BBSより転載

♥はなさん)初めて書き込みさせてもらいます。
今年11月に挙式予定で、先月結納も終わり、一段落した所なのですが…
先日叔母が癌で余命3〜4ヶ月であると告知をうけ、挙式日の変更をすべきかどうか悩んでいます。もしもの事を考えると、早めるべきで、お世話になった叔母なので式にも出席してもらう予定ではいるのですが…
彼に相談しても、その時はその時でしょうがない、簡単に挙式日の変更は出来ないよと言われました。
ですが、式直前にもしものことがあって、心から幸せな気持ちで自分の身内(自分も含め)が式に出席出来るかと考えると複雑な気持ちです。結婚はしたいです、でも周りの状況、表情から今はとても喜んで結婚の話題を話せる状況ではないし辛いです。
やっぱり挙式日の変更を検討すべきでしょうか?
アドバイスお願いします。(さ・いらさん)お辛いですね。

式を早めるのはひとつの方法かと思いますが、もしかして叔母様がその時に
体調が優れない場合もありますよね。結婚式って結構気も遣いますし、
体力も要ると思います。

ドレスをレンタルして、叔母様のために一緒に写真撮影と、家族だけのお食事会を
開くのはどうでしょうか。(披露宴とは別の日程で)
楽しいひと時を過ごせば、叔母様も治療の励みになるのではないかと
感じました。

式の日取りを動かせるに越したことはないと思いますが、叔母様も
気を遣わず楽しいひと時を過ごしてもらうのが一番ではないかと
感じました。希望と違うレスであったらすみません。(はなさん)
お返事ありがとうございます。
なるほど!というご意見を頂きありがたく感じました
叔母は遠方に住んでおり、なかなか頻繁に様子を見に行けないのですが、彼にもまだ会ったことがないので、近いうちに一緒にお見舞いに行こうかと思います。式に出られなくても、それだけで少しでも楽しいひと時を過ごしてもらえるかなと思いました。
ただ本人は余命を知らないので、ドレス姿は見せられない可能性の方が高いかも知れません。(前撮りも9月末なので…)早めに見せに行ったりすると不信に思われますよね…(まーさん)叔母さまの事を考えられると心が痛みますね。

彼とお見舞いに行く事、良い提案だと思います。
その時に一緒に写真を撮られたらいかがですか?
病室で撮影っていうのが、切り出しにくいと思うのですが、
今なら普段カメラ(デジカメとか)を持ち歩いてる人多いし、病室を出ても大丈夫なら、
屋上で撮られたりしてもいいかな?と思ったり。
天気が良ければ「眺めもいいし、写真撮らない?」って切り出しやすそうな気もします。

ドレス姿ではなくても、はなさんとの写真ってところに「意味」があるように思います。
(彼との3ショットでもいいかもしれませんね)
写真立てに入れて差し上げてください。きっと喜んでくれると思いますよ。(みんみさん)私も似たような状況でした。叔父が末期でいつまでもつかわからない。でも、本人には別の病名で入院してもらってました。
 結婚式の時期は本当に迷いましたが、彼の希望・彼の両親の希望を考えるとこちらの都合で延期・時期を早めると言う
事は言いにくかったです。すごく悩みましたが私の両親が
「とにかくどんな状況になっても娘の式を優先する」と決断してくれたのでそのまま進めていきました。叔父を一人で面倒みていた私の母は、娘の結婚式の準備に時間がとれない。いざとなっても叔父に十分な事ができないかもしれないと、本当につらかったと思います。でも決断してくれた両親には本当に感謝してます。
 私にできる事と言ったら叔父に「私の結婚式までにちゃんと治してよ。席を準備してまってるんだから」と叔父を励ましました。叔父も私からの電話を喜んでくれてました。
 はなさんのご両親はどうお考えですか。ご両親の考えも参考にされればいいと思います。ご両親さんなら彼の家族の事、はなさんお二人の事、おば様の事を考えて相談に乗ってくれると思います。
 そしてさ・いら さんのおっしゃる通りおば様を一杯元気付けてあげて下さい。
 アドバイスになってなくてすみませんが頑張って下さい!
 (はなさん)ありがとうございます。
叔母は(入院、手術の甲斐なく…)現在在宅治療に入ったため写真等、撮り易い状況です。デジカメももってるので、励みにもなるよう写真をプレゼントしようと思います。
式場のパンフやドレス試着時の写真も持参してもよいかも…とまーさんのお返事を読ませて頂いてから思いました。一人で考えていると視野が狭くなるものですね。
友人に相談しても「式を早めるのが当然だよ」といわれる事が大半で(独身の人が多いからかもしれませんが)、どうしたらいいか悩んでいました。でもここで皆さんにご意見をもらって、元気がでました。(はなさん)お返事ありがとうございます。
母が余命を知った時、「前撮りや式がもっと早かったら間に合ったし、良かったな」と言っているのを聞いてしまいました。
その後に「一度式や前撮り日の変更を考えようかな」といったのですが、「自分の両親でもないのに延期や早めるのも…そんなことを言っているといつまでも結婚できないよ」と叱られました。
しかしそうは言っても、親も含めて、周りは気が気じゃない、放心状態と言った感じでこのまま話を進めて良いものか戸惑うことが多いです。一人だけ幸せな顔もできないし、でも相手のあることで日に日に話を進めたり、いろんな事を決めたりしなくちゃいけないて
今は、そのまま進めるのが一番良いのではと思っています(さ・いらさん)試着時の写真、良いと思います。彼さんと一緒に写っている写真だと
喜ばれるのではないでしょうか。

在宅で療養されているのですね。
でしたら、お家に出向いて婚約指輪などを見せてあげたりお庭で写真撮ったり
外出できるようなら彼さんと3人でお食事をしたり、ケーキを
持参してプチパーティーを開いたり・・・叔母様の喜びそうな
ことを考えてみるのはどうでしょうか。

披露宴の準備を2〜3ヶ月でするのはかなり大変な事ですし、
そうなるとはなさん自身の余裕がなくなって当日もやはり他のゲストも
いらっしゃいますから肝心な叔母様を気遣う暇がなくなるのではないかな?
というのが自分が披露宴をやってみて正直な感想です。

お母様とよく話し合って決められたら・・・と思いますよ。(はなさん)さ・いらさん
ありがとうございます。色んなこと、自分にできる精一杯のことをやってみたいと思います。これから式の準備を進めていく中で
色々悩んでまたこちらでお世話になると思いますが、その時はよろしくお願いします☆(はなさん)ありがとうございました
これからもよろしくおねがいします☆

rectangle 広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする