彼が農家の長男(酪農)ーBBSより転載

♥まいこさん
はじめまして。もうすぐ25才の「まいこ」と申します。
私には付き合って2年半になる彼がいるのですが、彼は今年で30才、農家の長男です。 彼は今は会社員をしているのですが、この間、彼が「30才を区切りに来年の3月で会社を辞めて家(農家)の手伝いをする」ということを突然聞かされました。 将来的には親の仕事(農業)を継ぐ、という話は前から聞いていましたが、「いつか」とか「そのうち」などと言っていたので、私はまだまだ先のことだと思っていたのです。私はあまりの突然のことに驚きとショックを隠しきれませんでした。 前から結婚を前提にお付き合いはしていて、お互いに結婚をしたい、という気持ちはあったのですが、彼は今の会社では金銭的にやっていけない、という理由で結婚を渋っていました。彼が言うには今の会社にいるよりも家(農業)の仕事を手伝うほうが金銭的にもいいと言います。 実際、彼の家は農業の中でも酪農で乳牛をたくさん飼っている牛乳屋さんなので畑や田んぼ農業などと比べて、毎月収入があり安定しているとの情報です。 農家なのは前からわかっていたことですが、いざ結婚となるとどうしても「農家は大変」「普通のサラリーマン家庭に育った私に農家の嫁がつとまるのか」そして絶対に私の両親も反対するだろうな・・・という不安が。 私には普通の会社員の人と結婚して親と同居しないで二人で生活する、という理想がありました。今更、それが頭をよぎります。農家の長男と結婚するより、普通の会社員の人と結婚したほうが幸せに暮らせるのではないか・・・などと考えてしまいます。 彼はとてもいい人で、すごく好きです。農家でさえなければ・・・と思います。 好きなだけではどうにもならないこともあります。
色々な人に聞くと、絶対に「農家」は「大変」と言われます。無理じゃないのかと言われます。 農家だってやってみないとわからない、好きなら頑張るしかない、・・・やはりそうなのでしょうか? 前に、このようなBBSで「好きだったけど農家の長男の彼と別れて、今では新しい人とめぐり合って幸せに暮らしています」という投稿を見て私は感化されているだけなのでしょうか? 私はとても悪いほうにばかり考えて、すぐに逃げてしまいたくなる性格です。いけませんね・・・
こんなに「農家」について悩んでいる私・・・もし皆さんだったらどうしますか?

まいこさん、こんばんは。農家に嫁ぐって、ご両親とも同居、家業も手伝うっていうことですよね?彼さんのお家に行ったことはありますか? もし可能なら、一度お家にお邪魔して実際働くところを見せてもらったり、手伝ってみたらどうでしょう。お試し体験、と言ったら失礼ですけど・・・
何もしないで悩むより、彼に訳を話してやって行けるかどうか試してみたらどうでしょう。農家の事をよく解らないのでなんとも言えませんが、きっと農家に嫁ぐと言う事は、大変な面もその反対にやり甲斐もあるのではないかな? と思います。
それ以前の問題で、どうしても嫌だ と言うのならそれなりの決断が必要だと思いますが、一度ダメ元でも見るだけ見て、経験してから決めてみては?何が幸せかって、それはその人によりますから。不安だと思いますが、彼さんとよく話しあわれて下さい。(さ・いらさん)

こんにちは。農家でもいろいろで、どこまでお手伝いをしないといけないかも違いますよ。私の知り合いで、最初から農家は手伝わないという前提で結婚した子がいます。「農家」というだけで判断せず、まずは彼女としてお邪魔してみて様子を見られてはどうですか?百聞は一見にしかず。ご自分の目で見極めて>好きなだけではどうにもならないこともあります。そのどうにもならないかどうかを判断されてはどうでしょうか。
たしかにスキだけじゃ結婚生活やっていけないかもしれません。幸せを図るとき、どこに重きをおくか、ですよね。(まろん☆さん)

もし結婚されたら一緒に酪農のお手伝いをするとゆー事でしょうか。 酪農は彼にまかせて、別の仕事についたり、家庭に入るのであれば、「農家の長男のお嫁さん」慣れない事もあると思いますが彼の支えがあればのりきれるような気もします。 でも、将来的に一緒に酪農を継ぐのであれば・・・。相手の方をどれだけ好きか、信頼しているか、慣れない事も多くつらい事もあるかもしれないけどまいこさんが頑張れるかによると思います。この厳しい時代、決してサラリーマンが安心とはかぎりませんが、酪農は年中無休だし、生き物相手は大変だろうなって。私だったら、農家を継ぐかもしれない方とはお付き合いするまでに一線ひいてしまうと思います。 でも、私の会社の先輩(女性)はサラリーマン家庭ですが、農業がやりたくて農業系の大学をでて、農業をしている男性と結婚された方がいましたよ。 一度、彼さんの実家の酪農を見学させてもらえばどうですか?ただ考えてるだけじゃ不安ばかりつのると思います。酪農がどのようなものか、自分が興味をもてるかが大切です。 お互い結婚を前提にお付き合いしてるのであれば、どんな結論をだすにせよ、無駄に時間を過ごすのはもったいないかな。 自分の理想の結婚生活も大事ですし、彼さんを失って後悔しながら生きていくのも悲しい事です。最後はまいこさんの決断次第です。頑張って下さいo(^^)o(きゅ〜さん)

結婚したらもちろん親と同居、一緒に農業の手伝い、ということになると思います。将来的には農業を継ぐことになるとは思います。 今度、彼の両親と会う予定です。前から彼とはまだまだ話し合いが足りないような気がしていました。 実際に見たり聞いたりして、そしてやはり一生のことなので自分の気持ちも大切なので・・・まだまだこれからですね。 もっとご意見お待ちしています。(まいこさん)

まいこさんこんにちは!私も結婚する前に「30才を区切りに会社を辞めて家に帰る」といわれ結婚した一人です。それでも「いつかだなぁ」と思ってたので軽く考えていたのですが、結婚して半年で旦那は会社をやめてしまいました。もう私は結婚をしていたので同居するしかなく今同居中です。子供もいないのに6人家族になりました。その後すぐに妊娠したので、私はまだ農業を手伝ってはいないのですが、これから頑張らずにやっていこうと思ってます。
私の両親は旦那の性格がとっても好きなので、実家が農家でも反対はしませんでした。同居もしてみるとそんなにいやではないと思います。「旦那を産んでくれた人」として、自分の両親と同じ感じで私は接しています。なので旦那の両親も私の事を「うちの娘」といろんな人に紹介してくれます。農業も「私畑仕事嫌いなんですよねぇ」とはっきり言ってますが来年からはちょっとづつ教えてもらうつもりです。初めから頑張る事はないと思います。疲れちゃいますよ。「好きだから我慢する」といって農家の嫁になってしまうと、そのうち「私はこんなに我慢しているのに!」と爆発しちゃうかもしれませんよ。彼の両親を見て、仕事を見てこれからの事考えてもいいと思います。ぜひ頑張ってくださいね!(せりかさん)

はじめまして。>私はとても悪いほうにばかり考えて、すぐに逃げてしまいたくなる性格です。いけませんね・・・ ご自身を責めないでくださいね。不安になって当然の状況だと思います。結婚後の生活が、二人で築くものでなく彼さんのお家のレールに敷かれた生活に身を置かなければならないとなると、誰でも迷うと思います。親と同居に肉体労働。全て感覚的に受け入れられるものでないと無理だと思います。 私も、ご両親に何度も会ったり、仕事場・生活環境を五感で体験してみないことには、答えは出せないと思いますよ。(PEPEさん)

農家といっても酪農なんですよね。私の友達に実家が北海道の酪農農家という子がいました。その子は絶対に酪農だけはしたくないと言っていました。その理由は、
・家族旅行というのが絶対に無理動物を扱っている以上仕方ないのかも知れませんが、「家族旅行」というものを経験したことがないといって泣いていました。・仕事がきつい都会の人間が観光ついでに行う「体験コース」とは違い、汚いこと・キツイことが365日、一生続く。
と、彼女は言っていました。でも、それは都会の人間の持つ、酪農生活への表面的な甘い幻想を打ち砕くために言っただけで、もっといい面もあると思います。勝手な想像ですが、小さい頃から動物の生き死にを目の当たりして育つこと、自然の中で育つことのメリットもあると思います。辛い仕事を家族で分担することによって生まれる家族の絆の強さもあると思うのです。
今は不安ばかりだと思います。まいこさん、不安を解消するには知ることです。まずは「結婚」の話を抜きにして、一度、彼のご実家に1週間程泊まって(もしくは近くのホテルに泊まって)、彼のご実家の仕事を、家族と同じように手伝ってみてはいかがでしょうか?一度体験してみて、一緒に働いている中で、酪農のプラス・マイナスの両面を感じとってきた方が、頭の中だけで悩むよりも進むべき道が明確になってくるのではないでしょうか。
正直、私ならば農家・酪農を継ぐと決めた人、しかも同居で手伝いまでしなければならない人とは結婚しません。でも、まいこさんの中で、酪農って面白い!と思えるかも知れないし、彼と一緒ならばそういう生活もいいかも!と思えるならば、世間から見て大変な生活でも幸せなのかも知れません。まずは悩まず、体験しましょう。(アヤさん)

私の友人は実家が農家の人と結婚しても親とは別居をして、自分の仕事を続けています。結婚するにあたって友人が出した条件だったそうです。
彼がまいこさんに望んでいることってあるんですか?(例えば同居など)互いに譲れない部分があるのなら、何度も話し合ってルールを細かく決めることが大切だと思いますよ。(給与についても)(りかさん)

rectangle 広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする