いい人がいない、どうしたら力が抜ける?ー管理人の体験談

相手がいない場合。
まずは付き合うところから始めないといけません。そのためには相手探し…20代前半は良いですが、後半ともなると、かなりヤバイと焦りが出てきます。周りの友人はどんどんと結婚していくのに、自分はこれから探して、その後お付き合いしないといけない、まるで0の状態。こういう時に限って、いい人っていないんですよねー。いても既婚だったり、彼女(彼氏)がいたり…。
「ああ、やっぱり良い男(女)は既に誰かの者なのよ」
絶望的な気持ちになります。好きな人がいればアタックも出来ますが、その相手がいないんじゃ、話になりませんもの…。

「本気で結婚したいなら、本気で探さないとダメよ」
知り合いの世話好きおばさんに言われました。
「パーティでも出て、いい人探せば?きっと同じような人がいるわよ」
「そうですかねえ…」
でも、こういう焦りの気持ちの時は、いい人なんて現れません。ギラギラが出てしまうのでしょう(笑) 本を読めば、
「結婚したい、という気持ちでいっぱいだったけれど、ある時ふっと力が抜けた。そしてその後すぐに相手が現れて結婚。気を抜けないとダメみたい」
という記述。どーすれば気が、力が抜けるのよ〜〜!じたばたしていました。

同じ境遇の(笑) 同年代の女性と、飲んで騒いで憂さを晴らしたこともありました。ちょうど彼女は先週の日曜にお見合いをしたばかり。
「でもねー、ひどいのよー、こんなのしかいないの」
と見せてくれたお見合い相手は、歳は40近いと思われる頭の禿げた暗そうな人でした。まだギリギリとはいえ20代の彼女に、これは…?
「20代前半までだって言うのよ、お見合いは。三十路に近くなったら、見合いの相手なんていないって。しかもね、30過ぎて見合いする男は皆、20代前半の若い女を希望するんだって!」
えー、そうなの?自分を棚に上げて?同世代の女性とは見合いしないの??
「そんなもんなのよー」
見合いは絶対に出来ない、とこの時思いました。(こんなケースばかりじゃないと思いますが…当時の私には彼女の言葉はすごい衝撃でした。でも基本的に見合いは出逢いの1つ、そこから恋愛すれば良い、と私は思っています。)

こんな私の状況を打破したのは恋でした。そう、私は突然恋に落ちてしまったのです。どこに相手が転がっているか分からないものです。もっともこの恋は成就はしなかったのですが…。でもおかげで、結婚への力が抜けました。

「結婚したいオーラを出しまくっている人って、うっとうしいんですよね」
とメールをいただきました。
「付き合っていても、結婚の2文字を背中にばしばし感じるんです。敬遠しちゃいますよ」
う、う〜〜〜む。分かるだけに辛いですねー。男性でも女性でも、この人を手に入れるぞ!というギラギラを感じると、思わずひいてしまいます。いくら隠しても端々に現れてしまうのですね。この気負いがなくなれば、きっと上手くいくのでしょうが…。
「自分でも焦っているのが分かるんです。でも、どうしたら力が抜けるでしょう?」
これがねー、難しいですよねえ。

「逆上がり指導の達人っていう小学校の先生がいるんですが。逆上がりができない子に的確な言葉で指示をして、出来るようにするんです。下手な先生だと、「頑張って」、とか、「もっとふんばって」、とか、それこそ「力を抜いて」とか言うのですが、いつまでたっても出来ません。達人先生は、鉄棒よりちょっと高い位置にボールをぶらさげて、「はい、このボールをひざで蹴ってごらん」そうするとそれまで出来なかった子たちが、くるって回れちゃう。ボール蹴っ飛ばした勢いでね。そんな風に、上手に「結婚したい」気負いを消せると良いんですがね」
なるほど…。ちょっと斜めに攻めてみるという感じかな(笑)

結婚を目的にしない交流を求めるのが良いと思います。例えば何か習い事を始めるとか、サークルに入ってスポーツをするとか。よく言われることですが、そんなところから自然な出逢いがあるものです。
「結婚紹介所って、ろくなのいないんですよね」
オイオイ、それに入っている自分は…(笑) パーティだけと言っても。
「やっぱり、結婚を目的にするのって間違っている気がします」
結婚目的同士が出合えば上手くいくのかも知れません…が。

rectangle 広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする