恋人同士が最大の危機に直面している時にプロポーズするのは、よくあることなのでしょうか?ーBBSより転載

♣あざらしさん
彼女に今日プロポーズのMAILを出しました。付き合って1年半、私は去年会社を辞めて自分で仕事を始めました。なかなかうまくいかず。彼女に対して時間をさけなくなっていました。いっしょに遊ぶことも少なくなりました。私が彼女に希望のある未来を示せなくなっていました。お互いに好きなのはわかっているのに、これから先の生活のことを話すことを避けていました。
最近になって彼女からの連絡が途絶えました。私が『このままだとやっていけない』とMAILしてしまったからです。
昨日やっと彼女から返事が来ました。彼女は他の男の人とつきあいはじめたと書いてありました。でも迷ってるようです。私はショックを受け、自分の情けない状態を責めました。
彼女は誰からの電話にも出ないようです。家も留守にしています。私は『結婚してくれ』とMAILを出しました。恋人同士が最大の危機に直面している時にプロポーズするのは、よくあることなのでしょうか?

あざらしさん、こんばんは。投稿を読ませてもらって思ったことなんですが。ご自身が今独立されて大変な時に恋愛の方がおろそかになるのは仕方ないと思います。あざらしさんも不安やったり心配させたくないとかイロイロあるでしょうけど、話してもらえないんじゃあ彼女さんも不安やし心配やと思う。
>私が『このままだとやっていけない』とMAILしてしまったからです。
この言葉のあとに前向きな言葉などあったんでしょうか?彼女さんがあざらしさんとの付き合い自体を不安に思ってられるみたいで。大事な時に精神的に支えあえるのが恋人なんちゃうかな〜。そういう相手やから結婚しても大丈夫というかやっていけるって私は思います。相手の事がわからなくなってる時にプロポーズされても困るんとちゃうかな。
全部分かってらして違う意見を求めてられたら、ごめんなさいね。
>恋人同士が最大の危機に直面している時にプロポーズするのは
>よくあることなのでしょうか?
経験はないのでよくある事か分かりません。彼女さんも迷ってらっしゃるし、あざらしさんが結婚したいほど大切な人ならいろんな事話あってくださいね。(小鳥さん)

すばやいレスありがとうございます。ちょっとプロポーズはタイミング的にまずかったみたいですね。よく考えてみると今の彼女にさらに混乱を与えているだけですから。
>この言葉のあとに前向きな言葉などあったんでしょうか?
しました。私も含めて誰からも連絡が取れないのでMAILですが。
今まで大ゲンカしたことがなかったんです。お互いを受け入れることだけ考えていて。不満をぶつけあっていなかったんです。
まだ返事は来ないです。よけいに混乱させていますね。今はお酒を飲んで待つだけです。プロポーズのMAILのあとに何かMAILした方がよいのでしょうか?もうまったくわかりません。(あざらしさん)

あざらしさん、はじまして。疑問に思う事だらけです。あざらしさんは、どうして急に結婚を口にされたのですか?彼女が他の人に奪われたくない為?仕事で大変な時に、彼女との事を考える余裕がなかったのは、よくわかります。でも、本当に、彼女の事を大切で、好きだったら、やっていけないないなんて、言わないものだとも思います。それが、仕事の辛さから、甘えて出た言葉で、失言だと思ったのなら、すぐにでも、弁解して、よく話し合うべきだったのではないでしょうか?その機会を、彼女は、作ったのではないでしょうか?しばらくの間、あざらしさんからの、連絡を待っていたんだと思います。人と人なんて、ぶつかり合わないと、分かり合えないですよ。もしやり直すんだとしても、本音でぶつかり合ったほうが、いいと思います。彼女が聞きたいのは、結婚しようと言う言葉ではなくて、あざらしさんの、あの時ひどい事を言った時の気持ちや、あまり会えなくなった時の気持ち、仕事の大変さ、これからは、こうこうこうしてやり直そうという気持ち、そういう言葉が聞きたいと、思うのですが・・・。私も、よく話が見えないので、こんな事しか、思い浮かびませんが、彼女は寂しかったんだと思います。あざらしさんも、寂しかったと、もっと弱い部分を見せて、お互い素直になったほうがいいですよ。ほんとに、大切な人なら、離さないで下さいね。(ぷーさん)

みなさんありがとうございます。まだ混乱しているのですが、私なりに今まで言えなかったことをMAILしました。今日も友達の家に行っているようです。
ぷー さんの言う通りお互いに寂しかったと思います。私が寂しいと思う数倍彼女は寂しかったんだと最近やっとわかったんです。でも彼女はわがままを言いませんでした。
今日も友達の家に行っているようなので、明日また自宅に行ってみます。(あざらしさん)

rectangle 広告



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする