引越しのゴタゴター管理人の体験談

金曜日。引っ越し準備中です。
結婚式も披露宴も終わってまだ引っ越してないのかい、という感じですが、諸事情により遅くなりました。彼は、明日は友人の結婚式に出席でいないので、2日早く、今日引っ越しているはずです。(1日だけの一人暮らし)
今週は月曜に実家に戻り、火曜に親戚を送り出して、思った以上に疲れたのか水曜は体調悪くて死んでいました。が、寝たら治ったので、昨日から引っ越し準備に入りました。
先月末にわりとやってはいたのですが、まだまだスゴイ荷物。全部持っていくのは諦めて、ひとまず実家に置かせてもらって、必要になり次第また運べば良いね、という方針に変えたにも関わらず、この荷物…ホントに全部入るのかしら?って感じです。モノって本当に知らない間に増えるのね。
それにしても、捨てても構わないのに、捨てずに取っておいたものって多いですね。2、3年も必要ないなら、今後も必要になることはまずないだろうと思われるのに、見たのが10年振り?みたいなモノがわんさか出てきました。この際だからとバンバン捨ててますけど。
捨てられないのは友人からの古い手紙。私は1度はペンパルが20人以上いたりしたので、半端な量じゃありません。読み返すことなんてまずないかなあ?(実際、もらってひと月もしたら読み返さない)とは思うのですが、捨てられません。こっそり実家の引き出しに入れておくことにします。
そうそう、火曜に結婚式の時の「証明書」がオーストラリアから、ブーケの花を押し花にして周りに飾った額に入って届きました。高いお金を払ったんだから、当然といえば当然ですが、立派なモノですねえ。しかし、どこに飾るのかしら?引っ越し後はまた整理に大騒ぎしそうです。

土曜日。昨日に引き続き、引っ越し準備中です。
明日は10時には運送屋さんが来てしまうので、段ボール詰め、マジに必死です。)
それにしてもすごい荷物の量で、彼は確か洋服が2ケースと傘と洗面用具だけだよ、と言っていたのに、私はその5倍、いや6倍はあるかも…皆、こんなもんなんでしょうか…女性の方が多い?
確かに私は一人暮らしで使っていた電子レンジや乾燥機、ビデオ、テレビなど持っていきますが、キッチングッズや洗濯・掃除グッズを差し引いても、まだまだ荷物たくさんです。
何が多いかと言えば、本とかパソコン用品とか、本とか筆記用具とか、本とか…そ、本が多いんです。これでもかなり実家に置くようにしたんですけど…本だけで段ボール5箱分って多いですか…でも料理の本とかもあるし。

日曜日。いよいよ新居へ引っ越しです。
今日は朝早くから目が覚めてしまいました。この家に住むのも今日で最後…一人暮らしを始めた時もそう思いましたが、気持ちはさらにシビアです。が、荷造りがまだ残っていたので、余り余韻に浸る暇もなく引っ越し作業へ。
何か些細なことで母と言い争い。(時間がなくてお互いあせっていたから)そこでいつもは口を出さない父が一言。
「そうやって言い争えるのも最後だから、ゆっくりやってくれ(笑)」
……。
10時に運送屋さんと彼が来て荷物を積み込み、出発です。高速に乗って約1時間で新居へ。空いていた部屋がみるみる内に段ボールで埋まっていきます。いや、ホントにすごい量。
彼のお母さまがおにぎりを作って持って来てくれて、和室に机を出して、何とかそこでお昼。今日ドレッサーも来るはずなので、彼はお留守番で業者さんを待ってもらって、女性だけでキッチン備品を買いに駅まで出ました。
ホントにいろいろと(欲しかった鍋とかも)彼のお母さまに買ってもらってしまいました。
「何でも好きなものを買ってあげなさい、と(彼のお父さまが)言っていたから、気にしないで良いのよ。それに女の子いないから、こういう買い物をしてみたかったの」
新居に戻って、買ったものを開けて並べてみました。満足。ここで両親は帰ってしまったので、私と彼で今度は電化製品をつなぐ為のことを買い出しに行きました。ビデオがつながった時点で、外はもう真っ暗。
彼の残りの荷物を取りに(まだあったのだ)彼の実家へ車を走らし、途中で夕食を食べて帰ったら10時でした。
レストランで「じゃあ帰ろうか」と早々に言った彼に、私が不満顔したら一言。
「同じとこに帰るんだから良いじゃない?早く帰ろうよ」
そうかあ…もう別々じゃないんだねえ…。
部屋は段ボールでワケわからない状態ですが、彼は明日から仕事だし、疲れていたのでお風呂に入って寝ることにしました。明日から片付け地獄が待っています。

rectangle 広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする