BBSより転載

♥迷える仲人さん)新婦の家庭は、お父様をご病気で亡くされたので、経済的に大変なのかもしれませんが、お母様が頑なな方で本当に困っています。娘さんとうまく行っていなかったらしく、娘さんは家を出て一人暮らしをされています。
略式の結納も娘さんのお母様が面倒だからと拒否されて、仕方が無く新郎が用意した指輪だけを渡して 両家の家族と仲人でホテルで食事会を開きました。
その際も新郎側が用意した席で出た料理を見て
「(油っぽい料理でしたが)こんなの食べたら、私また病気に
なっちゃう。」と言って立ち上がり残してしまいました。
思わず娘さんの妹が、立ち上がるのはみっともないと注意していました。
油物が苦手で残すのは仕方が無いですが、新郎側が用意した物にあからさまに嫌味を言う態度に驚きました。
その席で「私の自慢は子供二人を私学の一貫校に行かせたこと。母子家庭でもお金に困ったことは無い。」と言っていました。
 ところがその後、披露宴の費用の負担を一切拒否され、挙句に娘には、お金も物も一切出す気は無いと言い出しました。もちろん指輪のお返しも頂いていません。
実は新居の一戸建ても買うことになり、新郎の親が頭金の500万円と、新郎の財形貯蓄300万を出したのです。
それも気に入らなかったらしく、
「うちは質素で堅実、何でもやってやる親なんて、とんでもない。」と言い、新郎側の悪口を並べて帰っていかれました。
今までも娘さんが、新郎側の家で、いつもご馳走になって良くしてもらっているから、たまにはこちらでも呼んで!と言った所、「うちは質素だから、人を呼んだりするのはしません。」と拒否されたそうです。
新郎側の家では、たまたま彼女の職場に近いからか、仕事帰りに寄って食事して帰られたりしています。
色々と援助している新郎側ですが、同居を望んだり、指輪のお返しを要求したこともありません。
それどころか結納が出来なかったから、その分で家電でも買おうと言っています。
質素と非常識は違うと思います。それなのに花嫁衣裳を決める時や、ブライダルフェアなどでは、率先して口を出されます。
披露宴の費用は、招待客の数が新郎側が多いので、総費用を
招待客の人数で割り、招待客分の負担をするということに
なりました。新郎側はお祝いで賄えない分は、親が負担するそうです。
あと2ヶ月で挙式ですが、仲人としても両家があまりに
違うので、埋めようもありません。
元々、仲人を決めた事自体が既にご不満のようで、身内だけで質素な食事会で良かったのにと言われています。
いくら何でも娘さんが可愛そうで、仲人としても、最低限の
お仕度くらいはとお願いしたのですが無理のようです。
「いい歳をして(新婦は35歳で新郎より3歳年上)結婚費用くらい自分で貯めているでしょ?」との事でした。
さすがの新郎側も怒りを隠せないようですが、新婦に罪は無いからと、娘さんには何も言いません。
しかし当日の花嫁さんの介添えさんへのお礼や、布団や座布団、通常新婦側で用意する物まで負担は出来ないと言っています。
全部やったらやったで、娘さんも惨めだと思いますが、
貯金は100万程度しか無いそうです。
仲人として、このような場合、どうとりもったら良いのか、
本当に苦慮しています。
何か良い知恵は無いでしょうか?(さ・いらさん)私のような若輩ものがアドバイスは出来ませんが、自分が花嫁の立場だったらこうしてもらいたい・・・
というのでも宜しいでしょうか。

貯金100万というのは、花嫁のお母さんのことですよね?
恐らく、色んなことがあってお母さんの価値観や考え方も
今のような状態になっているのでしょうから、一方的にお母さん
が常識がない、娘さんが可愛そう、となると娘さんの方も
肩身が狭くなるのではないでしょうか。

ここは、常識という枠を一度外して「最低限のお支度」も無理に
お願いせず、当人同士がちゃんとやる、ぐらいのスタンスで行かれたら
良いのではないかな〜と思います。

最悪、介添えさんへの心づけも無くても良いでしょうし、お布団や座布団もお二人で
用意しても良いと思います。

ただ、当日花嫁の母親として来客への挨拶だけきちんとしてもらう、ということは約束してもらって
後は臨機応変に対処して行かれるのが一番スムーズかな、と思いました。

幸い、新郎側と花嫁さんが仲が良いようですし、きっと最悪の事態にはならないと感じます。

花嫁のお母さんの言っていることは極端ですが、今の風潮からしても全くおかしい、とも
言い切れないですし(全部自分たちでする、ということ)、新郎側の援助もそれはそれで
好意としてお二人が受けられたらいい事だと思います。

お仲人さんと言う大役で大変かと思いますが、お二人のお式が滞りなく
終わるよう、新郎目線だけではなく、新婦のお母さん目線からも少し
見るようにされることで気持ちが楽になるのではないかな〜と思いました。

生意気な意見で申し訳ありません。(ももさん)私も仲人さんまでつとめていらっしゃる方に意見をできる立場ではないですが、花嫁と同世代の立場からの感想ということでお聞き下さい。

確かにお母さんは頑固で少し困りますね。
もう少し相手に失礼がないように行動できればいいのでしょうけど・・・。

ですが、それは娘さんが了承しているのならそれはそれで仕方ないのかなって思います。
それでも、その考え方を相手の方に言ってしまうのではカドがたってしまうのでしょうが・・・。

各家庭の考え方で、結婚資金は自分で貯金して、親はださないって方針もあるかも知れません。
ちなみに私もそうでした。
昔から「結婚資金は自分で貯めるんだよ」っていいつづけられていましたから違和感なく親に出してもらおうとは全く思いませんでした。
実際私達は家電や家具、寝具、挙式費用、心づけ等すべて二人にかかわることはどちらの家が出すというわけではなく、二人の貯金からまかないました。彼の家からはお祝い金として少し援助は頂きましたが私の家からはなにもありません。

二人が納得していれば、そのままでもいいとは思うのですが、お母さんが頑固であるせいで彼側に迷惑(負担)がかかってしまうのならもう少しなんとかしないといけないのかもしれないですね。
私の考え方としては新婦側が払わなくてはいけないものは、親が払おうと、本人がはらおうとそれは各家庭の考え方(方針)なので、どちらでもいいと思います。
もし、娘さんの貯金であがなえないのであれば、お母さんから借りるという形で納得はしていただけないのでしょうか。
お母さんも娘が払えないから残りは新郎側が払ってとはさすがにいわないでしょうから・・・。

仲人は両家の調整役ということで、このような両家の考え方が違いすぎる場合はいろいろ大変だと思います。
アドバイスにはなってないと思いますが、このような考え方もあるということで・・・。(匿名さん)申し訳ないのですが、今回の相談文を読んでも、あまり新婦さんに同情する気にはなれませんでした。

確かに食事会のお母様の態度は非常識だと思います。
その時の態度や、(私達にはわかりませんが)その時の口調などお母様に対する反感、及び新郎側の価値観と仲人さんの価値観が似通っているためお母様が悪者になっていると思うのですが、それ以外のお母様の考え方はあながちおかしいとも言い切れないと思います。

お母様がお子さん2人を私学の一貫校に入れられたこと自体、新婦と同世代の人間としてはすごいことだと思っております。
ましてや、お父様がいらっしゃらない状態ですよね?
現在はシングルマザーという言葉も普通に聞かれるようにはなってますが、お母様が子育てに必死だった時代は今よりもさらに片親に対する偏見が強かったと思います。
そんな時代、あえて私学に入れたということは、「学歴」という社会を渡っていくには有効な武器を与えたかったということではないでしょうか?
その他の面で質素にされている・・・ということは、かなり無理もされたのでは?

そして、その姿をお子さんも見ていると思うので、
その母親に対して通常は「これ以上負担をかけない」と思うのが普通ではないのでは・・・と思うのですが。

貯金100万がお母様なのか娘さんなのか、文面では判断しづらいのですが、
お母様だったらすでに娘たちへの教育にかなり費やしている訳ですから、それ以上出させるのは酷ですし、
娘さんでしたら、(詳しい事情がわからず失礼かもしれませんが)35歳で貯金100万って・・・って思います。
それに、(いい意味でも悪い意味でも)はっきりしたお母様の日ごろからの考え方は娘さんもわからなかったのかな・・・とも思います。
35年も親子をしていれば、結婚費用を快く出してくれるかどうかわかると思うのですが。

いずれにしても、ちょっと新婦さんが甘いと思います。
そういうお母様だったら、新郎サイドに最初から「苦労して育ててくれた母にこれ以上迷惑をかけたくないので、自分達でできる範囲で・・・。」と相談すべきだったと思いますし。

いずれにしろ、お母様から金銭面での援助は期待できないと思うので、できる範囲での挙式に変更するか、新郎サイドに借りて、結婚後に働きながら返していくかしかないのでは・・・と思います。

辛口意見で失礼しました。
ただ、このような考えもあるということをご承知ください。(琴子さん)私は仲人さんをお願いしなかったので、仲人さんの苦労をお聞きしてびっくりしました。
いろいろな問題が仲人さんにふりかかってくるものなのですね。

仲人さんをお願いしたということなので、新郎側は結婚式は親が取り仕切るもの、という感覚が強いのかな、感じました。
費用も親御さんが負担されるとのことですし。

費用に関しては親が出そうが本人が出そうが、構わないような気もしますし
>「いい歳をして(新婦は35歳で新郎より3歳年上)結婚費用くらい自分で貯めているでしょ?」との事でした。
というのも乱暴ですが正論のようにも思います。
新婦のお嬢さんはその辺りはどう考えておられるのでしょうか。。。

ちょっと変わったお母さんでらっしゃるのは確かなようですけれど
さ・いらさんも書かれているように「当日花嫁の母親として来客への挨拶だけきちんとしてもらう」ところだけ
最低ラインとしてお願いすれば良いかと思います。
「こちらは○○したのに、あちらのお母さんは・・・」
と新郎側からは声が上がるかもしれませんが、
新郎新婦が考えを一致させて「僕たちはこうしたいんだ」と意思表明をしてもらったらどうでしょう。
書き込みを読む限り、二人の意見が感じられないのが気になりました。
二人が上手く立ち回って、無理に両家の足並みを揃えようとしないほうがよいのかな、と思います。
仲人さんが全て調整するのではなく、二人にもう少し任せてはいかがですか?(迷える仲人さん)私の書き方が悪かったようです。貯金は娘さんが持っていらっしゃる額で、お母様の貯金等について聞いたことはありません。
食事会の時はお母様に「正月等は帰ってこなくていい。」とか、「孫が生まれたら、あちらの家でみてもらいなさい。」
と言われてました。
私には「結婚するのに家の子は遅すぎる歳ですよね?」と
こちらが返答に困ることを言われました。
私は「今は皆さん、ゆっくりですよ。だからこそ新郎とめぐり合えたんじゃないですか?」と言いました。
娘さんとの間に、多分私の知らない埋めがたい溝があるんだと思います。
その日はたまたま私の主人が、午前は食事会で、午後は他の披露宴に出るために、主人のみ先に中座させて頂きました。
すると私に「もっと怖い人だと思っていたけど、案外普通の人なのね。」と理解に苦しむ言葉を言われました。
ほめ言葉だったのだとは思いますが、表現が下手な方なんだと思います。
衣装合わせの話をした時もお母様は、「安い衣装でいいじゃない!!!どうせ外人モデルみたいにスタイルが良いわけでも、顔が綺麗なわけでも無くて、何を着ても着映えがしないんだから、安いので十分よ。」と言って、周囲を凍りつかせました。
指輪を見たときは「まぁ高かったでしょう?この鑑定書大事にしなきゃね。これが無いと価値も下がるらしいから。」
と言っていました。
私は新郎側に、一回娘さんとこれからについて話し合うべきだと言いました。
先日ももめた時に、お母様が新郎に向かって親御さんの悪口を言っているのに、間にも入らず、ただふてくされて背中を向けて座っていたようだったので、今日、新郎の母親に
「もういい大人なのだから、申し訳ないけれど、こういう時に新郎と、自分の親が険悪なのに、間に入って母親に相手の親の悪口を言うのを 止めさせる位の事が出来なくては困ると思う。」と言いました。
新郎の母親は血圧が上がってしまって寝込んでいました。
私はとてもかわいい娘さんだと思いますが、皆さんの言うとおり、もう少し覚悟のようなものがいるのかもしれません。
有難うございました。

rectangle 広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする