彼は怒ると言動がとても怖くて、ビクビクしてしまいますーBBSより転載

♥ミライさん
結婚を決めた彼の言動で不安になることがしばしばあります。
ちょっとしたことでムキになる性格で、優しく説明すればそれで済むものも、延々と熱く強い口調で説明します・・・。ちょっと批判的なことも混ぜながら。
それをまともに聞いていると滅入ってしまうので、最近は流すようにしていますが、今後も同じことが繰り返されるのかと思うととても不安です。
普段はとても優しくていつもニコニコしている人です。
DVではないですが、怒ると言動がとても怖くて、ビクビクしてしまいます。冷静に「怒鳴らずに聞いて。冷静になって。」と言っても逆上してしまいます。ヤンキーのような怒鳴り方ではないんですが・・・一度怒ると引かないんです。
それ以外は特に問題はなく、一緒にいて楽しいです。
どのカップルも100%完璧な相手はいないとは思いますが、こういった言動で毎回不安になっている私はまだ結婚に至るべきではないのでしょうか?
仲直りをすると「やっぱりこの人と一緒になりたいな」と思えます。だけど、結婚するには条件が合ってる人だから結婚したいのか、怒ると怖いけど本当に好きだから結婚したいのか・・・よくわからなくなっている自分がいるのも確かです。
喧嘩したときの言動さえ緩和されるのであれば、他に問題はありません。ですが、直すのもかなり苦労しそうです。
その前に私も彼を怒らせるような攻撃的な言い方にならないように注意すれば回避できるのかな・・・と思ったりもしています。友達は、「なんでミライばかり努力しなくちゃいけないの?」と言います。確かにそうかもしれませんが、私は「きっといつか彼も変わる日がくるはず」と信じたい気持ちが強いです。「簡単には変わらない」、「結婚したら悪くなる一方」とも言われます。ごもっともですが、やっぱり信じたい気持ちがあります。私の考えは甘いのでしょうか?

>>簡単には変わらない」、「結婚したら悪くなる一方」とも言われます。
このアドバイスはとても大切だと思いますし、本当にその通りだと思います。別件ですが他の相談にも「結婚したら変わると思っていた」という書き込みは多いです。
もちろん「子供ができれば変わる」という考え方もダメだと
思います。結婚は一生の事ですから慎重に決断するべきです。
たとえばこんな考え方はどうでしょう?
もし結婚後子供が産まれてその子の前で今のような怒りかたをするご主人とどう思いますか?お子さんには影響はありませんか?また同じような言い方でお子さんに怒るなら、母としてどう思いますか。
もちろん結婚しても夫婦な以上、仲がよかったり喧嘩したりの繰り返しですが、その怒り方が一生続くとして、それはミライさんがずっと想像していた理想の家庭像ですか?
ここまで否定的な意見を聞いても「彼となら」と思えるなら私はいいと思います。(てんむすさん)

彼はどんなことで怒るのでしょうか。
情報が少ないのでなんともいえないのですが、
まだ手をあげられていないのでDVではなさそうですね。
でも。もしかしたら『モラハラ』なのかな?という印象を受けました。
モラルハラスメントです。
参照URLをつけておきますので、よかったら今の彼と照らし合わせてください。
http://www.geocities.jp/moraharadoumei/mokuji.html
このURLであてはまらなくても、『モラルハラスメント』で検索してみてください。
精神的な嫌がらせという意味らしいです。
簡単に言うなら、たいして怒るようなことでもないのに
『どうしていつもお前はそうなんだ!』と相手を責めるような怒り方をします。
怒られた相手は『自分が悪いことをしたから怒らせてしまった』という
意味不明な罪悪感がわき、その人を怒らせないように、怒らせないようにと
行動していくようになります。
一種の暗示や催眠のようなもので、その被害者は精神的に追い込まれ、
極端な話し、生きることさえもイヤになる、ということです。
いづれにせよ。
このような不安があるうちは、安易に結婚しないほうがいいと思います。
恋愛中って自分の直感が『?』と思っていても、相手への愛情が邪魔して
その直感さえも『気のせい』とか『そのうちなおしてくれる』と受け入れられなくなりますから。(こーるさん)

ご意見ありがとうございます。
てんむすさん>彼は子どもが生まれたら、私が子どもに怒鳴ったらだめだよ。と言います。彼自身は怒らない父親になるつもりらしいです。。。でも確かに妊娠・出産・・・育児となると、彼も変貌するかもしれないという不安は隠せません。。。
こーるさん>リンクのサイトを見ました。
モラルハラスメントという言葉、知りませんでした・・・。
読んでみましたが、彼もモラハラかもしれません。全部があてはまるわけではありませんが、結婚したらこうなるのかもという不安がよぎりました。
私も共依存症なのかもしれません。自分ではハッキリと物事を決められないのが数年続いてしまっています。彼とはもう無理!と思う反面、今別れていいのだろうか?結婚してしまった方が楽なんじゃないかな?と思うと別れることも前へ進むことも億劫になっています。
彼は「離婚は絶対しない」と言っていますし、また彼の両親にさえ、「俺が決めたことに従わせる」と豪語しています。「○○家のルールは俺が決める」と付き合い出した当初から言っていました。
ただ、彼のご両親や周りの友達にもたくさん会いましたが、みんなとってもいい人ばかりです。あまりにもいい人ばかりなので、私も安心していましたし、彼の言動で気になることがあっても、周りの人の良さで「大丈夫」と自分に言い聞かせていました。
こんな風に書いていて、私はやっぱり結婚はするべきではないんだなーと思っています・・・。
ただ、婚約指輪も効果なものをいただいてしまって、さらに教会も予約、手付け金(代理店に)も彼が払ってくれています。
来月、彼のご両親と私の両親を交えて顔合わせがあります。
以前、不安がまだあるから結婚の時期を遅らせたい、ということを電話で伝えたら、婚約指輪を内緒で用意していてくれたらしく、「もっと早く言え!」「そういう情緒不安定なところもう嫌だよ」というようなことを言われてしまいました。あげくの果てに彼から「別れる!」と言われて・・・。ですが、何時間後かには私から再度電話をして、よりを戻しました。すると「ミライから電話が来なかったら完全に別れてた。電話くれてよかった」と涙ながら?に話していました。
ついこの間の喧嘩でも、「すぐ感情的になるのやめて」と私が言ったら、「こういう性格なんだからしょうがない。直す気はない。俺の人格を否定してんのか?」と言われました。そのくせ、私には「そっちがそういう言い方するからいけないんだ」と言います。それってあなたも私の人格否定してませんか?と思いましたが、引いておきました。
んー・・・。昔はちょっと嫌な面を見たらすぐ別れることも平気でできたのに、今は結婚ということが頭にあるからなのか、嫌だと思っていながらも「がんばれるはず。変われるはず」という期待をして別れという決断ができません。
長くなってごめんなさい。
きっと読んでくださっている方から見れば、「別れるべき」とおっしゃいますよね・・・。
決断できない私・・・どうしたらいいんでしょう・・・・(ミライさん)

>今は結婚ということが頭にあるからなのか、嫌だと思って
>いながらも「がんばれるはず。変われるはず」という期待
>をして別れという決断ができません。
お気持ち分かります。せっかく見つけた伴侶、もしかしたら上手く行くかも知れないのに
ここで別れていいのだろうか・・・っていうお気持ちでしょうか。
でも、
>その前に私も彼を怒らせるような攻撃的な言い方にならな
>いように注意すれば回避できるのかな・・・
この意見を拝見して(よくDVの被害の方の意見で聞きますよね。。暴力はないのでDVではないようですけど)
辞めたほうがいいのでは・・・と感じました。
彼の周りに良い人が多いというのも、DVやモラハラの人って外(ミライさん以外)では本当の自分を出してないから周りには分からないん
じゃないですか?
>コールさんも仰ってますが、モラハラの可能性がある限りは、私も結婚はお薦めできません。。
彼、性格を直す気はないって言ってるんですし、今の段階で決断されるのがベストだと私は思います。。(さ・いらさん)

>結婚してしまった方が楽なんじゃないかな?
確かに。たぶん。
今のミライさんが一番楽な行動は、このまま彼と結婚することでしょうね。
婚約を白紙に戻すのは、かなりの労力を使いますから。
この先も、彼のわけのわからない怒りにいつも怯えて暮すようにはなりませんか?
『私さえ我慢すれば』『私が気をつければ』
こんなバカな考え。
常に思っていなければ生活できないなんて異常です。
たぶん、そんな彼の隣にいるミライさんは、今の状態に少し麻痺しているようにも見受けられます。
今。一時の流れに身を任せたがために、一生嫌な思いをして暮すようにはなりませんか?
>彼は「離婚は絶対しない」と言っています
ということならなおさらだと感じます。
もしミライさんが結婚後『もうムリ』と思っても、相手が応じなければ
離婚さえも至難の道になるのではないでしょうか。
もう一度、自分の中でよく考えてみてはどうでしょう。
ミライさんの大事な未来なんですから。
何も、制限時間なんかにとらわれなくていいんですよ。
事は一生のことです。これはわがままなんかじゃないんですよ。
じっくり、ゆっくりで大丈夫。
不安なら、ご両親に言ってみてはどうでしょう。
『少し、結婚までの期限をのばしたい。』と。
ご両親だって、ミライさんの幸せを願ってますよ。
相談できるようなご両親だったら相談してみては?
ご両親がダメだったらご兄弟にでも。
そして
>不安がまだあるから結婚の時期を遅らせたい
と彼にもう一度言うのであれば、
今度は彼の攻撃的な言い分にも屈しない態度ができるように
毅然とした態度で挑んだほうがいいと思いますよ。
彼がモラハラだとは確定できませんが、
【怒りを相手に見せることで相手をコントロールできる】
という考えは、彼の頭の中から払拭しておかなくてはならないと思いますので。
すべての費用を彼が出してくれているみたいですが
もしこちらの白紙でお金の返還を要求されても
一生を棒にふるくらいなら、ここで支払うお金なんて決して高くはないと思います。
また、式を延期にしたいと彼に言った時、彼がミライさんの気持ちではなく
自分の世間体や、支払ったお金のことを心配するようなことが
あれば、それはもう確実にこの相談の答えです。
ミライさんの文を読んでいて、たぶん私だったら
『あなたは自分が一番大事なんだね』
と、言ってしまいそうです。(こーるさん)

さ・いらさん、こーるさん、ありがとうございます。
先ほど母親にも相談しました。前にも相談したことはありました。
実は今、転職活動期間が長引いてしまっていて、家にいることが多くあります。
なので、母からは「家にいて考える時間が多いから過剰に反応してしまってるのよ」と言われます。また、母から聞いたのですが、父は私のことを「理論的に返すから、男性は嫌がるだろう」と言っていたそうです。
それを聞いて痛かったです。確かにそうだろうな・・・とは思いました。。。
私の父も古い考えの人で、女性は男性の言うことを聞いていればいいんだというような人です。今となってはだいぶ良くなりましたが、中学生の頃からつい最近まで、母の代わりに父に文句を言って母を守ろうと思っていました。それに、「絶対に父のような人とは結婚しない!」と心に決めていました。だけど蓋を開けてみたら私も父と似ている人と・・・・・・。勉強ができて責任感が強いというところは父の尊敬できるところで、彼も共通しています。たぶん、そういうところにひきつけられたのだと思うんですが・・・。
母は、そんな父と長年生活してきて苦労しましたが、「男は稼いでなんぼの世界で生きているんだからしょうがない」というようなことを言って、私をなだめようとしています。「重く考えずに、軽くあしらっていれば大丈夫よ」と。
結婚生活において先輩である母から話を聞いていると、「がんばれるかも」と少し思ってきます。
たぶん、せっかく話が進んでいるんだから、結婚してほしいというのが本音だと思います。
「そんなに毎日悩むぐらいなら、まだ結婚してないんだから、早めに辞めたら?」とも言ってくれましたが、怒り口調でした・・・。
私は人の顔色を見て過ごすようになってしまっているかもしれません。
もっと自分に素直に楽になりたいです。
なんだかんだで決断できないままの投稿でごめんなさい。(ミライさん)

お母様にご相談されたようですが、
なんというか。。。時代の差なのかなぁというのが感想です。
男は稼げてなんぼ。確かに。
でも、稼げて性格が穏やかな人は世の中ゴマンといるのにねぇ。と思ってしまいます。
ミライさんがこのまま彼と結婚したら、ミライさんの子供は
ミライさんと同じ気持ちで成長していきそうですね。
ミライさんの人生ですから、ミライさんの気持ちが一番大事です。
ミライさん。彼のためでもご両親のためでもなく
自分のために結婚しましょうよ。(こーるさん)

>母から聞いたのですが、父は私のことを「理論的に返すから、男性は嫌がるだろう」と言っていたそうです。
つまり彼の態度はミライさんのせいで、ミライさんの我慢なり、思慮なりが不足しているから、という意味ですよね。
本当にそうなのでしょうか?
ミライさんは周りの人を、彼のような態度にしてしまうような態度や言動をとりがちなのですか?
ここは大切なところです。難しいとは思いますが、きちんと客観的に彼と自分の態度を評価してみてください。
彼の態度がミライさんの至らなさのせいなのか、こればかりはミライさんにしか判断できません。
人の顔色ばかりみているようです、と書いていらっしゃいますが、そんなこと言っている場合ではないです。
ミライさんはきちんとした大人で、自分で自分を幸せにする力も方法も知っているはずです。
応援しています。しっかりしてくださいね。(ねこさんさん)

>私は人の顔色を見て過ごすようになってしまっているかもしれません。
私も長女で、親の顔色を見て育ってきたのでお気持ちは分かります。
でも結婚となると話は別ですよ。親に恥をかかせることになるのなら
親の前で土下座してでも(一応格好だけでもね。。←こんなこと言っちゃあ不謹慎ですが)結婚辞めると思います。
そのうち元気だった親も年取ってミライさんを頼ってくるようになるんですよ。誰も人生に責任とってくれません。
転職活動中とのこと、暫くは結婚を離れてしっかり働いてご自分に自信付けられたらどうでしょう。
どちらにせよ、彼に一度話を白紙に戻すということを言った時にです。彼が激怒するのではないかな、と思います。
きっとあとで考えて賢明な選択(白紙に戻すこと)だったと思う時が来ると思いますよ。ミライさんの直感を信じる方が
良いと思います。(さ・いらさん)

みなさんご意見ありがとうございます。
彼と昨日会い、来月予定されているイベント(彼の友達と)への参加を断ったら怒られました。「行く」と言うまで・・・。「行かない」って言うことがありえない。と言っていました。「私だって行きたくない時だってある」と言いましたが、「行きたくないって思わなくていい」と言われました・・・「?」という感じですが、いつもこんな感じです。彼の勝手な言動に私が不安を抱くと「不安にならなくていい。そういうのはメンタリティーの問題だから、そんな弱い子でどうするの?」と言われます
そんな風に言われている時点で別れるべきですよね。。。
だけど、機嫌が悪いのがずっと続くわけではなく、彼の方から明るい話題をふってきて、何事もなかったかのようにいつも通りけらけら笑って話していたりもします。
ささいなことですが、外食をする際に座る位置でも喧嘩になることがあります。
彼は必ず奥です。片方が長椅子だったりソファーだったりしたら、絶対そちら側に彼が座らないと怒ります。私は、男性が女性に優しく譲ってくれるものだという感覚でいたのでびっくりしました。(というか別にこだわっていないけど、彼がそういう態度なので私も意地になっています)
ファーストフードに入った時も、「なんで俺ばっかり片付けてるんだ?」と言われたり><;、「女は男を立てるべき」というのが彼の考えで、絶対に席はゆずらないそうです。
「じゃあ妊婦の時はゆずってね」と言っても「だめ」と。。。
きっと「お殿様」のように扱われたいのだと思います。
妻はうしろから静かについてくる。何も文句一つ言わず・・・
何十年も前の時代ならそれが通ったかもしれません。
今は時代が違いますし、少なくとも私はそういう関係を望んでいません。
もう答えは出ている気がします・・・。
だけど・・・全部を白紙にする勇気はまだありません。
先延ばしにすればするほど周りの方にも迷惑がかかりますよね・・・今週末には一度彼の両親が飛行機でこちらに来ることになっています。心臓にご病気を抱えていると聞いているので、婚約破棄を知って、病状が悪化してしまわないか心配です。。。(ミライさん)

結婚したての者です。
結婚して主人の実家に度々足を運ぶようになり感じているのですが、義父にモラハラ傾向がありようです。
義母は、両親から大事に育てられ、人を疑うことをあまりしない少女のような純粋な人で、我慢強く責任感の強い人で
す。だから義父のいじめを受けながら、これまで耐え忍んでこれたのかもしれません。
義両親の関係を見ていると、義父は義母の全ての行動を否定します。「だからおまえはだめなんだ。」「わからんくせに
口を挟むな。」「どうしていつも言うようにできないんだ。」という言葉をほんの数回しかお邪魔していない家の中
でよく聞きます。しかし、いずれも怒る、怒鳴るという感じではないので、まだ義父はよそ行きの顔で接してくれている
のだと思います。
義母は、義父が何か言うたびに、「ごめんなさい。」「わかりました。」「そうします。」と返事をします。
義父は、「いつも返事だけだな。」「できもしないのに。」とさらに言葉を重ねて義母を見下します。
義母の父親が存命中は、年寄りで行動が遅い、できないことがあることを酷く責めたと聞いています。
いつでも自分が一番でなければならないのです。全ての人が自分の足元に居る出来の悪い人間でなければ気がすまないの
です。いつでも義父は意味もなく義母を見下しているのがわかります。
現在私は、義父のお気に入りとして扱われています。それはそのはずで、ニコニコと義父の言う話を聞き、誉めて接して
いるのですから・・・。義母は、私が実家に来てくれるのをとても喜んでくれます。義父がとても機嫌がよくなるから・・・。
義両親の間に、愛情は感じ取れません。義母は義父と別れたいと思っていますが、相手がそれを承諾しません。下手をす
ると攻撃性が増して、自分や息子に危害が及ぶかもしれないと感じるので、現状を維持していくことしか選択肢がない状
況です。
主人は言います。父親に親らしいことをしてもらった覚えがない。自分の方が父親より体もでかく力もあるから、自分に
真っ向は向かうことはしてこないが、その分母親がいじめられる・・・と。息子でさえ、見下して生きていく対象になっ
ているんだ・・・と。
身近に夫にいじめられ見下されて生きている妻の姿を見ましたので、私が見聞きし、感じたことを書かせてもらいました。
どんな風に幸せになりたいのか、よく考えてください。
みなさん書いてらっしゃいますが、自分のこれからの人生が
関わることです。周囲への配慮もわかりますが、まずは自分の気持ちをしっかり見つめて、固めることが必要だと思いま
す。辛い作業を伴うと思いますが、目を背けずに見つめてください。(りさこさん)

よく『結婚はゴールじゃない』って言いますよね。
『結婚』は『生活』であり、『始まり』です。
たぶん、ミライさんも知ってますよね。
ミライさんは、わかってるんですよね。全部。
このまま結婚したらどうなるかってことも。
うすうすはわかってる。察しがついてる。
でも、どうしていいのかわからない。うん。
話しはそれますが。
ミライさんの文の中に
>「じゃあ妊婦の時はゆずってね」と言っても「だめ」と。。。
とありましたよね。
私は息子が一人います。去年の夏に産みました。
当たり前ですけどトツキトオカの妊娠期間がありました。
(性格にはトツキハツカの妊娠期間でした)
その中には、どうあがいても、ずっと気持ち悪い『つわりの時期があり、
寝苦しくてあまり眠れない夜があり、
産むまでは重いものをもつことを避けなければならず
お腹が大きくなれば出産の不安と期待が大きくなり
いざ出産の時になればとても言葉にはできない苦しさが訪れ
ようやくわが子を手に抱くことができました。
これは私の体の中で起こった出来事です。
でも。
この出来事を過ごすのには、夫のフォローがあったからこそ
過ごしてこれた出来事です。
自分が辛い時
『大丈夫か?』『夜寝れてないんだから昼間寝てろよ』
『俺が持つから。重いもの持つなよ』『辛かったら寝てろよ』
『体冷やすなよ』『辛かったら家事なんてしなくていいからな』
こんな言葉を夫からもらって、私は妊娠期を過ごしてきました。
こんな言葉をもらってもなお、つわりの時などはしんどくて私は夫に八つ当たりをしていました(笑)。
夫は私に最大限気を使ってくれました。
それでも出産は辛かったです。
その後の子育てもしかり。
24時間ずっと赤ちゃんと一緒。夜寝る時間もままならない。
そんな状態のまま今に至ります。
でも私一人で子供を育てているわけではありません。
辛い時は夫にグチを聞いてもらい、時には育児を変わってもらい、
ようやく人間一人を育てています。
これは自慢ですが。私の夫はとても優しい人間です。いい人です。
こんないい人と一緒にいても、少なからず不満はあります。
この夫が。
妻を思いやることができない男性だったら?
『辛いのは当たり前』『みんなそうやって産んでるんだ』
『仮病使ってる?』
冗談でもそんなこと言われたら、とても普通の精神ではいられません。
私は結婚してみて思ったのですが、夫婦って、思いやりがないと
成り立たないんです。
もちろん、全てが理想どおりにはいきませんが、とても重要です。
女性は全身全霊、命をかけて子供を産みます。
そんな時、メンタルの面をフォローしてもらえないのは
とても辛いですよ。
彼はミライさんを一生懸命フォローしてくれそうですか?
長々とそれてしまいましたが。
ミライさんの文を読んでいて、ミライさんは結婚はしたくないんだけど
彼にも嫌われたくないんだなぁと感じました。
婚約を白紙にするってことは、誰にも嫌われずにできることではありませんよね。
それ相応の覚悟がないとできないですよね。
簡単な問題ではないので、勇気が出ない気持ちはわかります。
変な話ですが、婚姻届を出す日まで、時間はあります。
(早いに越したことはないですが)
自分の人生を諦めないで、考えてください。
きっと結婚するにしてもしないにしても、ここでミライさんが
自分自身に納得して進まなければ、どちらにしても後悔すると思います。(こーるさん)

りさこさんが書いてくださった文章を読みながら、私の両親を重ねてしまいました。
父親は母のことを見下しています。母は言い返すので、それでかえって大きな喧嘩となって怒鳴りあいが続く時も多々ありました。そして、父がいない時間、私に父のグチをたくさん母から聞かされました。
私が父の気に入らないことをするものならば、「オマエ(母)の育て方が悪いからだ!」と母のせいにしていました。そんな両親を見ていて、「絶対父のような人とは結婚しない」と決めていました。それなのに・・・・・
母も耐えてきたので、私と彼の事情を話しても「かわいいもんよ」と言われたりもします。
彼はまだそこまでひどく私を批判することはありませんが、彼の思う通りに私がならない時の激しい怒りを見ると、本当に怖いです。
こーるさん。
私の中で結論は出ている気がします。こーるさんのおっしゃる通り、彼、彼の両親、私の両親・・・他の人を巻き込んでしまうことに恐れがあります。
「もしかしらたらうまくいくかもしれない」という希みが完全にないわけではないので、揺れているのも確かです。
ただ、付き合い始めの時にふとしたことで、「障害児が生まれるのって、女の人に原因があると思わない?」と言われたことがありました。本当にびっくりしました。後々、それは女性の前では絶対言ってはいけないことで、何も証拠がないのに無責任なことを言うのは失礼だ、と伝えました。ものすごく怒って反論していましたが、その後は絶対に同じことは口に出さなくなりました。
もう一つ。
「妊婦は病人じゃないんだから。」
と言うことがあります。私の中でそれは、姑が妊婦だということを口実にだらしなくしている嫁に言う言葉であって、男性が理由もなく言う言葉ではないと思っていました。
彼の家でホームパーティーをした際、彼の友達の奥さん(妊婦さんで8ヶ月目ぐらい)も来ていました。食事の材料が足りなくなったので、買出しに行くことになり、じゃんけんで買いに行く人を決めることになりました。
その妊婦さんも頭数に入っていたので、「妊婦さんだから免除してあげないと」と友達の一人が言いました。
すると彼が「妊婦は病人じゃないから」と強気で言いました・・・・・。私は唖然としてしまいました。他の女性もちょっと引いてました。当の本人は「全然動けるからそんなに気にしなくても平気」と言っていましたが、人の奥さんとその赤ちゃんに何かあったら責任とれるのか・・・?夜に買出しに行かせようとするなんて・・・同じことを私もされるのかな?と不安になったことを思い出しました。
それから、生理前のホルモンバランスがくずれてイライラすることや、更年期障害というものがある、という話になった時、「そういうものはその人のメンタル次第。なんとでもなる。イライラする必要ない」と言われました。「自分でイライラしたくなくてもそういう時があるんだよ。気をつけるけど、そういうことがあるということを知ってもらいたかっただけ」と言っても、喧嘩になる一方でした・・・。「そうなんだ」の一言で済んだ話なのに・・・;
長々とグチってしまいごめんなさい。
こーるさんの妊娠、出産、育児の中でご主人からの暖かい言葉・・・私も夫となる人には当然のごとくそう声をかけてほしいと望んでいます。
ですが、上に書いた通り、「妊婦は病人じゃない」と言われたらたまらないな・・・と思います。
よくまだ起きていない出来事(妊娠、出産等)のことで討論しました。
メンタルに関しては、彼の支えは望めないと思います。
彼は全部一人で考え、一人で解決してきた人ですから、私のように人に相談して考えたり、精神的に人に助けになってもらおうというような考えは完全に否定的です。「そうならなくていい」とよく言われます。
何かが欠落してるのかな。と思うんです。
親からの愛情なのか、人の気持ちを汲み取って話すこととか・・・映画で感動的な作品を見ると、感化されたりして、「俺もこうしていかなきゃなー」と言ったり、私との口論の後、すこし改善が見られたり・・・そういうのを見ていると、根気強く教育(言葉は悪いですが)していけば、少しは変わるんじゃないか・・・という淡い期待をしてしまうのも事実です。
ですが、近々もう一度真剣に話をして、それでも「俺のルール」ということを通そうとするなら、その時は腹をくくろうと思います。
みなさんから意見をもらう中で、やっと目の前のことから目をそらさず問題を解決していこうと思えるようになりました。
ありがとうございます。
もう少し、時間が必要ですが、一度しかない自分の人生、諦めずに後悔しないように前に進んでいこうと思います!(ミライさん)

さきほど電話で彼と別れてしまいました。
直接会って、話をしたかったのですが・・・・・「もう未練がましいことをするのはやめよう」ということになり、二度とメール、電話をしないということでお互い「ありがとう」と「ごめんね」を言って別れました。
荷物はお互い後日送ることに・・・・
正直、「やっぱり別れたくない!!」と言いたかったです。
でも、それをしていたら同じことの繰り返し・・・
これで良かったんだと自分に言い聞かせて前に進んでいくしかないのかなと思います。
彼や彼のご両親、親戚、友人・・・いろんな人を振り回して、残念な思いをさせてしまいました。
自分の両親にも期待させてしまって・・・本当に申し訳ない思いです。
付き合い始めた当初から違和感を感じていたのなら、その時に自分の価値観としっかり向き合うべきでした。今後悔しても遅いのですが・・・本当に色んな人にひどいことをしてしまいました。申し訳ない気持ちでいっぱいです。
もう二度と同じことの繰り返しはしないように、これからは自分としっかり向き合っていきたいと思います。
たくさん助言をしてくださり、本当にありがとうございました。(ミライさん)

ミライさんの身近にも同じような環境があったのに、差し出がましいことを書いて、すみませんでした。
そうですか、決意され、実行に移されたんですね。
今の心境がどれほど辛いものか私には想像できませんが、新しい一歩を踏み出したことに間違いないと思いますよ。
いつか「これでよかったんだ」と思える日が来ることを心から祈ります。
彼のご両親にはわかってもらえないかもしれませんが、ミライ
さんの近くの、ミライさんを心配してくれる人たちには、一番よかったと思える行動ではないかと思います。
今すぐには理解してもらえなくても、ミライさんが一番幸せになることを望んでいる人たちですから、いずれわかってく
れる日が訪れると思います。
まずはご自身が元気になれるようにすることが一番だと思います。気持ちいいと思うこと、楽しいと思うこと、なんでも
やってみてください。しばらくは自分に優しくしてあげることが大事じゃないかと思いますよ。(りさこさん)

度々の投稿すみません・・・・
今朝、母に別れたこと、結婚の話がなしになったことを伝えました。
怒り狂い、全て私のせいだと言われました。
たくさんの人を傷つけ、人生を狂わしたんだと・・・
その通りだと思い、何もいえませんでした・・・
私はこれからどうやって生きていったらいいのでしょう・・・
本当にたくさんの人の期待を裏切ってしまいました。
彼もたくさん傷つけてしまいました
ごめんなさい。
本当にごめんなさい。(ミライさん)

娘が結婚して親も一安心・・・と思っていらっしゃったでしょうから、お母さんの落胆もショックも大きかったと思いますよ。
でも、全てミライさんのせいではありませんよ。だって、そうでしょ?人生を狂わされたのなら、ミライさんだってその
被害者ですよ。彼に人生を狂わされかけた、苦しめられたではないですか。
ひとりで責任を全て背負う必要はないと思います。今はただ、お母さんや周囲の人に伝わってないだけだと思います。
それに、まだまだだれでも人生を修正してやっていけるところだと思いますよ。同じような経験をされた人はたくさんい
らっしゃると思います。それでもみんな懸命に自分の人生を生きていらっしゃるのだから、まだまだ未来は続いている最
中なのですよ。
彼が傷ついたのは、彼にも原因があったこと。気がつかなければ、別の誰かの人生を狂わせるかもしれない人。
ミライさんはそれに気がついた。自分を大切に生きることが、ミライさんの見守る人たちにとっても一番喜ぶべきこと
なんだと、私は思いますよ。
あまり自分を責めすぎないでくださいね。(りさこさん)

ミライさん、お辛いでしょうね。
私も、以前少し似たような経験をしたことがあります。
ずっと前ですが。
普段はすごくやさしい人だけど怒り出すと異常な人でした。
我慢って限界があるんでしょうかね。プツと糸が切れるような感じで別れようと決意しました。
大好きだったけど色々な事情があり3年という同棲生活から身一つで実家に戻った時は心身共にボロボロでした。
癒すまでにも時間はかかりましたが、今は別の人と幸せな結婚生活を送っております。
人生なるようにしかならないなぁと今つくづく思います。
お互いに運命の人は別にいて成長するために出会ったのだと思います。
そんな出会いもあるものです。
恋人だけでなく友達同士だって、傷つけ合ってしまう事だってあるものです。
それを責めて自分を痛めつけても可哀想です。
私の場合は運命の人は彼ではないという直感は当たってましたよ。
今までありがとうねという感謝の気持ちを忘れずに前を向いて歩いてみて下さい。
きっと、この為に涙を流したんだぁという場面に巡り会うはずです。(にこにこりんさん)

まずは、大きな決断をされて本当にお疲れさまでした。
気持ちがお優しいミライさんのこと、きっと必要以上にご自分を責めてらっしゃるのではないかなーと
思っておりました。
お母様も心の準備もできず、そのような状況になってしまって理性を失っておられるのでしょうね。
(関係ないかも知れませんが、結婚前など、準備をめぐって母親と娘がバトルするっていいますよね。家もそうでしたし
友達も言っていました。やはり娘が不甲斐ない!と、いう母親ならではの心情なのでしょうか。)
でも娘の人生は親のものとはまた別ですからね。迷惑をかけたことは誠心誠意謝って、
あとはミライさんが割り切ってご自分の人生を考えていくことが大事だと思います。
心配しなくても、親子の縁は切れませんし、時間が経てば、いい意味で親もだんだん期待しなくなってきますから^^
なにより、相手の気持ちをなんとしてもコントロールしようとする不思議な考え(?)の、彼さんだったようですし
ご自分で決断されたミライさんは賢いと思いました。
転職活動、がんばって下さいね。(さ・いらさん)

ミライさんが私の近くにいるなら、抱きしめてあげられるのに…と歯がゆいです。
『間違ってないよ。間違ってないよ。』
何度でも言ってあげたいです。
周りの人を傷つけてしまった。裏切ってしまった。
そうミライさんは思っていますが。
ミライさんが傷ついていたこと。
どうしようもなく不安だったこと。
その中の誰かは真剣に向き合ってくれましたか?
その中の誰か、ミライさんの将来を一緒になって考えてくれましたか?
ミライさんはたぶん、物分りのいい、責任感の強い人なんだろうなと思います。
だからこそ、周りの人のことを考えてしまう。
『あの人が怒ってる。わたしのせいだ。』
『私が我慢しなかったから。。。』
ミライさんの優しさから、こんな思いが出てきてしまうと思います。
その思いは間違いではありませんが、今回に限っては違いますよ。
今回の件。
これだけに関しては、誰を裏切っても傷つけても
ミライさんは自分自身をこれ以上傷つけてはいけなかったし、
これ以上自分の将来を裏切ってはいけなかったんだと思うんです。
ミライさん。
もう一度、自分の書き込んだ文章を読んでみてください。
今の感情に流されないように、もう一度読んでみてください。
この事実をすべて無視して、結婚すればよかったですか?
誰も傷つけず、誰も裏切らないで、
ミライさん一人だけが我慢して、不安を背負って結婚すれば
よかったですか?
ミライさんが説得すれば彼は変わってくれましたか?
ミライさんにとって、これからが正念場だと思います。
嫌いになって別れた彼ではないのだから尚更だと思います。
『戻りたい』『やり直したい』という気持ちが出てくると思うんです。
その気持ちは、彼の問題点がなんだったのかさえも払拭してしまうほど
強烈なものだと思います。
でも、そこで戻ってしまったら、全て振り出しなんですよ。
ミライさんと状況は違いますが。
私は今の旦那と付き合う前、とても嫉妬深い人と付き合っていました。
どのくらいかというと、
『電車で男の隣に座るな。よるな』
『男の店員のレジで会計するな』
『男の上司と話すな』
『スカートをはくな。強姦されたいの?』
と。他にもまだまだ強烈なのはありましたが、とても個性の強い彼でした。
その当時、頭のどこかで「おかしい」とは気付いていても
彼のことが好きだったので(今では謎です)、その一言一句を
私は忠実に守っていました。
その彼の命令を守らなければ、容赦なく
『浮気したいと思ってるよね?』
『お前、本当はサセ子なんじゃん?キモいんだけど』
と淡々と責められました。
そんな彼と3年付き合って、結婚の話が出てきました。
彼は私と結婚する気満々だったのですが、
私はずっと「こんなのおかしい」という気持ちがあったのを
どうしても見過ごすことができませんでした。
悩んだ結果。私は彼との別れを選びました。
別れる時
『男と遊びたいだけだろ』『人を裏切って平気なの?』
『さんざん嘘つきやがって』『お前は俺とじゃなきゃダメだと思う』
とさんざん言われました。
彼と別れてしばらく、辛くて辛くて仕方ありませんでした。
今まで彼中心で回っていた自分の生活だったので、彼がいないこと、
自分の周りに誰もいないことがなにより寂しかった。
彼を嫌いで別れたわけではなかったので尚更でした。
しばらくすると、彼から電話がきて
『もう束縛しないからもう一度やり直そう』と言われました。
今思えば悪魔のささやきでした。正直やり直したいと思いました。
でも、どうして自分が彼と別れたのか。自問自答したんです。
そうしたらおのずと答えは出てきました。『ここで戻ってはいけない』
それから、引越しをし、転職をし。新しい環境に自分を放り込みました。
『一生結婚できないんじゃないか』『このままずっと一人かも』という
寂しさを消すために色んなところに行き、友達を作り、
彼と別れて3年が経った頃。
今の旦那と出会い、付き合って2年目で結婚しました。
あの時あの彼と結婚しなくてよかった!
自分の弱さに負けないでよかった!
今、本当にそう思います。
たぶん、あの彼と結婚していたら、今の私の幸せは皆無でした。
最近友達に言われたのですが、前の彼と付き合っていた頃。
私は友達に彼のグチばかり言っていたそうです。
でも、今の旦那と付き合ってからは、相手のグチを言わなくなった
(かわりにノロケ話が増えたけど)
「あぁ。こーるは、今度の人とは結婚して大丈夫だろうなと思ったよ」
と言われました。
ミライさんを、あの頃の自分につい重ねてみてしまいます。
だからこそ、今を耐えてほしいと思ってしまいます。
自分の心の声を聞いてあげられるのは、自分しかいない。
ミライさんを守れるのはミライさんしかいない。
お母さんからも責められて、消えてしまいたいくらい辛いと思います。
でも、ミライさんにはまだ将来があります。
りさこさんも仰ってますが、ここが人生を修正してやっていける、
本当のスタート地点です。
ミライさん、間違ってないよ。絶対間違いじゃない。
ミライさんは、将来絶対。今の自分に感謝する時がきますよ。(こーるさん)

こーる – さん以上のコメント(すごく心打たれました)が出来ないので簡潔になってしまいますが。
ミライさんの決断や勇気を応援してくれる人はこの書き込み以上に一杯いると思いますよ!「ミライさんは悪くないよ!」と思ってる人も一杯いますよ。自分の人生なんですから自分の幸せを求める責任が一人一人にあると思います。
ミライさんと彼、それぞれに運命の人はいますよ。まだ出会えないだけです。人生が終わったワケでもないし、もう誰とも結婚できないなんて事もないです。軌道修正しただけですよ!
今は、ミライさんの気持ちを分かってくれる人にどんどん頼っていいと思います。
時間はかかるかもしれませんが、「よっしゃ!頑張るぞ〜!」って笑える日が来る事を切に願います。元気だして下さいね!(てんむすさん)

みなさん、、、本当に暖かい言葉をくださりありがとうございます。涙がいっぱい溢れてきます。
さきほど、もう一度母と話し、謝りました。最後には「親に謝る必要ないよ」と言ってくれました。
その前に姉にも話し、状況を伝えました。母がすごく傷つき、怒っていることも・・・。だけど、姉は(社会人になるまでは仲が悪かったのに)私の気持ちを理解してくれ、「長い人生の中で、今決断できてよかったじゃん。これから何十年生きるんだから、後から思えば一瞬の出来事だよ」と言ってくれました。そして、出社する前に、母に「ミライを責めないで」と言ってくれたそうです。
同じ家族の中に理解して味方になってくれる人がいて本当に安心しました。
今もこうしてみなさんからの暖かいメッセージを読みながら、励まされています。
今は本当に辛いです。
これでよかったんだろうか・・・
これだけみなさんからのメッセージを読んでいながら、まだ彼に未練があります。
本当は今でも彼のことが好きです。
「変われるように努力するからやりなおそう」と言われたらやり直したいです。
その前に、彼の性格からして絶対そういうことは起こらないと思いますが・・・
教会のキャンセル(金額の面も含めて)や、指輪のこと・・・何も話せないまま別れてしまいました。電話もメールもしないでくれと言われて・・・教会のキャンセルとかお金のこととか・・・どうしたらいいのでしょう。。
この文章を書きながら何度もみなさんの文章に目を通しています。
これでよかったんですよね。。。
まだ自分の中で気持ちがごちゃごちゃです。
幸い、私には学生時代からの親友がいて、いつも相談相手になってくれる人がいます。忙しく、家も離れているのですぐ近くに・・・ではありませんが、そういう友達をもてて、私は幸せなんだと思います。
そして、みなさんからもこんなに親身になって力になってくださって・・・顔も見えない相手なのに、たくさん、たくさん力になってくださってありがとうございます。
みなさんのメッセージを読んで、暖かく抱きしめられている感覚です。本当にありがとうございます。
これからは先に進むしかないので、現実を受け止めて自分の将来がより良いものになると信じて生きていきます。
がんばります。
「幸せな結婚します!」とここでみなさんに報告できる日がくることを願っています。
みなさん本当にありがとうございます!!(ミライさん)

ミライさんの気持ち、お姉さんがわかってくれてよかったですね。
お姉さんの仰るとおりだと思います。
取り返しのつかない事態になる前に決断したと思う日がくると思いますよ。
それでもまだまだ心は揺れているのでしょうから
彼と連絡が途絶えている今。
情に流されず、きちんと自分の中を整理しておいたほうがいいと思います。
自分の結婚に対する譲れないものがなんなのか、
自分で理解しておくことも大事です。
電話はしないでくれと彼がいうのでしたら、こちらからの
連絡はしないほうがいいと思いますよ。
今までのケンカの状況として
>何時間後かには私から再度電話をして、よりを戻しました。
という経緯もあるようですし。
相手はそれを望んでいる可能性もなくはないと思います。
式場の予約の件や、指輪の件は、近いうち来るであろう
彼からの連絡を待って聞いてみるのがいいと思います。
今は彼も心の整理をしていることでしょうから。
今は彼から離れて、自分自身をよく見つめなおしてみてはいかがでしょう。
そして、まだこんなことは考えられないかもしれませんが
『私はこんな人と結婚したい』という理想を思い描いてみるのもいいと思いますよ。
(これって結構自己暗示になるので、将来的に効果があると思います。
でも、高望みのしすぎは×ですよ。)
今は悲しくて寂しくてとっても辛いとは思いますが。
よく聞くじゃないですか。
『やまない雨はない。明けない夜はない。』
今がすべてじゃないです!ミライさんもう少し頑張りましょう。
ミライさんが幸せな人生を歩けるのを、心から祈ってます!(こーるさん)

彼から連絡がきました。
「自分勝手で、何でもミライばっかりにさせてごめんね。」
と謝ってきました。
最後ぐらいきちんと話して終わろうと思ったみたいです。。。
泣いてました。
正直、嬉しかったです。
結婚まで考えていた相手なんだから、最後ぐらいちゃんと会って話そうということになり、明日〜なんて話していたんですが、そのまま電話で色々話していて、彼はよりを戻したいと言っていました。
だけど私は、「戻りたい!!」と強く思う気持ちは薄れている自分がいる気がします。。。
今、自分の気持ちがよくわかりません。
前に進もうと思っていたのに・・・彼から連絡が来る前までは思い出して泣いていたりしたのに・・・「これで良かったんだ」と割り切ろうとしていたのに・・・
彼から連絡がきたら、それで満足している気がします。。。
彼の中では戻りたいと強く思っているみたいです。
言葉を聞いていると、少し改善する努力をする・・・という感じで聞こえてくる部分もある気がしますが・・・変わらないんだろうな〜・・・とあきれるようなことを言っていることもあり・・・どうしたものか・・・
今からタクシーで家まで来ると言っています!!
まだ気持ちの整理ができていません・・・どうしよう・・・
彼は、「ミライにはもっといい人が現れるんだと思う。」とも言っていたし、「俺にはミライしかいないってこともわかってる。」とも言ってくれました。
「ミライがいなくて淋しい」と泣いてました。
自分がどうしようもない男だと自覚していて・・・だけど変わりたい!と強く願っているわけでもない感じ・・・それはわからなくもないですが・・・
「○○家のルールは・・・」のことは、「少しはミライの要望も聞いてあげてもいいよ」とのこと・・・まぁそれが彼の精一杯の強がり&優しさなのかな・・・?
んーーーーーーーーーー
直接会ってしまうと、相手の顔を見てしまうと、感情で流されてしまわないか心配です・・・
でも、、、「こうしてほしい!」と思ってきたことは全部伝えるつもりです。
それに対して、「面倒くさい」とかそういう答えが返ってきたら、終わりにしようと思います。
あまりにも急で自分の気持ちが追いついていません。。。
昨日も今日もずっと母と二人でたくさん話して涙を流したのに・・・・・・・・・
正面から彼に気持ち・考えをぶつけてみます!(ミライさん)

普段ならすぐに連絡をくれるミライさんが
今回に限って連絡をしてこない状況を見て、
『本気で言ってるんだ』と彼は気付いたんでしょうね。
この先の決断はどちらになるとしても
ミライさんの中で、
『私はこうありたい』『こういう結婚がしたい』
という相手や周りに流されない信念がきちんとしていれば
結果は後からついてくるんじゃないでしょうか。
この先もう一度よりを戻すにしても、彼がどう変わるのか
本当に変わるつもりがあるのかという観察期間は設けたほうが
いいと思います。
現時点での式の日取りで進むと、相手が見えずに終わってしまいますから。
結婚は急ぐ必要なんてありませんよ。
その前に、相手を見るということを忘れないでください。
結婚は一生に一度のことだと思って(ま、一度じゃない人もいますが)。
『私はこうじゃないとイヤなのっっ!』
ここは最高に自分にわがままになってしまいましょう。
ミライさんにはそのくらいでちょうどいいと思いますよ。(こーるさん)

こーるさん
ありがとうございます。
彼には全部気持ちを伝えました。その上でお互い「やっぱり違うのかなぁ?」って言ったり、それでもやっぱり「一緒にいたいよね」って言ったり。
彼はもうその場で元に戻りたかったみたいですが、私は感情に流されませんでした。
もう割り切ろうと思ってたので、気持ちがよくわからなくなっていて・・・
結局長い話し合いをして、、、今回、彼は「面倒くさい」とか、こうなったのも「ミライが悪い」とかその他攻撃的なことは一切言いませんでした。最後まで怒ることなく、できるだけ穏やかに話をしてくれました。
私が「やり直せるかもしれないけど不安」とか、「好きだと思うけど不安」、「将来を考えると・・・」とあれこれ不安!を言っても、それでも「俺はミライが好きだし、ミライがいい。」と言ってくれました。だからこそ「ミライも俺を好きと言うなら、不安なく好きでいてもらいたい」と言っていました。
結婚式の日取りは今の段階では変更していませんが、「それまでの間に、もう一度正面から向き合ってみて、ダメな場合もあるかもしれない、それならお互い納得して別れられるし、もちろんもう一度やり直すのなら結婚したい気持ちは変わらない。」と言ってくれました。
私も「言えない」と思っていたことをちゃんと素直に伝えて、我慢しすぎず、頑張りすぎず、今度こそ「幸せです!」と胸を張って言える時に結婚できたらいいなと思いました。
今回のことで家族とも素直に向き合うことができましたし、彼とも正直な気持ちをぶつけ合うことができました。
短期間の間にいろんなことがありすぎで、まだちょっと放心状態から完全には抜け出せていませんが; もう一度一から始めていけたらと思います。
自分に正直に。
みなさんからいただいた暖かいメッセージ、ご意見、ご指摘を心にかみ締めて、絶対無駄にしないように・・・これからもう少し頑張ってみます。(ミライさん)

スポンサーリンク
レクタングル336×280
レクタングル336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル336×280