彼女は僕のところへ来るという大きな妥協をするのだから、それ以外は全て容認しろと言われている様な気分ですーBBSより転載

♣︎マモルさん
同棲1年半後に遠距離3年で来年彼女と結婚を予定している30になる者です。
結婚後は彼女が僕の実家に嫁いでくる事になります。付き合った当初から、自分と結婚したら家業を継がなければならない事は言ってありました。彼女も納得した上で付き合っていました。
最近、遠距離も3年になりすれ違いが多かった事も否めませんが、なんとか結婚へ事が進んでいる中で、色々とぶつかり合いが起こりました。
その内一番引っかかるのが、「価値観の摺り合わせ」という妥協を彼女が疑問を持っている事です。僕は、物の考え方が違う者が好きあって生活をする決断をするならば、自分の価値を少し軌道修正するのは仕方ない事だし、関係を良好にする為には犠牲と言うよりむしろ頑張ろうという前向きな気持ちが強くなるものだと思うのですが、彼女はそうは思わないらしいのです。
彼女はありのままの自分で居るべきだし、好きならそれをそのまま受け入れるべき、自分を妥協という名の下に変えるのは違うのではないか?と思っているらしいのです。
それは、もちろん自分と限りなく近い価値観の人と結婚できるならそれ以上に楽なことはないと思うし、ラッキーではあるでしょう。けれど、残念な事に私達2人はかなり価値観が違います。けれど、別れたくないならお互いが歩み寄るより方法はないと思うのです。僕も、自分だけが折れて彼女に合わせられる程度量が大きくないです。
それから、彼女はどうも自分の故郷を出て僕の実家に来ることがおおいに不満のようです。僕が歩み寄りだのと言う話を始めると「私は自分の全てを捨ててそっちへ行くのよ」と言います。それを言われると僕の何も言い返せません。そうなると、彼女は僕のところへ来るという大きな妥協をするのだから、それ以外は全て容認しろと言われている様な気分です。又は、そうするべきなのか…。
皆さんはどう思われますか?
全て順調に事が運んでいると周りの人が思っているので、誰にも相談も出来ずこちらに書き込ませてもらいました。
ご意見をお待ちしています。

私も同じように思ったので 彼女の気持ちはよくわかります
彼女からすれば 一緒に暮らすためにすべてを捨てる=大きな妥協をしている
わけですから そういう発言になってしまっても仕方ないと思います
#もちろんそう思わない人もいるとは思いますけどね
彼女はすごくすごく不安なんですよ
いくらマモルさんのことが好きでも
今までの生活を捨ててまで一緒に暮らしたいと思っても
不安なんです
今まで暮らしたこともないところでマモルさんだけを頼りに生活することが
友達も一から作らないといけないという環境が
今までだったらすぐに遊べた友達が一人もいないという境遇が
そして対するマモルさんは今までと変わりない生活で
そこに彼女がやってくるだけ
いったいあなたはなにを妥協してるの?と思ってしまってるんだと思います
そんな状態で妥協しろと言われたら腹が立ってしまいます
今はそういう心理状態ではないからです
それでなくても一緒に暮らしはじめたら彼女はいろんなことを妥協しなくてはいけないでしょう
生活習慣がまるで違う家庭に入るわけですから
不安なんです とても
今はある程度のことはマモルさんが妥協してあげるときだと思います
もちろんあまりにひどい内容なら妥協する必要はありませんが
彼女が新しい生活に慣れて落ち着くまでは
ある程度大目にみてあげる寛容さが必要だと思います
そうあって欲しいと 私なら思います(ぽぽろんさん)

ぽぽろんさん、ありがとうございます。
確かに酷い内容かは分かりません。他人から見れば「それ位は…」というものかもしれないです。
具体的には、異性交遊(異性の友達が多いです)や余りにものんびりとしている所(僕におんぶに抱っこな所が多いです)で、最近は結婚の手続きや引越しなどのほとんど全てを僕がやっている様なふしもあります。まあ、来て貰う以上は新しい家を探したり引越しの準備などは僕がするのは目を瞑る覚悟は必要と感じています。が、希望ではもう少し協力して欲しいです。これから二人の生活が待っているのに、少し惨めに思ったりもします。これからもずっとそうなのかな、と思うと不安もあります。
異性交友やのんびりした所をもうちょっと頑張って二人が納得して気持ち良く生活できる様に努力して欲しいとお願いしました。もちろん、僕も自分のせっかちだったり嫉妬が強い所は直したいと話しました。そうしましたら、彼女に「私の価値を曲げたくない。本当に好きなら今の私を変えないで欲しい。私も今のあなたでいいから。」と言われてしまったのです。でも、それだと今まで何度かあった危機をこれからも何度も繰り返す事になってしまいます。それは二人の為に良い事だとは決して思えないです。
ですが、やはり、彼女が僕の地元へ来てくれる以上は彼女のしたい放題にさせる位の大きな男じゃないと無理なのかもしれないですね。かなり、自信がありません。彼女が他所の地で不安なのだろうと分かっているのですが、それを考え過ぎると彼女はこの結婚の為に犠牲を払ってしまっている、けれどだからと言って僕が彼女の全てに目を瞑るのは間違いではないのか?と苦しいです。彼女が価値観の摺り合わせをせずに、過去にあった危機を何度も繰り返す未来なら、今止めた方が二人の為かもしれないとさえ思ってしまいます。(マモルさん)

私もぽぽろんさんの投稿を読んで、「納得!」と思いましたが、
異性交友はちょっと厳しいですね。離れているなら尚更心配でしょうし。
私の主人は、かなり器の大きな人で結婚前も結婚後も、好きなようにさせて
くれますがやはり異性交友(友人ですが)だけは嫌がりますね。逆に私も同じ事されたら嫌ですし。
でも、女性ってどちらかと言うと何でも(特に生活に関わる事は)自分が関与したい(決めたい)って
思う場合が多いように感じますが、彼女さんは逆なのですね。。
ただ、もしかしたら今後の不安もあって自暴自棄になっている部分がそうさせているのかも
知れませんが、見極めが難しいですね。。結婚してもメールや男友達とバンバン遊びに
行かれても…普通の男性ならなかなかそこまで寛容になれないのではないかと思います。
その辺りは、話し合いされましたか?今だけ…って言うのなら、目を瞑るのもありかも知れませんが…(さ・いらさん)

私自身は逆の立場(夫が転職して私の地元に来た)ので、彼女さんの気持ちがよくわかってないのかも知れませんが、
彼女さんの言い分はちょっと勝手に感じました。
家業を継ぐ人と結婚して、今の土地を離れることを決心したのは彼女自身ですよね。
それはそれ、ほかの部分の歩みよりはまた別の話だと思います。
「ありのままを受け入れてほしい」
というのは私も共感しますが、それは他人からの提案に耳をふさぐことではないと思います。
努力してより良くしたいマモルさんと、ありのままでいいでしょという彼女さん
価値観の最大の相違点はこの部分なのかも。
今後も平行線であるならば、考え直したほうがいいかも知れません。(琴子さん)

こんにちは。かすみと申します。
私はたぶんマモルさん派の人間です。
お互い理解しあい、成長していこう!って思ってます。
これって正論なんですよね。
だから話し合いしてもどこか自分が正しいと思ってしまいます。
ただ、彼女さんの言い分をもう少し聞きたいかなぁという感じがします。
うちの主人や私の親友は「彼女さん派」な気がするので代弁すると・・・
親友が言うには、無理して変わっても仕方ないし、変わりたかったら自分で変わる。強要されたくないし、自分も強要するつもりはない。などと言ってます。
ただ相手が絶対譲れない要求をされたら呑むと思います。
もしくは呑めないようなら結婚しないと思います。
私の主人は一切私に注文をつけたことがありません。
結婚して丸3年近く経ちますが、一度もこうしてほしいとかこうなってなど言われたことがないんです。
逆に私はもっと女心をわかってとか、マイホーム計画しっかりしてって年に数回言ってしまいます。
でも、主人は絶対言わないんです。
それは「強要したくない・するものではない」からだと思います。
そして強要をされなかった私は結婚して変わりました。
なりたい自分に近づけた気がしています。
もちろんのんびりやな主人に腹立つこともありますが、とても感謝しています。
こんな一例を伝えたく、長文にて失礼しました。
ちなみに異性交遊に関しては、さ・いらさんもおっしゃってましたが、結婚後どうなるのかによって対応も変わるような気がします。(かすみさん)

>全て順調に事が運んでいると周りの人が思っているので、誰にも相談も出来ずこちらに書き込ませてもらいました
誰にも相談できないことも問題の一つかと思いました。問題は隠すことによって更に重大になりやすいものだと思います。
また彼女はマモルさんの性格から自分の中にだけおさめることを知っていてわがままを言っているのかなと思いました。
>「私は自分の全てを捨ててそっちへ行くのよ」
>「私の価値を曲げたくない。本当に好きなら今の私を変えないで欲しい。
これも矛盾していますよね。
全てを捨てるのならマモルさんが悩んでいる問題は発生しませんから。
ありのままの自分というと格好はいいですが身勝手と同義語に使うこともできます。
いずれにしても同棲1年半後の遠距離3年、今手にしている安定した自由を手放すのが怖いのかも。
それでなくても結婚前には女性は名字を変えたりそれに伴って様々な手続きで一つ一つこれまでの自分を捨てていくような思いにとらわれたりします。
マモルさんの実家へ同居することでマリッジブルーは一般よりも強いかもしれません。
マモルさんが懐を大きくして彼女を受け入れるのは勿論ですが彼女もマモルさんの努力を思いやって寄り添っていく姿勢が見られるといいですね。
それと信頼できる方に相談できると解決(良くも悪くも)が早まると思います。(ゆこさん)

結婚って 決めることやることいっぱいですよねー
思うに マモルさん あなたがマリッジブルー!
人は変わらないと思いますが
落ち着いてしまえば 経験した同棲生活とあまり変わらない
生活が待ってますよ。
その生活の中では ちゃんとお互いが譲り合っていたのではありませんか??
長い付き合いだと思うので 結婚するんだから こうなれ!
というのは無理じゃないかな?
ケンカとかしながら学習して 徐々に変わっていくものだと思います。
がんばってくださいね。
ちなみに のんびりとしている所(僕におんぶに抱っこな所が多いです)  コレは変わらないと思いますよ〜
だって 彼女さんは そこがあなたといて居心地のいいとこだと思いますものww
そんなとこがあるからこそ あなたの実家に嫁ぐ決意もできたんじゃないかな?(通りすがりですさん)

単純に考えると、彼女は今の生活が楽しくて仕方がないんだと思います。
あと遠くに嫁ぐ不安が大きいのでしょうね。
自分で覚悟をしたとはいえ、いざ話が進むと現状を変えたくないというか…。
私も関東から九州に嫁いできたので、遠くにいく彼女の不安さは理解できます。
でも私の旦那は九州にきて私が孤立しないように…という配慮もあって、
結婚する前、旦那の友達夫婦2組紹介してくれました。
その中で関西から嫁いできた人もいて、その人を通じて結婚後「よそ者仲間」ができました。
グチが言いあえる仲間、友達がいるだけで気持ちの持ちようが違います。
なので、もしマモルさんの友達を紹介してあげる機会があったら会わせてあげてください。
知ってる人がいる…っていうだけで全然違いますよ。
住み慣れた場所での同棲と知らない土地での結婚生活は、似てるようで違います。
同棲できたんだから、結婚生活も平気だろうと簡単には思わないで欲しいかな…。
でも基本的には、マモルさんと同じくお互いの持ってる価値観を摺り合わせる事は大事だと思います。
その辺彼女は甘えすぎてるのではないかな…。
「お互いがお互いの事を思いやる事」ができれば、おのずと摺り合わせる事ができると思うのですがね…。
ちなみに九州にきて3年目になりますが、ようやく土地に慣れてきたな…ってところですよ。(まーさん)

— 努力してより良くしたいマモルさんと、ありのままでいいでしょという彼女さん価値観の最大の相違点はこの部分なのかも。
— お互い理解しあい、成長していこう!って思ってます。
これって正論なんですよね。だから話し合いしてもどこか自分が正しいと思ってしまいます。
— ありのままの自分というと格好はいいですが身勝手と同義語に使うこともできます。
— のんびりとしている所( コレは変わらないと思いますよ だって 彼女さんは そこがあなたといて居心地のいいとこだと思いますもの
— 遠くに嫁ぐ不安が大きいのでしょうね。
自分で覚悟をしたとはいえ、いざ話が進むと現状を変えたくないというか…
僕も、皆さんの意見にあるこれらの事が頭の中を巡ってます。
本当に僕の言っている事は正論なので、話し合いの中でこの正論をどうやって彼女と折り合いをつければいいのか、皆目検討がつかずに困っています。正論が通らない時はどうしたらいいでしょうか?こんな事をこの歳になって人に聞くのも憚られますが教えて下さい。
最近は、1週間ほどずっと話をしていないんです。今度はきちんともう1回したいのですが、今度駄目だったらもう終わりか?と思うと踏み切れない思いです。情けないですが…。
自分の兄弟にだけは少し話しています。が、何分血の繋がった兄弟なので考える事は基本的にはほぼ同じですね。最初から歩み寄りを拒否するならしょうがないのではと言う感じです。別れるのが嫌なら、惚れてるなら、そういう彼女を受け入れろとまで言われました。
実際、彼女がどうするか?よりも、僕自身がどうするか?という問題に変わってきてしまっています。
因みに彼女は僕の親とは同居はしません。近くには住みますが別世帯です。それから、似たような趣味の友達にも合わせる事は彼女にも伝えてあります。他にも、彼女がさびしくない様に、二人で一緒に出来る趣味の集まりなんかを探したりしています。冷たいかもしれないですが、どんなに頑張っても彼女にしてあげられる事はこれ位です。友達やそういう場所を提供しても、それを上手く利用して自分の世界を広げてくれるかどうかは彼女自身の努力にもかかってきます。365日彼女のそばに居られる訳ではないので、そこは本当に済まないけれど、彼女に頑張ってもらうしかないと思ってます。(マモルさん)

rectangle 広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする