搭乗券を貰おうとしたら…信じられない悲劇が待っていましたー管理人の体験だ

どーして飛行機のチェックインというのは、出発の2時間も前にしなくちゃいけないんでしょうか?いっつも時間を持て余しちゃうんですよねー。
てなワケで、私たちもご多分に漏れず、7:40発のJALに乗るために、5:40に成田に行きました。しかも車を駐車場に預けることもあって、早め(3時過ぎ)に出たから、成田に着いたのが5時過ぎくらい。早い…この時間をどうしろと言うの…?
ところが、書類に一切何も記入していなかったので、カウンターを捜して記入して、さらに2次会招待状の往復ハガキを折って発送していたら、集合時間になっていました。
スーツケースを預けて、搭乗券を貰おうと思ったら、
「今回、一緒に行かれる方が合わせて5組でして、座席は1列でお取りしたので、2組の方は通路を挟んで座って頂くことになります。その抽選の件もあって、6時過ぎから説明をしますので、またこの前に来て下さい」
おいおい、ハネムーナー用の旅行で、席を離そうというのかい?信じられないぞ>JAL
この話ですっかりブルーになってしまった私…イヤ〜な気分が晴れない…こういう勘って当たるんですよね、絶対に隣には座れないぞ、これは。両替したり、雑誌を買っていたら、アッと言う間に6時。搭乗ゲートなどの説明をした後、とうとう魔の抽選会が…裏返して2枚にまとめられた搭乗券が5組、女性5人で引いた結果、私たちは…

通路を挟んだ席!うるるる〜

しかも喫煙席だ!これってあんまりじゃないの?!>JAL
さてさて成田からオーストラリアのケアンズまでは約7時間の飛行で、時差は1時間。食事などの時間などを計算すると、寝れるのは実質4時間くらい。ま、寝ちゃえばすぐだし、と思ったけど、3人席で隣でいちゃいちゃされるのは、やっぱり淋しいのであった…しくしく。

rectangle 広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする