ミニ披露宴で人前式と会食会を企画ー管理人の体験談

私たちは海外挙式のため、披露宴はやらないつもりでした。
しかしそれだと

    1.親戚への紹介が出来ない

結婚と言えば、親戚はお祝いを持ってくるもの。パラパラと持ってこられて、1回1回お礼をしているよりも、披露宴で一括でやった方が結果的には面倒がないのです。あと夫は一人っ子、私も一人娘なので、

    2.親にもそれなりの夢(笑) もあるだろう
    3.親にもウェディング・ドレス姿を見せたい

という思いから、レストラン・ウェディングにて人前式のあと会食会、ミニ披露宴をすることにしました。教会式では必ずある父親と腕を組んで彼に渡される、というのを人前式でやっちゃおー!という夢も芽生えました。

そうと決まれば、披露宴のできる美味しいレストランを探さないといけません。夫の希望が横浜だったため、横浜ウエディングならお任せ!の「ノベル(プロデュース会社)」に行きました。事務所はすっごく眺めの良いビルの1室。披露宴(親戚だけの会食会)と2次会(友人だけの1.5次会)用に適していると思われるレストランを紹介して貰いました。写真は見せてもらいましたが、やはり実際に見ないと分かりません。しかし、もう外は暗くて小雨まで降っているので、会場を見るのは来週にして、また来ることにしました。

翌週。約束していた会場の下見をしに、また「ノベル」を訪れました。
披露宴用のレストラン候補地に車で向かいます。1つめは坂の上。空いていたので中を見せてもらいました。ここの売りはプールのある庭で、外に出るのもOKとか。昼間にやるお友達も来るガーデンウェディングには良いかも知れませんが、私たちの場合は親戚のみだし…。2つめは元町にある霧笛楼でした。
「ここってフランス料理の老舗だよ。予約しないと食事も出来ないんだ」
と夫。ふ〜ん…そうなんだ。ここは3Fに全フロアを借り切れる会場があって、2Fにある個室は当日は控え室に使えるという話をされました。良いかな、ここで。

事務所に戻り、4月6日(日)で予約を入れてもらいました。一気に場所と日程が決定!
翌週には内金として、30万円を納めに行きました。はあ、お金のかかること。その後、担当の人と簡単な打ち合わせをしました。私達の希望を出して、アイデアを貰って、簡単な流れの説明を受けて…まだまだ詳しいことは決めていない私達なので、お話はどうしても核心に迫らない…当たり前ですねえ。もうそろそろきちんとイメージを出さないといけないようです。

rectangle 広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする