結婚後の預金ってどうされていますか?ーBBSより転載

♥あこさん
またまた質問させてくださいね!!結婚されたかたに教えていただきたいです!!
皆さん結婚後の預金ってどうされていますか?彼は私のお給料と自分のお給料は一括で同じ銀行に彼名義で預金すればよいといいます。そうすれば、そこから家賃やら水光熱費、生活費などすべて出せるので分かりやすいといいます。しかし、私は自分も働いていますし、自分の給料は自分の口座にいれ生活費や家賃やら、家賃は彼、水光熱費は私・・・などと分けたいと考えています。
私の実家では自分名義の通帳を持っていたほうが良い!!と言って来ますが、彼のご両親は一つで言いと言っているそうです。こんな事いちいち親に相談しなくても・・・と思ってしまいましたが、彼はわからないことは誰かに聞くべきだと聞いてしまいました。
なんだか、私が結婚したのに一つの通帳じゃ嫌だとダダをこねているように聞こえないかな〜と心配になってしまいました。何故?って分かりませんが、自分の働いた分は自分の通帳に入れたいな〜と思うのはおかしいですか?働かなくなったら一つでもいいかな?とは思いますが・・・
変な話、離婚したときとか、もろもろの事情で名義が一つじゃない方がいいのでは?とも思ってしまいます。どなかた詳しい方がいらっしゃったら教えていただきたいんですが・・・
不勉強で申し訳ありませんがお願いします。

詳しいわけではないのですが・・・
うちは、家賃、光熱費、水道・ガス、駐車場代は彼で、生活費は私。通帳はそれぞれ持っています。
彼は結婚したら一つの通帳になるのがちょっとした夢?だったみたいで、お給料を渡して私がお小遣い分を再度渡す方法が良かったみたいですね。名義は私でいいから一つにしたいと言われました。
でも、私は、自分のお金は自分で管理したほうがむしろわかりやすいし、今後マンションを購入する際、二人で支払ったという証明も欲しかったので、分けてもらうことにしました。
それに、自分が働いたお金がわかりやすく目に見える形にしたいという気持ちってありますよね。
話はそれますが、「彼のわからないことは誰かに聞く」というのは少し違うかなと思いました。夫婦間の決め事は正しい方法などはなく、自分たちが決めていくことだと思います。参考にするという程度であればいいのですが・・・ちょっと気になりました。。(かすみさん)

こちらのHPではいろいろお勉強させていただいています。
私はまだ未婚なのですが、彼との交際費はそれぞれ、月々いくら・・・と金額を決めて、共通のお財布に収めています。足りなくなった場合も、両方が同じ金額を共通お財布に収めます。交際費以外については各自のお金ということで、それぞれ管理しています。来年結婚予定なのですが、結婚後も共働きの予定なので、このスタイルを続けていこうかと思います。
これと、似た感じになるかと思いますが、今持っているどちらかの口座で管理されるのではなく、新しく共通口座を作られたらどうでしょうか?郵便局や銀行で、家族用キャッシュカードというのが作れます。会社によっては、指定口座A,Bというように2箇所にお給料振込みできるところもありますし(私の彼の会社では可能です)銀行口座や、郵便局口座から、出し入れ自由な金額指定積み立てサービスなどもありますので、ご興味がおありでしたら、お取引されている銀行などで聞かれてみると良いかと思います。
余談ですが私も、結婚費用を共通口座使ってためようかと計画中です。旅行代とか・・・。最初からないと思えばためやすいですもんね。給料明細が多少悲しいことにはなりますけど(^^;)(こまめさん)

横レスですみません・・・
こまめさんに教えていただきたいんですけど、共通口座の名義って連名になるのでしょうか?もし連名が可能なら・・・貯蓄用口座として、とても興味があるので教えてください。(かすみさん)

>変な話、離婚したときとか、もろもろの事情で名義が一つじゃない方がいいのでは?とも思ってしまいます。通帳の持ち主が亡くなったときに一旦口座は閉鎖されてしまい、すぐに必要な経費が下ろせなくなるためと聞いたことがあります。ATMでは下ろせるとの情報もありますが・・・。(詳しくはわかりません。ごめんなさいね。)
うちは自分・夫・共有(夫名義)の3つです。毎月同額を共有口座に振り込んで生活を賄い、貯蓄はそれぞれが管理しています。(りかさん)

こんにちは。私はまだ入籍していませんがすでに一緒に生活しています。通帳は別々で彼の収入ですべて支出し、私のお小遣いもでてます。私の収入はすべて、別で作った通帳へ預け、貯蓄としています。ぎりぎりでやっているので、それぞれの通帳にあまりがでることはありません。二人で購入するものなどは、貯蓄通帳から出しています。
あこさんはこういうやり方ではなく、必要分だけを出し合って、残りはそれぞれのもの。としたいのでしょうか?貯蓄などもされていくのでしたらある程度はまとめた方がいいかもしれませんね。こまめさんのおっしゃるとおり、口座を別で作られたらいいと思います。そこに決まった額をそれぞれいれ、必要経費はそこから落ち、定額として貯蓄もし、お給料-決まった入金額をご自身のお金とされてはどうですか?二人の貯蓄をふやせば個人分は減るし、個人分をとりたい場合は二人の貯蓄が減ります。数年後までの計画なども踏まえて、お二人で決めていかれたらいいと思いますよ。誰かに決めてもらったりするものではないと思います!(まろん☆さん)

>かすみさん
海外の銀行は連名が可能みたいですが、日本国内は連名でつけられるサービスは少ないみたいですね。。ちょっと調べてみましたがわかりませんでした。ごめんなさい。正確なところは直接お問い合わせされたほうが良いと思います。
妹が以前、個人で劇団をやっていて、郵便局に劇団名で口座を開設していました。この場合、団体名+代表者名などになったかと思いますが、郵便局では、代表者の所在地や連絡先がしっかりしていたら、口座名は割りと自由がきいた覚えがあります。ですので、「日本太郎 日本花子」みたいなことは可能じゃないかと思います。(この場合、代表は日本花子さんになると思います)しかし、5年以上前のことですし、最近は流行中の詐欺事件の関係で、架空の団体に関する口座開設が厳しくなっているようですので、これも直接確認されたほうが良いと思います。
私は、彼か私のどちらかの名義で、代理人キャッシュカードを作成して利用しようかと思っていました。郵便局で、原則1口座につき2枚キャッシュカードが作れます。(本人用と、代理人カード)すでに郵便局に口座がある場合は、ボランティア貯金にされると良いかと思います。郵便局で作るつもりだったので、銀行のほうはあまり詳しくないです・・・。あまりお役に立てなくてすみません。
あこさん、横にそれてしまってすみませんでした。m(_ _)mだんな様とよく話し合って、お二人にとって良い方法を探してくださいね。(こまめさん)

うちは結婚前も後も、変わらず別々です。どちらかが、何かを払えば、後で請求します。別に問題ないです。
二人のを作ると、何かと面倒だと思う。。女性が、生活道具、例えばお鍋とかを必要だからと勝手に買って、それを二人のためのものだから、、と勝手にお金使っちゃうのも腑に落ちないだろうし、男性にとっても同じ事が言えると思いますから。
これ以上「決めごと」を作るのは嫌なので、お互いが、お互いを尊重して、いくら結婚したとしても、個は個であると認めているので、うちは別々です。主人の貯金の額も知りません。。。。(芽衣さん)

うちはりかさんと同じ方法ですね。さらにそれぞれ以前から持ってる貯蓄用口座もあり、(今はへそくり用)さらに旦那名義の共通貯蓄用口座があります。もともと目的別に細かく口座を分けて使っていたので、別に苦ではないです。ちょっとした消耗品など必要なものはお互い自分のポケットマネーから出したり、そんなにきっちりもしてないですね。参考程度に人の意見を聞かれるのは良いでしょうが、皆さんも言われるように2人にとってベストな方法を話し合われたら良いと思います。自分達なりでいいんですから。(かなさん)

うち場合は・・・全部折半です。給料が出たら、二人とも振り込まれた口座から一旦全て現金で引き出して来て、まず一緒にします。前月からの食費等の必要経費のレシートを合計して立て替えてた者に返し、さらに光熱費、家賃、貯蓄分、各々の小遣い等を振り分けます。光熱費や家賃の自動払い込み通帳は主人の名義ですが、貯蓄用の通帳は2人それぞれの名義で同額ずつ入れてます。最初は少し面倒臭かったけど、「今月は食費がちょっとかさんじゃったね。」とか2人で反省できたりして慣れればメリットも多いです。
>自分の働いた分は自分の通帳に入れたいな〜と思うのはおかしいですか?おかしくないと思います。むしろそう思う方の方が多いのでは?ただ2人の給料の金額差によっては、毎月の負担額への配慮が必要ですよね。(すみみさん)

りかさんの>通帳の持ち主が亡くなったときに一旦口座は閉鎖されてしまい、すぐに必要な経費が下ろせなくなるためと聞いたことがあります。ATMでは下ろせるとの情報もありますが・・・。(詳しくはわかりません。ごめんなさいね。) 銀行側は「亡くなった」と報告を受けると口座を全て閉鎖しなければいけないので、そうなるとしばらく困ってしまう!!ようなら、ぶっちゃけ報告する前にキャッシュカードで出せるだけ出しておくのが賢明だということだと思います
共働きであれば、所得税の控除の面では、それぞれの口座を持ち、保険は別々に支払う方が賢いかも 一般生命保険の控除は、保険料10万円以上で控除額一律5万です二人で年間20万円掛けたとして、支払者を全部夫にしてしまうと、夫の所得から5万円を控除するのみとなりますが、支払を夫婦で10万ずつ分けておくと、夫5万、妻も5万の控除を受けられます個人年金保険も損害保険も、複数掛けておられる場合は分けた方が賢いと思います
これから住宅を購入し、尚且つ妻が向こう8年ぐらい退職する予定が無いのなら、住宅ローンも名義を分けると、それぞれが住宅ローン控除を受けられます私は何も考えずに、夫名義で住宅ローンを組んだのですが、住宅ローン控除や生命保険の控除をあわせると25万円ぐらい戻るはずなのに、夫の会社が不景気で年収が下がりそもそも税金を13万ぐらいしか払っていないので12万の大損です(号泣)
離婚対策は。。。。考えてないですけどお金にしても物にしても所有者はハッキリ分けておく方がいいらしいですね(苦笑)(PEPEさん)

うちは、結婚と同時に主人の銀行口座を新しく作り、そこから通常の生活に必要な引き落とし等をしています。主人の給料は、全部いただいてとりあえず、主人の給料でやりくりをし、わたしの給料は貯蓄(主人名義)でしています。主人に任せていると、うちの場合、貯蓄にまわりそうにないです。^_^;
2人ともおこずかい制にしているのですが、わたしのほうがお金を握っているため、へそくり等はラクかもしれません。(まだ、へそくりをするような気持ちの余裕がないのですが)
離婚対策ですか。。。わたしの友人で、奥様に給与等すべてまかせておいたら(彼は自営業)、彼女が離婚をする準備として自分の口座に多額のお金を移していたということがありました。びっくりしたのですが、そういうのも危機を感じたらありなのかな。
あこさんと旦那さまが納得できる方法が一番じゃないでしょうか。うちは、同じ目標(一戸建てを購入)を持っているので、買うまでは主人の口座で貯金すればいいやと思っています。(きよさん)

こまめさん>ありがとうございました。やっぱり連名は難しそうですね・・・私のように夫婦となったから連名にできないかなと考えるユーザーはけっこういると思うんですけどね。。もう少し調べてみます。
あこさん、横レス失礼いたしました。(かすみさん)

PEPEさん補足ありがとうございます。(りかさん)

rectangle 広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする