キスの回数、あなたは帰りますか?ー管理人の体験談

●某新婚雑誌を読んでみた
企画の中に全国100組のツーショット、というのがありまして、「へー、世の中には熱々カップルがたくさんいるんだなあ…」と眺めてみました。なれそめ、とか、結婚してからビックリしたこと、などのデータが写真と一緒に載っているのですが、その中の「毎日するキスの回数」にビックリ。
2回、3回、いっぱい、なんかは分かりますが、30回という具体的数字は何?
妻は別としても、夫はまず朝から仕事に行っているだろうから、キス出来るのは、朝と夜のみ。朝起きてして、出掛ける前にして、帰ってきてして、寝る前にして…後は食事中とか、片付けの時にチュッチュッしてるんでしょーか?
「ひょえ〜〜〜〜〜、世の中には、そんなマンガみたいな超熱々カップルが本当にいるのねー」
まあ、いっぱい、とか、たくさん、もそれの中に入るのかも知れませんから、実際はもっともっと多いのかも知れません?
しかし、この状態がどれ位続くものなんでしょーね?ぜひとも1年後にまた同じ質問をこのカップルにして欲しい、と思ってしまいました。
え…私たちですか?まあ、片手で数えられる程度ですね(笑)

という話を書いたら、「10回くらいしかしない夜は何か仲が悪い感じ。30回くらいやります。簡単なことですけど、愛情表現には一番でしょうズバリ」というメールを新婚の方から頂きまして、私の認識の甘さを確認させられました(笑)
そうですかぁ、そんなに皆、チュッチュッしてるものなんですかぁ。じゃあ、片手で済む私たちは、いつも仲が悪い感じになってしまいますね。確かに、愛情表現には1番です、キスって。早速、夫に言ってみました。
「…って話だよ」
「えー、信じられないねえ」
「私たちはしないの?」
「恥ずかしいからイヤ」
ぶ〜ぶ〜(不満)
夫は超照れ屋です。
例えばクリスマス、カップルがたくさんいていちゃいちゃしている場所に行くとするじゃないですか。そんなとこでも、絶対にしません。人が見てるかもしれないとこでは、絶対にダメです。表参道のイルミネーションを観に行った時、歩道橋の上で。
「愛の語らいとか、ないのー?愛の語らいとか?」←悔しいので言ってみる
「…」←困っている
「ねー、ねー。」←困らせている
「…う、うーん」←もっと困っている
「してくれなきゃ、動かない」←困らせて楽しんでいる。
「………好きだよ」←思い切って言っている
「…じゃ、行こうか」←もう困ってないので、つまらない
でも不思議なのは、隅田川の花火大会を観に行った時は、皆が空を見上げる群衆の中、キスするのは平気だったんですよね。何ででしょう??

●帰りますか?
今日は料理教室でした。私は教室で夕食をしてしまったので、終わって夫に電話すると、夫はまだ仕事中。
「ご飯は?」
「適当に食べて帰るよ」
「じゃ、気を付けてね」
先に家に帰り、ネットサーフィンなどしていたら11時前。あ、お風呂に入らないと夫が帰ってきてしまう。支度をしてリビングに一瞬戻って来た瞬間。見付けてしまったのです、カーテンにとまっている1匹のゴキブリを。
ひゃぁ〜〜〜〜〜、な、何で、この寒さに??(注:10月でした。)
ゴキブリが壁に移って、エアコンの側を通り天井近くまで動くのをじっと見つめました。ううう、どうしよう〜!
夫の会社に電話しましたが、出ません。もう会社を出てしまったのかも知れません。ゴキブリからは目を離せません、どこに行ったか分からなくなったら困るからです。もう1度電話しました。やっぱり出ません。もうこの近くまで帰って来ているのかも?ああ、早く帰って来て!!>夫。
20分ほどそうしていたら、電話がなりました。
「もしもし?!」
夫でした。
「今、どこにいるの?!」
「え、まだ会社」
「えええ〜、まだ会社なの。どうしたらいいのー」
「ど、どうしたの?」
事情を話しました。ゴキブリからは目が離せません。
「玄関にスプレーがあるから、思い切ってかけてみたら?」
「高いところにいるから、出来ないよ〜」
「あのスプレーなら、届くよ」
「飛ぶかも知れないから、やだー」
「掃除機で吸うとか?」
「怖くて出来ないー」
「…分かった、すぐタクシーで帰るから!」
え〜〜〜〜〜ん。
それから約30分。ごそごそ動きまわるゴキブリを見張り続け、見通しの悪いところは入りそうになった時は音を立てていかないようにして…1時間近く、ゴキブリを観察してしまいました。
「大丈夫かー?」
夫が帰って来ました。
「ふみゃ〜〜〜〜〜」
掃除機を出して、スプレーをして弱まったゴキブリを吸い取り。ようやく危機は去りました。
「タクシー代、6千円も掛かってしまったよ」
「ご飯は?」
「ご飯も仕事も放り出して帰ってきてしまいました」
え、あの電話は帰るよコールじゃなかったのね。
「ごめんねえ…」
「謝らなくて良いよ、怖かったねえ」
とぎゅー。ううう、本当にとんでもない目にあってしまいました。

TVで、「妻が淋しいから帰ってきて、と電話したら、仕事中の夫は帰ってくるか?」という実験を各国の新婚で試す、というのをやっていました。興味津々で見ていたのですが、ほとんどの夫が仕事をいったん切り上げて帰ってきたのにビックリ!
うちはどうかなあ?と思い、聞いてみました。
「えー、2時3時の仕事中?それはちょっときついなあー」
そーか、帰って来てくれないのか…。すっごく淋しいの、って泣いても?
「うーん、ま、やっぱり帰るとは思うけどね(笑)」
この答えに調子に乗り、以前聞いた話も聞いてみる事にしました。

●買ってきてくれる?
「山小屋にね、2人で行くのよ。そこは近くのコンビニまで歩いて1時間かかるようなところなの。でもって足を怪我した私が、夜中にアイスが食べたいから買ってきて、って頼んだら、買ってきてくれる?」
かなり無謀なお願いです。
「うーん…うん、買いにいくと思う」
「ホントに?でね、せっかく買ってきてくれたんだけど、私はすっかり食べる気をなくして、今度は肉まんが食べたい、って言うの。そしたら買ってきてくれる?」
「……うん、いくと思う」
えー、ホントにぃ?きゃー、信じられない!すご〜い。
「…だって、そうしなかったら後で何を言われるか、分からないもん…」
…(-“-)

rectangle 広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする