BBSより転載

♥ハナさん)これから結婚をお控えの方や、相手との関係に不安をお持ちの方々のページですが、読んでいて私も投稿したくなりました。

私は27歳独身で、付き合っている彼はいません。
しかし歳のせいか、現在の仕事のせいか、紹介や好意を伝えてくる人はたえず、好条件の方が多くいます。でもなぜか付き合うことからすらできていません。
過去にも大学卒業して社会人になってから、本当に好きだと感じる人と出会うこともなく5年が経っていました。
もともと慎重で冷静な性格のため、本当にこのいい年代を一人で過ごしていました。
しかし、ある日(先月)、出会いがありました。
私はある会社で秘書をしているのですが、そこでとても素敵な人がお客様としてやってきました。一目ぼれなんてないと思っていましたが本当に私の理想を形にしたような人でした。好みの人か、職業がしっかりしていて温厚な人かと問われたら私は職業(生活の安定)を求めていました。
それが、外見も好みで職業も花形で知性もあり、少し話しただけで楽しく、趣味も同じサーフィンという偶然。
その彼は県外から出張でやってくるのですが、ある日古くからの私の友人から電話がかかってきて、友人と同席していた相手がなんとその彼だったのです。
彼は「担当の会社に、とてもタイプの人がいるんだ」と職場で話していた所、私の友人が「その銀行だったら友達がいるわよ」と写メを見せたところ、それが私だったということです。
その電話で私達は挨拶をし、その翌週職場でお会いした時に機会があったら食事に、と誘われました。
数日後、彼と食事にいったのですが、彼が話出したことは意外なことで。
彼は半年前に入籍し、再来月に披露宴を控えているということでした。
しかし彼は奥さんとケンカばかりで、価値観が違うのが決定的で、煙草はやめてくれと(子供ができたら大変だから)、頼んでも聞かないし、気持ちは全く無い。人生は一度だから悔いのない、思い通りの人生にしたいんだ。あなたに会ってからずっと考えていた。今からでも別れの電話してもいい。だから僕とよろしく願いたい・・・  
ほぼ初対面の人にこんなに言われるとは思わず、面食らいました。本当にタイプだったのと同時に「残念・・・」という気持ちがありました。だって幼稚ですよね。入籍したのはあなたの意思もあるんではないの?と聞いたのですが「双方の両親と彼女にせかされたし、そんなに好きな人ともであったこともないからそんなもんかと思って」だそう。
気持ちはわかるけれど、それは伴う責任を考えてたの?と。

それから一週間後、彼は奥さんに「好きな人ができた」といい、奥さんは出て行き、さらに彼はダンボールに奥さんの荷物を詰めて奥さんの実家に送りつけたということを聞きました。
そして土日、私が住んでいる所に急にやってきてずっと二人で話しました。

彼はオクテで照れ屋な私に比べて非常に情熱的でストレートで、私は羨ましさと、理想的な男性にそのように言われることに心地よさを感じていました。
二人とも、お互いの関係(結婚している立場)だけは理性的でいて、身体の深い関係にならなかったのは今となっては良かったと思います(本当にお互い、恋の感覚がこんな素晴らしいものだったのかと知り、それを語って一晩同じ部屋にいましたから)。

学生の恋愛と違い、私くらいの年齢になってくると恋をするにも条件や制約が伴うことは、私は人一倍考えていました。
なのに、この人とならば乗り越えられると根拠もなしに、彼の存在だけで思い込んでしまったのです。

翌週末、彼は実家の東京に帰り、奥さんの側の両親や、自分の親戚へ、話をしに行きました。
私は「俺の問題が片付くまで、もうしばらく無菌室にいて(誰かと付き合わないでという意味のよう)待っていてね」といわれ、そんな心配はないと思って二日間待っていました。

結果は彼が思っていたどころではなく、彼の周りのあらゆる人から猛反対をうけ(そりゃそうですよね・・・式は一ヶ月前になってたらしいし)、彼曰く「どうしようもない力があり」お互いの両親マターになっているということ。
最後まで自分の気持ちを伝えたが・・・と言われました。
彼はすごく憔悴しきっていました。

私は、彼の話しか聞かないので先入観で離婚はすぐにできる、三組に一組は離婚しているんだよ、等を鵜呑みとまではいかなくても「お互い別れるという結論が出ればいいんじゃないか」と思っていました。
ところが彼以外は、離婚なんてとんでもない!!どんな女とつきあってるんだ! という思いで。

翌々日、彼から「○○さん(私)とは、難しい結果になってしまいました、申し訳ない」とのメールがきました。私はその瞬間に「本当に好きでした。さようなら」と返信。
つらかったのは分かるけれど、メールかい・・・という感じで。
その後、男泣きをしている彼からの電話があったのですが・・・。

お付き合いという関係は持っていなかったし、私は離婚を自分から強要することはどうしたってやろうとは思わなかったんです。そんなドロドロは自尊心の高い私には耐えられないと思った。だけど、「披露宴一ヶ月前の奥さんと離婚しに」行った彼を「頑張ってor待ってる」といわなかったにしろ、静観し、もし本当に離婚したならばこの人と一緒になりたいと私は思っていました。計算高いけれど・・・
前出の友人は、「二人がこんなに盛り上がるとは思わなかった、○○君もそんな人とは思わなかった、ついていけないし反対だ。」といっていて、さようならした後のメールでは「戸籍に傷はつかなくても、奥さんの心には一生しこりが残ると思う。あなたの格が落ちるよ、そんな話に乗っちゃって。」というコメント。確かにそうです。
奥さんだけではなく、奥さんの両親も、そんな婿は信用ならないと思うのが通常です。

私は結婚は二人中心だと思っていたけれど、お互いの両親や親戚の協力や賛成がないと幸せでないんだと思いました。
3週間という短い時間ではあったけれどこんな理想的な彼と恋に落ちたことは私の人生で衝撃的で、かつ失ったことに対する喪失感は今までに無かったことでした。しかし彼の短絡的な行動のわりに挫折(周りの強い反対)にあっさり挫かれたという意外な所も見せられ、逆に良かったのかもしれないとも思いました。そういう状況で離婚を言いにいったのならば、反対されることは予想されていたであろうに反対がひどかったから諦めたというのは・・・?
入籍した経緯といい、離婚を思い出したことといい、もとはと言えば彼。自分の行動と責任が伴っていない人というのに、さよならして凹みにへこんだ一ヵ月後、やっと冷静にみることができてきました。

もし、私がそんな目にあったら・・・

奥さんのことは、どんな人かもしらないし、聞こうとも思わなかったけれど、私がうてあっていなければ、ケンカはたえなくてもこんな決定打はなかったのに。
私は、その三週間のあいだ、その恋に浮かれていて現実を見ていなかった。彼は離婚したら私と結婚する気でいたけれどそうならなくてよかったのかもしれない。パーフェクトマンと思っていたけれどそんなことなかったようで。

こちらのページを読ませていただいたとき、奥さん側の方の立場が多かったので本当に参考になりました。
やはり、式の前はケンカが増えるみたいですね。
その彼も、奥さんとは4年付き合って入籍していたそうだから本当に嫌な相手だったら入籍はしなかったはず。
式が近づくにつれ、準備等で時間もなく、仕事も忙しく、そして自分の好みの女性がいた。俺の人生やり直すなら今?
みたいな気持ちになったんじゃないかしら。
私の立場からいわせてもらえば、そんなぎりぎりの極限状態から発生した関係は信用できない。(そのときは私は盛り上がってしまいましたが・・・)
こんな感じで破棄になったりしてしまうと思うと切なくなります。

私は嫉妬とか、そういう感情が好きではないし、もともとそういう意味では男らしい性格なんです。おかしいと思ったらやめる、筋が通らなかったら情に負けないようにする。
そんな私でも直後は「惜しい〜〜あんな人また現れないような気がする〜なんで結婚してたのよー」と猛烈に凹みました。一ヶ月経ってからやっと今のように書けますが・・・

女性にも男性にも、自分の人生がこれで決定する節目を目前にすると、自分の気持ちが不安定になる人はいるんですね。そういう立場にならないと分かりませんが、それは自分の責任とけじめと、相手への思いやりが問われる場だと思います。
色々ととめどなくかいていますが、彼の奥さん、式はそりゃあもうしないといけないと思いますが・・・
今回のことで彼(夫)の本当の姿が見えてしまって、一生どうしようと思ってると思います。それでも彼を好きだったらいいんだけど・・・私だったらバッサリ切ります。大人げないと思いますが。でも結婚って、こういうことを赦しあって、克服し合って乗り越えていくものなのかなぁとも思います。

皆さんとは全く立場が違って(「既婚者なんて、私に声かけないでください」といえば私に非は全く無いと言い張れますが・・・いかんせん「恋」におちてしまったんですその時。冷静すぎるといわれる私がこんなことになるとはって感じでした)、「悪い」方の話をさせていただきました、不愉快と思う方多数でしょうが、すみません。でも本当にいろんなことを考えました。そして今となってはこれからの勉強となったといいたいんです。なんらかの悩みがある、結婚前、新婚の方、こういう男性の心境を例の一つとして読んでいただきたくて書きました。(さ・いらさん)こんにちは。
既婚ですが、独身の時ハナさんと同じような経験がありますよ。
相手が婚約中、結婚2ヵ月前ぐらいだったと思いますが同じような状況で
熱烈アタックをされました。私は拒みましたがやはり相手がかなりタイプだったため
半分のめり込みそうになりましたが、周りの友達の献身なる?説得のおかげで
ある程度踏みとどまる事ができました。周りは『男のマリッジブルーじゃないか』
とか言われましたけどね。ただ、今思うと彼に足りなかったものは『信用』ですかね。
山本文緒の著書、「結婚願望」を読んだ時にあ〜なるほどって思いましたが
結婚って恋愛感情が覚めてからどう向き合えるか・・ってところありますから
私もあのまま彼の元に行っていたらすぐ別れていたかも・・と思っています。

あと、一緒に暮らしだしての1〜2ヵ月って喧嘩が増えますから、そこで
どう向き合うか・・相手に対する姿勢にもよるのかな? 周りの説得で彼はそれに気付いたのかも知れませんね。

賢明なハナさんの事ですからこの経験を今後に生かされるのではないでしょうか。
意外と周りを見渡せばイイ男性は沢山いるかも・・ってお節介ですけどね。(ハナさん)「結婚願望」山本文緒さんの本、すごく読みたいと思いました、ありがとうございます!
そして、さ・いらさんのお話をきいて、やっぱり良かったぁ・・・と思えました。
周囲の意見も本当に大事ですよね・・・。

ほんと、好み〜っていう人と殆ど初めて会ったから断ち切るのは大変でした。
今後の経験に絶対生かさないと!!ですね。(匿名さん)最後まで拝見させていただきました。一言失礼致します。

私は近々結婚式を挙げる予定になっています。

世の中にはハナさんのような経験をされた方、また相手の奥さんの立場になっている方はたくさんいらっしゃると思いますし、
現実の話として捕らえているつもりですが、こういう形で告白されると不安を感じてしまいます。
自分が弱いのかもしれませんし、結婚前で敏感になっているのかもしれません。
ただ、こういった立場のものもいるということを知っていただき
Freeの方へ書き込みされるなどの配慮をしていただくと、うれしいです。

きつい言い方になってしまったかもしれません。お気に触りましたらすみません。
又、こういった意見を匿名で書かせていただくことをお許し下さい。(こんなことが…さん)以前こちらでお世話になった者です。
私はハナさんの言う、彼の立場の人間でした。
入籍して、式直前にもまだ離婚したいと考えていたふとどき者です。実際、夫に対する不満もありますが、今は結婚してよかったと思っています。その時に惚れた彼(立場的にはハナさん)に会いたくなる気持ちが現在も残ってはいますが、それはやはり恋なんです。
完全に自分のタイプだったかもしれません。でもやっぱりその人に恋はしていたのですが、それよりも恋に恋していて、精神的な不安が一番だったかと。
そこを乗りきれる強い男性もいます。そして私の夫のようにこんな私をあいしてくれる男性もいます。
愛も結婚もそれぞれの立場があるので、相手を思いやることは本当に大事だと思います。
ハナさんはキチンとされた方だと思いますし、きっと幸せになれる人だと思います。今回はハナさんの人生の中で神様がくれた一つの試練だったのでしょう。これから幸せになっていくための課題。
匿名さん、私が言うのはおこがましいですが、色んな人間がいます。でも、最後は自分の愛した人。自分が選んだ人。自分自身の愛を信じて下さい。お幸せに。

人ごとに感じられなくてつい書きこんでしまいました。(keroさん)私は旦那と燃え上がってたので、他には目もかけずに済みました(今では寄ってきませんが・・・)。

ご自分の欠点は良く解ってらっしゃいますね。
不謹慎ですが、私は彼に問題を丸投げしないで、渦中にちゃんと入っていたら、
もっと一皮向けたんじゃないかな?という印象を持ちました。
そこまで思ってたのなら、奥さんにののしられたり何なりしてみても良かったのかも?と。
(この男に価値があるかどうかは別として)

私はその奥さんの立場になりますが、苦しいけど、道を選んで乗り越えるしかないんです。
乗り越えるんなら、とことんやったほうが踏ん切りがつく。そう思います。

rectangle 広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする