挙式予定なのですが、家同士での付き合いに悩んでいますーBBSより転載

♥くららさん
はじめまして。相談させて頂けますか?
10月に挙式予定なのですが、家同士での付き合いに悩んでいます。理由は、自分の育った環境と彼の家との違いです。
1つ目は、彼のお母さんの彼大好きな所です。交際時も、子離れできていない感じがあり、あまり好感を持っていませんでした。
会っている時間に、「帰って来い」と電話してきたり、家に電話して、伝言を頼んでいる最中に切られてしまったり。
結婚が決まると、突然話があると、彼と呼ばれ、土地を買ったので、二世帯住宅を建てようと言われました。
彼に断ってもらったのですが、話がつくのに時間がかかりました。彼のお父さんも、お母さんをかばうのみ。まだその土地は平地のままです。
あまり友人がいないらしく、私たちに依存しようとしてくる気配を感じています。あんなに態度が悪かったのに、結婚が決まったとたん依存・・・。あまり好きになれないです。
2つ目に人間的に、自分の周りにいるタイプの人とは、タイプが全く違います。あまり人をもてなす習慣がないらしく、わざわざ呼ばれて言っても、スナック菓子しか出されず、戸惑いました。自分の母親は、人がくるとなると、お花を飾ったり、お茶の準備を張り切るタイプなので、自分ではそれが普通だと思っていたので、嫌がらせだと思ってしまいました。会話も盛り上がらず、「お休みの時は何なさっているんですか?」の質問に「何も。ただ座っているだけ。」終始このペースです。
親も呼んで、食事会をしたのですが、うちの家族はくたくたになってしまいました。
妹曰く、「こっちが一方的にもてなしたみたいだよね」
彼との事が大事だとわかっていても、何度か会うことを考えただけで気が重いです。
この気持ちで、彼のおうちともうまく付き合っていけるでしょうか。

私の旦那さんの親は「何でもしてあげる」姿勢です。義母が専業主婦な事もあり夫(私には義父)息子には「とにかくなんでもしてあげる」感じです。なので主人との生活には「それぐらい自分でできないの?」「私に頼むよりも自分でした方がいいんじゃない?」って事が色々あります。でも、なにかあれば私は主人と話し合って「それは自分達でやります」「それは自分達の問題なんで」とはっきり意思表示はしています。言いにくい時は主人に言ってもらいます。彼がくららさんの側にしっかり立ってくれるのであれば、時間はかかるとは思いますが少しずつご両親との距離を確立できると思います。
二世帯の話も彼はしっかり断ってくれたんだからまずは彼との絆を一番大切にして下さい。今は、彼も母寄りかもって思う瞬間があるかもしれませんが、二人で一緒に過ごすと二人の生活がメインになるものです。義母の悪口を聞くのは彼もつらいと思います。彼の気持ちを大切にしながらもくららさんの考えをしっかり彼に伝えて一つ一つ彼とその時に起きた問題を解決していけばいいと思います。また、二つ目の問題ですが「くららさんの家庭が普通ではない」と言う事をしっかり覚えておいた方がいいと思います。家庭それぞれにお客様のもてなし方はあると思います。くららさんのご家庭のもてなし方は素敵だと思います。でも、彼の家庭の様な所もあると思います。逆の考え方をすると「大げさにせず、普段の家庭の中にくららさんを迎え入れる姿勢」といえないでしょうか。
私の性格上、あまりきっちりしたもてなしをされるよりも、みんなでこたつに入ってお菓子を食べながらの方が気楽だしもっと仲良くなれると思うタイプです。
もちろんしっかりとした席ならばそれなりのおもてなしは必要だとは思いますが。結婚の準備中は、自分や自分の親、自分の家庭のやり方が「普通」だと思いました。でも彼には彼の家族・家庭の考え方があり、よく彼と対立しましたが、その時に「それぞれの家庭の考え方をお互い尊重しよう」と二人で考えて、中立案を考えて問題を乗り越えていきました。いきなり土地を購入した事はかなりの不信感を持って当然だとは思いますが、これから長い付き合いになるんだし、彼を育ててくれたご両親ですから、少しでもいい所をみつけて「相手を認める」事が出来るといいですね。
そして彼をしっかり自分の味方にして、ご両親との距離を作っていって下さい。彼と仲良く過ごす事が一番大切な事だと思います。頑張って下さい。(てんむすさん)

10月お式だったらこれから忙しくなりますね。^^彼さんとの関係はどうですか?家族の事なども何でも話せる感じでしょうか。
まだ結婚して3年足らずですが、相手の親との関係は、夫婦二人の絆がしっかりしていたら乗り越えられるのではないかと思います。
二世帯住宅が断れたとのこと、良かったですね。それから、くららさんが自分のお家を当たり前、と思ってしまうのは自然な事だと思いますが、
結婚する上では少し考え方を変えられた方が楽ですよ。家のやり方はこう、でもそれが全てではない、と言う風に。私も、義実家と自分の実家とでは微妙に感覚が違う事があります。その度に、旦那に話してみますが、
たいてい二人の意見が一致して解決します。義母の口からはびっくりするような言葉(いい意味でユニークなので)がたまに出てきますが、
大抵後で『こんな事言ってたよ』と旦那に言うと、旦那が私に謝ってくれます。苦笑 反対に、私の実家が?の時もありますしね。お義母さんとの付き合い方ですが、それこそ一線引いてで良いんじゃないでしょうか。最初から変わった人(ごめんなさい)だと
分かっているから、それなりの対応をされれば良いと思います。もし彼さんにご兄弟がいらっしゃるなら
義姉さんや義妹さんと協力して行くのも良いと思いますし。彼が親離れしていれば、大丈夫だと思いますよ。(さ・いらさん)

くららさん、彼との関係は大丈夫ですか?
喧嘩とか言いたい放題(良い意味で)出来る関係ですか?
(例えば、少し過剰気味??なマザコン要素を指摘して直す様に言えますか?彼もそれに100%同調しなくても、ふてくされながらも「そうだね。くららの言う事はわかる…」と言ってくれますか?
それから、くららさんは一回気になると固執してしまうタイプですか?今は、結婚前なので色々な事に神経がピリピリしていたり、自分の家族から巣立って行く家族と余りにも違うタイプの家族を目の当たりにして、帰巣本能みたいなものに拍車が掛かってしまっている可能性もありますよね。
でも、くららさんと彼の関係や、くららさんの性格から見て、それは案外危ない黄色信号の場合もありますのでご注意を。私が、くららさんの投稿を読んで離婚した友人の悩みを聞いたのを思い出しのでレスしました。彼女は義両親が自分の両親と違うタイプの人である事を結婚直前に知り、でも気のせいという事で結婚したのです。
が、その後神経病を病むまで義両親を嫌い、それが理由で彼との関係も思わぬ方向へと向かってしまいました。
彼女も「自分の親はこうなのに、あっちは…」と言っていました。それが、最後の方では「彼は…」となってしまっていました。きっと、義両親へ向かった嫌悪感が彼との間に溝を作ってしまったのだと思います。そして、その溝を埋めるべき話し合いを持つ勇気が二人とも持てない程「イイ人」達だったのです。彼女は彼の両親に違和感(徹底的な嫌悪でしたが)を口に出来なかった様です。
何年も我慢して、かなり二人の関係が悪化してからようやく口に出したようですが、その時には彼も動揺するわ、彼女はやっと言えた事で火に油を注いだ如く彼の両親を大嫌いになっていました。生理的に受け付けなかったと言ってます。行動や存在が理解出来ないとも。だって、余程の奇行をしない限り、自分の親が嫌いと言われて「どうすればいいの?だって、ああいう人達なんだもん」となるのが普通ですよね。自分の親と全く違う親をただ生活習慣が違う事で嫌ってしまったら、どんなに彼がくららさんの事を好きでも、関係にヒビが出来てしまいます。そのヒビが大きくならない様に、上手に「自分の気持ちをコントロール出来る度胸」が据わってないと私の友人のパターンも有り得ます。ですが、過干渉な所は指摘して改善してもらう必要は十分あると思います。(冥王星さん)

てんむすさん、さ・いらさん、冥王星さん、返信ありがとうございました。
暖かいお言葉はうれしかったですし、第三者のご意見が聞けてよかったです。
彼には、何でも言えるので、気になった事は言ってしまっています。でも、彼自身のことではないので、難しいですよね。
冥王星さんの仰る通り、私は1回気になると固執してしまう、自分の中で折り合いが付けられるまで納得できない性格です。
土地の件、家に伺った時も、彼の家の閉鎖的な感じが気になってしまっているのです。
家の件も、結局、うまく話をまとめられなかった彼が悪いような言われ方をしましたし,お邪魔した時、コーヒーを出して頂いたのですが、ミルクがなく、彼が「ミルクは?」と聞くと「あれは脂肪で、体に悪いからうちにはない。そんな物を入れるのか?」と言われました。
思い込んで土地を買ってしまったり、家にミルクがない事は、別に大したことだとは思っていないのです。
「先走って土地を買っちゃったわね、ごめんなさいね」や「普段使わないからなかったわ。紅茶にすればよかったかしら」などの、相手を見たコメントがない事に疑問を持ったままになってしまっています。
食事会の席でも、終始つまらなそうにしていらっしゃって、唯一仰ったのは、「お墓の面倒を見てください」でした。
相手に興味がなく、自分の世界だけで回っているんだろうな。うまく距離が取れればいいけれど、その世界に入ることを希望されたらやっていけない。
自分の親以外にも、友人にもいなかったタイプなので、うまく受け入れ切れずにいます。(くららさん)

うーん、聞けば聞くほど、友人の言っていた事に似ていて驚きます。(書いてある事の一々が似た台詞なんで…。「ああいう人間に今まで会ったことがない」「相手に興味がない。つまらない人達」と何度も言ってました。彼女のご両親もお客のおもてなしが好きだったり、ドラマに出てきそうな明るい家庭だったらしくギャップが大きいと言ってました)くららさん、この時点でそこまで義両親に対して違和感を覚えた事、それをどうにか克服していけるかいけないか(もちろん結婚して飛び込んでみないと分からないのがツライところですが)、自分の心を柔軟にする訓練(自分の一度イヤだと思った事を違う側面から捉えて自分の心の負担をなくす。毛嫌いをする自分のクセを治す等)をして飛び込まないと、危うい気がしますよ…。カウンセリング等、今のうちに受けてみたらどうですか?そんなに大袈裟にする必要もない、自分でどうにか出来ると「強く」思うならいいですが、でも、文面からしてくららさんは結構小さな事に固執するタイプで、そのわだかまりがなかなか消えずに雪だるま式に大きくなる繊細な人かな?と思ってしまったので。それで、その事で自己嫌悪になってしまったりしてませんか?何でも彼に言える関係だそうなので、これも早く言った方がいいと思います。どの様にお互いがお互いの両親と付き合って行くかの確認になると思いますし。仰る様に彼自身の事でないし、彼の心象を考えるとウカツに言えないという気持ちも分からないでもないですけど、よーく考えてどうしても納得が行かなならば、やはり彼に話してみた方がいいと思うんです。(私の友人の様に押さえすぎるとかえって逆効果になる場合も。言えない本人はツライ上に、いつの間にか嫌っていた義両親の子供=彼まで憎らしく思い始め、ずっと後になって知らされた彼は頼りにされて無かったショックと自分の親をどうすれば良いかの動揺の挟みうち)そこで、彼がきちんと対応してくれる様なら(くららさんと一緒になって自分の親を変な人扱いはしないと思いますが、それをしたら、それはそれで彼にも多少問題がアリ…?)安心しますよ。結婚まで半年、色々見直したりして対策を練る時間はまだ十分にあると思います。私の友人の例はくららさんのと酷似しているとは言え、所詮違う人間のケースなので、参考までにして下さいね。(冥王星さん)

相手の家族と自分の家族のカラーが違うのは当然だと思います。
学校でだって会社でだって色んな人がいるのと同じです。
自分の家族と同じ考えをした相手の家族って珍しくないですか?
全く違った環境で育った二人が惹かれあう・・・自然界のサプライズ!!と何かのドラマで言ってましたが本当にそうだなって思います。
だから恋愛って素敵なんですよね。
そのドラマの2人も180度家族のキャラが違っていて笑えました。
私も旦那の家庭環境とは全く違っていますが、それが原因で不仲にはなりません。お互い「こんな家族でゴメンね」と
私は旦那を守り、旦那は私を守っています。
要は2人の絆が一番です。(とらこさん)

お返事が遅くなり、申し訳ありません。客観的なご意見に感謝しています。誰でも、苦労はあると、当たり前のことを再認識することが出来て、少し気が楽になりました。彼とも話し合い、彼の家のカラーで、自分の戸惑うことを伝えました。あまり、自分の家族に興味がないので気がつかなかったそうです。
私は自分の家族のようになりたいと考えていたので、あまりに雰囲気の違う、正直自分が苦手なタイプの人との関わりは不安もありますが、彼と二人の家庭を作ることを忘れずに過ごしていこうと思います。
彼の家の人に会うのは、1年に1回でいいそうです!それなら頑張れそうです。(くららさん)

スポンサーリンク
レクタングル336×280
レクタングル336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル336×280