BBSより転載

♥あれくさん
初めて投稿させて頂きます。今日は、あまりの体調の悪さに会社を休んでしまいました。先週の日曜日に、初めて相手の実家に行きました。食事も会話も、特に滞ることなく、和やかに済みました。でも、もの凄く気を張っていたのでしょう、昨日の夜中から胃痙攣を起こしました(笑)私の相手の人は、とても優しくて穏やかで、一緒に生活するのには、何の不安もない人です。ただ、意見が食い違うのが、「結婚」という、通過儀礼への考え方の違いです。式や披露宴は、お金がないせいもあるし、私が今年で35歳になるので、恥かしくてできない、という気持ちがあるので、しないことで意見は一致しているのですが、それ以外の引っ越しや準備にかける意見の相違に悩んでます。私は、10月が誕生日なので、1歳でも若いうちにせめて入籍をしたいのです。でも10月には彼が国家試験を受けます。これに受からないと、仕事にも差障りが出るし、実家の会社も継げなくなるので、本人としては必死だと思います。試験が終われば、引越しできるからね、といわれているのですが、彼には、そのお金が何にもないのです。資格取得のために貯金を使ってしまったのです。式はしないから、引越し費用だけなら私が出してもいいのですが、喧嘩の原因になったのが、「指輪」でした。彼は、式はしない→何もいらない→写真も指輪も旅行もなし→引越しのみ→仕事を休むこともなくて良いと考えていたようでした。私達は、4年近く付き合っていますが、お互いが車を持っていないので遠くに出かけたことがありません。試験の都合上、旅行にでかけたことすらないのです。(お互いのマンション以外に他に泊まったことがないです)忙しいのは判っていましたが、「指輪欲しいの?」と訊かれて、唖然としました。彼にとって結婚とは、生活の場所が移動するだけみたいです。私も会社を辞めることはないのですが…あまりにも夢も希望もないので、かなり哀しくなってしまいました。彼は、優しくて、どんなに忙しくても、会社以外であれば電話に出て、話は聞いてくれるし、体調が悪いと心配して来てくれます。一緒に生活するには不安はありません。もし私が妊娠しても、子供が生まれても、ちゃんと手伝ってサポートしてくれる人です。私の我儘なのは判っています。でも、せめて「指輪」ぐらいは欲しいし、初めての旅行くらい行きたかったです(国内です)私の貯金で、引越しも旅行もできて「指輪」も買えます。でも、なんだか凄く空しくて…。「結婚」に夢や期待をするからいけないんでしょうか?生活の都合上、結婚したら車を買わなくてはいけないのですが、それも私の貯金を出すのかと思ったら、辛くなりました(その場合には、予算上、旅行と指輪は無理になります)彼は、普通に仕事をして、それなりのお金を稼いでいます。私は、歳のわりには低いですが、食べてゆく分は働いています。今の私には、結婚できるだけ幸せだと思うしか、ないのでしょうか?形なんかなくても、これから穏やかに生活できることの方を喜ぶべきなんでしょうか?恥かしながら、友達が「彼と旅行に行って来たの」という時や新婚旅行のお土産を貰った時は、ホントに羨ましくて羨ましくて哀しくなりました。これからも、その感情を持ったまま過ごすのかな、と思うと辛いです。(この話を、彼にすると「他の人のこと気にしすぎ」と怒られます)思い出や形にこだわりすぎる私がいけないのでしょうか?

あれくさん、はじめまして。
胃痙攣…大丈夫ですか?早く体調が良くなるといいですね。
さて、これは私の勝手な思いなのですが、やはり女性として結婚する以上その「証」みたいなものって欲しいなぁと思います。それが、結婚式や指輪、新婚旅行だったりするんですが問題は金銭面ですね。余裕があれば全てするのも良し、なければ指輪だけとか旅行だけでもいいと思います。あれくさんの彼は、あまりそういった形?にこだわらない方のようなので、どれだけ指輪が欲しいかみたいなのを伝えるしかないですね〜。きっとそのうちプレゼントしてくれるのではないでしょうか?とても優しい彼のようなので(^^)実はこっそり買ってたりするかもしれないですよ。
結婚すれば、彼と一生寄り添って生きていくのでその過程で日帰りでも旅行行ったり指輪買ってもらったりすれば良いのではないでしょうか。
あ、あと、35歳だからといって結婚式するのが恥ずかしいことだとは思いませんよ〜。何歳になっても幸せな姿を見れるのはとても喜ばしいことだと思いますから(^^♪
それでは、あまり(全然?)参考にならなかったと思いますが彼と幸せな生活を送ってくださいね〜。(粉雪さん)

カタチが無いのとケジメが無いのはまた違います!指輪や旅行、確かにオカネもかかります。でも、指輪をみるたびに結婚したと感じることのどこがおかしいのでしょうか。新婚旅行にいって思い出作るのことが、どこが悪いのでしょうか。決して思い出やカタチにこだわりすぎてることないです。まったく以って普通です。
あれくさんの彼の場合は、彼が結婚を「生活場所の移動」と考えてる以上単に「ケジメが無い」ようにも思えます。さらに言うと、できないことを言い訳してるようにも聞こえるってことです。そうとられても仕方ないですよね?オカネがなかったら指輪も旅行も引越しもマイカーも無理だけど、初めから「無理だから、試験があるから」と言い放つのではなく、それに対してまず何かしら努力をしませんか?惚れた女と結婚するんですよ?惚れた女が望んでるんですよ??それをなんとしてでも叶えようとするのがオトコじゃないですか。例えば結婚したら必ず旅行しようと約束するとか、指輪買うために頑張って働くよとか言葉にするのも大事です!彼の中で考えてるとしても、こっちは超能力者じゃあるまいし考えてるだけじゃわからないですよ。
引越しもマイカー購入もすべてあれくさんの出資でも、あれくさんが心から納得してればいいんです。でも納得してないんですよね?よそのカップルと比べてるわけじゃないですよね?納得できないんだと伝えてみてくださいよ。それも一蹴されるようなら、身の振り考えなおしたほうがいいですね。
結婚することが決まった以上、百歩譲って彼の試験後に入籍するとしましょう。じゃぁ次は、彼から何かこの結婚に関してあれくさんにしてあげれるコトはないのでしょうか。
くれぐれも、それらと「試験に合格すること」は、また別ですよ。(みずたまさん)

あれくさん、胃の具合は大丈夫でしょうか?
私は正直、あれくさんがご自分でおっしゃってる通り、ものや形にこだわりすぎてる気がします。1歳でも若いうちに結婚したい、そのお気持ちもわかりますが、でも実質的には結婚には何も関係ないこと。誰かに「何歳の時に結婚した」って言いたい、それは見栄ですか?結婚自体がとても幸せであれば、それに越したことはないのではないでしょうか。他人と比べていては、絶対幸せは見えません。むしろ、他人と比べて優越感を抱こうって言う人(あれくさんじゃなくてですね。)の醜さが私は嫌いです。。。
指輪も、今は買えないってことじゃないですか?あれくさんは、どうですか?今、あるだけのお金でデザインなどを妥協されたものを買う。それともある程度のお金を貯めて、結婚3年目、3年待った分だけの素敵なものを買う。いかがでしょう。
指輪「ぐらい」ほしい、旅行「ぐらい」したい。要求ばかりな気がします。あれくさんの貯金でできるということは、ご自分が買いたいと言うことでしょうか。それでしたら別に買えばいいとおもいますが、どうもこの投稿文では、「彼に買ってもらいたい」といってる気がしますので、このようなレスになりました。
そんな素敵な旦那さんって言うだけで、満足できないのでしたら、それは結婚しても、指輪があったとしても、旅行に行ったとしても、その要求はエンドレスな気がします。今は、この機会を有効に使って、「現状満足」を、勉強なさったらいかがでしょうか。(芽衣さん)

あれくさん こんにちは。結構似た部分があったので・・・。あれくさんの気持ち、すごく良くわかります。結婚するにあたって、式や披露宴や新婚旅行は通過儀式みたいなもの、要は結婚してからの生活が大切、とわかってはいても、やっぱり夢はありますよね。一生のうちにそう何度もあることではないですから。私も似たような感じで、彼がある国家資格を目指していて(もう何年もかかってしまってますが・・・)、その資格取得に貯金を使ってしまったので、貯金というか まとまったお金はありません。試験の為その勉強の為に、結婚やそれにかかる準備にとりかかれない時期もあるので、そうそう自分の好きな時期にこだわることもできません。式は私の両親が「せめて式だけは」ということで挙げる予定ではありますが、お金がないので婚約指輪なし(もちろん結納金等も)、披露宴なし、新婚旅行なしです。新居(賃貸)の費用は全部私が出しました。私は一人暮らしをしていたので、家財道具も電化製品も持っていた物をそのまま新居に持ってきて、新生活で足りない分についても私が揃えました。さらに、私が乗っていた車の調子が悪くなり 買い換える必要が出てきたのですが、結婚後盆正月その他 彼の実家(遠方)へ帰る機会がちょくちょくあるので、その時にお互いが運転できて使える車を・・・と考えて購入しました(中古)。これも私が出しました。必要だから仕方ない、ある方が出さなきゃ、と思ってはいますが、やっぱりどこか寂しいものはありますね・・・。あれくさんと同じような気持ちになってしまいます。自分の貯金からいろんな準備をしながらも、結婚後何かの時のために貯金は残しておきたいし・・・と思ったりもするし、普通に結納金とか仕度金みたいなのがあれば何から何まで自分が負担する必要もないのに・・・となんだか卑しいコト思ってしまう時もあります。私は旅行が好きなのですが、彼と一緒に旅行したことはなくて、だからこそ新婚旅行も行きたいのが本音ですが、やっぱり無理そうです・・・。私もまわりの人の話を聞いたり、今までに見てきた友人知人の結婚のことを思い出すと、自分の現実と比べてしまってみじめに思えることあります。でも、彼と結婚するためには仕方ない、今のこの状況が現実なんだから。と自分に言い聞かせて、納得させてます。何も無いから、じゃあ結婚諦めるか?って考えたら「それはイヤだ」と思えるので(^^ヾ)。ただ、あまりに何も言わないと「何も不満はない」と受け取られてしまうかもしれないので、私は「ホントは新婚旅行は行きたいんだよ〜」とか言ってます。「○○に行くのが夢!」とか。やっぱり現状を考えてガマンしてるってこともわかってほしいので。あまり恩着せになるのは良くないけど、自分の気持ちや希望を 小出しでもいいから伝えるのは必要だと思います。お互いがんばりましょう!(桜幸さん)

あれくさん、初めまして。私も、お金がないけど結婚したカップルのうちの一人です。結婚の為に用意できる資金など、相場(ゼクシィ等に書いてある平均金額)で言っているほどとても持っていませんでした。また両親にも資金面で迷惑はかけたくなかったので、援助は受けないという形で結納は(結納金も)なし。婚約指輪もなし。…というか、彼(旦那)がクリスマスに買ってくれた指輪を私が勝手に婚約指輪にしてました(笑)。引っ越しは、私も貯金が底をつきそうで苦しかったですが、それでも彼と一緒になりたくて出来る限りの準備をしました。もちろん私も理想はありました。2階建てのコーポに住みたいなとか(実際はワンルームのアパート)新婚旅行は海外に…とか(実際は東京観光)たくさん憧れを持っていました。でもそれは金銭的に無理だったし、何より別に「今すぐにでも叶えなきゃ!」という訳ではない、と思ったんです。結婚して、二人でやりくりして、お金が貯まったらもう少し広い家に住もう、ゆっくり旅行に行こう、その時は家族が1人増えてる(子供が生まれてる)といいねって、そういう目標を二人で持つ事にしました。
確かに形も大事だと思います。指輪を見て「あぁ、結婚するんだな」って実感が沸くという気持ち、とてもよく分かります。私も雑誌を読んだり、同じ時期に結婚した会社の人の話を聞いて羨ましくなったりもしました。でもね、形より何より「二人で頑張っていくんだ!」っていう気持ちが一番大事だと思うんです。理想論と思われるかもしれません。でも人の気持ちは、すべて物では満たされないと思います。あれくさんはきっと「私がお金を出す」=「私だけ頑張ってるみたい」と思って不満に感じてるんではないでしょうか。
自分達が出来ること、出来ないこと、それをきちんと受け止めて、じゃあ出来ないことは実現に向かって二人で努力しよう、そう考えると夢がふくらんで楽しみになりませんか?夢は一度に叶っちゃたらつまんないですよ(^ ^
それから結婚式、花嫁さんに年齢は関係ありません。恥ずかしいだなんて絶対思っちゃダメです。30代って大人の魅力が出ていて、より一層素敵だと思いますよ。それと、結婚式はお金が無くてもそれなりに出来ます。私達も初めはやるつもりなんて全くなかったんですが、節約&後払い制(お祝儀でカバー)を上手に利用すれば挙げれることに気付きました。今では、挙式出来て良かったと心から思ってます。くれぐれもあまり思いつめてお体を壊されることのないように…(芹さん)

こんにちは! 私も年齢にこだわり指輪にもかなりこだわった一人です。 でも結局彼にはそのこだわりは通じなく、入籍できるならいつでもいいじゃない?という考えで結局30歳になってからの入籍になりました。また指輪も「会社ではつけれないからいらない!」と言ってあやうくなくなりそうになりましたが、私が毎月1万づつ彼からお金を徴収してそのお金で指輪を買うことにしました。
本当に男の人って女心をわかってくれないですよね…仕方ないといえば仕方ないですが、女にとっては生活がガラリとかわることをぜひぜひわかって欲しいですよねとはいえ彼は今試験一筋だと思うので、今は我慢してみても言いと思います。指輪も彼が働いた時に彼のお金を貯金してたまったところで「これで指輪がどうしても欲しい!」とお願いしてみたらどうでしょうか?(かなえさん)

rectangle 広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする