共働き開始、2週間の記録ー管理人の体験談

いよいよ私もお勤め再開!共働き夫婦デヴューです!

●月曜日
普段は9時半からの出社なのですが、今日は初日ということで、8時55分の集合。まだ時間が読めない私は、6時半に起きました。(普段より3時間くらい早い…って、どんな生活してたんじゃい(笑))
朝シャンする夫は、30分くらい洗面所を占領するので、それを待ってから顔を洗うと遅くなってしまう。で、私が少しだけ早く起きて洗面所を使うことにしました。眠い…けど、さすがに顔を洗うと目が覚めます。
ばたばたと仕度をして、朝7時40分頃、一緒に家を出ました。わ〜い、らぶらぶで出勤…って、電車がめちゃ混みでそんな余裕は一切ありませんでした(笑) 残念?しかし実際は、夫婦で電車に乗っていても寝てるか、本読んでるからしいです。これからこうやって通うのね…ふふふ。(今日は私にあわせて夫も早く出たのです。)
お仕事の方は、初日ということでマシンのセットアップやソフトのインストールでおしまい。明日から正式なお仕事になります。身がひきしまる思いです。
今日は定時にあがって時間があったので、スーパーでお買いものして帰りました。家に帰って夕食の仕度…あれして、これして…おかずがもう一つ欲しいな、あ、そうだ、こんにゃくがあったから、ピリ辛煮でも作ろう、とこんにゃくを茹でた鍋にゴマ油を入れて火に掛けたら、
「おおお〜〜〜〜〜っ」
火柱が立ちました。白い換気扇は煤で真っ黒。近くにあった布巾に引火しなかったのは幸いでしたが。
夫が帰ってくるなり「火が出たー」と訴えたら、「めぐは大丈夫?」「うん。でも換気扇が黒くなったの」「めぐが無事なら良いよ」と、食事の後にお掃除してくれました。(寝たのは夜中の2時だったらしい)
ううう、ありがとう>夫

●火曜日
今日から9時半出社なので、少しは楽かなあ、と思いましたが、起きる時間はあんまり変わらないのでした。むー。
昨晩は換気扇の掃除をしている夫を待って、1時20分くらいまで起きていました。が、何も掛けずにうとうとしていると風邪をひくかもしれない、と思い、ベットに入ったら寝てしまったという(笑) それで朝はすっごく眠かったです。
2時まで掛かったという夫はもっと眠くて、一緒に電車に乗りながらもうとうと…あんまりお話とか出来ないんですよね。
今日はちょっと残業して、自宅の駅に着いたのが8時くらい。駅前のスーパーは9時まで開いているので、買い物をして帰ったら8時半。そっからご飯炊いて、おかず作ったりしてると食べるのが10時。
昨日出来なかった洗濯(既に夫により洗濯機の中に入れられていた(笑))をしたので、タオル類を乾燥機の中に入れてお風呂に入る準備をしたら11時。
ここで夫が帰って来ました。私がお風呂に入っている間に、洗濯物を干して軽く掃除をしてくれました。(と思います。実際は見てないので。)11時半に私がお風呂から上がって、私が髪を乾かしている間に彼がご飯を食べて、片付けをしたら12時半。(以前はご飯の時は私も一緒に座ってお話などしていたんだけど…)
「1時になるからもう寝なさい。明日つらいよ…」
という夫の言葉に、たらたらして私の寝たのが1時…夫はお風呂に。寝たのは2時頃???(と思います。実際は見てないので。)
あああ。夫婦の会話がない!!&のんびりする時間がない!!
以前は一緒の時間に寝て、その時多少お話などして、手をつないで寝てたのにー。今は、いつ寝たのかも分からない状態。こういうのを夫婦のすれ違いっていうのかしらん…。

●水曜日
またまた昨晩寝たのは2時過ぎだった夫。2日連続睡眠4時間は、やっぱりきついですよねえ。疲れてると片付けも手抜きとかしそうですが、夫はきちんと最後までいつもと変わらずやってます。
(でもね、ただでさえ遅い時間なのに、キッチンのコンセントの付け替えまでしてるんですよー。週末でも良いのに。何も昨晩やらないでも良いだろーに)←しかし急いでいる時に限って、丁寧にやりたい時ってありますよね(笑)
朝一緒に駅まで行って、途中まで一緒に乗っているんですが、余りの眠さにお互い会話もほとんどナシ。たまたま隣りにいた新婚らしき夫婦は、混んだ電車の中でもいちゃいちゃとよく話していたのに、何か私たちって仲悪そ〜(笑)
でも疲れている時って、話すのもたるいもんね…ああ、でも話せる時間ってほとんどないのに、こんなんで良いのでしょうか?
今日は家に帰ってご飯作って先に食べて…夫が帰って来たのが10時半過ぎ。何故か帰ってくるなり掃除を始める彼。「綺麗な部屋の方が気持ち良いだろう?」って…堪えられなくなったのかな?そんな汚れてる??
まだまだ家事への時間配分の仕方が下手で、時間がすぐになくなってしまいます。誰か、助けて。

●木曜日
眠い目を擦って6時45分に起きた私。夫が洗面所を占領する前に歯をみがいて顔を洗います。そこへ、いつもだったら私が終わってから起きてくる彼が、さっさと起きてきました。
「どうしたの?」
「今日、早く行かなきゃいけないんだった」
え〜、早く言ってくれよぉー。
「何時の電車に乗るの?」
「車で行くから7時半に出る。めぐも早く支度しなよ」
えー、そんなこと言われても。
彼と一緒に通勤するために乗っている8時12分発の電車ですら、早過ぎるくらいなのに。
「私、早すぎるから後から電車で行く」
「そうかぁ…」
「つまんないの」
「そう言われても…」
疲れててあんまり話せなくても、一緒にいられる貴重な時間だったのに…やっぱり、つまんないの〜。
でもって、8時半の電車に乗ったら、ちょうど良い時間に会社に着きました。もう一緒に行くの、止めようかな…ぶ〜←拗ねてます(笑)
今日は仕事で幕張のインターロップというイベントに行き、資料集めに歩きに歩いて、ひじょーに疲れました。で夕食の支度するのが疲れてしんどいので、外で一緒にご飯食べようかな、と思い電話しました。したら、
「今、仕事が乗ってきたとこだから…」
ぶ〜。ちぇっーーーーー。仕方ないので、出来合いのモノを買って、残り物で簡単に済ますことにしました。それでも帰ってからご飯炊いて、おかずの用意するのはちょっと疲れます。(焼いたりとか、温めたりとか、きざんだりとか。)それでぐたぐたしてたら、夫が帰って来て、夕食を見て一言。
「疲れてる時は無理しちゃダメだよ」
…ちぇっ。そんな風に言われたら、頑張って用意しよう!って思っちゃうじゃん!!

●金曜日
私が勤め始めて、ちょうど一週間が過ぎました。
最初は「家事とかどうするのよー」と思っていましたが、まあ、何とかなるものですねー。しかし、結婚して働いている人ってスゴイな、と思っていました。だって、帰ってからご飯の支度をするワケでしょう?
私が一人暮らしや実家にいる時は、仕事して疲れて帰って、そっからご飯なんて作ってられないよ〜、と外食したり親に食べさせて貰ったりしていました。
そんな私でも、今は作ってます。確かに疲れますが、やれないことはありません。これって、1人じゃないからなんですね。
別に愛する夫のために!!とか言うのではなくて、自分1人だけのためだとやりたくないことも、食べる人が他にもいると思うとやれるんです。まあ相手が夫でなければ、やりたくないかも知れないから、やっぱり夫のため、になるのかも知れませんが、何というか、上手く言えないですが。うーん…1人じゃないって良いな、って感じですか(笑)
本当に、2人だったら何とかなる、って感じです。
とは言え(笑)、かなり無理をしてしまったのは事実で、改善が必要ですけどねー。

●土曜日
今日は朝から夫と、早々と洗濯(3回も洗濯機をまわしてしまいました)&掃除を済ませ、昼過ぎに先週買ったチェストが届いたので、衣服の入れ替えをしました。うん、キレイにまとまったぞ。
その後、ディズニーランドに行こう!という夫に誘われ、丸1日遊び倒しました。働き詰めの平日の反動かしら?

●日曜日
今日は起きたら昼前でした。 昨日、思いきり遊んじゃったからねえ…。
私はサラダ、夫はペペロンチーノを作ってお昼。借りていたビデオ(本当は昨日返さないといけなかったのです)を観て、買い出しをしながらご飯食べて、カラオケに行きました。
今週末は2人でずっと遊んでます。ようやく落ち着いて、新婚らしいかも?(笑)
さてさて、先週から私が働き始めたことで、かなり彼が無理をしてしまいました。何しろ、月・火と寝たのが2時半。週後半は睡眠不足と疲れで、仕事に集中出来なかったそうです。
「今のままだと、死ぬよ…」
「うーん…慣れていなかったとはいえねえ」
「外食を取り入れた方が良いんじゃない?片付けが大変で、寝るのが遅くなるし」
外食…まあ、作る手間がなくなれば、私も楽になるかも。ラッキーな事に、夫の職場は私の通勤途中にあるので、私が帰る時に途中でおりて、一緒に夕食を食べる事が出来るのです。
「そういえば、食事手当が出るんだっけ?」
「うん、700円」
「700円かあ。2人で外食したら、毎回2千円くらいになるよね。私が買い物で毎日千円くらい使うから…お金はかかるね、確かに」
「あと手間のこともあるよ」
そうか。時間が出来るというメリットはありますねー。
てなワケで、今週は外食を取り入れて生活してみようかと思います。

●月曜日
外食を取り入れる、などと書いていたのに、今日は月に1度の料理教室で、私は教室で食事(笑) 夫に「外で食べて来てね」宣告がされたのでした。ははは。
私が帰って来たのは9時過ぎ。
いやあ、料理しなくて済むのって、やっぱり楽です。お風呂に入るまでの間、スマスマ観ながらネットサーフィンは出来るし、洗濯は出来るし、たまっていたメールの返事書きは出来るし。夫の帰って来たのは11時過ぎですが、もう食べてるし、後片付けもないから、お風呂に入るだけで済みますものね。
これに慣れちゃうと、もう料理作れないかも。

●火曜日
どうやら本格的に風邪をひいてしまったようです。昨晩、薬を飲んで寝たのですが、喉の痛みが取れず、夕方には鼻に来てしまいました。夏が近いというのに、ティッシュがはなせず、はなをかんでばかりです。う〜。
今日は雨だと思っていたのに、起きたら天気が良くて、思わずニッコリしてしまいました。
夫と一緒に家を出ます。てくてく駅へと歩きながら、ふと最近手をつないでないなあ、と思い当たり(腕は組んでます(笑))「ねー、ねー」と手を出しました。
夫は恥ずかしいのか、「え〜」と言ってしてくれません。拗ねた私は、「もう知らない。ぷんぷん」と言って、1人ですたすた歩き始めました。追っかけて来てくれるかなあ?と思ったのですが、来てくれなかったので、後にひけなくなった私は駅まで1人で歩いてしまいました。<天気が良くて、気分良く出てきたはずなのに、こんなつまんないことで…。
ホームで追いついた夫が寂しそうに一言。「そんなにピリピリしなくても良いだろうに。めぐ、腫れ物に触るようだよ」
…こう切り替えされるとは思っていなかった…。責められるならまだしも。
うーん…気が付かない内に神経立っていたのかしら。でも夫だって余裕ないと思うぞ。仕事忙しいようだから、仕方ないのかも知れないけど。
やっぱり疲れているのかなあ。気を付けないといけませんねー。相手への思いやり、忘れないようにしないと。
さて、今日は会社帰りに、4年間通ったスポーツクラブの退会届けを出してきました。さすがに通えません、仕事しながらは。でもってその後に、夫とご飯食べに行きました。(彼は食事後、再び会社へ)
うー。風邪ひいてて、ちょっと辛いです。

●水曜日
昨晩は風邪でぜーぜー言っていた私。夫に頭のマッサージをしてもらった後(最近、日課なんです)とっとと寝ました。
そして今朝。
どーもたくさん寝た気がする…?と目を開けたら、何と7時半!!!<普段、起きているのは6時半過ぎ。夫はすやすやと横で寝てます。
「起きて、起きてー!寝過ごしてるよ!!」
「え〜…?」
と目覚ましを見る夫。どうやら止めてしまった様子です。(そういえば、音を聞いたような気が(笑))
「…やばい。今日、9時から会議だった」
早く言ってよぉ。
30分は洗面所を占領する彼は、「先に使って良い?」ま、仕方ないねえ。慌てて用意して出ていきました。何とかいつもの電車に間にあったようです。
私もそれなりに急いで支度して、会社に間に合いました。ああ、寝過ごしたのが1時間で良かった。しかし、やっぱりお互い疲れてきているのかも知れません。
夜は今日も外食でした。何か、もう料理なんて作れない気配…。

●木曜日
現在、12時過ぎ…夫はまだ帰って来てません。
家に帰ってご飯を食べなくてはいけない、という足枷がなくなった途端?調子に乗って残業しまくっているようです。まあ、結婚する前は、こんな感じだったんですけどね・・。
と言うわけで、今日も夕食は外食でした(笑)
もう仕事から帰ってから料理しようなんて思えません。夫もきっとそうだろう(後片付けなんてしたくないだろう)なあ、と思って聞いたところ、
「別にそんなことはないよ」
あら、まあ。
「あ、でも、片付けないとやっぱり楽だね。次の日の疲れの取れ具合が全然違うよ」
そうそう。後片付けに約1時間掛かる夫(食器洗いの他、キッチンの掃除やゴミの片付けもしてるため)でさえそうなんだから、買い物してその後約2時間掛けて料理する(時間掛かり過ぎ?)私は、もっと疲れます。
外食を始めた今は、帰った後もしなきゃいけないことがないんで、精神的にもすごく楽です。働いていない時は、ひたすら夫の帰りを待つ身でしたが、今は一人暮らしの時に戻った感じで、適当にお風呂入って、ネットサーフィンとかして遊んでます。1人でも全然へ〜き!
ストレスの溜まり具合が違うんでしょうかねえ?
●金曜日
結局、昨晩夫の帰って来たのは3時半だったそうです。(私は寝ていたので、記憶がありません)
さすがにベットに入って来た時は気付いて、声を掛けようとしたのですが、夫の
「あー、ごめんね、ごめんね。起こしちゃったね。寝てなー」
と言う声に、まんまとそのまま寝てしまったのです。仕事忙しくて、大変だねー>夫
今週は結局、1度も料理を作らず終いでした(笑)
食材が冷蔵庫の中にあると思うと、その食材を使いきるためにいろいろ料理しようと考えるのですが、今週は「どれくらい料理出来るか分からないし???」と週末に買い出しを一切しなかったので、かえって何もないんじゃ出来ない、という結論を導き出してしまったワケで…。
昼夜と外食、というのも体に良くない気はするんですけどね…どうも釣り合いが上手く取れません。
世の共働きの夫婦は、週に何回くらい外食してるんでしょうか?…って、それは人それぞれですよね、当然。お金も掛かるし…ため息。

●土曜日
今日は起きたら何と12時半でした。2人とも疲れているのか、眠りを貪ってます。
洗濯機をまわしながら、夫は掃除、私はお昼の支度をします。お昼の支度と言っても、食材がないので、残っていたダイコンとニンジン、玉葱でスープを作って、ソーセージを焼いて、パンを焼いただけですが。冷蔵庫の中が、見事にスッカラカンです。
お昼を食べ終わって後片付けが終わると、夫は会社へ…仕事が終わらなかったんですね。こんなに良い天気なのに…。私は洗濯物を干したりしていたら疲れて(あんなに寝たのに)、お昼寝。
起きたら7時で、夕食に作ると約束していたハッシュドビーフの材料を買いに、慌ててスーパーへ行きました。
夫の帰って来たのが10時半。
一緒に食べつつ、夫が一言。
「やっぱり家で食べるのが1番だねー」
かなり疲れてるみたいです。うーん…こういう時に、妻は何をしてあげられるのかしら?
「夫」って、「妻」って、何かなあ?と最近考えます。
1ヶ月くらい前に、「ボクは夫として何点?」と聞かれて、「85点」と答えた私だけど、彼にとって私は何点なのかしら?(怖くて聞けない(笑))
家に帰ると彼のいる生活、これはとても自然なことになってます。でも時々、まじまじと顔を見て思ってしまうんですよね。「ここにあなたがいる…」
つい2年前は、夫の存在すら知らなかったのに、これからずっと一緒に生活するべく、今ここにいる彼。何だか、とっても不思議です。結婚の話が出てから、今までバタバタと過ぎてしまったけれど、今ここにいる私のことを、考えなきゃいけない気がしてます。

●日曜日
今日も起きたら1時近くでした。夫は床屋に行ったあと会社に行くと、10時くらいに起きていったのですが、夫の
「まだ寝てなー」
と言う声に、またもやまんまとそのまま寝てしまったのです。
昨日・今日と20時間以上寝てるので、さすがに起きた時は頭が痛くて、1時間くらいボッーとしてしまいました(笑)
お昼を1人で食べて、レンタルしてきた映画を観て、あとパソコンしながら家の用事をしてたら8時。夫が帰ってきました。
「新婚生活はどう?」
と夫に聞いてみました。
「毎日家に帰るとめぐがいるから楽しいよ」
……。
「毎日家に帰るとめぐがいるから幸せだよ?」
「いなかったら?」
「いなかったら…つまんないでしょ?」
そうでした。一緒にいたいから、結婚したのでした。これを忘れないようにしないとね…。

ガンバレ!共働き夫婦!

rectangle 広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする