BBSより転載

♥うわのそらさん)皆様、こんにちわ。
一人で悩んでいてしんどくなってしまい、
書き込みさせて頂きました。

今年春に婚約者のお母様が亡くなり、現在喪に服していて
結婚も延期になっています。

喪が明けた以降に結婚式と思ってそろそろ
準備を再開して行こうと相談していましたが、
今度は彼の父方のおばあさま(93歳)のご病気が発覚。
余命宣告されてしまいました。
喪が明ける直前ぐらいがその宣告辺りです。
でも、おばあさまには告知していないので
今は元気に過ごされています。

彼はもしおばあさまが宣告通りになってしまったら
式の準備中だったらどんなに直前でも
キャンセルしないと行けないという考え方。

だから式場に申し込む事すらしていません。
でも結婚式に出てもらいたいと思っているようです。

既に2ヶ月が無駄に過ぎようとしています。
私としては、そんな宣告通りになるものではないし、
考えても絶対にわからないものなので
進めれる事は進めておいて、その時その時で
臨機応変に対応していくしかないのでは?と
話ていますが、彼は全く答えが出ないようです。

そうこうしているうちにあっという間に
年も明け、ウダウダしているうちに・・・っと
よぎってしまいます。
宣告ではあと長くもって4ヶ月との事なんです。

確実に晴れ姿を見てもらいたいと思うので、
年内に一度前撮りで写真を撮っておこうと
思っているのですが、彼のお父さんは
「急にバタバタしたら病気が悪いと気付いたら困る」と。
全く結婚の気配もなくだったら言われてる事は
わかるのですが、既におばあさまにも結婚式はいつ?と
聞かれてる状態なので、そんな事思うのかな?って
疑問に思っています。

その事で、彼も前撮りする気がなくなっているようです。
親のいいなりのイメージがついてきています。。。

撮るだけ撮って、勘付くかもと言うならば
今は見せなければいいと思うんです。
式に出てもらえそうなら自分達の満足で写真は
記念になる訳だし。

万一急変して、式にも出れないとわかったら
写真でも晴れ姿を見せてあげれると思うので
あらゆる状態にすぐ対応できるようにと
前撮りを提案したんですが。

急変したときに写真撮りに行くなんて
間に合わないと思うんです。

式の日取り決まっていないのに前撮りって
おかしいものなのでしょうか。

何かと考え過ぎな彼親子にちょっと疲れてきてしまいました。
身内だし、お父さんにとっては妻につづいて母親となると
大変辛いだろうと思うので、
なるべくお父さんの気持ちも考慮しつつ色々と
策を練って来てるけれど、あれもこれも駄目だしされると
なんでここまで色々とタイミングが悪いんだろう・・・と
ブルーになってきています。

うちの母にも、二人縁がないんじゃないの?とまで
言われて、落ち込みました。

彼にとっては三親等以内の身内だから
大変なのもわかっているので、かなり色々と
言いたい事も飲み込んで合わせるようにしているのも
自分の中でストレスになってきています。

皆様ならこんな状況だとどのように
動いていこうと思われますか?

アドバイス頂けたらありがたいです。(まーさん)おばあさまの余命宣告、お辛いですね。
でも結婚式の日取りを決める事で、余命を知らなかったとしても
「早く治そう!」とか意欲が湧くのでは?という考えもあるかも…。

親族の不幸が続く彼のご家族の心境を考えると、なかなか言いづらいですよね。

私が同じ状況だったとしたら、おばあさまに(余命あるかぎり)幸せな気持ちを
持ってもらいたいな…と思うので、どうしたら幸せな気持ちを持ってもらえるかを
話し合いたいと思いますね。(うわのそらさん)まーさん
お返事ありがとうございます。

お母様の時も、早く報告した方が気力が湧くのでは?って
提案したのに彼は報告もせず、様子を見ると
言ったまま何も出来ないまま他界されてるので
同じ事を繰り返したくないんです。

おばあちゃんに結婚式に出るって楽しみを
持ってもらって参列してもらいたいって思うのは
彼が一番そう思ってるのに、何もしないので
イライラするんですよね(^^;)

孫が結婚するって報告してるのに
何を躊躇する理由があるんだろうと思います。

話し合いをしても、誰を優先にしたらいいのか
わからないという彼にうんざりしてきました・・・。

おばあちゃんを優先にするのが一番なのにです。
色々考えるあまり、パートナーである私自身への
フォローすら忘れています。

何とかいい解決策が見つかるように話し合い
続けてみます。(えむこさん)相談文を読んだだけの推測にすぎないのですが・・・

彼や彼のお父様はお母様の死から、まだ、気持ちが回復できていらっしゃらないのではないでしょうか。

身内が亡くなっても、日々の生活はこなしていかなくてはならなくて、そうしているうち時間が経てば、周りから見れば、もう通常の「その人」に戻っているように見えるけれど・・・彼のご家族はまだ悲しみの中にいらっしゃるのではないかと感じます。

うわのそらさんが、彼のおばあさまに彼の晴れ姿を見せてあげたいという気持ち、とても優しい気持ちだと思います。
そして、写真の前撮りなどの段取りも、うわのそらさんが考えらているような感じで行えば、きっとおばあさまもお喜びになってくださるだろうとは思います。

しかし、彼も彼のお父様も、その事はその事で理解はしているけれども、もしかすると「結婚」という慶事を受け入れる気持ちの準備が、まだできていないのではないかとも感じるのです。
「頭では解っているけれど気持ちがついていかない」そんな状態なのかな・・・と。

彼のご家族にご不幸やご不安な事が続いたために起こった結婚式の延期に、うわのそらさんは「早く結婚したいのに・・・」と何処か焦りというか、お相手のことを急かすようなお気持ちがありませんか。

もし、そういう気持ちがおありなら余計、彼との気持ちのズレは大きくなるかもしれませんね。
そうでなければいいですが・・・。

>皆様ならこんな状況だとどのように動いていこうと思われますか?

私なら、彼がその気になるまで、待つと思います。(うわのそらさん)えむこさん

お返事ありがとうございます。
確かに頭でわかってるけど・・って感じなのかも
知れませんね。
ただ、そろそろ準備を進めて行こうと言い出したのは
彼なので、イマイチはっきりしないのが
私にはどうしたらいいのかわからないですよね。。。

彼から踏み出すまで何も言わず半年待ったので、
また延期になっったらどうなるんだろうて気持ちはあります。

早く結婚したいって彼が言うのは本音じゃないのかな。
お父さんも早くしろって言う割りに
前撮りに関しては難色なのでよくわからないなーと
思ってしまいます・・・。

来週うちへとりあえず挨拶に来る事になりましたが、
私からはしばらく何も言わないで彼に任せようと思います。

待って道が開ければ一番だとは思いますが、
おばあさまに残された時間を考えると複雑な思いです。
何とか頑張ります。

スポンサーリンク
レクタングル336×280
レクタングル336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル336×280