auto 広告

スポンサーリンク



仕事のことで急かすようなことをしたくないーBBSより転載

♥みのりさん
はじめまして。みのりと申します。いつも楽しくロムを拝見していましたが、初めて投稿させて頂きます。決めかけていることがありまして、ご意見を聞かせてください。
彼とは、結婚を前提としたサイトで出会い、付き合いをスタートしました。5歳離れていまして、正直「おじさんっぽい」ってひいてしまうところもあります。でもやっぱり、一緒にいて安心できる存在であり、彼との結婚を真剣に考えています。
今回ご相談したいのは、「仕事」のことです。今の私の仕事は、責任というかプレッシャーが重く、残業せざるを得ない日も多いです。仕事はいいかげんにはできないし、仕事中は厳しい自分がいると思います。
この4月から私は職場異動しまして、業務内容はこれまでやってきたこととほとんど変わりませんが、上司や他のメンバーが変わります。今まで苦しみながらも、仕事から学ぶことが多くありましたが、今はこれからの仕事や人間関係に魅力を感じないし、落ち込んでいます。
彼はそんな私を見て、「こわ〜い。お局様だ…。」「仕事やめちゃえば…」と、言います。仕事に追われていて、だんだん自分に余裕がなくなってくると、彼に対しても思いやる気持ちが欠けてきたり、体調が優れずにデートをキャンセルしてしまうことがありました。
彼の考えていることも理解できますし、今の会社や仕事を続けることにこだわるつもりはありません。転職もひとつの選択肢として考えています。でも、今の仕事を辞めるとか転職だけを、切り離して考えるのではなく、結婚も含めた今後の生活全体で考えたいのです。
彼からプロポーズとか、今後の生活について、具体的に話は出ていません。仕事の話を相談している時に、何度か直接彼に聞いてみようと思ったのですが、彼の気持ちがしっかり固まるまで、私から急かすようなこともしたくないので、思い留まっています。
アドバイスをお願いします。

彼さんとどれぐらいの期間お付き合いされているのか分かりませんが結婚を想定しての転職を考えたいと思ってらっしゃるのですよね?ただ、「彼の考えていることも理解できますし」と言っても、彼が早々に結婚するつもりがないのなら無責任な意見この上ないと思います。「仕事やめちゃえば・・」→「転職して給料安くなってもいいから結婚して一緒にがんばろう」なら分かりますが。
ズバリ聞いてみるのが良いのでは?どうしても聞けないのなら彼と結婚することを想定せずに転職活動なり現状維持するしかないと思います。(さ・いらさん)

ら・いらさん、アドバイスありがとうございます。彼とは、昨年の10月からの付き合いですので、半年経ったところです。
結婚は、すぐそこにあるのですかねぇ…、よくわかりません。ただ、お互い30代ですし、最初に結婚に対してお互いが最低限譲れない条件を確認し合った上で、付き合い始めました。
マイホームを持つこと…、お互いの条件にもあったのですが、私としても幼い頃からの夢です。20代の頃の私は、結婚しても当然マイホームのために仕事を続けているものだと思っているくらいでした。今の仕事を続けるのが、きっと最も高い収入を維持できる方法なのでしょうが、30歳になり、仕事内容とか人間関係とかいろんなことで悩みはありますが、体力的にも自信を失いかけています。
ズバリ聞いてみるのが、いいと私も思います。「今の会社は、次やることが決まるまでは、辞めない」つもりです。これは彼にも伝えてありますが、もう一歩踏み込んで、結婚のことも聞く勇気が欲しいです。(みのりさん)

みのりさん、こんにちは。30代のみのりさんより5歳上の彼、ということはどちらも働き盛りですよね。なのに、責任を果たそうと頑張るみのりさんに「こわーい」とか「辞めちゃえば」というのは、ちょっとひどいな…と個人的には思います。仕事中に厳しくなることがあっても当然だと思います。仕事がどんどんハードになって、彼に接する時の気持ちの余裕がなくなる苛立たしさ、というのはよく判ります。私も今30歳、本当に体力も落ちましたし、夫にも優しく出来なくなる時もあるし,辞めたくなってしまうことは多々あります。でも、夫に「仕事を安易にやめるなんて無責任」と言われ、なんとかこなしてます。私と夫は結婚前から仕事に対する責任感、みたいな価値観が一致していたので、まあ、辛いけど頑張らなきゃと思えます。
結婚をする相手だったら、仕事への価値観ってとても大切だと思います。彼がどんな気持ちでみのりさんのお仕事を考えているのか、まずは真剣にみのりさんの悩みを聞いてもらう、という形できちんと話し合うのは如何でしょうか?それを聞くと、みのりさんもどのように結婚の話を絡めていけばいいのか、手立てが見えてくるのでは?(あるるさん)

う〜ん、相手から結婚と言う言葉が出ないうちに自分から口に出すのって嫌ですよね・・・お気持分かります。
私だったら、結婚後の計画などもちろん良く分かりますが、他にやりたい仕事があるなどの理由でない限り仕事は辞めないと思います。結婚と言う言葉が彼から出た時点で転職なり、辞めるなりの新たな一歩を踏み出すかも・・・
移動などで意欲が喪失して、学ぶ事がなくなったというのが転職理由ですが、かといって他に意欲的にやりたい事があるわけではなく、漠然とマイホームという夢の為、今の賃金形態がベストなら現時点で転職するメリットがありません。
彼に自ら結婚を言い出して欲しいなら、今の現状を保ちつつ自分が興味を持てること仕事以外に見つけるかも・・・
でも、転職以上に、本当は彼との結婚&彼の気持が知りたいというのが本心なら・・・自分の中で期日を決めて、彼にどう思ってる?と素直に聞きます。仕事とは別問題として、純粋に結婚について!!仕事と結婚は自分の中では結びつけて考えてしまう気持分かりますが・・・(あこさん)

あるるさん、あこさん、アドバイスありがとうございます。
私もあるるさんと同じ30歳です。彼と私は別々の会社に勤めていますが、彼の仕事の話を聞いているだけでも、彼は技術者として責任ある役割を任せられていることがよくわかります。自分が判断して仕事を進めていることも多いようです。『自分がする仕事への価値観』という意味では、私は彼の認識とズレは感じないのですが、『結婚相手(妻)がする仕事への価値観』は、異なっていると思います。
私はできる限り自分も働いて家計を支えてきたいと思っています。仕事をしていると、時としてストレスを貯めてしまい、それを愚痴ったり、態度に出てしまうこともあるかもしれない。彼にはパートナーとして私が乗り越えていくのを支えていって欲しいと思っています。一方、彼は私が仕事で苦しい思いをして、彼にまでピリピリした思いが伝わるのは、嫌がっているようです。それを「こわ〜い」って言っているのだと思います。彼はストレスを貯めてまでも、私が仕事をすることは望んではいないようです。
「こわ〜い」「お局様みたい…」は頻繁に言われます。「私だって好き好んででこわくなっているのではないし、仕事を一生懸命やった結果なのに…」、最初は彼がヒドイこと言うと悲しんでいました。でも、考えてみたら、彼は私の仕事で置かれている状況は厳密にはわからないので、すべてを知っている自分と同じ立場で彼は発言しているわけではないんです。そう思ったら、仕事とプライベートを完全に分けきれていない自分を反省するようになりました。
一度だけですが、彼が「みのりちゃんは、今まで本当によくやってきたんだと思うよ」って言ってくれたことがありました。今でも私の胸に大切に留めていることです。この一言で、随分救われた気がしました。
みなさんに、いろいろアドバイス頂いて、自分が悩んでいたことを理解してくださる方がいることがわかり、本当にありがたく思います。モヤモヤしていたものが少しずつわかってきました。あこさんがおっしゃるように、仕事以外に興味が持てることを見るけるのもいいのかもしれませんが、まだちょっとそこまで手がまわりそうにありません…。
彼に自分の理想を完全に押し付けることもできませんし、彼の思い通りにも私はならないでしょう…。お互いどこで折り合えるのか、そういった方向で話をしていきたいと思います。(みのりさん)

みのりさん、お返事ありがとうございます。彼は、仕事とプライベートをきちんと区別できる方なのですね?だから、どうしても余裕のなさを持ち込みがちな点を指摘して下さっているのかしら?と思いました。それがどうしても区別できないのなら、もう少し仕事のハードルを低くしたら?という意味かもしれません。往々にして、男性のほうが切り替えが上手で、女性のほうが一つのことにのめり込んでしまう傾向はあると思います。そんな考え方には一理あるな、と思いました。
結婚生活にお金は勿論必要ですが、夫婦の協力はもっと大切だと思います。二人が精神的に落ち着いて一緒にいられないくらいだったら、収入を落としても少し余裕のある仕事にするほうが幸せ、とも思います。彼はそんな価値観で、結婚を前提にみのりさんのことを思いやって、二人の将来を考えてくれているのかもしれません。違うかもしれませんけど、そこはやっぱり彼に聞いてみないと判りませんよね。でも、みのりさんの二度目の書き込みを読んで、よくよく話を聞いてみたら、彼はきちんと考えてくれているのかな?って思えてきました。ここは、ちょっと勇気を出して彼とじっくりお話する時間をとってみたらよいのではないでしょうか?(あるるさん)

彼は、「こわーい」「お局さまみたい」って頻繁に言うのですよね?
それだったら、「じゃあ、どうしたらいいの?」って逆に聞いてみて、「辞めちゃえば?」と彼が言ったら、「簡単にそんなこと言わないで。給料なくなって、やっていかないといけないのは私なのだから。あなたが養ってくれるの?」って冗談まじりで軽く言うのはどうでしょう?
彼自身が、何も考えずに言ったことなのかどうかわかるでしょう。私達夫婦も、30台で結婚しました。うちの旦那さんも、付き合っている頃、仕事・人間関係が大変というと、「会社辞めてもいいんじゃない?」とか、ぼそって言ってました。わたしが、「そうだねー。」で終わらせていてので、それ以上話は続きませんでした。婚約後で色々聞くと、「今まで結婚しようと言おうと思った雰囲気は匂わせていた。言うタイミングを失っただけ」というようなことを言ってました。私が見事に潰していたらしい。〈笑)
自分から結婚のことを出すのは嫌でしょうけど、彼に決心させるきっかけを作るのも大事かもと私は思います。自分が上手く出来なかった分、上手に男性を誘導できる女性はすごいなーって。
もし、彼の「辞めちゃえば」が適当に言ったものだとしても、ショックを受けても彼を見るいいチャンスだったと思うし、自分の転職や仕事のことは彼には関係ないと割り切れて、転職を含めた仕事のこと自分自身の責任で決断できるのではないでしょうか。
4月だから、もう人事異動は起きてますよね。仕事がんばってくださいね。(きよさん)

彼から結婚のハナシが具体的に出てこなくてもみのりさんから出しちゃえばいいと思います。思ってるまんまに!>今の仕事を辞めるとか転職だけを、切り離して考えるのではなく、結婚も含めた今後の生活全体で考えたいのです。
急かしてるか急かしてないかは言い方次第です。(みずたまさん)

あるるさん、きよさん、みずたまさん、アドバイスありがとうございます。
あるるさんのおっしゃるように、彼は仕事とプライベートをしっかり区切っていると思います。私と彼にも当てはまることで、彼の方が切り替えが上手く、私は一つのことにのめりこんでしまう傾向にあると思います。
今の私の仕事は「自分の能力以上だと…」自分でも思います。私が高いハードルが超えられなくてもがいているのを、彼が見かねているのでしょうね。彼が私との将来を考えてくれていると感じることもあります。
昨晩彼と電話で話をしました。「今日はどうだった?」という彼の質問に始まり、会社での出来事をあれこれ話していました。私は期末対応でずっとピリピリしていたのは事実です。彼も海外出張明けの出勤で、不在の間の対応に追われて一日が終わったようです。
やっぱり彼は私に「こわ〜い」って言ってました。あまりに何回も言うので、「私が仕事を一生懸命やった結果なのに、そんな風に言われると悲しくなってきた」と言ってしまいました。彼は「ごめん…」と謝ってきました。私の切り替えがまだまだ甘いことは反省しつつも、「こわ〜い」って言われて誰しもいい気はしないことはちゃんとわかって欲しかったのです。今までけんかしたことは一度なかったのですが、自分が不満に思っていることをわかってもらうのは大切だと思いました。
仕事や人間関係に魅力を感じなくなっている私に「辞めたほうがいい」と彼は言うけれど、仕事も生活の一部として考える私には説得力がないと、彼にわかるように言わなければならないと思いました。その言い方が難しいでしょうが、言うべきタイミングがきているように思います。
実は今日、「一緒に仕事をしませんか?」と声を掛けてくださった方と会う機会があります。私だけに声がかかったものではなく、広く呼びかけているものです。私は今の会社しか勤めたことがないので、他の仕事の話を聞いて、勉強していきます。(みのりさん)

結婚したい意志が強いのなら、自分から結婚を切り出してみては?失いたくない時間や仕事があるのならそれも含めて自分なのだから、早い時期に積極的に自分を相手に見せることが大切だと思います。今の仕事を続けるにしても辞めるにしても、自分を丸ごと受け入れてくれる相手でないと一緒に暮らすのは難しいでしょうね。(りかさん)

みのりさん、今は、まだスムーズではない点もあるけど、やっぱり彼はみのりさんのことを思いやっているのだな、と思いました。みのりさんが「悲しくなってきた」と、ご自分の気持ちをきちんと伝えたのはよいことだったと思います。みのりさんは気持ちを切り替えられるように、彼は相手の気持ちを考えて声を掛けるように、と、お互いにちょっとずつ直していけばいいのかな?と。
仕事については、少し視野を広げてみるのもいいかもしれませんね。よい環境を見つけて、前向きに転職するのだったら何の問題もないと思います。私も異業種の転職をしてみて、随分世界が広がりました。ただ、悲しいかな、どちらでも余裕なく切羽詰まった仕事振りは変わりませんで。私の場合、働きやすさではなくチャレンジングな転職(新しいことをやってやる!)だったので仕方ないんですけど、その後予想外に結婚したので、ちょっとキツいです。。。だから、転職するにもそんな年頃なんだと言うことを暗にほのめかして(例えば私の例を「友達の例」として紹介してもいいですし)、「転職しようにも私生活を切り離せない年齢なのね。考えた方がいいかしら?悩むわぁ」と言ってみるのは如何でしょうね?少し言いやすいのではないかしら?(あるるさん)

りかさん、あるるさん、アドバイスありがとうございます。
30歳は転職したくなる年頃なんですかねぇ…。実は、彼も30歳の時に転職してます。理由は、「もうここで学ぶべきものがなくなったと感じたから」だそうで、ちょうど今の私と似通ったことを考えていたようです。
転職に至るまでの心境は、彼にも理解してもらえると思います。でも、やっぱり男性と女性は違いますよね。結婚や出産は女性にとっては大きな転機ですよね。もちろん、男性が家事を負担することもあるでしょうが、女性の負担は大きいことは確かだと思います。
転職後の生活については、ちゃんと話し合わないと彼の理解は得られないと思います。
「みのりちゃんは、どうしたいの?」と、彼がメールしてきました。話し合うべきタイミングは、今だと思いました。今、自分が考えていることや、不安に感じていることを、思い切って彼に話してみようと思います。(みのりさん)

rectangle 広告

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする