BBSより転載

♥芽衣さん
私の手作りの結婚パーティーの紹介をさせてください。
私は英国人との国際結婚で事情があり、結婚式を内緒で二人だけでしたので、パーティーを始めての結婚記念日にしました。
義母が、公民館の会計士の仕事をしているので無料で公民館の大ホール(本会場用)、小ホール(ビュッフェ用)を一日貸しきって会場にしました。
招待客は私の家族親戚が日本から10人、日本からの友人が4人、こちらでの友人はほとんど主人との共有の友人で、主人側の家族や親戚等、合わせて総勢110名。英国では友人はペアで招待するのが普通ですので招待した友人のパートナーも数に含めるので、かなりの数になってしまいました。

パーティーは19:30から。会場は12テーブルにそれぞれいすをセットし、義母の友人からのプレゼントでバルーンでデコレーションしました。テーブルには、グラスに入った水に浮かべたテーブルキャンドルや花をいくつも飾り、義母からのプレゼントでワインを赤白一本ずつ、一緒に置きました。バーもあるので飲み物は自分で買ってもらいます。DJも予約して音響はバッチリ。

後は食事です。私と母は太巻き(アボガドとかにマヨ)を30本。父はイカリングを揚げてくれ、妹といとこはテーブルに散らす折鶴を作ってくれました。英国にはご祝儀の習慣はなく、プレゼントを贈ります。しかし、主人も私も今回は結婚式ではないので、いらないと断っていましたが、中には何かしたいと申し出てくれた人もいらっしゃったので、それではビュッフェ用になにか、一品でも作ってくれたらうれしいとお願いしたところ、当日は、本当にたくさんの手作り料理のビュッフェが出来上がりました。デザートも盛りだくさん。本当に十分すぎるほどになりました。<br>料理を作ってきてくれた方が本当に多かったのでプレゼントもまったく考えていなかったのですが、パーティー後、車3台で運ばなければいけないほどたくさん頂きました。

パーティーが始まってからは、特に司会などはつけずに、個々に楽しんでもらう形にしました。私側の家族はとても驚いていました。こういう風にもできるんだ、、って。
みんな久しぶりに会うので、個々に話も盛り上がるしね。で、途中主人と私は挨拶し、「今夜は楽しんでくださいね。」と、締めくくると、みんな前でダンスが始まりました。DJも結構音楽の趣味がいい人だったのでよかったです。人前で踊ると言うのは日本から来た私の家族や親戚には最初戸惑いがあったようですが、みんなが楽しんでいるのを見ていると、「座っていられない」と、率先して前へ出て行きました(笑)。初めて見ました。両親が踊ってるところ。。。この度初めて会ったうちの両親と主人の両親と一緒にダンスをしたりしてましたし。父と主人の祖母とのダンスもかわいかったし。
主人の友人が協力して花火もあげてくれました。

とても楽しかったです。テーブルクロスもお皿も紙だったので、捨てるだけ。片付けも簡単でした。ドリンクはバーの人たちが見事に片付けてくれました。本当にこれ以上のパーティーはないなと思うほど、みんなへの感謝でいっぱい、これ以上の祝福を感じることはないだろうと思うほど、心温まるパーティーでした。

以上出費7万円でした☆

スポンサーリンク
レクタングル336×280
レクタングル336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル336×280