BBSより転載

♥あんこさん
はじめまして。今週の土曜日に結婚式を控えています。火曜日現在、2週間ほど前から入院していた父方の祖母が危篤状態になってしまいました。残念なことになった場合、下手したら葬儀の翌日あるいは当日が結婚式、ということもありえる状態になっています。私の両親は、今更キャンセルすることもできないし迷惑をかけるから彼の両親にはこのことを伝えないように、と言います。私としては正直言ってこんな状態で結婚式を挙げるのは嫌ですし、挙げたとしてもちゃんと笑顔を見せられるかどうか自信がありません。結婚式翌日から新婚旅行も予定していますが、こちらだって楽しめるかどうか分かりません。一生に一度のセレモニー、大変だったけどがんばってきて、楽しみにしていたのに、どうして…と思うと悔しくて悲しくて涙が出てしまいます。そして同時に、自分の祖母がそんな状態にあるというのに、自分のことばかり考えている自分自身が恥ずかしく嫌に思います。この二つのなんだか矛盾した思いに押しつぶされそうです。一番いいのは結婚式を延期することですが、両親の意見、時間的な問題、金銭的な問題もありますので難しそうです。一体どうすればよいのでしょうか。

はじめまして。昨年11月に結婚したソラと申します。あんこさんは3/1挙式なんですね(^_^)おめでとうございます。
お祖母ちゃんが危篤状態ということですが、私も結婚式を挙げるまでに似たようなことがあったので気持ちがわかります。私の場合は、彼の祖母が倒れてしまったのです。ちょうど式の1週間前に倒れ病院に入院、一命はとりとめたものの高齢なのでいつなんどきって感じだったのです。最悪の場合は、彼と私の間では式はキャンセルするつもりでした。もちろんそんなことは考えたくもなかったのですが。彼の父母は、万が一の場合は、結婚式のあとに葬儀すると言ってくれました。それはおばあちゃんのせいで結婚式がつぶれたとなったらきっと悲しむだろうからって・・・式までの1週間は頭の中が真っ白になって、ただボーっとしていました。(もちろんお見舞いに病院に行きました)で、だんだんと祖母の容態も安定してきたので式は無事に迎えられました。安心していてのもつかの間、10日間後に容態が悪化して亡くなってしまいました。きっとおばあちゃんは私達の事を見届けてから逝ったのだなって思います。なので、あんこさんもあんまり思いつめないで式に望んでください。きっとおばあちゃんも見守ってくれると思いますよ!!参考になるかわからないけど、考えてみてください。(ソラさん)

あなたのおばあさまの関係は近いものだったのかしら。もしこれがお父様かお母様なら、お式は延期すると思うのね。一般的には。で、おばあさまとなると、あなたがずっと同居をしてきたのか、とかどのくらい近しいか、によると思います。
人はいずれ死にます。誰でも。あなたもわたしも。あなただって結婚式を延期しているうちに死ぬかもしれません。こんなときに・・・って苦しまずに、おばあさまもきっとあなたの幸せを願っているはずだから、思いっきり幸せな花嫁になりましょう。もし万一のことがあれば、旅行から帰ってからご主人とお線香をあげてお別れをすればいいと思います。
わたしも周りの人が亡くなるととても悲しいけれど、なくなってからもずっと関係は続くのだと感じています。「なくなる」のはその日だけど、「いない状態」は永遠に続くのです。月命日や命日にお花をそなえて手をあわす。そういうことが大切なのだと思います。(かなさん)

ソラさん、かなさん、お返事ありがとうございます!状況は依然として変わっておりませんが、なんとか祖母もがんばってくれています。祖母とは同居はしていなかったのですが、結婚が決まってから祖母のところに彼と一緒に報告に行ったんです。その時、「幸せになってね」といって祖母は涙を流してくれました。だから、こんなところでわたしがくよくよしていても仕方ないし、祖母もそんなことは望んでいないですよね。最高の一日を迎えられるよう、がんばろうと思います。お二人のお返事が随分助けになりました。本当にありがとうございました。(あんこさん)

昨日新婚旅行を終えて帰ってまいりました、あんこです。結局帰国してから祖母が亡くなったという知らせを受けました。出発前に空港から実家に電話を入れたときは、容態は安定しているとのことでした。祖母は、私たちが飛行機に乗った直後から容態が急変し、天国に旅立ってしまったそうです。ソラさんの仰ったとおり、祖母は私たちのことを見届けてから逝ったのだなと思います。祖母の精一杯の祝福に答えられるよう、これからがんばっていこうと思います。(あんこさん)

あんこさん。ご結婚おめでとうございます。それから、おばあさまのことお悔やみもうしあげます。おばあさまはお二人のご結婚まで待ってくださったのですね。なんてすごいことでしょう。あんこさんは皆なに見守られてきっと幸せになれますね。(かなさん)

rectangle 広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする