BBSより転載

♥さくらさん
はじめまして。いよいよ結婚の準備に突入したばかりのさくらといいます。楽しい結婚準備にしよう!と思ったのもつかのま、早速マリッジブルーに近いものになってしまいました。
まだ式の日取りも決まっていませんが、打診で、友人に「スピーチ依頼」と「二次会幹事依頼」を何人かにしてまみました。私の性格から、飲み会の手配も、コンパの手配も、打ち上げの手配も、大抵自分が仕切ってすすんで幹事をやる事が多く、まわりの友達はどっちかというと、決まった事についてくるタイプの子が多かったんです。だから幹事とか頼むのも、少々不安がありました。不安は確信に変わってしまいました。「やったことないから無理だよ〜〜」「そういうの向いて無いから」等等、5人くらいに断られてしまいました。その中で一人、「やったことないけど、頑張るよ!」と快くひきうけてくれた友人がやっと一人みつかりましたが、その子は看護しさんなので、忙しいので、打ち合わせ等で負担をかけてしまうんではないか、と心配です。スピーチも、学生からの親友(少なくとも自分はそう思っている)にお願いしたところ、「超丁寧にお断りします(笑)そういうの絶対できない〜〜〜」といわれてしまいました。
きっと私だって、逆の立場だったら「え〜〜!どうしよう!困った」と困惑してしまうと思うのですが、「でも●●の為だし頑張ろう!」と思ったと思います。(その時になってみないとわからないですが、、、)けれど、そう思ってもらえなかった自分、人望の無さ、いままで私はみんなのただの便利屋だっただけなの、、、?など、すごくすごくブルーになってしまいました。かといって強引に押し付けるなんて絶対できないし、、、。みなさんはそういう友人への依頼はどうしていましたか?
二次会をすること事体をやめない?と彼にもちかけてみましたが、「今まで二次会のない結婚式なんてでたことないよ!」とびっくりされてしまいました、、、、。
もうほんとうにブルーでおめでたいはずなのに、結婚式がすごく憂鬱になってしまいました。
アドバイス等、いただけたら嬉しいです、、、。お願いします。

さくらさん、こんにちは。私も各活動で幹事役にされることが多く気持ちはわかります。でも無責任には引き受けられないというお友達の気持ちもわからなくはないです。不慣れなせいで一生に一度の大切なことなのにさくらさんに迷惑をかけたくないんですよ、きっと。
で、二次会です!最近の周囲の披露宴では新郎新婦側で式場の小宴会場やバーなどを用意していることが多く、私たちもそのようにすることにしました。事前の出欠も取らないし当日に都合がつく人は披露宴からそのまま貸切の会場へ流れていただいて楽しんでもらおうと思います。特にゲームなども企画しないし会費もありません。飲み物と軽くつまめるものと場所を提供するだけです。披露宴ではフルコースの料理のため二次会ではあまり飲食できないものです。予算もそんなにかかりません。久しぶりに集まる仲間なので会話が最高のおもてなしだと思います。それにしても結婚式や披露宴をするっていうことは人生の棚卸をする気分ですよね。今までの自分の人間関係を直視させられて落ち込むこともあります。でも、さくらさんは人望がないわけでもみんなの便利屋だったわけでもないと思います。多分お友達はさくらさんがそう感じているとは気づいてないと思いますよ。あまり深刻にならず気楽にいきましょうよ!(ゆこさん)

ゆこさん、レスありがとうございます。
なんだかとてもゆこさんのレスに救われました。
その貸しきりの会場というのは、披露宴会場と同じ場所の別室、というかんじで行われたのでしょうか?
披露宴の終わり頃に、その旨をアナウンスなどで伝えたのでしょうか?詳しく教えていただけたら嬉しいです。(さくらさん)

さくらさん、こんばんは。
さくらさんのおっしゃるとおり、披露宴会場と同じ場所の別室です。後輩達はホテルの小宴会場でしたが私たちは最上階の見晴らしのいいバーを借りることにしています。遠方の方が多いので宿泊している人は着替えてすぐ来れるし、正装の方もそのままで違和感なく二次会に参加できます。
また特にアナウンスもせずに送賓の際に二次会の会場は伝言ゲームのように伝わってきたのですが、それできちんと揃ったんですよね。まあ私たちのときは二人の挙式披露宴新聞でも受付で渡して、そこに目立つ囲み記事として入れようかなと考えています。
いろいろな関係の方が来られるようなら事前に二次会のお知らせをお渡ししておいたほうが親切ですが、私たちの場合は同窓会に近いものがあるのでこれでも成立するのかもしれません。
今は昔と違ってなんでもありだから、こうしなくちゃ!って頑張らなくてもいいみたいです。実際はやってみなくちゃわからないんだし、一生懸命に考えてこうしてみました!ってことで至らない点はお許し願いますって感じかな。
笑顔でどんどんこなしていきましょう!挙式披露宴の準備はまだまだこれからですよw(ゆこさん)

ゆこさん、レスありがとうございます。
披露宴新聞なんてとてもおもしろそうですね。(でもそんなすぐ印刷できるもんなんですか?)
昨日彼とまた話し合いました。
ゆこさんの方法も提案してみようと思っています。
そうですよね、決まりなんかないんですから自分達でいろいろ決めちゃってもいいんですよね。どうも、本ばかり読んで、頭が固まっていたようです。『こうしなきゃいけない!』みたいな、、、。
とても貴重なアドバイス、ありがとうございました。(さくらさん)

彼と十分に相談して決めていくのもとてもいい思い出になります。準備期間に余裕があると、けんかもしないで楽しく進めやすいみたいです。ところで披露宴新聞っていうのは、私が勝手にWordで作るつもりなのです。何社か業者もあるようなので興味があったら検討してみてくださいね。(ゆこさん)

スポンサーリンク
レクタングル336×280
レクタングル336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル336×280