肌のコンディションの事を理由に会う日を変えてもらうのは失礼?ーBBSより転載

♥ゆきさん
初めて投稿させていただきます。
28歳、今年で付き合って9年の彼(同い年)がいます。
ずっと就職浪人していた彼の仕事が決まったことを機に、
今度九州にある彼の実家に初めて伺うことになりました。
実家を訪問するという話は今年に入ってすぐ決まり、
日程もGWのどこかでと決まっていました。
私は資格を取る為に二年前に仕事を辞め、東京の実家で勉強の日々を送っているのですが、試験日が近付いてきたというプレッシャーと、彼の実家に行くというストレスから、
顔全体を覆い隠す位の大人ニキビが、予定している日の二ヶ月前位からできてしまい、親や友人にもちょっとこれは酷いね、と心配される位です。
このストレスによる大人ニキビが原因で接客業だった仕事も辞めなくてはならなくなったのですが、
今回もあまりに酷い状況で困っています。
彼は「約束を違えるのが一番失礼だ。覚悟を決めろ」
と言うのですが、顔全体を覆い隠してしまう程の赤いブツブツの状態で彼の両親に初対面することが耐えられず、何度も日程をずらしてくれるよう頼んだのですが、「何か言われたら俺が守る」と彼は取り合ってくれません。
彼の気持ちには感謝しているのですが、私としてはせめてもう少しコンディションのいい時に会いたいですし、
そもそもこの顔で外にでることすら辛いのです。
(小・中・高と不細工、ブス、キモイ顔等顔のことでいじめに遭っていたので、そもそも顔自体にも自信がなく、
それに輪をかけてこの肌の状態なので;;)
そんな状態でもご両親に約束した手前会わなければいけないのでしょうか。
やはり肌のコンディションの事を理由に会う日を変えてもらうのは失礼なのでしょうか・・・。
どうか皆様のご意見をいただきたくよろしくお願い致します。

お辛いですね。
「皮膚科のトラブルで、お邪魔できる状態ではないので治り次第すぐお邪魔させてもらいます。」
という感じで(ニキビと言うとそれぐらい・・・と思われそうなら)彼から親に言ってもらうことは無理ですか?
皮膚科にはかかってらっしゃるんですよね?先生ともしっかりお話されましたか?ストレスが原因とのことですが、試験と彼の結婚がプレッシャーになっているようなら
どちらか一つずつ片付ける(という言い方は変ですが)ようにするとか、まずは
やはり体調を整えることをされた方が良いと思います。
結婚の準備も進んでくると大変ですし、結婚式にしてもお肌の状態が良いに越したことはありませんからね。肌の調子ってメンタル面にも大きく影響しますから、マイナス思考になってらっしゃるようですが
余り自分を責めないようにして下さいね。
まずは彼親さんに失礼のないように延期を申し出てみてはどうですか?
私は失礼なことではないと思いますけど。
9年間もお付き合いされてきた彼さんですから、ちゃんとお話したら分かってくれるのではないかな?と思いますけど。(さ・いらさん)

さ・いら様貴重なご意見ありがとうございました。
温かいお言葉、とても心に染みました。
彼には何度頼んでも頑として日にちを変更しようとはしてくれません。
お兄さんご夫婦にもわざわざ出てきてもらう手前、やっぱり他の日に、というのはしたくないようです。
肌のこともそうやって悩んでいるからだと、
私が自分で原因を作っていると咎めます。
皮膚科の先生はストレスが一番大きな原因なので、
その元が解決しないと回復するのは難しいよと言われています。
事実仕事を辞めてからずっと肌の調子は良かったので、
試験日が近付いたことと、彼の家に訪問するという緊張が重なって、現在のトラブルが起きていると思います。
彼は男性にいつも顔のことで敬遠されていた私に自ら告白してきたような人なので、肌のこと・外見のことでこんなに悩む私が理解できないと言います。
「人間は中身だろうが」と言う彼の言葉は尤もだと思いますが、好かれたいと思っている人と初めて会うのに、
女として顔中にきびで行くというのは今の私にはやはり酷で、平行線の話し合いに彼に対する憤りすら生まれます。
さ・いら様がおっしゃるように、まずは試験と体調、その後で結婚を視野に入れた挨拶、と一つずつこなしていきたいと思っているのですが、彼としては早く結婚したいらしく、
その為に挨拶、その後両家顔合わせ、婚約等、サクサク進めて行きたいと言います。
意見を曲げる気のない彼に、もう開き直って行くしかないのかと思うと、自尊心とプライドを押し殺す選択をしなくてはならない悲しさに、どうしてわかってくれないのかと思ってしまいます。
ストレス如きでこんな風になってしまう弱い自分が悔しいですが、絶対に行かなくてはいけないのなら、女は愛嬌と笑顔で頑張るしかないのかな、と思っています。(ゆきさん)

rectangle 広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする