auto 広告

スポンサーリンク



結婚したら、母を一人にして行かなければなりませんーBBSより転載

♥りんさん
私は、今結婚を約束している人が居ます。
私は、今、母と子供とで暮らしているのですが遠距離恋愛なので
結婚したら、母を一人にして行かなければなりません。
なにかにつけ引け目を感じています。
先の事まで、病気になったときとか考えてしまって。
そして、そのうちに行くのも止められそうで。
被害妄想かも知れないけれど、どうしたらいいんでしょうか。

引け目と言うのは、残されるお母様にでしょうか?
>>そして、そのうちに行くのも止められそうで。
被害妄想かも知れないけれど、どうしたらいいんでしょうか
これは今の彼に対して、自分が(自分のお母様が)被害者側なのでしょうか?
正直もっと冷静になられた方がいいと思います。
結婚まで考えている仲なら、お母様の事も含めてもっと彼さんと話し合うべきです。
彼さんはお母様の事について、何かあった際などはまったく協力してくれない様な方ですか?彼に相談した際は彼はなんと仰ってますか?
一歩的に決め付けては、彼さんはとても可哀想ですよ。
遠くに住んでいる彼と結婚なさるからには今後のお母様の事まで視野にいれながら、結婚を話し合うのが当然です。マリッジブルーになってしまったのなら、悪い方悪い方に考えてしまうかもしれませんが、そんな時程彼さんと、じっくり話し合うべきです。今、予想できる将来の事も色んなパターンを考えて、その都度自分はどうしたらいいか、彼にはどうして欲しいかを今のうちから二人で考えておいた方がいいと思います。
また、お母様は一人で残る事をどう思っていらっしゃいますか?お母様の気持ちは聞かれましたか?
お母様が一人で残る事が出来ない場合、彼かお母様かつらい選択をされるかもしれませんが、好きだけではどうしようもならないのが「結婚」だと思います。最後はりんさんの気持ち次第です。
お子さんがいらっしゃるとの事。私にも小さいですが子供がいます。母になって思うのは「自分の幸せよりも子供の幸せを願うのが母心」だと思います。引け目を感じなくても、お母様ならきっとりんさんの気持ちをわかってくれると思いますよ。
詳しくはわかりませんが、兄弟・親戚・お母様のお友達などお母様の側にいて頼りに出来る方がいれば、結婚の事も相談されて協力を仰いでみてはどうでしょうか?
きれいごとに聞こえるかもしれませんが結婚する前に、彼とよく話し合い、彼との信頼関係をもっと強められてはいかがですか?優先すべきはお子さんの事。それだけはお願いしたいと思います。
お二人の気持ちが確かなら、あせる事はないと思います。お互いに納得できる条件が整った時が、お二人にとっての結婚の時期だと私は思います。(匿名さん)

この相談内容は、こちらの掲示板ではなく、まず彼にするものではないですか?
彼の想いとりんさんの想いがうまく噛みあわない・または彼やりんさんの親戚などが口出ししてくるなどのトラブルが出てきたのであれば、相談するのもわかりますが・・・。
結婚を約束している間柄=婚約者ですよね?
もちろんおわかりだとは思いますが、結婚は恋愛の延長気分だけではうまくいきません。生活がからんできますから。
そういうことも相談できないような関係なら結婚しない方がいいですよ。
それとも、彼に相談できない何かがあるのなら、そうなってしまった理由について一度考えてみてはいかがでしょうか?(私も匿名でさん)

返信してくださった方、どうもありがとうございます。
まずは、彼に相談するのが先ですね。
母は、私や子供が幸せになるのなら、行ってもかまわないと言ってくれてます。まだまだ一人でもやって行けるからと。
ただ、私がその言葉を信用してないだけかも知れません。
そして、もつと歳とった時のことを一人考えているのかも知れません。これは、結婚する彼と考えることですね。
彼と話し合って見ます。
でも、お母さんが可愛そうだから、結婚は辞めようと言われたら
そこまで、私を想ってくれてなかった事ですよね。
彼のと信頼関係、これからのことちゃんと話し合ってそれからのことですね。
そして引け目というのは、年老いて置いて行く自分自信になんです。ひどい事かなと思って・・・
助言、ありがとうございます。がんばってみます。(りんさん)

あなたは お母さんにとても愛されて育ったのですね^^
お母さんが そのご両親のもとから巣立ったように
あなたも巣立っていくのですよ。
で 家族を増やす。とても喜ばしいこと♪
順番なんです^^
いざって時に 母のもとにすっとんでいくのも
すべて 自分の意思でかなうものです!! 大丈夫。(通りすがりですさん)

順番なんですね。
そして、自分の気持ちがちゃんとしていれば、叶いますね。
希望をもって頑張ります。ありがとうございます。(りんさん)

rectangle 広告

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする