お嫁に行っても介護にいくようなものと母が猛反対、ひきこもりの弟ーBBSより転載

♥ヒトコさん
いつも拝見しておりましたが、ちょっと煮詰まってしまいましたのでご相談させてください。
付きあって4年になる彼と結婚しようということになったのは昨年の秋。今日まで進展しないのには訳があります。
彼のご両親にはすぐご挨拶に伺い、滞りなく済んだのですが、年明け私の実家に行ったときに母が猛反対。(私は一人っこで、父は他界しており、今や母一人を地方に残して東京で生活しています。)
理由は色々ありますが、彼の人間性と彼の家族環境です。
彼のご両親はもうご高齢で、お母さんは難病指定のご病気です。また、私より年上の弟さんがいますが、15年間ひきこもりで、もちろん労働はしておりませんので、年金生活のご両親とともに暮らしています。言い方は悪いですが、とても条件が悪いと、お嫁に行っても介護にいくようなもので、またゆくゆくは弟の生活は彼が見なくてはならず、介護に追われて、開かずの一室があるような環境で子どもなんてできたら、どんなに屈折した子どもになってしまうかと心配だということです。また、彼の人間性についても、母曰く、彼は彼自身が自分がまず一番大事な人でどんなことをしても私を守っていくという姿勢が見えないということ。ストレスが溜まったら自分が逃げ出してしまうような人だと。確かに自分のやりたい事を優先して、弟さんの事も放任していたようなところはあります。
私は彼が大好きで、彼の背負っているものを半分コして一緒に頑張りたいと思いましたし、彼の良いところもたくさん知っていると母に懸命に伝えました。でもやはり反対は続き、どうしても彼と結婚するなら、勘当だと言われました。
親が一生心配して不安な気持ちで居なければならないような所にお嫁にいくなら勝手にすればいい。でも二度と実家には戻ってくるな。もう誰も頼れないから、母は、老人ホームに入ると。
私を一生懸命育ててくれた母にそこまで言われると、とても辛い。絶対幸せになって母を安心させようとも思いますが、自分の選択で母が悲しむのかと思うとどうしてよいか…
確かに母の気持ちを考えると反対するのはよくわかります。
彼のご両親もご心配のようで、進展はありましたか?と聞かれ、申訳ありませんちょっと難航しております。と応えています。彼は、じっくりいこう、と言ってくれてますが。
私は、母に辛い事を言われる彼にも、やきもきさせている彼のご両親にも申し訳なくて、心配かけている母にも、本当に申し訳なくて。毎日辛いです。既に母とは彼と一緒に何度も話しあいを重ねており、きっと強固な母の姿勢は今後も変らないと思います。だれかが悲しむような結婚は進めるべきではないのでしょうか?今後どのようにしていくことがよりよい方法か考えあぐねています。どうかコメントを願いいたします。

>弟の生活は彼が見なくてはならず
なんでですか?彼も親も「いざとなったら長男が面倒みます。
妻になる人もそのつもりで宜しく」と?
相手の人のよさに付け込んで酷くないですかね?
親は順番だからともかく、弟さんと暮らすのはとっても恐ろしいことになりますよ。
お子さんへの被害まで想定できていますか?
「弟の面倒は看なくていい」なら勝手で良いですが、弟を支えて欲しいと思うのなら
まず、一家で死ぬ気出して弟に取り組んでみるべきですよね。
NPO等には相談に行っていますか?
そこをしないで「嫁に宜しく」じゃ人間性を疑われて当然です。(keroさん)

>確かに自分のやりたい事を優先して、弟さんの事も放任していたようなところはあります。
ヒトコさんも、彼のそういったところを感じていらっしゃるようですね。
でしたらお母様も同じ気持ちでしょう。わかっていらっしゃるんですよ。
意外と親って相手の事をよく見てるものです…(経験談)。
だから最初から苦労をするとわかってるところへ嫁がせたくはないと思っているんです。
結婚は「生活」です。「好き」という感情だけでは「生活」はできません。
現実的に結婚したらどうなるか、考えてみてください。
彼が病気になったらどうする?弟さんの面倒は?義両親の介護は?
お母様の介護は?
彼のご家族は、弟さんのひきこもりから正面からぶつからず、当たり障りのないようにしてませんか?
keroさんも仰ってますが、ひきこもりをしている人たちに対するNPO団体に相談するとかしないと、
ヒトコさんが苦労するのが目に見えます…。きっと彼はヒトコさんに任せてしまいますよ。
(彼がいつまでも自分優先で行動をしてるなら、尚の事です)
彼のお母様のご病気に関して介護をするのはまだしも、
弟さんの件を解決させてから結婚の話を進めたほうが良いと思いますよ。
実際お母様と彼とで話し合いをしてるとはいえ、変な話、口では何とでも言えるんです。行動するのみです。
その行動している姿を見てもらった方がよっぽど説得力があります。
それからも彼が逃げるのであれば、彼との結婚はおすすめしませんね。(まーさん)

keroさん、まーさん貴重なご意見ありがとうございます。
確かに、最初から苦労するのが見えているところへお嫁に行かせたくない母の気持ちはよくわかります。私は苦労するかどうかそれは確立の問題ではないかと思っていました。どんなに裕福なところへ行っても絶対幸せになれるとは限らないし。でも今の彼には不の要素がたくさんあるということですよね。
弟さんはのひきこもりは高校卒業後19年間に及びます。
原因はご家族にもわからないらしく、お母様はただただご自分を責めていらっしゃいます。
弟さんはご両親とすら会話はなく、夜中に一人で食事をしたりお風呂に入ったりと昼夜逆転の生活のようです。18年も前にはひきこもりというような言葉もなく相談機関も少なく、カウンセラーを自宅に招いたりしたそうですが、効果はなく逆上されたのでそれ依頼第三者の介入は避けているようです。私も色々調べて、地域の保健福祉センターの相談窓口などをお薦めし、一度はご家族で行かれたものの、ご高齢とご病気ということもあり、継続にはいたりませんでした。弟さんが精神疾患を持っているかどうかはもはやわかりません。ご家族も、もう見守るしかないといった感じですが、彼が(私の彼)ご実家に戻ってもお部屋の外から弟さんに「帰るね」と声をかけるだけで誰も部屋に入ろうとはしません。私は何度かご実家に伺いましたがお姿は一度も見たことがありません。もっと接点をもったらどうかと彼に言ったこともありますが、一緒に暮らしていないから、自分が帰ったあと、暴れたりして両親に危害を加えたらどうするんだ、と言われ。目が届かないところで無責任な事はできないのだと思いました。私は弟さんはとても寂しいんじゃないかと思います。まーさんのおっしゃるように、親も兄も、本気で自分と向き合ってくれないのですから。でも現在他人の私が、あれこれ言う事はできないし。彼のご両親はご自分達亡き後の弟さんの生活を案じ、その時は長男に託すしかないという感じです。彼も、あんな弟でも家族だから一生面倒見ていくしかないといっています。確かに、私の家族に同じ状況の人がいたら私は無視することはできません。
この問題はとても複雑ですし、解決は困難です。
決めつけてはいけませんが、18年ほとんど誰とも口を聞かず、収入を得る手段もない弟さんはもう社会的に自立は無理だと思います。
今の現状(彼は実家を離れて一人暮らし)で、彼に弟さんの事をなんとかしてというのも…
義両親の介護に弟さんの面倒、自分の母の介護。目が回りそうですが、じゃあ大変そうだからやめよーというわけにも…。keroさんの言うように恐ろしいことになってしまうのでしょうか。何から始めたらいいでしょう?NPOでしょうか。(ヒトコさん)

>もっと接点をもったらどうかと彼に言ったこともありますが、一緒に暮らしていないから、自分が帰ったあと、
>暴れたりして両親に危害を加えたらどうするんだ、と言われ。
>目が届かないところで無責任な事はできないのだと思いました。
彼は実家を離れて一人暮らしをされてるようですが、距離はどのぐらい離れてるのでしょう?
気軽に戻れる距離ならば、週末位実家に泊まって弟さんと向き合う覚悟位欲しいところですね。
彼の言ってる事は正論だと思いますよ。でもそう言って逃げてるようにも思えます。
本人は逃げてない…って言うでしょうけど。
カウンセラーを招いても効果がなく、第三者の介入が難しいなら尚の事
家族が団結していかないと。
ひきこもりになった原因すらわからない状態。
今がチャンスだと思いますよ。時間をかけてでも向き合えば、原因もわかると思います。
打ち解けてもらう。そこから支援団体に助けを求める…でも良いと思います。
早いうちに動かないと、もっと大変な事になりますよ。
御両親がご高齢で病気で相談しに行っても継続できなかった。
だったら彼が動くべきです。家族なんですから。(まーさん)

なんだか読んでいて悲しい気分になってしまいました。
弟さん本人の問題が大きいのでしょうけど、それを長い間黙認していたご両親や家族の責任は大きいですよね。。
keroさんやまーさんが書いておられる、NPOでそのような支援団体があるなら、
早めに行動された方が良いのではないでしょうか?
自立できるかどうかはやってみなければ分からないし、諦めたらそれまで、家族に迷惑がかかるどころか
ご本人の人生も空しすぎます。きっと彼一人では行動はできないでしょうから周りがなんとかしないといけませよね。
ヒトコさんのご結婚については、皆さん書かれているように弟さんの問題を家族で話し合ってなにかしら対処してからでないと
ヒトコさんのお母様にも納得してもらえないと思いますし、なによりヒトコさんがゆくゆく大変だと思います。
もしこのままなぁなぁで進んで行くようだったら少し立ち止まって考えられた方が良いと思いますよ。(さ・いらさん)

暴れる可能性があるような独身男と暮らせって?ヒドイ彼ですねぇ。
(お母様のご意見は当たってるんじゃないでしょうか?)
お子さんに虐待が起こるかもしれないとは思いませんか?
真っ先に弱いものに暴力が向かいますよ。
プロの第三者の介入なしには解決しないでしょうね。
そもそも、この手のことは簡単に解決するような問題じゃありません。
逆上したからや〜めたでは、そりゃ何も治りませんよ。
ヒトコさんがすべきことは、彼にちゃんと家族の問題と向き合うことを勧めることです。
向き合えないのなら、彼が家族を捨てて結婚するしかありません。(keroさん)

私も冷たい意見になりますが…
>私は弟さんはとても寂しいんじゃないかと思います。
この文章とっても気になりました。 ヒトコさんはもう心の中で弟さんの事を「私ががんばって接してあげなくちゃ」と思ってるんじゃないでしょうか? 一緒に暮した時お子さんに虐待だけでなく、旦那さんが仕事に行っている間ヒトコさんに何かあるかも…と思ってしまいました。
改めて聞きますけど、結婚ってなんだと思いますか? 彼の背負っているものを半分コと書いてありますが、本当に半分だけですむと思いますか? これだけ意見があるなかで、みんなお母様と同じ意見なんです。 もっともっと彼と話し合い行動をおこしてください。
最後に「絶対幸せになって母を安心させよう」とも書いてありますが、ヒトコさんの幸せとは何ですか? 今の話し合いの中でお母様に「結婚したらこんなに私は幸せになるのよ」と伝えてるんでしょうか? 私はヒトコさんの結婚は問題ばかりが多いのに、それに目を向けないで結婚しようとがんばっている気がしてなりません。本当に幸せになれるのかとっても不安です。(せりかさん)

私も旦那の兄が「ひきこもり」ではないですが、「ニート」です。
本人は働く意志はあるのですが、能力や社会的適応力がないために毎回クビになってしまうのです。31歳にして正社員は絶望的で、実家のお父さんに養ってもらっています。
私も義兄のことは気になりますが、義父は私たちに絶対迷惑をかけないようにと義兄に毎度説教してますし、旦那も「自分で何とかしないと知らないよ。」と突き放しているスタンスです。
ヒトコさんも旦那さんに距離を置いてもらったほうがよいのでは。お2人の幸せありきで、義兄の面倒が先ではないと思います。
私は旦那と幸せな家庭を築いた先に、義兄を養うことになるんだろうなと覚悟はしていますが、初めから結婚の条件にされるのは論外ですね。
兄弟を見捨てることは出来ませんが、兄弟は他人の始まりとも言いますし。
ヒトコさんの彼が「家族を捨ててでもヒトコさんと一緒になる」という覚悟が必要なのでは。(とらこさん)

皆さんコメント本当にありがとうございます。
彼の住まいは実家から車で1.5時間程のところですが、年に1、2回ほどしか実家に出向くことはありません。
まーさんのおっしゃるように週末出向いてじっくり弟さんと向き合う姿勢があってもいいような気もします。
彼自身色々問題を持つ自分の家族から目を背けてきたような気がしますが、何が正解かわからないし、下手に刺激して自殺でもされたら本当に辛いから。と言われると、私も何も言えませんでした。近い将来一緒に暮らす事になるだろうし、目の届く環境になってからにしようよ。ということです。
実際一緒に暮らしてるご両親が一番辛いとは思います。私に何か少しでもできることがあれば、と思い弟さんのお誕生日にプレゼントを送ったりしてはみていますが、そんなことでは出てきてくれません。根が深い問題になっています。
誰が悪いわけでもなく、どうする事が彼の人生にとって一番よい方法かわからない。そんな状態です。
結婚して義両親の介護に弟さんの面倒をみて、もし自分にも子どもができたら…。子どもにどんな影響があるか考えないわけではありません。でも結婚するんだから弟の事なんとかしてよというのは傲慢すぎると思ってました。
NPO法人のとある団体には相談メールを送ってみましたが、
皆さんのおっしゃるように、もっと話しあいをして、どう対応していくか、もっともっと考えないといけませんね。(ヒトコさん)

もしかしてヒトコさんは、弟さんのことで彼のご両親がお気の毒・・・だと思っていませんか?
誰が悪いわけでもない・・・そうでしょうか。夜、ご飯やお風呂が用意されていなかったら?
お金さえあればコンビニにでも買い物に行くかも知れません。出前を取るなら玄関先に出ていかなければいけません。
親なら死ぬ気で立ち直らせようとするべきではなかったでしょうか。
彼の言動も気になります。ヒトコさんと結婚してから考えよう・・・ヒトコさんに任せようということじゃないですか?
ヒトコさんにお子さんができて、自分の一番守りたい人が危険にさらされた時、初めて後悔されるんじゃないでしょうか。
彼はどう責任を取るのでしょう。もっと早くに対処しておけば良かったと思うのではないでしょうか?
NPOに電話するのも本来ならヒトコさんでなく彼です。
全て他人任せにして、本当に彼で大丈夫でしょうか。お母様が心配されるのも分かります。
もう少しよく考えられた方が良いと思います。(さ・いらさん)

「私は彼が大好きで、彼の背負っているものを半分コして一緒に頑張りたいと思いましたし、彼の良いところもたくさん知っていると母に懸命に伝えました。」
これを続けるしかないです。それから、彼がシッカリしないとダメだと思います。口だけではなくなんらかのアクションが伴わないと説得力に欠けると思います。
要は、ヒトコさんと彼の「絶対にどんな苦境でも二人で乗り切る」という想いがあるか、と言う事につきるでしょう。
ヒトコさんに今の時点で必要なのは、彼を含めた彼サイドの変化ですよね。(それにはある程度ヒトコさんの力添えは必要になるものと心得ないと駄目だと思う。婚約者として結婚後はお嫁さんとして)
でも、15年もの間停滞してたものが一気に結婚前にサクっと解決とはならないでしょう。
弟さんの件が解決するまで結婚はしない、なんてそんなの待ってられるのかなー?何年もかかると予想するんですが。
だから、彼の言う様に時間はかかると思います。でも、タイミングを計ってる場合でも無いと思うので長期戦と睨みつつ何らかのアクションは必須でしょう。
彼サイドがきちんとヒトコさんサイドの不安(八方塞がりみたいな状況)を払拭するべきアクションを暗中模索でも取り始めたなら、今までは暗いトンネルの中でうずくまっていたのが取り合えず歩き始めたわけですから、いつかはトンネルの先にちっちゃな光が見え始めると思いますし、もうそれで結婚へアクセル踏んでいいのではないでしょうか?
お母さんが反対と言うのは、これはもう説得(もちろん彼や必要なら彼の両親の力を借りて)しかないです。
全員がハッピーな結婚がベストではあると思います。でも、最初だけハッピーで途中から不幸な人達なんて一杯いるのが現実じゃないですか?よりによって、お母さんが…というのはツライですけど、二人が毅然とした態度と強い意志を見せれば余程子離れ出来ていない親以外は折れると思います。
私は、言わばヒトコさんの子供にあたる様な立場で成長しました。同じ敷地内に精神を患った親の兄弟が居ました。
確かにそれで子供心に嫌な思いをした経験はあります。だけど、私の両親はそんな事でオロオロしたり、変に大袈裟に問題視する事は無かったです。それが原因で喧嘩してる事とかありましたけど、だからと言って自分の家は普通の家とは違う、などと特別悲観した事も無かったです。たぶん、両親の強い絆と精神力があったからと思います。。。
それからそういう家族を持つ人と結婚した方(ここではヒトコさんですよね)がかなり肝っ玉が座っていたのだと思います。だから、やはり要は二人の繋がりですね。
ヒトコさんは、お母さんが反対されているからきっと気持ちも揺らいでしまうのでしょうが、絶対にそんな微塵な気持ちもお母さんには見せない方がいいと思います。
それから、彼と彼の親がやはりヒトコさんの母親にお話の場が一回でもあれば、頑ななお母さんの気持ちも少しはほぐれるのではないでしょうか?
せりかさんの「ヒトコさんの結婚は問題ばかり多い」という意見には賛成出来かねます。
どんな結婚にも大なり小なりの問題は付きまとうと思います。でもそれを問題視するかどうかは人それぞれです。
条件だけで見れば、この結婚はNOでしょうね。
でも、私の両親を見ている限り、世間では「問題児」と言われる様な親戚を持っていたって普通の家族は築けているのです。子供(私)だっていたって普通に育ちました。そういうケースはあります。夫婦がシッカリさえしていれば…。自分達はその器にない…と思う人はそういう結婚には臨むべきではないと思いますけどね。
でも、少なくともヒトコさんはそれに対しての度胸は普通の人以上にあると思うんですが。後は、周囲の理解(+アクション)だけですよ。(キロロさん)

高校を卒業した大人が自らの意思において「引きこもり」を選んだのです。
まず、親が「引きこもらせ傍観する」事を選び、兄も「弟を救おうとした親を傍観する」ことを選んだのです。
選択には大なり小なりリスクが必ず付きまといます。
人はそのリスクを引き受けて人生を進んでいく他ありません。
親ってのは、理屈ぬきに命がけでがむしゃらに子供に向き合わないといけない時があります。
こじゃれた理屈や、流行の理想論や、子供にさも理解があるようなポーズによって
その場しのぎに逃げる親は無責任です。
ヒトコさんもお子さんに危険が及べば死に物狂いで戦わなければなりません。
それが出来なければ、第二・第三の彼親と彼弟の誕生です。
ただ、その戦いに彼は参加しないだろうとは忠告しておきます。(keroさん)

「ただ、その戦いに彼は参加しないだろうとは忠告しておきます。」
keroさんは、何を根拠にそう言うのでしょう?予測は出来ても忠告なんて出来ない筈。
過去には、仰る通り「傍観者」を選んだかもしれないです。
所詮人間は自分が可愛いところがあるし、若い彼には自分の生活を切り盛りする事で精一杯だろうし、彼親もそれで満足していたかもしれません。
そうじゃないと、精神的に一家共倒れになりかねない所だったんだろうから、ご両親にとっては人並みの生活をしている彼を心の拠り所にしてしまったかもと思います。
しかも、弟には関わらずに自分の幸せを築いて欲しいと考えてる可能性だってあります。かと言って、現実、老いた親には弟さんにどう接したら良いかも分からず…と言った所じゃあないんでしょうか?
命がけでがむしゃらに向き合える親ばかりじゃ無いです、世の中。
keroさんならヒッキーなんてお手の物で手懐けられる器量があるでしょうが、そうでない親、まして昔人間はそんな人多いんじゃないですか。
今みたいにそんな「引きこもり」だなんて現象なんてほとんど無い時代に生きてこられた人達なんです。
自分の子供であって、まるで他人の様に空恐ろしく感じている場合も十分に考えられます。「無責任」かもしれないですが、正論だけでは片付けられないものがあるのも事実です。
しかも、簡単に「子供に危険が及ぶ」なんて発言しない方がいいですよ。引きこもり=狂人みたいな固定観念は捨てましょう。そう決め付けるには余りにも浅はかです。(キロロさん)

彼の人間性を疑っているのなら幸せな結婚はできないと思います。
>彼は、じっくりいこう、と言ってくれてますが。
ヒトコさんのお母さんを説得するために彼が具体的に頑張っていることはありますか?(りかさん)

せりかさんに対する発言でも感じましたが、ここは論争の場なのでしょうか?
ご本人で私に反論したいのであれば、新たにフリーのほうでスレッドを立ち上げたらいかがですか?
スレッドを立ち上げた相談者本人が言うのなら解るのですが
貴方の考えと他の人の考えが違うからといって、横でやりあうのは如何なものかと思いますよ。(keroさん)

>NPO法人のとある団体には相談メールを送ってみましたが
返信はありましたか?
専門の方達のアドバイスがあると心強いと思います…。
さ・いらさんが仰ってますが、本来ならヒトコさんが相談するのではなく、
彼に相談するよう促すのが一番だったと思います。
ヒトコさんが今から動いてしまっては、今後任せられるの目に見えます。
彼側がヒトコさんに甘え始めます。
それではヒトコさんのお母様を説得する事できないではないかな…と心配です。
キロロさんが体験談を話してくださっていますので、経験した事のない私が言うのも何ですが、
キロロさんの御両親の場合は、毅然とした態度をとられていたので問題がなかったと思います。
ただヒトコさんのケースに当てはめると、彼が弟さんとキチンと向き合って毅然とした態度を取れるのか…と
言われると失礼ですがまだまだ…と思うんです。
毅然とした態度を取られるように、どうするか。弟さんがどうしたら打ち解けてくれるのか。
それを支援団体などを利用して、協力しあいながら解決出来れば一番だとは思います。
ヒトコさんが今後どうしたいのか。
また弟さんの件に関して、彼中心に解決に向かって動いているか…を長い目で見ていかれてください。
焦って決めない方が良いと思います。
ヒトコさんと結婚まで至らなかったとしても、彼の人生から弟さんは切っても切れない事です。
それを考えたら彼の為にもなりませんから。(まーさん)

今迄少し気持ちが塞がっておりましたが皆さんのコメントを読んで、お顔を知っているわけではないけれど私の為に色々考えてくださった方が居ることを本当に有り難いと思いました。
私も、さ・いらさんのように、ひきこもる部屋を与えるからひきこもるんでは?それを容認しているから長引くのでは?相手が男性でも、母と父、兄の3人でかかれば連れ出せないわけはない。と思っていました。今もそう思いますが、私が実際そういう経験をした事もありませんし、それは想像の世界にしか過ぎないのかなとも思います。
当時はひきこもりやニートという言葉すらなく、病気なのか?怠けなのか?少しそっとしておいた方がいいのか?と、ご家族もどうしていいかわからなかったと思うのです。ただここまで長期化してしまった原因はご家族の協力不足にもあると思います。
NPO団体からの返信は、
「まずはご両親が本気で取り組まねばならない難しいものですが、ご高齢で難しいですよね。ヒトコさんの立場であれば、本人と直接というよりも、携帯やPCメールなど間接的に接点を持った方が本人も気が楽なのではないか」
というものでした。私もそれについては思いつきましたが、あいにく弟さんは通信手段は持ちあわせておりません。PCは実家にもありますが、弟さんは使えないとのこと。彼に教えてあげれば?と言うと、そんな素直に人の言うことがきけるくらいならひきこもってない。と。まぁそれはそうですね。
現状では、まーさんや、さ・いらさんが言うような、彼を中心としてこの問題に取り組んでいるという感じは受けません。
ご家族皆が、誰も部屋に入れず、一日何をしているかわからない、はれ物に触るような感じで弟さんに接しています。
私は第三者なのであまり今の段階では口出しできないのですが。皆で協力して今の状況に変化が現れるようにしたいと思うのです。
色々調べたところ、家族のアクション後ひきこもりがひどくなることも多くあるそうですが、それでも、マイナスではなく、一歩下がったことが変化の現れでプラスととらえ、一歩動いたからには次の一歩が期待できるというものでした。
キロロさん貴重な体験談をありがとうございました。私の家族にも親戚にこのような経験をしている人がおりませんので大変参考になりました。素敵なご両親ですね。
私の彼はなんというか、面倒な事が嫌いで(誰しもそうですが)解決の糸口が掴めない問題は時間が経つのを待つ。そうすれば誰かの意志などにより問題に変化が生じるといった考えです。
弟さんの事についても、このままで良いとは思っていないけど平日は仕事でクタクタなのに、週末までネガティブな話しをするのはやめよう。と今迄はそんな感じでした。
私は、彼と付き合う事になった始めのうちから、私の母には彼の家族の問題を話していました。ここにきて結婚を反対されるのは、家族の問題だけでなく、面倒な事から逃げたがる彼の性格も見据えているからだと思います。
でもこれからは私がお尻を叩いて、彼を動かさねばなりまん。
私の母の説得は皆さんのおっしゃるように行動で示すことしかないとわかりました。
キロロさんのおっしゃるように、どんな苦境も二人で乗り越える覚悟を伝えなければいけません。弟さんの状況を変えるのは至難のワザですし、解決にはひきこもった期間以上の時間がかかるかもしれません。
りかさんのおっしゃる、彼が私の母を説得の為に具体的にしている事は今のところありませんでした。というより、義母の病気は治る見込のない難病、弟の状況もすぐ変るものではない。ということから私の母に対していいアイデアが出てこなかったというところです。
今日彼と会うことになっているので明るい話題ではないので嫌がると思いますが、弟さんの事について、毎週でなくてもいいから週末、数時間でも取り組んでみないかと話してみようと思います。それで難色を示すようだったら、私の幸せはそこにはないのかもしれませんね。(ヒトコさん)

彼にとっても弟さんは「目の上のたんこぶ」なんでしょう。出来れば触れたくないし、触れられたくないという風に15年来てしまったのだと思います。
それが、もし元来の「鳴くまで待とうホトトギス」的な性格が加わってしまうと、ヒトコさんやお母さんの立場から見れば頼り無く見えてしまうでしょうね。よく分かります。
でも、彼氏さんだってきっと結婚は初めて(ですよね?)の事でつまづきつつ転びながらヒトコさんの力を借りて前に進もうとする方がいいですよね。それが今回出来ないと、彼は次に又他の女性と同じ事を繰り返すことになってしまうのだし。今回ヒトコさんのために重い腰をあげれなくて、それを教訓に次回に頑張るとする位なら、今回ヒトコさんの為に腹をくくって取り組んで欲しいですよね。
ヒトコさん、彼を支えてあげて下さい。ヒトコさんサイドと実家に挟まれて、どうにかしたいけどどうすればいいのか?と一番パニックになってるのは彼じゃないか?と思うんです。仰る通り「お尻を叩いて」くれる人が彼(彼の家族)には必要なんだと思います。時間もそれなりにかかると予想しますし、その間に滅入る事もあるかと思います。そのシチュエーションはヒトコさんのお母さんから見たら決して好ましい様子には見えないかもしれないですが、ヒトコさんが大好きな彼と一緒にする共同作業の一つなのだと捉えてくれるといいですね。
私の親戚の件は、精神疾患でもう良くなる事はない様な状態なので彼の弟さんとは状況も変わると思います。
子供としての私からは分からない気苦労は両親にはあったのだろうとは思います。でも、子供は第一に親を見ますから。二人が大丈夫なら例え自分の親戚にちょっと普通でない人がいてもさほど気にはしないです。
プロではないので安易な事は言えないですが、少なくとも弟さんの方が良くも悪くも選択肢があるし、周りと弟さん自身次第でどうにかなると思うので、是非頑張ってもらいたいです。
とりあえず、こちらの意見で多かった「弟さんが引きこもり=ヒトコさん達の子供にまで害が及ぶ」と言う考えに短絡的に陥らないで欲しいと思い、自分の経験を交えて意見を書き込みさせてもらいました。
応援しています。(キロロさん)

キロロさんありがとうございます。
彼に、一緒に頑張ろう、毎週でなくても弟さんとコミュニケーションをとってみようと提案したみましたが、返事は「わからない」でした。弟にとってそれがいいのかどうかわからない、奴も年をとって、前よりは少し反抗心もなくなったか、たまには外へ出たりすることもある。
今刺激して、もっとひどくなったら取り返しがつかない。と。このまま見守るのがいいと思ってきた。と。急にそう言われてもじゃあそうしようとは言えない。甘えかもしれないけど、そういう提案を受け入れられるように、君がまずオレら家族を癒してくれ。と言われました。
彼は当時から、親戚中に、お前がなんとかしろと言われ、随分責められてきたそうで、私が弟さんの事を言うと、また責められているように感じるそうです。
最近私は、私自身が楽したいから、弟さんの事をなんとかしようとしているのではないか?と思うようになりました。
彼ら家族には、今のまま見守ることが平穏なのでは?
それを刺激するのは私のエゴではないかと思うようになってきました。
これ以上、何か行動を起こそうとするのはご高齢の義両親にも精神的に負担がかかりますし、彼も弟さんもストレスでしょう。この条件で、結婚しようと決めたのですから、このまま黙って時が経つのを待つしかないのかも知れませんね。
キロロさんの貴重なご体験を話してくださって本当に感謝しています。短絡的に考えず、よりよい道を探そうと思います。(ヒトコさん)

スポンサーリンク
レクタングル336×280
レクタングル336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル336×280