auto 広告

スポンサーリンク



BBSより転載

♥ななさん)ご無沙汰しています。
同僚がプライベートを嗅ぎまわる事を相談させていただいた、ななです。
最近は、自分の気持ちも少しは落ち着いてきました。
みなさんには、いろいろと温かい言葉をかけていただいて感謝しています。ありがとうございました。

今回は、私の母方の祖母の事なんですが・・・
2月に行う披露宴の招待状を持って行ったのですが、出ない。の一点張りで・・・

実は、両親の仕事の関係で、私の育ての親は、その祖母なんです。結婚式の着付けを専門に扱う美容師で、今でも現役です。(71歳)
祖母は、私の着付け等をやりたかったようなんですが、私は、着付けは会場の指定店に任せて、祖母には、座席に座っていて欲しいんです。
でも、祖母は、それが納得いかないらしく・・・美容師としてなら出席するけど、祖母としては出席したくない、って言うんです。
私は私で、それは納得いかないし・・・
売り言葉に買い言葉で、だったら出てくれなくて結構です!!と、招待状を持って帰ってきてしまいました。
母もその場にいて、祖母の言動にガッカリしたらしく、世間体もあるから、当日、病気で欠席。ということにしよう。
ということになったのですが・・・
若干、後ろ髪をひかれるというか、スッキリしなくて・・・
どうしていいのか、困っています。

何か、ご意見があったら、是非、アドバイスお願いします。(りかさん)ななさんの気持ちもわかりますが、それ以上にななさんのお祖母さんの気持ちがわかります。
職人としてのプライドや夢もあったのでしょう。気持ちを汲んでやることは難しいですか?(まゆさん) 私もりかさんと同様で、お祖母さんの気持ちもわかります。
たとえば、挙式だけでもお祖母さんに着付け等してもうのはどうでしょう?
そうすれば、お祖母さんに挙式も披露宴も出席してもらえるのでは?(アヤさん)大切な孫娘。しかも自分が育てた大切な大切な孫娘。
おばあさまの職業を考えるならば、大切な孫娘の晴れの日に、自分の手で孫を最大限美しくしてあげたい。

…当然の思いではありませんか?

その気持ちを察してあげることはできないのでしょうか?育ててくださったことへの感謝の気持ちを示す絶好の機会だと思いますよ。

身近な人ほど「いて当たり前」と思いがちです。でも、必ず別れが来るものです。感謝の気持ちを示すこと・思いやりを持って接することは、出来る時にしておかないと後悔します。もし今回、あなたの結婚式・披露宴におばあさまに来ていただかなかったこと、後で後悔しても取り返しがつかないのですよ。(桜幸さん)私もななさんのお祖母さんの気持ちわかります。。。
お祖母さんが育ての親だったのなら、「この子がお嫁に行く時には自分が着付けをしてあげたい」という想いはより強いでしょう。そう思っていたけれど、ななさんから「着付けやってほしいけど」という相談がなかったから 寂しかったりガッカリしたんでしょうね。
会場の指定店があって 絶対そこに頼まないといけないと言われてるなら、「着付けやってほしいと思ったんだけど、会場で指定されてる所があってどうしてもそこに頼まなきゃいけなかったから、私も残念に思ったんだけど、当日は是非出席してほしい」と言い方を変えてみたらよかったかもしれないですね。
お祖母さんにしてみたら、自分の立場や夢、仕事へのプライドも無視されてしまったような気がしてしまって 意地になってしまったのでしょう。

ななさんとしては、当日着付けなんて忙しいし、折角の日なのだからお席でゆっくり楽しんで過ごしてほしいという気持ちがあるのでしょうね。
でも、もしかしたらお祖母さんにとっては ゆっくりお席で過ごすことよりも、忙しくてでも自分で着付けをしてあげられることの方が嬉しいのかもしれませんよ。

会場に指定店があるとのことですから、もし指定店以外に頼めば多少料金がかかるかもしれませんが、担当者に相談してみて可能であれば、お祖母さんにお願いするということはできませんか?
私なら、育ててくれたお祖母さんが望むことなら、感謝の気持ちも込めてお願いしようかな〜と思いますが・・・(まーさん)ななさんの気持ちわかりますよー。
でも私だったらお祖母さんに着付けして欲しいな〜!

お祖母さん、ななさんの花嫁衣裳の着付けを夢見てたんじゃないかな?
それをかたくなに拒否されたら、それこそ売り言葉に買い言葉で
出席しない!って言いたくなります。
特に年齢を重ねれば重ねる程頑固になりますから、一度言ったらあとに引けないんだと思いますよ。

素敵な思い出になると思いますけどね。
挙式後、その衣裳のまま披露宴に最初出て、入場の際司会者の方に「新婦のお婆さまが着付けをなさいました」と
一言言ってもらうだけでもイイ演出になると思いますし!
着付けをしてもらってる所を誰かに頼んで写真を撮って、お婆さまに写真をプレゼントしてあげるのも素敵じゃないですか?

まゆさんも仰ってますが、挙式の時だけ着付けしてもらうとかどうですか?
(挙式だけで後は他の方に…となれば、式場側にそれができるか相談した方がいいですよ。)(桜幸さん)>入場の際司会者の方に「新婦のお婆さまが着付けをなさいました」と一言言ってもらうだけでもイイ演出になると思いますし!
>着付けをしてもらってる所を誰かに頼んで写真を撮って、お婆さまに写真をプレゼントしてあげるのも素敵じゃないですか?

まーさん、ナイスアイデア!!
出席者からみても「お祖母様が着付けなさいました」なんて聞いたら「おぉぉ!!」と思うし、家族の絆というか、あったかいものを感じますね。
着付けしてもらってる所の写真なんてすっごい素敵だと思います。きっとななさんにとってもお祖母さんにとってもいい思い出になると思います。いいなぁ。

なんか、そういうことが出来るカモ!?なんて思うとすごく羨ましくなりました〜^^(まろん☆さん)私もお婆様の気持ちを汲んであげるのが一番と思います。
ななさんの「お客様として座ってみて欲しい」って気持ちも優しいと思いますが、大事な孫娘の花嫁姿を自ら着付けたいって気持ち、ステキじゃないですか。

まーさんのアイディア、すてきです〜。私もとってもうらやましいですよ!!(まーさん)アイディアに絶賛いただきありがとうございます(汗)。思いのほかビックリしました。

実は、似たような事したんですよ。
私が挙式で来た黒引きは、義母のお母さんが花嫁衣裳で着たもの。
それを知らずに義母は他の着物で挙式。
義母のお母さんが亡くなった後に黒引きを発見して、「是非着て欲しい」って言われたんです。
私自身義母の気持ちが伝わったのと、黒引き着たかったというのもあって快く引き受けました。
(とても綺麗に保存してあって、生地に痛みがなかったんですよ)
そして、写真ですが私の母が黒引きの着付けを撮影してくれたんです。
(母も着付けを頼んでいたのもあって近くにいたんです)
披露宴の入場の時、司会者の方に頼んで「新郎の母方のお祖母さまが、60年程前に挙式でお召しになったお着物です。」
と言うような事を言ってもらったんですよ。(ななさん)みなさん、ありがとうございます。
チョッと説明不足な部分があったようで、申し訳ありません。

まず、挙式のみ祖母に着付けてもらうという件ですが、私たちは、2人だけで、イタリアで挙式をして、帰国後の披露宴なんです。なので、それは無理なんです。

祖母とは、以前から、いろいろともめていたんです。それが、結婚が決まってエスカレートしています。
もちろん、みなさんが仰るとおり、職人としてのプライドや、育ててきた想い等、あると思い、私も、始めは祖母に着付けなど、美容関係はすべてお願いするつもりでした。
しかし、彼のお母様も美容師で、披露宴会場の指定店になっているため、彼のお母様の美容室にお願いするのがいいんじゃないかって事になったんです。
といっても、彼のお母様は、席にいらっしゃるので、従業員の方が、着付けを担当する事になると思うんですが。
祖母は、それが納得いかないようです。
祖母は、彼のお母様にライバル意識を持っているように感じます。
結婚が決まったときだって、美容師をやっている親の子どもなんて・・・と言っていたんです。自分が美容師なのに・・・
何を相談しても、全て否定的なことしか言われず、何をやっても文句しか言いません。

最初は、披露宴の演出で、お色直しの退場のときには、祖母と一緒に退場して、着付けをしてもらって・・・
と、私なりに、祖母に今までの感謝の気持ちをどう表そうかと、考えたりもしていたんですが・・・

それに、祖母は父のことが嫌いで、父方の祖父母、親戚が出席することも気に入りません。
父方の祖父母や出席するなら、自分は出席しなくてもいいだろうって・・・そんなの、私にしてみれば、祖母のわがままとしか思えないんです。

話が前後しますが、祖母は、母や叔母の結婚式でも、着付けをしていたようです。それはそれで、思い出だと言っていますが、母としての役割は一切やらなかったそうです。(相手のご両親や、親戚、来賓等への挨拶など)とても、はずかしかったと言っています。
祖母は、他人に頭を下げるのが嫌いなのだと思います。

自分の育ての親でもある祖母の事を悪く言うのは自分でも嫌な気持ちになりますが・・・
母は、この前の祖母の言動で、完全に祖母を拒否してしまうし、私も、自分自身で、祖母に対する気持ちが、揺れ動いています。
 (まろん☆さん)ななさんはおばあさまに出席してほしいのですよね?
着付けを出来るなら出席したいっておっしゃってるのなら、お義母様にはうまく話してお婆様にしていただくようにされたらいいのに、って思いました。
お義母様は「お婆様が孫娘の着付けをしたい」って気持ち、絶対わかってくれると思うし、ほほえましくおもってくれると思いますよ。
今までや今回の結婚にもいろんな事があったようですが、ななさんがお婆様に出席してほしいと思われてるなら、ここは折れてお婆様のわがまま聞いてあげていいんじゃないでしょうか。
お年を召してくるとわがままになってくると思います。
でも、かわいい孫娘の花嫁姿を見たいと思われてると思います。(PEPEさん)お母様とで、ご祖母様が欠席で良しとしようと結論が出されたのなら、それで良いと思います。
自分の身内だけの問題なら構いませんが、もしお相手の方々に迷惑をかけてしまったら・・と考えると心配ですから私なら避けると思います。お相手にお願いして着付けさせてもらうとして、ご祖母様がお相手に失礼な発言や態度を取ることも予測されますよね。
お辛いでしょうけどね・・・、仕方が無いと思いますよ。

ご祖母様のこと、いろいろと感謝されてることと思います。でも人間ですし、欠点もあります。全部含めてその人ですから。今回は残念ですが、両家たくさんの人が集まる儀式を円滑に行うことを最優先で良いと思います。
「披露宴を欠席=今までの感謝すべきことも全否定」というわけではないので、ご自分を責めたりしないでくださいね。

rectangle 広告

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする