テーブルをお義母さんがプレゼントしてくれることになりましたがーBBSより転載

♥やえさん
いよいよあと1ヶ月程になってきました。日曜日にリビング・キッチンまわりの家具を入れ、「シンプルでぬくもりのあるリビング」が出来上がりつつあります。そのリビングの雰囲気をお義母さんにも見て頂いた所、テーブルをお義母さんがプレゼントしてくれるという話になりまして「よかったねー」などと喜んでいたのですわ。ところが喜んでいたのもつかの間。お義母さんの頭の中のテーブルは“暖卓”(いわゆる“家具調こたつ”)らしくて、どう考えてもウチには合わない・・・。(カレの田舎の方では「引越し祝い=暖卓」なんだそうな。)正直言って困っています。カレに言っても「せっかく買ってくれると言っているのに、自分の好みを言うなんてとんでもない奴だ!」と逆に怒られてしまって。一緒に見に行くことも提案しましたがカレに却下されてしまいました。これまでもお義母さんには、「使っていないものだから」と超旧式の“保温のできない湯沸かしポット(しかもデカイ)”や“思わず「え゛・・・」という絵皿(これもデカイ)”など頂いたのですが、正直言って断るに断れずにしまい込んであるものばかり。そして今回も?!・・・と思うと、もう気が重くて。もちろん、お義母さんは悪い人ではないし、好意も良く分かるんですよ。でもこんな時、どうしたらいいんでしょうかねぇ・・・(^^;

やえさん、はじめまして。お気持ち分かります〜☆私の場合、まだ住む部屋が決まっていないので、「狭い部屋しか貸りられないと思うので、収納も限られているし、荷物は最小限にしたい」と強調して、いらないものはやんわりお断りしています。でもやえさんは、新居を見せてこういう展開になってしまっているんですよね…じゃあこんなのはどうでしょう!?「ウチの母が気をきかせて、私達にプレゼントしようと、もう買ってしまったらしいんです」う〜ん・・・ダメかな〜(^^;(いちごさん)

うちもあと1ヶ月を切り、ダイニングまわりはほぼOK。あとはテーブルだけです。やえさんふうにいうと「ポップモダンでカラフルなダイニング」
1点でもしかもテーブルとなるとイメージぶち壊しは必至ですな(^^;)
うちの場合は、彼女の母がそういうタイプで、、、「あ、もう注文しちゃってます。」ってかわしています。そのたびに貯金が、、、、減ってますが、始めはたんすをとか言われたので、「賃貸だし、いずれは建てたいと思いますので、たんすとかはそのときにと思っているんです」と。。
ああ。不幸の先延ばしかもしれん。
他の家具との調和があるので、デザインは決めさせてもらっていいですか?などといえればいいのですが、、
先ずは彼とやえさんの間でインテリアなどに関するイメージを膨らませるという事と彼にインテリアに興味を持ってもらう事が必要なのではなかったかと。そうなってれば彼から言ってもらえるはずですし。(tarakoさん)

rectangle 広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする