BBSより転載

♥ハロハロさん
皆さん、はじめまして!結婚式まであと、1週間になりました。
彼とは住んでいる場所がかなり遠い為、結婚式の準備は時々、母にも協力してもらいながら、ほとんど私一人で頑張ってきました。
彼と離れていると一緒に決めることも難しく、もっぱら電話での会話になります。おまけに、毎日遅くまでの残業で、休日出勤も当たり前のようで、彼の体が心配です。
特に、仕事のピークが結婚式の2日くらい前で大事な時期だそうです。前から、彼の仕事の話はよく聞いており、上司のグチだの、会社組織の悪さなど、さんざんと言っていいほど、耳にしてきました。
これは、奥さんとしてきちんと聞いてあげることもこれらかの役目だし〜と考えるのですが、「もう倒れる〜」、「式当日は頑張るが入院するかも」とか言われると、すごく心配な反面、こうも男って弱さを口にするものなのかー?とか気が小さく思えて...
私も、式を間近に控え家族とも大切な1週間を過ごしたいけれど、彼の頼りなさとか、いろんなことがぶつかって、いい気持ちで当日を迎えられるのか心配なのです。彼も、大変な仕事と結婚の時期が重なり、神経質になっていると思うのですが、こんな彼ってどうなんでしょう?(自分で言うのもなんですが...)こんな時期になっても〜いや〜って感じです。私の我がままですか?

最初に、おめでとうございます。私はそのまた一週間後に式を控えている31歳です。ハロハロさんの投稿を読んで思ったのですが、彼は彼なりに「俺は結婚式を大切に考えている」という事が言いたいんじゃないかという気がしました。仕事が忙しい、ピークだ、でも、結婚式まで頑張る、という意味じゃないですか?ハロハロさんが1人で準備を頑張ってきた事実があって、彼はそれを十分に知っていて、自分は仕事があって、しかも、遠距離で、ハロハロさんに任せっきりだけど、自分もその分仕事を頑張る!みたいな・・・男って、女に甘えるものですよ。うちの旦那は「ここ、みて、切った」「ここ、青あざ」みたいなことも報告してきて、最初は「小学生か、こいつは」と思ったけど、あれ、甘えてるんですよね。バカみたいでしょ。ハロハロさんが「ほとんど私1人で頑張ってきました」という風に最初に書いてますよね。それは本当に大変だったんだと思います。けど、その「やってやった」みたいな気持ちと、彼の「仕事大変」は私には一緒に見える。お互い一杯一杯で、気持ちが混じりあってない、でも、それは、今、余裕がないからそう思うんじゃないですか?私は11月から一足早く暮らし始めました。仕事と家事と、新生活と結構忙しいです。でも、忙しいからこそ、「思いやり」かな・・・と、なんか、ハロハロさんの投稿でわが身を振り返ってみました。(ぐりさん)

はじめまして。私はハロハロさんの2週間後、ぐりさんの次の周に挙式予定のきいろと申します。
私もぐりさんと同じ意見です、男って気を許した相手に甘えたことを言いたくなるらしいです。私の彼も同じ様な泣き言?甘え言を口にしますよ〜気分のいい時は慰められるですがこちらも精神的にきている時は無視をしてしまうこともあります。
ハロハロさんの彼は多分、式の準備をハロハロさん任せにしていることを申し訳ないと思って、ついつい言い訳っぽい甘えを口にしてしまうのではないでしょうか?ご自身も大変な時にちょっと鬱陶しいでしょうけど(笑)あまり真に受けないでご家族との時間、及び美容に気を付けて良いお式を迎えて下さいね。(きいろさん)

はじめまして。ハロハロさんの前の週、この週末に式が無事終わりました、きたへふと申します。
私も10月、11月と、今まで経験したことない程の忙しさでした。『結婚式前は仕事が忙しくなる』というのはよくある話ですね。
私の場合、このサイトをはじめ、あちこちでマリッジブルーに関する記事を読んでいたので、「仕事でいっぱいいっぱいなのに、この上彼女にマリッジブルーにでもなられたらたまらない」と、なるべく弱気なことは言わないようにしました。
それでも、終電、徹夜の日々が続くと、ついつい泣き言を言ってしまうんですよね。きっと鬱陶しがられていたでしょう。(笑)でも、それはやっぱり気を許している相手に対する甘えです。気を許していない相手なら、カッコつけますからね。
とにかく、みんなそんなもんだからあまり心配しすぎないで、彼に幻滅したりしないで、という男の意見でした。ぐりさん、きいろさんも、彼に優しくしてあげてね。(笑)(きたへふさん)

ぐりさん、きいろさん、きたへふさんはじめまして!そして、おめでとうございます!!
みなさんの、暖かい励ましで気持ちが落ち着きました。私も、もう少し彼に思いやりを持たなきゃと反省しています。
自分自身、結婚準備やこれから知らない土地での新生活、などなど希望や不安が混ざり合って、心に余裕がなかったのかもしれません。私だって、こんなとき彼に励ましてもらいたい...と何度か感じたこともあります。でもこれって私自身が甘い考えだったんですよね。
結婚後は早く彼の心にゆとりが持てるよう、私が陰で支えてあげられるように頑張ります。
ぐりさん、きいろさんも、もうすぐなんですね。素晴らしい結婚式になりますように!そして、きたへふさん、また何かありましたら、アドバイス宜しくお願いします。(ハロハロさん)

きたへふさん、おめでとうございました。終わったんですね・・羨ましいです。きたへふさんの返信を見て、ちょっと反省しました。もう少し彼に優しくしなくちゃ・・。男のマリッジブルーもありますものね・・。とにかくおめでとうございます。(きいろさん)

ハロハロさんが、一方的に彼に甘えさせてあげる必要はないんですよ。ハロハロさんが余裕がないときは彼に甘えていいんですよ。普段しっかりしているハロハロさんが不安で泣いてみせたりしたら(ウソ泣きでも)、彼は自分がしっかりしなきゃ、ってがんばるかもしれませんよ。ただし、彼ががんばろうとして上手くできなくても、許してあげてね。>きいろさん。少人数の披露宴でも「アットホームで良かった」と言ってもらえたし、30過ぎでも「お嫁さん、かわいいね」と言ってもらえましたし、最後の新郎スピーチで失敗したけど、誰も気づかなかったみたいです。きいろさんも、きっとうまくいきますよ。楽しみにしてください。(きたへふさん)

rectangle 広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする