友達の家に泊まったり、カラオケボックスとかで泊まったりとしていたようです。付き合っている時は、土日はほぼ会ってたんですが、金曜の夜は「飲み会だから今日は電話できないし、出来ても遅くなるから悪いから先寝てて」と言われて、気付きませんでした。
昨日もあれからちょっと話合いました。私にもかなり否があったことにも今更ながらようやく気付きました。思いやりがなかったなと。彼は昔から「この本読んでみたら?」「こんな服着てみたら?」など言ってくれてたんですが、私は自分の趣味じゃないと言って「嫌だ」とばかり言ってました。そして、「もっと夢をもって生きて欲しい」とも言われました。たしかに最近、入籍してから仕事が変わり、いまだにその仕事になじめていない面もあり、生活するのだけで精一杯で余裕がありませんでした。
だからとりあえず、今すぐ離婚ではなく、もう少し待って欲しい、変わっていく私を見てほしいと言いました。そしたら、「わかった。でも、今はおまえを安心させる(今後も一緒に頑張っていこう)ことは言えない。あと、この状態も長く続けるわけにはいけないと思う」と言われました。
なんかいまだに考えにまとまりができなくて、彼にわかってもらうために明るく頑張らなくちゃとも思いつつ、彼は別れる方向に向かっているのに、こんなことして意味があるのかな?もし、うまく行ったとしても、朝帰りとか直らなくてその度に彼のわがままを受け入れてかなくちゃいけないのかと思ったら、本当に別れた方がいいのかなと考えたり。
まーさんのおっしゃる何かを犠牲にしていかなくちゃいけないというのもわかるんですが、彼はお互い我慢してたらよくないんじゃないか、って言うんです。
もう少し、お互いで話合う必要がありそうですね。(ぺーぷうさん)

結婚するに当たって、お二人の結婚についての価値観について話したことはありますか?
彼さんは全く今までの自分の生活を変えずにぺーぷうさんと一緒に暮らすことを望んでいるようですね。。
ぺーぷうさんがそういう生活を望んでいないのならやっぱりもっと話し合う必要があると思います。
でも・・・私から見たら彼の自覚が足りないんじゃないかと思います。独身のままの気持ち、行いですよね。それでは結婚生活は成り立って行かないんじゃないかな。まーさんの「何かを犠牲に・・」に、同感です。そしてお互いそれを犠牲と思わず楽しく暮らせるのが結婚生活なのではないかと思います。(さ・いらさん)

何だか言いくるめられたような・・・ぺーぷうさんに否があると本当に思いますか?6年も付き合ってきたんだから、相手の性格なんて十分解ってるはずなのに。欠点を言おうと思えば後からいくらでも言えるものですから。
>まーさんのおっしゃる何かを犠牲にしていかなくちゃいけないというのもわかるんですが、彼はお互い我慢してたらよくないんじゃないか、って言うんです。 さ・いらさんもおっしゃってますが、彼さんは結婚した自覚が無いだけです。学生気分では甘ちゃんです。二人で家庭を築き生活していくうえで様々な優先順位が独身のときとは変化します。自覚すれば大人なら自然に出来ることです。
彼が何を望んでいるのか、それは夫としてどうなのか。また、ぺーぷうさんはどう生きて行きたいか。よく話合ってください(PEPEさん)

私も言い包められてると思いますねぇ。
こう言っては悪いのですが、精神的にかなり軟弱そうな旦那さんなのでストレスを感じると踏み止まらずに、ふらふらと楽なほうに流れて生きるタイプなんじゃないでしょうか?(何の病気かは解りませんが、そういう要因から病気になったタイプでは?)そもそも結婚は、大人がお互いの責任を自覚しあって意識的に選択するものなんだから責任も伴わずにラクで楽しいコトだけで生きれるわけないですよ。本人がドン底みて、自分の生き方を変えようと思わないかぎり変わらないと思いますよ。
私は夫婦の仲は強靱だと思っていませんから、ドライなことを言います。本当に彼の行動は怪しくないとお思いですか?まだ特別な関係になっていなくても、彼の幻想の中で別の女性が“逃げ場”になってる可能性があると思います。私なら秘密裏に興信所を使いますね。また、財産を自由に持ち出されないように気をつけて下さい。通帳などは隠し場所を変えることをお勧めします。(keroさん)

ぺーぷうさんは、『プローポーズとかなく入籍』とありましたが、では何がタイミングでしたか?同棲感覚で入籍されたのかなって印象をうけました。
私の友達にも、転職をタイミングとして、式などをせず入籍した子がいます。参考になるか分かりませんが、彼女も、入籍し一緒に生活をし始めてから、思惑と違ったというか、彼側のやり方に全面的に合わせる形になり、苦労していました。彼女の顔からは、とても新婚の幸せな感じはなく、友達として、離婚の心配までしました。
けれど、彼女は、彼女なりに、彼のやり方に従いながらも、自分の考えややり方を少しずつミックスしていく方法を身につけたようで、先日は少し穏やかになっていました。
ぺーぷうさんも、譲れるところとか、自分が不安なところとか、頑張れるところとか、いろんな方法を考えたり、打ち明けたりして頑張ってください。
あと、彼の仕事で、付き合いが多いとか帰りが遅いのが嫌なだけではなくて、結局は女性の影を感じてしまったから、仕事の付き合いを不安に思うのかなと思いました。
今の仕事の付き合いが『どうしても仕事だから仕方ない』のなら、それを理解できない状態だったら、彼が転職しないと落ち付かないような・・・別の友人で、旦那を転職させた人もいます。しかし、それは彼が受け入れてくれるかもありますし。
『我慢』と『思いやり』は違うと思いますし、『犠牲にする』のと『譲り合う』も違うと思います。まーさんや、さ・いらさんが言われる、『犠牲』とは、思いやりや譲り合う気持ちの方だと思います。ぺーぷうさんや彼の『犠牲』は、我慢の方だと思います。意味合いが違うように感じました。
PEPEさんの言われるように、自覚があったら、我慢も思いやりや譲る気持ちになり、不快感はないというか、無理は少ないと思うのですが・・・(ノブさん)

みなさんありがとうございます。
入籍のきっかけは、私が住んでたマンションの更新がもうすぐあり、また高い更新料を払って1年別々に暮らすより、もう一緒に住んだほうがいいと思ったのと、彼は会社の寮に住んでて、もう出たいと言ってたし、土日は車で片道1時間半かけて家に来てくれてて、疲れたということもあり、じゃあと一緒に住む部屋を見つけ、籍だけ入れてしまいました。もちろんいずれ式をしようと思って、お金も貯め初めてました。
彼が連絡を取り合ってた女性はキャバクラのおねえちゃんでした。たまに会社の付き合いでそういうところに行かされるそうです。で、話が合う子がいたようで、電話もしてたようでした。
連絡取り合ってる女性がキャバクラのおねえちゃんだとわかった時、私は「そんなのおねえちゃんは仕事なんだからあなたに合わせてくれてるだけ、キャバクラに来て欲しいからだけだよ」と言って、その時は納得してくれて、もう連絡しないし、電話もメールもその場で拒否するように設定してもらいました。で、お金も全て私が握っているので、そこまで金遣いも荒くないのを見ると、そんなことしてないんじゃないかなって思うんです。もし相手の女性が出してるとしても、それはさすがに嫌がるかなと思うんです。もちろん消費者金融も絶対使わない人だし。
彼は最初「1人で暮らしてみたい」って言いました。今まで、自分1人の力で住んだ事がないし、めちゃくちゃ精神的にしんどくなって、外出さえままならない時期もあったんですが、その時実は私の家に居候してました。だから、こんな自分ひとりで生きた事ない自分が、結婚していいのかと思ったようです。完璧主義なところもあるので、今の自分には結婚が重いと思ったようです。 今の私には、これは他の女性のところに行くための口実なのか、本当にこう結婚に対して考えが甘かったから、これ以上迷惑を私にかけさせないためなのか、よくわかりません。
とりあえず、電話はできるけど、こういう話は電話ではと思ってるし、金曜までは会えないので、それまでに私の気持ちを手紙にしてまとめて、彼からの本当の気持ちをもう1回聞きたいと思っています。(ぺーぷうさん)

私が言った「犠牲」はノブさんが仰った「思いやり」「譲り合い」の気持ちからくる「犠牲」と同じことです。犠牲と我慢は似てるようで違うのですよ。肩肘はって「私は(俺は)こんなにあなたの為に、あれもこれも我慢してます」って言うものではないのですよ。お互いがお互いの事を思いやる気持ちがあれば、どんなに小さな事でも自然に「こうしてあげようかな?」と思うのでないかな。
レスを見ると、彼は自分の思うようにしか考えてないと思います。前回言わせていただいた「結婚してから気ついた」のではなく、今も「結婚とはなんぞや?」が理解できてないのです。彼に女性の影を感じているのなら、余計気持ちはその女性にいってるかもしれません。家に帰ってきても口うるさく言ってくる(ぺーぷうさんごめんなさいね)、タイミングよく女性がいるとなれば、彼には女性が「逃げ場」になりますもの。自分の思うどおりになれば尚更。要は子供なんですよ。「恋愛と結婚は違う」と彼は言ってるようですが、彼は「恋愛」の「愛」を理解してないのかも知れません。
>彼は昔から「この本読んでみたら?」「こんな服着てみたら?」など言ってくれてたんですが、私は自分の趣味じゃないと言って>「嫌だ」とばかり言ってました。そして、「もっと夢をもって生きて欲しい」とも言われました。
「もっと夢をもって生きて欲しい」って正論でしょうけど、彼は夢見すぎて現実を見つめてない可能性ありますよね。ボーダーラインが難しいですね。でも彼の奨めてくれたくれたものを全て「嫌だ」で片付けられてたら、確かに彼は面白くないでしょうね。彼からしたら、それが「思いやり」からきた「かも」しれないから。ぺーぷうさんの気持ちわかりますよ。私も相方から奨められて「嫌だ」と言う時もあります。でも全てを否定はしなくても、変な話「そうだね〜。でも洋服買うお金ないから」とか「いいんだけど、もうちょっと違う感じがスキなんだよねー」とか肯定から入って否定するのも思いやりだと思います。そんな些細なことも意外と肝心だったりするんですよね。自分も気をつけなければと思うところです。
彼の女性問題で腑に落ちないのであれば、最悪興信所…でしょうね。ただ離婚したくないけど、証拠が欲しい…そして話し合いたいと思ったところで、彼は女性に逃げるでしょう。離婚するとなれば(女性がいたら)証拠になりますから、ぺーぷうさんが不利になることはないでしょう。ぺーぷうさんが「どうしたいのか」。これに尽きると思います。ぺーぷうさんにとって興信所は最終手段として取っといてくださいね。長文で申し訳ございませんでした。(まーさん)

手紙、いい考えかも知れませんね。彼さんの今後の行いによって、皆さんも言われている「結婚に対する覚悟」が見えてくると思います。恐らく、ぺーぷうさんがしっかりされている分彼はそれを当たり前だと思って甘えているのかな? とも思います。
それから、人にもよるのでしょうが(私の妹も彼氏に本を読まされて?いましたが)趣味って共有するものもあればそれぞれが自分の世界を楽しんだり、豊かにするものもあると思います。(多分、私が人からあれこれ命令されるのがいやなのもあるのでしょうが)服はこういうのを着て欲しい、とかある程度は言ってくれても良いけど「あなた色に染まる」考えは私らしくないと思っています。趣味や読む本は自分の趣味趣向があるので相手の趣味を理解できなくても(変なのはいやですが)それはそれで良いと思ったりしています。まーさんの仰るように相手にやんわり断るのも大事だと思いますし。
↑ちょっと脱線気味ですが、そんなことよりもぺーぷうさんを安心させて夫婦生活を送ることの方が大事なようにも思いました。「もっと夢を見る」のはそれからでも良いんじゃないかと。。(ちょっと辛口ですかね。。^^;)(さ・いらさん)

なんだキャバでしたか。それなら脳内恋愛がイイトコでしょうね。
私が旦那を愛していて、相手の女性を排除しようと思うなら、離婚のために興信所を使うことはせず、情報を手にいれて打つ手を考えるために使います。状況によっては、電話一本で二人を破局させられるでしょうから。でも、キャバじゃぁなぁ。お金無駄そうですから、私でもしませんねぇ。(keroさん)

あら、ぺーぷうさんとすれ違いだったんですね。なんとキャバ嬢とは(笑)。それなら大丈夫そうな気もしますよ。
ぺーぷうさんは彼の事一生懸命考えてるのに、彼はぺーぷうさんの事どう考えているのでしょう。いろいろお話伺うと、ふと思います。お手紙書かれるようですね。良いと思いますよ。冷静になれるし。ダラダラと書かずに簡潔に、自分の気持ちが伝えられる事祈っています。頑張ってくださいね!
>さ・いらさん趣味を共有するって大事なことですよね。染まるのではなく知るだけでもいいと私も思います。(まーさん)

はじめまして。私も彼と6年ほど付き合って、一ヶ月前に入籍しました。式はまだです。私も、長年、心療内科のような所に通っています。だから、ぺーぷうさんの旦那様の気持ちも分かります。自分の事で精一杯で、責任感が強いからこそ、「自信がない」と言うんだと思います。確かに甘い所もあると思いますが、なんというか普通の人より精神的に不安定で理解できない部分ってあると思うんです。うちの場合は逆パターンで。。。「分かってほしい、でも、彼も大変だし、所詮分かってもらおうという方が無理なのかも。もう自信がない、本当はもっと支えてあげたいのに自分が情けない。私じゃない人と結婚した方が彼も幸せだったんだろうな」とか思ってしまう事もあります。極端な方向にいってしまうんですよね。
もし、よければ旦那様とお医者様の所に一緒に行ってみてもいいかなと思います。私はどこかでそれを望んでいますから、もしかしたら、旦那さんからのSOSなのかなって。かと言って、ぺーぷうさんが振り回される必要はないし、別れる事もないと思いますが。彼は、誰にも気を遣わず、一人になってみたいんでしょうね。一緒にいると意図せず、お互い苦しくなったりする事ありますから。そういう事をお医者様と相談するといいかなと思いました。(あきはんさん)

いろんな方から色々意見が聞けてうれしいです。
実はそのことを話し出した土曜から、食欲もなく、下し気味だったので(ごめんなさい、いい表現が見つからなくて)さっき病院に行ってきました。精神的なストレスからきたもんだしと思って行ったんですが、熱もあったし、のども腫れてたのであっさり風邪だよと言われてしまいました・・・。それでも、その内科のおじいちゃん先生は「精神的なストレスは恋愛か?」って言われたので、「そうです」って答えたら、「大丈夫、大丈夫。今がどん底だと思ってるんだったら生きていけるよ。もう上に上っていくしかないから」って言われちゃいました。
しかも帰ってきて、キャバ嬢だったら大丈夫と言う意見を見て、ちょっとホッとしました。もちろん、その他の女性かもしれないけど、なんとなくみなさんの流れが女性関係が怪しいかもって感じだったので。
結局彼の考えが今ひとつわかり切れてない分があるので、とりあえずは手紙を書いてみました。でもダラダラ便箋4枚も書いちゃったよ・・・。うざいかな?重いかな?
あと、あきはんさんの文を読んで思わず泣いてしまいました。そうなんです。きっとそのような考えをしてるんだと思ってるんです。
彼が行っている心療内科にも一緒に行ってこの話を聞いてもらいたいと言いました。ちょうど2週間後ぐらいに予約しているので。そしたら彼は「あそこは1人に対して15分ぐらいしか時間を取ってくれないから無理かも」って言われてしまいました。でも、もう1回彼に言ってみようかな?それか彼に了解を得てから、その先生に電話してみて、別の日にでも相談を聞いてもらうようにしようかな?(ぺーぷうさん)

なんだか心配させてしまってごめんなさいね。彼の心に問題があるのなら、それを取り除いてあげるのが一番の解決方法かも知れません。結婚生活って良くも悪くもストレスになりますからね。
>それか彼に了解を得てから、その先生に電話してみて、別の日に>でも相談を聞いてもらうようにしようかな?
良い方法だと思いますよ。信頼のおける医師なら気軽に相談に行かれたら良いと思います。手紙を読んで、彼もぺーぷうさんの気持ちを分かってくれるといいですね。(さ・いらさん)

風邪かもしれないけど、ストレスで免疫力が下がって風邪になっちゃったかもしれないし、ぺーぷうさんもかなりまいっていますよね。だから、あまり無理しないで下さいね。
思わず泣いてしまったとありましたが、ぺーぷうさんもそれだけ彼の事を想っているんですよね。便箋4枚、私なら全然うざくなくて、むしろ嬉しいけど、男の人だとどうなんだろう。性格にもよると思いますけど、ぺーぷうさんの気持ちを書く事が出来たのなら何枚になろうが構わないと思います。
旦那様は、病院に一緒に行くのは嫌そうですか?ただ時間の事だけ気にしているなら、一緒に行っちゃえばいいと思います。「本当の意味での理解はしてあげられないかもしれないけど、あなたが悩んでいる事を少しでも分かりたい」と。私も診察時間の事すごく気にしちゃうから分かります。そんな性格だから病気になるんですけどね(^^;
ただ他の方の意見もわかるので、女性関係だとか、病気よりももっと違う所に一番大きな問題があるとしたら、病院に一緒に行くの嫌なのかな〜。そうじゃなくても、男の人はプライドが高いし、心配かけたくないという気持ちもあるかもしれないし難しいけれど、もう一度言ってみて反応を見て、ただムキになってるだけだったり、余計な心配を彼がしているだけなら、病院に一緒に行って、本当に嫌そうだったら、やめておいて、病院に電話してみてもいいかもしれませんね。
ただ守秘義務があるので、同じ先生とお話するのは無理かもしれないので、電話でそういった事ができるのか(同じ先生に相談する事。)問い合わせてみるのもいいかもしれませんね。
まずは、手紙を読んだ彼がどういう事を言ってくるかにもよると思いますが、良い方向に向かう事を願っています。(あきはんさん)

私の友達もよくキャバ行ってました。うちの旦那も同僚達と色々行ってましたがが、聞いてても、まぁ、うまくいかないです。それ以前に相手を騙して良い思いしようとか、伴侶を裏切ろうとか思っていくトコじゃないしね。
旦那さんずっと通院してるんですか…。病院に行かれるのは良案だとおもいますよ。患者本人の前で先生が言い難いこともあるでしょうから一人で行くのも、一緒に行くのとはまた別の収穫があるかと思います。(keroさん)

初めの投稿で、ご病気はもう良いのだと思ってました。不安にさせてごめんなさいね。彼さんの行動の根底にご病気があるのなら、あまり責めるようなことは言えないですね・・・。
先生から良いアドバイスをいただけるといいですね。(PEPEさん)

rectangle 広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする