お部屋探し6日間の記録ー管理人の体験談

1日目。まず、私たちは横浜在住希望なので、「XY」という雑誌に載っていた横浜一体をフォローしているという、横浜駅近くの不動産屋さんに行きました。いろいろ条件を言って物件を見せてもらったんですが、いかんせん少ない。やっぱり得意地域というのがあるんですよね。お店の人にも「ないことはないんですがね…」と言われ、やはり地元沿線の不動産屋さんに行ってみることにしました。

そして一番近い希望沿線の駅の不動産屋さんへ。沿線の横浜市内新築マンションで捜してみましたが、どこも遠いんですねー、駅から。バスに乗らないとダメなんです。私は東京の下町で育って、駅からバスなんて環境に住んだことがないので、ちょっと想像が付きません。駅から近いと狭いし、家賃も高い。結局、3つ不動産屋さんをまわったところで夜になったんで、この日は諦めました。
新築は半年前から動け!と雑誌に書いてあるのを見て、ちょっと焦っている私達です。

2日目。前回の失敗を活かして、今回は真っ直ぐ希望利用駅の不動産屋さんに行きました。
私達の条件は、
1.駅から徒歩圏内
2.駐車場付き
3.2LDK
4.新築
紹介されたのは2つの新築で、とにかく見せてもらうべく、車を出してもらいました。1つめは眺めは良いのだけど、環境がいまいち。もう1つは大通りの前で環境は難アリですが、間取りが最高に気に入りました。今流行りの対面カウンターが付いてるんです。しかし両方とも徒歩圏内とはいえ、歩いて10分以上は掛かりそうだし、坂もあってきつそうなんですねー。結局、決定まで至らず…まあ、そう簡単に部屋は決まらないですよね。
そうそう、部屋を見る時は、(私たちは冬場だったからかも知れませんが)女性はストッキングでは足が冷たくて痛くなるため靴下必須です。私は身をもって学びました(笑)

3日目、水曜祭日。今までの希望駅は、急行も止まる大きな駅でした。ここで徒歩圏内は、やはり難しいのかも知れない…。
てなワケで、一つ先の駅の不動産屋さんにも行ってみることにしました。
しかし今日はここで新たなる発見。不動産屋さんって、水曜定休のところが多いんですね。それは祭日とはいえ、余り変わらないみたい…しかし来てしまったものは仕方ない。無理矢理開いているところへ飛び込みました。
4つほど紹介されて、目についたのは、またもや下見に行った対面カウンターの新築マンション。やっぱりここしかないのかなあ?新築ってそんなに少ないのかしら?
この前は車で行ってしまったので、今日はもう1回、自分たちの足で歩いてみることにしました。日当たりは良いみたい。ここの最寄り駅は、希望駅から乗り換えが必要な駅で、歩いてみたらやっぱり坂が多くて大変。ここを毎日歩くのかしら?何だか途方に暮れてきました。

しかしその駅前に、不動産屋さんを発見、入ってみました。
ここは地元の不動産屋さんで、今までに紹介されていない物件を5つほど、薦められる点・薦められない点を簡潔にまとめて親身に紹介してくれました。早速、車で下見敢行。残念ながら管理会社が休みで部屋の中が見られない物件があり、それだけにそこに惹かれた私達は、週末にまた来ることを約束したのでした。本当に素晴らしい不動産屋さんで、初めて心から信頼出来るところを見付けた、という感じでした。やはり地元の不動産屋さんは、良いです。
帰り道に見付けた不動産屋さんも訪問。その建物の上にあるという部屋を見せてもらいましたが、やっぱり建物が古いとねえ…あと紹介されたのは、例の対面カウンターの新築マンションでした。うーむ、あちこちに出回っているようだ(笑)

4日目。約束していた通り、前回見れなかった部屋を見に不動産屋さんに行ったところ「すいません、あの部屋、決まっちゃいました」…ガーン。中を見ることもなく、なくなってしまいました。やっぱり良い部屋はすぐ決まってしまうんですね。
「でもね、良い新築が出たんです。出来るのが3月末で遅いんですが、いかがですか?」
ってことは海外挙式の後、別居?うーむ、でも背に腹は代えられない。とにかく、見に行ってみよう!
まだ足場がついていて、中を見れる状況じゃありませんでした…。日当たりはいまいちですが、駅から近い!歩いて4分。うーん、どうしようかなあ?
「もう一つ、新築じゃないんですが、2月に空く部屋があると秘密情報があります。駅からも近いし、お薦めですよ」
ついでに寄ってみました。まだ住んでるから中は見れないけど、日当たりは最高。でも、間取りはさっきの新築の方が良いんですねー。悩む、悩む。
と悩んでいたら、瞬く間に新築の希望の部屋が埋まってしまいました。本当に早い。ひとまずそこの不動産屋さんを出て、彼のお母様が紹介してくれた不動産屋さんに向かいました。でもここで紹介された物件は、どれも駅から遠くて心惹かれません。う〜〜〜〜〜む。

お茶をしながら、頭を整理。今日見せてもらった2件にしぼって、両方の良い点・悪い点を挙げ、最終的に決めたのは…駅から4分の新築マンション。希望の部屋は埋まってしまったけど、キャンセルがあるかも知れないし、間取りは気に入っているので中部屋でもOKと結論し、不動産屋さんへ戻りました。そして仮申し込み。でも部屋の中が見れないので、見れる状態になってからのキャンセルもOKという話でした。ああ、ついに仮とはいえ、申し込みをしてしまいました<良かったのかなあ?
もう外は暗かったんですが、駅から実際にマンションまで歩いてみました。駅は素晴らしく綺麗で、眺めも良く、マンションも近い。問題は買い物が不便そうってことだなあ…でも、共働きだから、良いか。

5日目、週末。本当は今日は仮申し込みをしていたマンションに、予約金として5万円納めてキチンと申し込みをしてくるはずだったんですが、何と全然違うマンションに申し込みをしてしまいました(笑) うーん…なぜこうなったかと言うと。
彼のお母様の紹介の不動産屋さんから、すごく良い物件を紹介されてしまったんです。それが水曜日。彼のところに図面が届いて私は見ていなかったんですが、金曜日にはかなりめぼしい部屋がうまり始めて…焦った彼が、今日、朝から見て予約を入れて来たんですね。
私は昨日、一昨日と電話で説明を受けて、予約金を納めようとしていたマンションと間取りはほとんど同じようだし、駅からは遠いけど、利用駅自体が急行も止まるし、乗り換えも必要ないのでOKかな、と。で、今日お昼から車で見に行って、中は見れなかったんですが、駅が栄えていて断然便利なんで決めてきました。さすがにこれで変えることはないでしょう…。
その後、とってもよくしてもらって、今日は予約金を納めるはずだった不動産屋さんに謝りに行って…申し訳なかったです。でも、やっぱり仕方ないかなあ…便利な方が良いですもんねえ。

6日目。仮申し込みをした新居を見に行きました。
前回は中を見れなかったし、車でヴイッと行ってしまったので、駅から実際に歩いて見ました。
駅の前は栄えていて、大きいスーパーはあるし、ファーストフードは3つもあるし、本屋、クリーニング屋、レンタルビデオ屋(早速どの程度のブツかチェックしました(笑))…と実に便利。やっぱり便利なのが1番ですねえ。住宅街に入ってからは約10分の道のりでした。最初の希望の徒歩8分以内から考えると、ちょっと遠いですが、急行が止まって乗り換えもいらないのが何といっても魅力です。
で、部屋ですが、まだ中は仕切りと壁紙は貼ってあるけど…という状態でした。もちろん土足でズカズカ。室内のドアはまだ付いてなくて、クローゼットも壁が出来てませんでした(笑) それでも部屋の感じは掴めました。早速メジャーであちこちはかりまくり。寝室にしようと思っていた部屋が思ったよりも少し狭かったんですが、窓が大きくてベランダが広く、環境も良いので概ね気にいりました。マンションも花壇が多くて、なかなか綺麗なモノになりそうです。ゴミ置き場もちゃんとあるし。
正式契約をすることにしました。

rectangle 広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする