結婚前にきちんと聞かなかった私も悪かったのですがーBBSより転載

♥ルーコさん
結婚して約半年の30歳新米主婦です。旦那は25上で、結婚前デートで何から何まで出してくれる人でしたので、多くはないだろうがそれなりの収入はあるだろうとおもっていました。私は結婚してもフリーランスの仕事を続けています。これだけ年上なら旦那が生活費をすべて出すのは当然だ、(私の収入は将来の貯蓄に回す)と思っていたので、それでも自分のお小遣いは自分が出すということで妥協して(自分で決めた)、家賃と食費雑費あわせて9万円だけいただくことにしました。光熱費やそのたもろもろの生活費は彼がだしています。でもなぜか独身時ほどよゆうがなさそうだし、赤字になるとか言うので、おかしいな〜と思い、給料をききますと18万とのこと。ショックでした。(私はフリーで毎月定額の収入ではありませんが、彼を超えるときが多いです。)せめてもう少しはあるとおもっていましたから。結婚前にきちんと聞かなかった私も悪かったのですが、聞かれないのをいいことに黙っていた(恥ずかしいというのがあったようです)旦那にも腹が立ちます。一種の「だまされた」と言う感覚が絶えず心の底にくすぶり、特にいらいらしたときとかはそれとなく当てこすって酷いことも行ってしまいます。そんなときは結局口論になって後で自己嫌悪です。これだけ年が離れているし相手が積極的で結婚したから、せめて私が働かなかったとしても養うくらいの収入はあるだろうとは無意識に期待していました。それでなおさら相手に腹が立ってしまうのです。家事は半分くらい進んでやってくれし(共働きだから当然ですが)やさしいのですが。彼としては、だまっていただけで、騙すつもりはなどなかったと怒っていいますし、私がたとえ専業主婦になっても、つつましくやれば何とかなるとおもっていたようです(とてもその給料じゃ、まかなえないと私は思うので、これも腹だたしいですー実際肌が弱い私は基礎化粧品にもお金がかかるし、携帯やネット代、医療費も含めたお小遣いだけで4万くらいは要ります。)
家賃、食費、ガソリン代(2万くらい)光熱費、生命保険諸々払っていたら18万ではぎりぎりというところみたいで、最近は私が食費くらい負担すべきだろうかとおもったり、しかし一方で、そんな給料なのに黙って結婚しようとした彼が悪いとイライラが募ったりして・・・どういう風に感情に折り合いをつければいいのかわからないのです。私もあまりこだわらず、自分も働いているのだから共に助け合うべきなのではないかと、こだわっている自分を責めて情けなく思います。少し彼の方も余裕がもてるためにも私がせめて食費くらい出したほうがいいのでしょうが?でも私としては自分の収入をできるだけ将来のために貯金したいのです。。皆様どう思われますか?心の持ち方から具体的なことまで何でもご指摘ご指示いただければありがたいです。
優しくて穏やかな人なので円満に結婚生活を送っていきたいと持っています。そのためにもこのお金の問題なんとか解決したいのですが。。。

さいらさん、早速お返事ありがとうございます。私はわがままではないですか、そういっていただけると(涙)。。今は自分も収入があり生活は普通にできているのは問題ないのですが、彼の給料が少なすぎることが、女性の私にとって少し惨めに感じるのです。結婚前、デートでいろんな(それなりの食事にもよくつれていってくれた)小旅行も計画してくれていたのに、それが結婚したとたんなくなって。財布の紐がしまりすぎて、そういった外で二人で楽しむ時間も減ったことが、悲しいというのもあります。私は年上のすべての面での包容力というのに期待していたのでしょう。経済面が頼りないことに本当にがっかりしてしまいました。
貯蓄は、350万ほどあります・・・あと貯蓄型保険に長年は入っているので、3年後10年後には、300万、500万づつおりてくるらしいのですが、でも彼の年代の人の貯蓄にしては少ないです。
彼は前の会社倒産後今の会社で給料がた落ちしてしまったみたいです。年齢が年齢ですし今から転職はほとんど無理だと思われます(本人に願望なし)。もちろん定年後も再雇用でできる限り働くつもりみたいですが。
一番心配なのは、やはり私が子供ができて働けなくなったときです。。そのためにも今ちゃんと貯金しておきたくて。
自分のお小遣いの内訳ですが、化粧品・美容に1万、服に1万、飲み物や昼食、本、雑費に1万、交際費5千、医療費交通費に5千くらいといった感じです。多いでしょうか??携帯やネット代も自分で払っているのでこれらをいれるとさらにかかります。 私の方も独身時の貯金がある程度あるので、働けなくなってもすぐには困らないのですが。
ただ年齢差はそうとう覚悟して結婚したので、生涯私一人になっても食べていけるように、フリーですが今の仕事は続けていくつもりです。
私は結婚において、お互いへの愛情・優しさが何より大事だと思っていたし今も思っています。でもやっぱり生活していく上でお金も大切ですね・・・と結婚して思いました。皆さんの投稿を読んでいて、高収入でも専業主婦の奥さんに生活費くらいしか渡さない主人もいるれしょうし、えらそうにされたり、息が詰まるようだったり、いろんなタイプがいますから、高給でさえあればとは思いません。(ルーコさん)

>ルーコさんへ
すみません。投稿していたのですが、自分の文章に思うところがあって削除していました。(>_<)
(そのあと時間差でお返事いただいたようで)
状況がよく分かったので時間があるときに改めてレスさせてもらいます。
すみません。(さ・いらさん)

失礼しました。
ご主人、事情がおありだったのですね。再就職となると、給料は下がる場合もありますから仕方ないですよね。
でも・・・やはり、そういったことはご主人が結婚するに当たってきちんと言っておくべきだと思います、男として・・・
勿論結婚する前に話し合わなかったという点ではルーコさんに非がないとは言えませんけども(辛口すみません。)
周りがどういう生活をしているか、というよりも、やはりご主人の条件をルーコさんが呑めるかどうか、ですよね。
ご自分の人生ですから、悔いの残らないようにして欲しいと思います。
p.s. お小遣いについては、結婚してからは激減して(させて)、ルーコさんの半分ぐらいでやっていますよ。^^;
まあ何かと出費はありますけどね。(さ・いらさん)

さいらさん
お返事ありがとうございます。
今まで給料面のことを話すのは二人とも避けていました。でも昨夜、私が結婚してからどんな二人の関係を望んでいたか、どのように暮らしたかったか、それには贅沢する必要なないけど多少余裕がないとできない、今のあなたの給料ではカツカツで、私が働いていないとやっていけない、私はいつも少しよゆうがある暮らしをしたいのでがんばって働いている、結婚してあなたの給料をしったときは正直ショックだったー等々胸の内をさらけ出しました。
彼自身も、結婚前に本当のことを言っていなかったこと、悪かったと本当に申し訳ないととても反省していました。別れたいなら別れていい、世の中には高給取りの男はたくさんいるんだから、といわれました。でも私は、離婚はできないと思っているし、私は相手の給料が少ないから離婚するなんていうのはとてもできません。ただどちらにもすすめず言葉が出ず涙が止まりませんでした。離婚という道がないなら、心に折り合いをつけるしかありませんでした。今もそしてこれからも私には好きな仕事をがんばれるし、ある程度のよゆうができている、薄給だけれど彼の優しさと愛情は人一倍だし、離婚したからとてこんな優しさを持って私を愛してくれる人に出会うことはできないだろうと思い、今の生活を守っていこうとおもいました。また今後同じようなことがけんかの種になることはあるかもしれませんが、今回真正面からぶつかりあってよかったと思います。(ルーコさん)

スポンサーリンク
レクタングル336×280
レクタングル336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル336×280