BBSより転載

♥りんさん)こんにちは。11月に挙式予定です。
今、彼の実家とのお付き合いの方法について悩んでいます。
私は関西出身、彼は九州出身なのですが、式の準備などで彼のご両親に電話で連絡をとっても、どうしても九州の言葉がわからず、うまくコミュニケーションがとれません。
電話では話すスピードも速くほとんどあいづちをうつしか出来ません。
きちんと顔をあわせると、話もお互い通じるのですが…
ついつい電話することから逃げたり、憂鬱になって疎遠になってしまってます。
お盆など、彼の実家に行っても、九州からでたことのない人ばかりでいつも孤独を感じてしまいます。都会と田舎は違うからね、都会の子は弱いと…比べられたりもしてすごく悲しいです

結婚前の今は、引き出物など各家で決めなければいけないことは、彼に連絡をとってもらっています。
でも、いつまでもこのままじゃいけないと思いますし…
姑さんは良い人で、うまくつきあっていきたいのですが、遠方にご両親がおられる方はどのようにコミュニケーションをとられていますか?
彼の実家に行っても、九州からでたことのない人ばかりでいつも孤独を感じてしまいます。(てんむすさん)一言で言うと「割り切りと距離も大切!」だと思います。
 
 私は隣の県に嫁ぎましたがそれでもわかんない言葉ありますよ。例えばネギを義母から貰うにしても「このネギこわいから」と言われました。「賞味期限が怖いんですね?」って聞き直したらかなり笑われました。こわいは「硬い」って事らしいです。お気楽な話をしてすみません。TVを見る感じだと会話のすべて字幕が入らないとわかんない事ありますよね。
 まずは、そんなにあせらない事です。今は彼さんに電話を頼んでもいいと思いますよ。この前まで会った事ない人が急に母になるんですもん。時間がかかる事は一杯あります。仲良くなりたい言う気持はすごく分かります。でも、その前に無理がたたって「拒否反応」が出てからでは今後苦労するのはりんさんです。

今は彼に極力電話をお願いし、一度彼からお母さんにりんさんの様子を伝えてもらってはどうですか?大切な事は「お母さん達と仲良くなりたい気持で一杯なんだけど」「りんも頑張ってるんだけど九州の言葉は始めてだからまだまだわかんない事が多いから、慣れるまでは電話ではゆーーっくり話してあげてくれる」「りんも早く俺達家族の一員になりたいって思ってる」って事を台本作ってでも彼に言わせる事!!
義母さんもきっとわかってくれますよ。

 お家にお邪魔した時に疎外感を感じるとは思いますが、これも時間がかかって当然ですよ。あせってはダメです。気楽に行きましょう(^^)大切なのは笑顔です!それだけで「いい娘さん」ってみんなわかってくれますよ。

 九州に限らず、新しい地域や家族に溶け込むって本当に大変な事ですから。慣れるまでは旅行の感覚で彼のご実家に帰ったらどうですか?帰った後は「九州を(九州弁を)満喫した!」くらいの気持で。

文章によると、彼の実家からは離れた所に新居を構えるように思うんですが、今は結婚式の準備・行事で九州に行かれる機会も多いと思うんですが、離れて住んでしまえば結婚しても実際に九州に帰るのは年に数回だと思います。その時だけ頑張ればいいんですよ。義母さんも優しそうな方だと思うので、焦らず気楽に、彼の協力を得ながら結婚の準備を進めて下さいね(^^)(りんさん)てんむすさんありがとうございます
いつも連絡するタイミングがわからなくて、結婚前ってどのくらい彼の親と連絡をとるものなんだろう…こんなのでいいのかとあせってばかりいました
ですがてんむすさんが言ってくださったように、焦らずゆっくりいい関係が築けるようにやっていこうかと思います
すごく励まされて涙がでました
ありがとうございます(さ・いらさん)こんにちは。締め後にすみません。

>結婚前ってどのくらい彼の親と連絡をとるものなんだろう…
>こんなのでいいのかとあせってばかりいました

私は結婚前は、ごく必要な事を確認する時ぐらいしか彼の実家とは連絡を取って
いませんでしたよ。後は彼に任せていましたが、これがまた全然(打ち合わせで)伝えておいてね、と
言った事を伝えてくれていなくて、苦労した覚えがあります。

関西と九州で言葉も違うし、りんさんよりも彼のお母さんの方が
まだ慣れていないと言うか、同族意識が強い方なのかも知れません、文章を見る限り。
でも、きっとりんさんなら『九州の子じゃないけどなかなか良い子だわ〜』とか
『一生懸命溶け込もうとしてくれてるのね〜』っていうことが
お義母さんに時間をかけて伝わって行くと思います。遅かれ早かれ
家族になっていくのですから、そんなに焦らなくても良いと思いますよ。
まずは、てんむすさんの仰るように年に数回帰省されると思いますが
その時だけがんばればいいのです。^^

なにより、彼さんの協力が必要だと思いますので、悩んだ時は彼さんに
打ち明けてみてくださいね。私も未だに義母から電話がある時は旦那の携帯直です。
私は楽で良いですけど(苦笑) 旦那にかかってきた電話を私が取ったりしてますけどね。

お式、がんばって下さいね。(りんさん)さ・いらさん
いつも助けてくださってありがとうございます

結婚雑誌などに、よく「結婚前から義母とは仲良く!」とか書いてあって、余計に悩みの種になりますね
彼は彼でわかってはくれるのですが、彼もほんと親と深く関わらない方で、何かない限り連絡なんかしません
今はそんなこと言ってられずしぶしぶ連絡をとってくれていますが…

ただ一番辛いのが、(義兄と10年交際後、結婚した)義姉さんも九州出身でいつも比べられるんです
「近くにいてくれるから嬉しい、遠いとなかなかね…○○さんの時は○○だったのにね」と言う風に…
遠いし、こちらはこちらで電話ではなかなかうまく気持ちが伝わらないので、手紙を書いたりして頑張ってるんだけどなぁ…と思ってしまいます
愚痴ってしまって申し訳ありません
でも結婚て難しいですねー、ホントに★(さ・いらさん)>彼もほんと親と深く関わらない方で

とありますが、やはりここはご主人にがんばってもらう他ないと思います。
りんさんが気にかけている事、悩んでいる事を義両親さんにきちんと
分かってもらうように彼から折を見て話をしてもらうか、
そういった場面になった時ははっきり言ってもらってはいかがでしょうか。

お義母さんも今のところなかなか一筋縄では行かない方のようですし、りんさんが
無理してがんばってしまっても益々疲れてしまいますよ。

家の義母は別け隔てなく接してくれる人ですが、やはり私も分からない事もあり
でも旦那が守ってくれるので安心しています。その代わりたまに旦那にダメだしされたりも
しますけどね。やはり義親との関係は、旦那次第です。りんさんには、何の落ち度もないのですから。(てんむすさん)その義姉さんは義母さんと同居されているのかどうかわかりませんが、差はついてもしょうがないと思いますよ。お兄さん夫婦の事を跡取り・自分の面倒をみてくれると思えば、いけない事ですが差はつけちゃうと思います。外孫より内孫の方がかわいいなんて話もよく聞きますし。

 でも逆の事を考えると、りんさんがしなくていい苦労を義姉さんはしている可能性もあります。近くに住んでいたら顔を見せる機会もりんさんよりも多いだろうし、気苦労は結婚の時だけではなく、日常の中に入っているかもしれません。それを義母さんが感じているのであれば、故意にりんさんだけを可愛がるのは義姉さんはつらいでしょうね。

 差をつけるのはいけない事だし、無意識の事かもしれないけど、前向きに考えたらやっぱりりんさんの方がいいと私は思いますよ。
逆の発想もたまにはどうですか?あまり神経質にならないで下さいね。式が終わって生活が落ち着くと、今の一つ一つの出来事や事件が笑い話に変わってしまうものです。悩んだ分だけ喜びも大きいし、笑いも大きいです。いつかそう思う日がきますよ^^(りんさん)さ・いらさん てんむすさん 
ほんとありがとうございます
義姉は高校生の時から義兄と付き合い、両親とも長いお付き合いでよくできた方です^^
同居はしていませんが、出産前後の数ヶ月、実家でなく義兄の実家がいごこちがいいといって過ごされたほどです

ただ、卑屈になるのでなくお二人の仰るとおり、もう少し気楽に、前向きに考えないといけませんね^^
彼とも挙式を来月にして、色々もめてて不信感でいっぱいで、余計にネガティブに考えてしまうのかも知れません

また来月九州の親戚に挨拶に行きます
お二人の励ましを胸に頑張ってこようと思います

rectangle 広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする