BBSより転載

♥ゆこさん
9月28日(日・大安)に挙式披露宴をしたゆこです。
ここで皆さんに本当に助けていただきました。kazuさんとも知り合えて、とても心強く精神的にも支えていただきました。本当に本当にありがとうございます。
そこで私の体験が参考になればと、少し当日のご報告です。
最初に美容室入りして化粧を始めますが、その際はぜひヘアメイクリハーサルで撮った写真の持参をおすすめします。なぜか違う仕上がりになることがあるので要注意です。
当日は時間もありませんので、気付いたらすぐに写真を示し事前に決めていたヘアメイクにしましょう。私の母は、リハーサルとまったく違う変な髪と化粧をされて今も写真を見たくないと言っています。
疲れと緊張で眠ったのと気が回らなかったのとで、そういう結果になってしまいました。ましてやリハーサルまでしていたので安心して任せきっていたということもあります。せっかく一緒に頑張ってこの日を迎えたのに私もとても残念で悔しいです。親に悲しい思いをさせてしまいました。後悔してもしきれません。
そしてヘアメイク後に着付けが始まります。色打掛から撮影しますので簪笄も色打掛に使用するものがつけられます。それから写真撮影し、掛替をして今度は白無垢の撮影です。しかし当日に直接美容師に再確認したにも関わらず白無垢にも色打掛の簪笄のままということもあるので、気を抜かないようにしてください。
その後に白無垢で挙式し迎賓となります。私はあやうくキンキラキンの頭に角隠しして白無垢姿をさらすはめになりかけました。パックに追加して鼈甲のを決めていたのに。
とにかくしつこいと思われても面倒くさいと思っても何度も繰り返し確認したほうが絶対にいいです。そのときは、まあ、いいかと思っても必ず後悔します。
それから直前にここへご相談した色打掛からのお色直し退場での母親の先導の件です。実際に色打掛で入場する時に初めて担当者が母親に先導しろと食い下がった理由がわかりました。白い草履から金色の草履に履き替えた瞬間から足袋がずるずると滑ってちゃんと歩けないのです。退場は疲れも出てくる頃なので余計に滑りました。こういう細かいことでも突然だと動揺するのでなるべく確認しておいたほうがいいようです。
私の担当者はきちんとした回答をする人ではなかったのですが、もし皆さんの担当者が不幸にしてそんな人だったとしても絶対にあきらめないでください。お嫁様は闘う人でもあるのです。
その他にも、挙式前に白無垢姿で誰もいないフロアーに一人でほっておかれたり、キャンドルサービスの説明が終わって入場というときに突然音響の人に行方をふさがれてBGMの質問をされたり散々でした。とても書ききれません。
でも、救いなのは、そんなことがありながら素晴らしい披露宴になったことです。もちろん挙式も二次会も三次会も四次会もです。
たくさんの人の思いが集まって成り立つものなので、少しでもよいものになるように皆さんがんばってください。
今回は良くないこと書いちゃったけど(同じ後悔をしてほしくないので)、生活が落ち着いたら次はよかったことを書き込みますね!

ゆこさ〜〜ん!!お元気でしたか?ハプニングあったにしろ、ステキな披露宴だったようで、よかったですね。私も、とても、良いレストランウエディングを無事終えることができました。みんなからも、『こんな楽しい披露宴今まで出たことない』など、満足してもらえました。ただ、私としては、あっと言うまで、心の余裕がなかったです。ゆっくり写真も撮れなかった・・・2,3日は、終わってしまった淋しさで、何も手につかなかったです。(ーー;)もうすぐ、写真屋さん(アルバム風)に頼んでいたのが出来上がりそうなので楽しみです。ゆこさんこれからは、妻として、いろんなこと相談にのってくださいね!!(kazuさん)

ご報告ありがとうございました!お幸せにー。(原麻めぐみ)

rectangle 広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする